広告健全化への取り組み

afbでは広告業界のクリーン化に向け、社員教育はもちろん、パートナー様・広告主様向けに法令に関わる情報発信やサービスを提供しております。

この記事の目次

広告健全化について

昨今、不正な広告掲載方法で広告インプレッションやクリックを行い、広告費用に対する成約件数や広告効果などを水増しして広告収入を得る「アドフラウド問題」が各メディアで取り上げられています。

また、アフィリエイト広告においても、虚偽誇大等の不当表示による消費者への影響・アフィリエイターへの法的責任・広告主の風評被害などが問題視される場面が増加しています。
2019年にはインターネット広告費用がテレビ広告費用を超えると予測され、長年主要な広告媒体であったテレビからインターネットへの主役交代が間近に迫り、今後インターネット広告を利用する企業はますます増加することが考えられます。
厚生労働省はこうした変化を受け、アフィリエイター・広告主による虚偽誇大等の不当表示の取り締まりを強化するため、薬機法・景品表示法などの広告規制や法整備をより一層厳格化することが想定されます。

afbでも消費者およびアフィリエイター・広告主に健全なサービスを提供するため、2017年より広告に関連する法令知識の習得・展開を積極的に行ってまいりましたが、昨今の広告業界の変化に順応し取組みの強化が必要と考え、広告健全化に向けた取り組みを強化しています。

afbで正しいアフィリエイト広告を行うために各種禁止事項ならびに法令違反に関してを必ずお読みください。
また、禁止事項が発覚した場合の過去の対処事例はこちらに掲載しています。

法令に関する知識を身につけるメリットとは

法令違反のリスクを下げる・サイト申請やプロモーション提携に通りやすくなることはもちろんですが、以下のようなメリットもあります。

サイト作成時に時間短縮ができます

薬機法等に違反している記事は、おおまかに2つに分けることができます。

  • 記事の一部を修正すれば違反がなくなるケース
  • 記事の訴求自体が違反しているので修正が困難なケース

どちらの場合も、最初から知識があれば起こることはありませんし、万が一違反があった場合でもすぐに修正対応することが可能です。 修正にかかる時間の短縮や記事を書き直す可能性を減らすことに繋がります。

リスティングやアドネットワークの審査に通りやすくなります

リスティングやアドネットワークに出稿する場合、必ず媒体審査があります。
ほとんどの媒体には審査基準があり、広告に関わる各種法令が審査の基準になっている場合がほとんどです。法令に関する知識があれば、媒体審査に落ちる可能性が低くなります。
また何度も審査基準から逸脱した申請を繰り返すとアカウント停止となる可能性がありますが、そういったリスクも減ります。

アフィリエイトで成果を獲得する知識も大切ですが、法令に関する知識も取り入れて行きましょう。

afbの取り組み

社内で広告業界クリーン化対策グループを発足

リスティング不正出稿検知サービス「パトリス」や、広告表現を無料でチェックできる「まもるくん」などクリーン化につながるサービスも随時リリースしております。

まもるくん

広告表現を無料でチェック (ブロンズステージ以上のパートナー様・afbの広告主様)

パトリス

広告主様の人的作業をDX化! リスティング不正出稿を検知

イーガーディアン×afb

広告関連法令を基に専門スタッフがバナー、ランディングページの審査・リライトを代行いたします。

薬事法管理者が在籍し、アフィリエイトと法令に関わる情報を発信しています

広告表現についてのアドバイスやアフィリエイト広告についての情報発信などを行っております。
※薬事法管理者とは、化粧品や健康食品などヘルスケアビジネや広告業界において必要不可欠な法的知識の取得者です。薬事法管理者の資格は、薬事法有識者会議株式会社が発行する民間資格です。

広告周りの法令に強い弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所と顧問契約を締結してます

適宜リーガル面での助言等を受け、リスクを極力軽減きるように努めております。

外部講師をお招きし、パートナー様・広告主様へ定期的に法令に関する情報発信やセミナーを実施しております

法令を基礎から学べるセミナーを開催しております。開催された際は、是非ご参加くださいませ。

afbでアフィリエイトをはじめてみませんか?