<iframe src="https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-NSF744X" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

アフィリエイトとは?
ASPがアフィリエイトの仕組みや始め方、稼げるやり方を説明!

著者:afb運用チーム

更新日:

アフィリエイトとは、ブログやSNSで商品やサービスを紹介し、購入や申込に応じて報酬を獲得できる広告システム。ネット環境さえあれば、手軽に始めることができます。
例えば休日の隙間時間に作業することで、毎月10万以上収益を上げることも見込めるビジネスです。
「アフィリエイトは副業におすすめ!」とされる理由です。

しかし、「ブログで商品のレビューを書くだけでお金になる」と言われてもイメージが湧きづらいですよね。
そこでアフィリエイトサービスプロバイダーのafbが、

  • アフィリエイトの仕組み
  • アフィリエイトが副業におすすめな理由
  • アフィリエイトのやり方・始め方
  • 初心者がアフィリエイトで稼ぐコツ
  • アフィリエイトの注意点

といった、アフィリエイトに関する基礎知識を初心者に向けて解説していきます。

アフィリエイトに興味がある方・これからアフィリエイトを始めようと考えている初心者の方は、ぜひ最後までご覧ください。

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは企業が行うインターネット広告のひとつで、「ブログやSNSなどで商品・サービスを紹介し、それによってユーザーが購入・成約に至った際に、報酬として広告費が支払われるインターネット広告」です。
別の呼び方では「成果報酬型広告」とも呼ばれています。
一般的なインターネットユーザーにとって、アフィリエイトはブログなどがあれば誰でも手軽に始められることから、本業としてはもちろん副業としても人気があります。

  1. あなたのブログやSNSに訪れたユーザーがアフィリエイト広告をクリックし広告主サイトに移動します。
  2. ユーザーが成果となるアクションを起こしたら、成果発生!
  3. 広告主が成果を承認するとアフィリエイト報酬がもらえます。

また広告を出稿する企業から見ても、無駄なコストをカットし費用対効果を最大化できる広告手法です。

「アフィリエイト」と「クリック型報酬広告」との違い

広告掲載で稼ぐ方法として、もう1つの代表的な広告が「クリック型広告」です。

クリック型広告の代表例としてGoogle AdSenseがあげられます。
クリック型広告は、訪問者が広告をクリックすることで収益が生まれます。
設定後は、サイトの内容に合わせた広告が自動で表示され、運営者は掲載位置や広告のジャンルを選ぶことができ、その手軽さから多くのサイト運営者が利用しています。
クリック単価は一般的には1クリックあたり15円〜30円前後が平均で、ジャンル等によってさらに高い報酬が得られることもあります。
ただしクリック数が収益に直結するため、例えば月1万円の収益を目指す場合、クリック単価20円でCTRが1%だと約5万PVと高いPV数が求められます。

一方でアフィリエイトの場合は、1件あたりの報酬が高く、ユーザーに合った広告の選定や記事内容を工夫することでPV数が少なくても収益化が可能なため、クリック型広告とアフィリエイトを並行して掲載していくのが理想的だと言えます。

クリック型広告の注意点としては、クリック型広告が多すぎるとアフィリエイト収益に影響を及ぼすため、広告の数と配置には注意が必要です。

アフィリエイトの種類

アフィリエイトには様々な種類がありますが、初心者におすすめなのは『SNSアフィリエイト』と『自己アフィリエイト』です。

『SNSアフィリエイト』は、InstagramやX(旧Twitter)、TiktokなどのSNSを活用したアフィリエイトを指します。
Webサイトを利用するアフィリエイト比較して手軽に始められ、収益化も比較的早いと言われています。

『自己アフィリエイト』は、自己アフィリエイトサイト(ポイントサイト)を経由して自分で商品購入やサービス利用をして、報酬をもらうアフィリエイトを指します。
これにより、実質無料で商品を購入することも、消費者でありながら利益を出していくことも可能となります。
afbには、「セルフB」というパートナー(*)様限定の自己アフィリエイトサービスがありますので、ぜひ活用してみてください。※ afbでは、afbに登録してくださっているアフィリエイターのことを「パートナー」と呼んでいます。

アフィリエイトの詳しい仕組み

アフィリエイトは「広告主」「アフィリエイター」「サイト訪問者」そして「ASP」の四者が関わることで成り立っています。
成果・報酬発生の流れは以下のようになります。

  1. アフィリエイターが自身のサイトに広告を掲載
  2. ユーザーが広告をクリック
  3. 成果が発生・承認
  4. ASPからアフィリエイターに報酬が支払われる
アフィリエイト成果・報酬発生のイメージ図

広告を出稿し、売り上げをあげたい「広告主」、広告収入を得て稼ぎたい「アフィリエイター」、商品やサービスが欲しい「ユーザー」、そして広告主とアフィリエイターのやり取りを仲介し手数料をいただく「ASP」のそれぞれにメリットがあるのがアフィリエイトです。

※ afbでは、「広告主」「サイト訪問者」「アフィリエイター」のことをそれぞれ「クライアント」「ユーザー」「パートナー」と呼んでいます。

アフィリエイト仕組みに関するさらに詳しいお話はこちらのページをご覧ください

広告掲載から報酬までの流れ

アフィリエイトを行い、報酬を得るまでの流れを簡単に紹介します。

アフィリエイトの4つの流れ

  1. アフィリエイターがASPに登録し、選んだ広告を自身のサイトに掲載
  2. サイトを訪問したユーザーがその広告をクリックし、商品を購入・契約
  3. 広告主が成果を確認、ASPに報酬を支払う
  4. その報酬の中からASPは手数料をいただき、アフィリエイターに報酬を支払う

アフィリエイトの報酬発生や報酬設定の仕組みに関するさらに詳しいお話はこちらのページをご覧ください

広告主とは

「広告主(クライアント)」とは、自社の製品・サービスの購入を促すために広告を出している企業や人を指します。
化粧品を販売する美容メーカー、生命保険を取り扱う保険会社など、様々な企業がアフィリエイトに参加しています。

アフィリエイトにおける広告主の関係図

また、広告には大きく分けると

  • インターネット広告
  • マス広告
  • セールスプロモーション広告

といった3つの形式があります。

新聞やテレビといったマス広告と違い、アフィリエイト広告はインターネット上の広告です。
マス広告などは広告料が定額ですが、アフィリエイト広告は成果報酬型なので、広告主からすると、費用対効果が非常に高いと言えます。

メディア(アフィリエイター)とは

「アフィリエイター」とは、自身のWebサイトやメールマガジンなどを運営し、アフィリエイト広告で報酬を受け取っている人のことを指します。
そしてアフィリエイトにおける「メディア」とは、アフィリエイターが活動しているブログ・SNSなどの、いわゆる運営場所のことです。YouTubeのチャンネルなどもこれに当てはまりますね。

つまりアフィリエイターにはいくつかの種類があり、それぞれ活動場所や内容が異なります。

例えば、“サイトアフィリエイター”は、Webサイトを運営し、商品やサービスを紹介する記事によって収入を得ている人のことです。
テーマを絞ってサイトを運営することが多く、専門性の高い記事を公開しています。
例)映画レビューサイト、化粧品レビューサイトなど。

他にも“SNSアフィリエイター”の場合は、X(旧Twitter)やInstagramなどのSNSを使って、アフィリエイト報酬を得ている人のことです。炎上やバズるといったように情報の拡散度も高く、ユーザーとの信頼関係が重要になってきます。

ユーザー(訪問者、購入者)

「ユーザー」とは、アフィリエイトサイトを訪れ、商品やサービスを購入するインターネットユーザーのことを指します。

アフィリエイトにおけるユーザーの行動イメージ

afbには、アフィリエイター自身がユーザーとなる“セルフB(自己アフィリエイト)”といったサービスも行なっています。
この制度を有効活用することで、欲しい商品や利用したいサービスの購入コストを軽減できるうえ、お金を稼ぎながらアフィリエイトの仕組みやコツを学ぶことが可能です。

ASPとは

「ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)」とは、アフィリエイト広告プラットフォーム/ネットワークを提供する事業者のこと。
商品・サービスの販促にWeb広告を利用したいと広告主、商品・サービスを紹介して広告収入を得たいアフィリエイターを仲介します。

アフィリエイトにおけるASPの関係図

例えば、アフィリエイターが自身のブログで様々な商品を紹介する時。
本来は企業に営業をかけたり、自身で商品を管理したり、やり取りが必要になったりします。
それは広告主も同じで、提携するアフィリエイターが増えると、その分管理も複雑になりますよね。

そこで、ASPがアフィリエイトに必要なやり取りから、成果の管理や報酬の支払いを代行することで、広告主・アフィリエイターが円滑に運営しやすくなります。
この為アフィリエイトを始めるには、広告主とアフィリエイターを仲介するASPへの登録が必要になります。

アフィリエイトが副業に最適な理由

アフィリエイトが副業として人気な理由は主に以下の3つです。

1.初期費用をかけず始められる
アフィリエイトは、インターネット環境とPCやスマホなどなどのデバイスがあれば始めることができます。
その2つが用意できたら、アフィリエイトの広告を掲載するためのサイトやブログ・SNSを用意するだけ。
ブログやSNSは無料で開設できる場合が多いので、その場合費用はかかりません。
2.スキマ時間で運営可能
アフィリエイトは、スキマ時間を活用することで運営することができます。
インターネット環境とデバイスさえあれば、場所を問わないことから通勤時間や昼休憩など空いた時間に運営のための様々なアクションが可能です。
3.初心者でも大丈夫
アフィリエイトを始めるために、はじめからサイトの構築やデザインなどの難しい知識を持っている必要はありません。
サイト構築やデザインの知識がなくても、無料のブログやSNSで始めることができ、それだけで収益を上げている方も少なくありません。
必要な知識は、やりながら覚えていくことも可能です!

アフィリエイトのやり方・始め方

それではアフィリエイトの始め方を順を追って説明していきます。

アフィリエイトの基礎を学ぶ

まず始めに「アフィリエイトの基礎」を学んでおくことをおすすめします。
アフィリエイトを始めた後に、現実とのギャップに悩むことが少なくなります。
また知らなかったことによる損失を最低限に抑えることができます。
始める前に知っておいたほうが良い情報は基本的に本ページに書いてありますが、次のページの情報も知っておくと良いでしょう。

WEBメディアを準備する

アフィリエイトを始めるためには、広告を掲載するためのWEBメディアを準備する必要があります。
WEBメディアがない状態ではASPに登録することができないことが多いので、あらかじめ準備が必要です。

WEBメディアには、次のようなものがあります。

  • 無料のブログサービスやSNS
  • 自身で制作したサイト
  • 購入したサイト

それぞれにメリットとデメリットがありますので自分にあった方法でWEBメディアを準備しましょう。
初心者の方は、無料ですぐに始められる無料のブログサービスやSNSでのアフィリエイトがオススメです。

記事を書く

次にWEBメディアに、記事をいくつか書いておくことをおすすめします。
理由は、ASP登録の審査時に記事がまったくないと審査に落ちてしまう可能性があるからです。
試しに以下のような記事があると練習にもなって良いでしょう。

  • サイト運営者紹介必ずしも本名や所属などの個人情報を書く必要はありませんが、どんな人がサイトを運営しているかわかるとより親近感がわきます。
    また資格や詳しい知識についての紹介があると信頼性につながります。
    SNSアカウントがあれば、ここで紹介しておくことでフォローしてくれる可能性が高まります。
    SNSは、あとあと集客に使えるので、先に準備しておくとよいでしょう。
  • このサイトについてサイトについての説明を書きます。
    サイトの方向性やどんな記事を書いていく予定かなど書いておくと、わかりやすいでしょう。

この時に、イラストや写真などの素材の挿入方法やリンクの設置の仕方などをマスターしておきます。
これらはアフィリエイトを運営する上で、最低限必要な知識になります。
ここまで書くだけでも、初心者の場合は、かなり時間がかかることがわかると思います。
ですが最初は誰でもスムーズにできません。それを忘れずに頑張って完成させましょう。
あとで記事の編集は可能なので、気軽な気持ちで書いてみましょう。

ASPへの登録

WEBメディアを用意したら、次に掲載する広告を準備します。

この時、アフィリエイター自身が広告主に掛け合って、広告を準備してもらう方法もありますが、サイトのPV数や過去の獲得実績、フォロワー数や影響力などそれなりの実績が求められます。
また複数の広告を掲載したければ、その分広告主に掛け合う必要があり、かなりの工数がかかり効率的ではありません。

そういったときに便利なのがASPです。

ASPとは、アフィリエイターと広告主の間に入り、円滑なアフィリエイト広告の管理や運用を行うためのプラットフォーム/プラットフォーマーのこと。
ASPは面倒な広告の管理や報酬の支払いなどを一括で行います。
これによりアフィリエイターは複数の企業の広告を一元管理することができ、大変便利です。また実績も不要で誰でも利用することができます。

1点注意としては、登録時にWEBメディアの審査がある場合があります。ASPにより審査に時間がかかる場合がありますので余裕をもって登録を行ってください。
公序良俗に違反していたり不適切な内容が書いてあるなど審査基準に満たない場合、審査に合格できないことも。
審査に落ちないよう、WEBメディアの内容には充分に注意を払いましょう。

ここでは、afbを例に登録から報酬の受け取りまでを簡単に説明します。

ステップ1:会員登録

afbへの登録はトップページ右側のピンク色の新規会員登録ボタンを押して、氏名・住所・生年月日などの情報を入力してください。

登録に必要な情報は以下の通りです。こちらをご準備のうえ会員登録を進めてください。

登録に必要な情報
  • お名前・ご住所などの会員情報・本人認証に使用する電話番号
  • アフィリエイト報酬を振り込むための口座情報
  • アフィリエイト広告を掲載するサイトもしくはSNSアカウント情報

詳細は下記をご確認ください。

ステップ2:提携申請

登録時に入力したIDとPassで管理画面にログインし、自分のサイトに掲載したいクライアントに提携申請(審査があります)を行ってください。

ステップ3:アフィリエイトリンク掲載

クライアントから提携が承認されたら、広告原稿を選択しアフィリエイトリンクを作成。
作成したアフィリエイトリンクを自分のサイトやメールマガジンにコピーして貼りつけて掲載をしてください。

ステップ4:成果発生

自分のサイトやメールマガジンに掲載した広告から申込等が行われると成果が発生します。
成果発生状況は管理画面で確認することができます。

ステップ5:報酬の振込

確定された成果報酬金額が777円を越えると、翌月末にご登録頂いた口座に振り込まれます。

※ 2009年2月2日お支払い分より

その他気になることがありましたら、こちらをご覧ください

記事・投稿の準備

無事に審査に合格したら、次は広告を掲載する記事や投稿の準備に入ります。
行うことは2つです。

まずはASPの管理画面から掲載したい広告プロモーションを選び、広告との提携を行います。
ほとんどのASPにおいて、この時に画面上で報酬金額や広告についての詳細説明を確認できますので必ず確認してください。

広告により提携時に審査が入り、ここでも多少の時間を要する場合があります。
先にいくつか掲載したい広告を選び、まとめて広告との提携をしておくことをオススメします。

次に広告を掲載するための記事や投稿を準備します。
掲載する広告に合わせて、記事や写真やイラストなどの素材を準備しましょう。
場合によって、広告との提携時に審査落ちすることがあります。
先に記事や投稿を準備していた場合、無駄になってしまうので手順に注意しましょう。

ここで注意点があります。
それは広告ごとにアフィリエイトの成果の対象となるアクションが異なるという点です。

例えばインターネット回線を提供する企業の広告の場合、成果の対象となるアクションのほとんどが「サービス申し込み完了」です。
これはユーザーがサービスに申し込んで正式に契約が完了したことを指します。

また成果の対象となるアクションの他に、成果が却下される条件も記載されています。
例えば「虚偽・申し込み不備・既存顧客の申し込み・契約に至らなかった場合」 などです。
企業側も、どんな成果に対しても報酬を支払ってしまうと企業の利益に繋がりません。
そのため、成果が却下される条件として報酬の支払いとならないアクションを予め設定しています。

「成果の対象となるアクション」と「成果が却下される条件」をしっかり確認してから、記事や投稿を準備することが何よりも重要となります。
他にも禁止されていることがありますので合わせて確認しましょう。

記事や投稿が準備でき、広告の審査完了・広告の取得ができたら、広告を記事や投稿に掲載します。
これであとはユーザーからのアクションを待つという流れになります。

収益化する

ユーザーからのアクションを待つといっても、規模の大きいWEBメディアやフォロワー数が多いSNSでない限り、何もせずにユーザーがWEBメディアに訪れるということは稀です。

収益を得るためには、ユーザーの集客や記事や投稿の改善が必要不可欠です。
またASPを通じて広告主から記事の修正の依頼がくることも。それを怠った場合、広告との提携が解除される可能性もでてきます。
広告との提携が解除されると広告をクリックしても成果の計測が行われず成果が発生しなくなります。

広告掲載したらそれで終わりではありません。最後までしっかりと対応していきましょう。

アフィリエイトは稼げるの?

アフィリエイトを始めてすぐに、毎月数百万の稼ぎを得るのは難しいかもしれません。
しかし「アフィリエイトは副業に最適」という見出しで紹介したように、副業として稼ぐには十分に見込みのあるビジネス!
アフィリエイトの調査結果を基に、実際にどのくらい稼げるのかを紹介していきます。

NPO法人アフィリエイトマーケティング協会の2023年の調査によると、

  • ひと月のアフィリエイト収入をみると、少なくとも1万円以上ある人の割合が46%と、昨年より10.6%増加している。
  • 特に今回、500万以上という項目を追加したところ、4.9%あり、少なくとも100万円以上の割合は10.5%で、昨年より4%増加している。
ひと月のアフィリエイト収入 出典:特定非営利活動法人アフィリエイトマーケティング協会

出典:NPO法人アフィリエイトマーケティング協会:アフィリエイト・プログラムに関する意識調査2023

という結果が出ています。

昨年よりも稼いでいる割合が増加しているという調査結果から
アフィリエイト市場の規模が年々増加していることが、アフィリエイトでの稼ぎにも明確に示されているのがわかります。
また月の収入が20万円以上と本業といっても差し支えないレベルで稼いでいる割合も20%という結果も見て取れることから
アフィリエイトで稼ぐことは可能といえるでしょう。

アフィリエイトの収入に関するさらに詳しいお話はこちらのページをご覧ください

初心者がアフィリエイトで稼ぐやり方とコツ5点

アフィリエイトは始めたばかりの初心者であっても収益化につなげることは可能です。
一体どうすれば稼げるようになるのでしょうか?
ここでは、初心者が大きな成果を出すために実践したいやり方について5点ご紹介します。

1.ジャンル選び

アフィリエイトを始める際には、まず参入するジャンルを選ばなければいけません。
旅行や美容、英会話、家電、携帯など、様々なジャンルがありますが、自分の好きなジャンルを選ぶことによって、収益化しやすい記事を作成できます。 興味・知識がないジャンルは書くのが難しく、なかなか収益を伸ばしづらくなってしまいます。
成果を出したいのであれば、ジャンル選びにこだわってみてください。

ジャンル選びの注意点

アフィリエイトのジャンルを選ぶ際に注意したいのは、発信する情報の正確性です。
いかに正しい情報を発信するかによって、今後大きな影響が出てしまう可能性があります。

例えば、面白いコンテンツで関心を引いたとしても、そこに虚偽の情報が含まれていればフェイクニュースとなって検索対象外になる場合もあるのです。
健康や医療に関するジャンルは、効果や効能の範囲を超えた表現に注意が必要ですし、株式やFXにおいても説明次第で法に触れる可能性がありますね。

また、一つ基準として考えたいのは、「報酬単価が高いジャンル」です。こちらについては、後述する「広告単価」の項目をご覧ください。

2.広告単価

アフィリエイトによる収益は、広告の単価によって大きく左右されます。
月に10万円の売上を目標にしている時、「1件1万円」の商品は10個売るだけで済みますが、「1件100円」の商品の場合は、1000個売る必要がありますよね。
そのため、アフィリエイトで稼ぐにあたっては『広告単価の高い商品』や『広告単価の高いジャンル』を狙って記事にするのがおすすめです。

もちろんPVを集めることができれば、「1件100円」の商品でも構いません。
しかし、報酬単価が高いということは、それだけ広告主が儲かっていたり、消費者の総数が多かったりと、市場として魅力があるとも言えます。つまりニッチなニーズもたくさん埋もれており、そこをつついていくことで大きな収益を狙っていくことが可能となります。

少し話を広げてしまいますが、基本的に多くの人が検索するビッグキーワードはライバルが多いです。そのため、アフィリエイターはスモールキーワード(月に数百人ほどが検索するようなキーワード)を狙って記事を書いていくのがセオリーです。
というのも、実は“検索数が少ないキーワード(スモールキーワード)”を狙って記事を書く方が稼ぎやすいから。
例えば、スマートフォンのケースを購入したいと思った際に「スマートフォンケース」と検索するのではなく、「スマートフォンケース 便利」「スマートフォンケース 人気」「スマートフォンケース 合うサイズ」といった風に検索しませんか?
このように、スモールキーワードはピンポイントでの検索が多くなるのでユーザーのニーズも浮き彫りになりやすく、購買に近いユーザーが集まってくると言えます。

ニッチなニーズをつつき、広告単価の高い商品を訴求。そうすることで、アフィリエイトの収益が上げやすくなりますよ。

3.収益記事・集客記事

アフィリエイト記事には、「収益記事」「集客記事」と呼ばれる記事があります。

  • 収益記事
  • 収益記事は、記事内のアフィリエイトリンクを設置し、商品やサービスをユーザー(読者)に購入してもらうための記事。
    アフィリエイトサイトの稼ぎ頭です。

  • 集客記事
  • 集客記事は、その記事自体で収益を得るというのではなく、ユーザーを集めるための記事。
    収益記事の内部リンクを設置し、メイン記事に促します。

アフィリエイトで稼ぐには、「収益記事」と「集客記事」と呼ばれる記事を使い分けると良いでしょう。
例えば、英会話スクールのアフィリエイトを行う場合、“英会話の学習法”や“英語が役に立つ仕事”といった集客記事を用意し、英会話スクールのレビューや紹介をまとめた収益記事に誘導します。

収益記事はそのアフィリエイトサイトの核となりますが、それ単体でユーザーを呼び込むことは難しいため、多くの場合、集客記事を多く作成することになります。

4.成果を上げるためにSEO対策をする

SEOとは「Search Engine Optimization」の頭文字をとったもので、「検索エンジン最適化」とも呼ばれます。
その主な目的は、ユーザーがgoogleなどの検索エンジンで特定のキーワードを検索した時に、自分たちのウェブサイトやブログが検索結果の上位に表示されるように工夫する事です。

検索エンジンで上位表示されるようにするためには、SEO対策を徹底しなければいけません。
あらかじめ選んだジャンルの競争率の高さや需要の有無、発展性・話題性があるかなどを確認しておくと成果を出しやすくなります。
SEO対策には、検索エンジンのクロール・インデックス対策・被リンク対策などを施す外部対策と、ページの最適化・データ容量の調整など、自社のWebサイト内に施す内部対策があります。
収益化を目指し、大きな成果を得たいのであれば徹底してSEO対策を行いましょう。

5.読者の興味をひく記事を書く

Webサイトを閲覧するユーザーがどのような意図で調べているのかを知ることが大切です。
アフィリエイト記事にアクセスするユーザーは日常を綴ったブログの読者とは異なり、明確な目的を持っています。
そのため、読者が興味を持ち、購買意欲を高められるようなアフィリエイト記事を書くことが求められます。

アフィリエイトでよくある質問

最後にアフィリエイトに関するよくある質問に回答していきます。
興味のある方・これから挑戦したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

アフィリエイトで稼ぐのは難しい?

アフィリエイトを始めてすぐに、毎月数百万の稼ぎを得るのは難しいかもしれません。
しかし、アフィリエイト収入と経過年数の比較によると(1)、5割以上のアフィリエイターがアフィリエイト開始から1年後には収益を得ています。

アフィリエイトには根気よく継続することが大事です。
そのため、継続できるように「PV数を100件増やす」「毎月5本は記事を作る」「レビューの際に文章だけではなく、動画編集もできるようになる」といった風に目標を立てることがおすすめです。

アフィリエイトを今から始めるのは遅い?

アフィリエイトは、始めるにあたり資格や専門的な機材を揃える必要がないため、思い立ってから直ぐに始めることができます。
「競合相手が少ないジャンルを選ぶ」「需要があるジャンルを選ぶ」「ユーザーの関心度・購入意欲が高い記事を作る」といった戦略を立ててアフィリエイト運営をしていくことが、収益獲得への近道となります。

例えば、書籍やファッションアイテム、生活用品など収益化しやすいジャンルから始めていくのがおすすめです。

アフィリエイトに向いている人の特徴

アフィリエイトに向いている人の特徴として、以下の3点が挙げられます。

  • 継続力がある人
  • オリジナリティがある人
  • 最新情報へのアンテナを張っている人

インターネットを使ったビジネスというと、プログラミング力やweb系知識が必須なように感じますが、実は必ずしもそうではありません。

アフィリエイトに必要なのは、継続力です。
先ほどの表のように、アフィリエイトで成果を得るためには長期的な運営が欠かせません。

例えば
「今月末は5本記事を投稿する」
「今月末までに2件以上の成果を上げる」
など、一定のペースでレビュー紹介記事を書き続ける継続力が重要です。

また、記事を書くにあたって

  • 書き手の経歴やプロフィールを明かす
  • レビューを異なる視点から忖度なしで書く
  • 動画を用いたり、オリジナリティを加える

ことがユーザーニーズに応えるコツとなります。

他にも、最新の情報を集められるようにアンテナを張っている必要があります。紹介する企業SNS、ECサイトのユーザーレビュー、先駆者アフィリエイターさんの記事などをこまめにチェックしておきましょう。

SNSでもアフィリエイトはできるの?

もちろん、SNSでもアフィリエイトは行えます。
Webサイトやブログと併用し、X(旧Twitter)、インスタ、YouTubeなどを並行運用しているアフィリエイターも多いです。
また、スマホからでも運営できることもSNSアフィリエイトの魅力の一つ。
通勤や出先の待ち時間など、ちょっとした隙間時間に行えます。

先述の通り、SNSの場合は炎上やバズるといったように情報の拡散するスピードが高いこともあり、ユーザーとの信頼関係が最も重要です。

アフィリエイトのやり方や情報は、インターネット上にも公開されています。
例えばafbが運営している「まーくんのアフィリエイト学校」もアフィリエイトの勉強におすすめです。こちらは無料で読むことが可能です。

「まーくんのアフィリエイト学校」では、

  • アフィリエイトを始めるために知っておきたい事
  • アフィリエイトサイトの運営に関する知識
  • 記事の作り方やWebライティングのテクニック

など、様々なノウハウを学ぶことができます!

他にも、有名なアフィリエイターやインフルエンサーへの取材記事も投稿しています。
アフィリエイトを行うジャンル・ターゲットに合わせた記事の書き方、体験談、新人アフィリエイターへのアドバイスなど、アフィリエイター目線ならではの貴重な情報が盛りだくさん。
こちらもぜひ参考にしてみてください。

アフィリエイトの注意点

【要注意】アフィリエイトに関わる法律について

アフィリエイトは広告なので、法律による規制が入ることを考慮しておく必要があります。

特に、薬機法と景品表示法の2つは密接に関わってくるので覚えておいて欲しい法律です。

薬機法は正式名称を「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」といい、健康食品や化粧品を扱う場合に関わってきます。以前は薬事法と通称されていた法律です。

例えば「このサプリメントを1週間飲んだらマイナス15kg!」のように、健康食品や化粧品の機能を超えた表現は違反となります。

また景品表示法は正式名称を「不当景品類及び不当表示防止法」といい、以下のような表現を禁止しています。

  • 「実際よりも著しく優良であると誤認させる表示(優良誤認)」
  • 「実際よりも著しく有利であると誤認させる表示(有利誤認)」

例えば「10,000円→2,000円」のように、その価格で販売した実績がないのにも関わらず、大幅な割引をしているように見せて購入を促すやり方(二重価格表示)や、「寝ている間にダイエットできる」という事実に基づかない表現がそれぞれ「有利誤認」「優良誤認」に該当します。

知らず知らずのうちにやってしまうケースが多いと思いますが、罰せられるのは広告主なので、当然アフィリエイターにいい印象を持つとは言えませんよね。

しっかりと知識を付けた上でアフィリエイト活動をしていって欲しいと思います。

【税金】いくら稼いだら確定申告が必要?

アフィリエイトに限らず、副業でお金を稼いだら「税金はかかるのか?」「確定申告をしないといけないのか?」という悩みが出てきますよね。

結論から言うと、確定申告は必要です。しかし確定申告をしなくてもいい場合もあります。

ご自身が確定申告が必要かどうかが簡単に分かるチャートもご用意しているので、まずは一度チェックしてみてください。

また、以下の記事では税理士の大河内薫さんに取材を行い、巷に流れるアフィリエイトと税金の噂のあれこれを伺っています。

副業がバレる仕組みや白色申告にメリットがないなど、アフィリエイトをする上で知っておきたい情報が満載で、税金のたしかな知識を身につけたい方におすすめです。

まとめ

ここまで、アフィリエイトに関する基礎知識を解説してきましたが、
アフィリエイトのASPでは「afb」がおすすめです!

afbは昨年引き続き満足度の高いASPに選ばれており(2)、「専属担当者の対応の良さ」「成果アップに情報発信」という部門で評価されました。

アフィリエイトビギナーの方に向けたコンテンツも充実しています。
ぜひ、afbと一緒にアフィリエイトの一歩を踏み出しましょう!

著者:afb運用チーム

高収入アフィリエイター様からの満足度11年連続1位の評価※をいただいているafbの運用チームです。
経験豊富な専門スタッフが、アフィリエイトの知識やノウハウを解説します。

※ 2013〜2023年6月に実施された、特定非営利活動法人アフィリエイト・マーケティング協会の 「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査」における利用者満足度調査による