WordPressとは? 人気の秘密と見落としがちな欠点 | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

WordPressとは? 人気の秘密と見落としがちな欠点

公開日 最終更新日

WordPressとは_メリット_デメリットを解説

アフィリエイトを始めたいんだけど、何から始めたらイイくま~?
まずは、まーくんのサイトを作成するです~。サイト作成ならWordPresssがオススメです~。

 

WordPressは、ホームページやブログを作成できる無料ソフトです。

記事の投稿はもちろん、サイトに関するほぼ全ての管理をWordPress1つで担います。

クリック操作とタイピングが出来れば、特別なスキルや知識が無くても本格的なサイトを運用できるのが特徴です。

現在では、CMSを利用している全てのWEBサイトのうち、約60%がWordPressだと言われています。

このように「サイト運営と言えばWordPress」という認識が定着しつつあります。

しかし、WordPressはサーバー環境がなければ基本的に機能しません。

そのため、WordPressのイメージがいまいち掴みにくい人も多いと思います。

そこで今回は、WordPressの特徴を詳しくご紹介したいと思います。

具体的に「何ができて」「何ができないのか」をメリット&デメリットで整理しながら解説していきます。

 

WordPressを使う8つのメリット

WEBサイトの知識や経験も無いし…ちゃんと使いこなせるか不安くま~。
WEBサイトを運営したことが無い人こそ、WordPressがオススメです~。

 

WordPressが多くのサイトに利用されている理由は、他のCMSに比べてメリットが大きいからです。

では、WordPressの具体的なメリットとは何でしょう?

この章では、サイト運営者にとって「WordPressを使って良かった」と思えるポイントをまとめてみました。

 

1.無料で利用できる

 

WordPress

 

WordPressは、公式サイトからいつでもダウンロードできるオープンソースの無料ソフトです。

オープンソースとは、誰でも自由に改良したり再配布できるプログラムのことです。

そのため、個人・法人によって様々な拡張機能(プラグイン)やデザイン(テーマ)の開発が盛んに行われています。

現在(2019年10月時点)WordPressでは、5万以上のプラグイン7千以上のテーマが提供されています。

プラグインとテーマのほとんどを無料で利用できるため、コストを一切かけずに高品質かつユニークなコンテンツ作成が可能です。

 

2.独自ドメイン対応

「無料ブログサービス」を利用したことはありますか?

無料ブログサービスは、WordPressと同様にコストをかけずにサイト運営できるのが特徴です。

しかし、無料ブログサービスは基本的に「独自ドメイン」を利用できません

独自ドメインとは、固有のサイトURLのことです。

また、無料ブログサービスで作成されたサイトのURLには、サービス名や企業名等が挿入されるのが一般的です。

サービス名や企業名が入ったURLは、別サーバーに移転できません。

つまり、同一のサービスの中で使い続けなければなりません。

そのため、サービスが終了してしまうと、強制的にサイトが閉鎖される恐れがあります。

 

一方、独自ドメインはサイトURLを自由に設定できます。

また、独自ドメインは一つのサーバーに縛られません。

もしもサーバーに問題があったら、サイトURLを変更せずに別サーバーへ移転できます。

 

3.情報を得やすい

WordPressは他社のCMSに比べて、圧倒的に人気があります。

利用者が多い分だけ、ネット上で発信されているWordPressの情報も豊富です。

WordPressバージョンの使用感や、便利なプラグイン、集客に有効なテーマ等の情報も、検索すれば無数にヒットします。

一方、マイナーなCMSを利用していると、初心者が知りたい基本的な情報さえ得られないかもしれません。

また、WordPressに不具合が発生した場合にヒントとなる情報が多いほうが問題解決を早めるでしょう。

 

4.アフィリエイト向け

WordPressは、どんなサイトに向いているくま~?
WordPressは、アフィリエイターからも人気が高いCMSです~。

 

WordPressは、サイトやページの各所に広告を配置できるため、アフィリエイトにも最適です。

また、無料ブログサービスのように余計な広告が入りません

あなたの収益に関係する広告だけを自由に設置できます。

さらにアフィリエイトに特化したテーマには、読者をアクションに誘導する施策が詰まっています。

例えば、収益化に優れたテーマには以下のような機能があります。

 

・ランディングページの作成

CTAの設置

・スマホユーザーに最適化されたレスポンシブデザイン

 

また、アフィリエイトのみならず、自社の商品やサービスの発信にもWordPressは便利です。

プラグインを使えば、ECサイトの「ショッピングカート」や宿泊施設・ヘアサロン等の「WEB予約」を、誰でも簡単にインストールできます。

プラグインを活用することで、様々なビジネスモデルに対応できるのがWordPressの魅力です。

 

5.初心者に優しい管理画面

WordPressでサイト運営するのに難しいスキルは一切必要ありません。

管理画面の設定は、ほとんどクリック操作で事足ります

また投稿画面には「ビジュアルエディター」と「テキストエディター」の2タイプの選択が可能です。

ビジュアルエディターは、テキストや画像を装飾しながら記事を作成できるため、初心者にとって使いやすいです。

一方、HTML・CSSのスキルがあるなら、テキストエディターでより高品質なコンテンツを極めることも可能です。

サイト運営の初心者から上級者まで、WordPressは幅広いニーズにオススメできるCMSです。

 

6.デザインを自由に変更できる

WordPressには、サイトのデザインを決める「テーマ(テンプレート)」が多く用意されています。

WordPress公式で提供されているテーマだけでも7000以上、非公式テーマを含めれば選択肢がさらに広がります。(※19年10月現在)

デザインだけでなく、機能もそれぞろ特徴があります。

例えば、以下のような「強み」を持ったテーマを見つけることができます。

 

・モバイルファーストのテーマ

・SEOに強いテーマ

・アフィリエイトに特化したテーマ

 

このようにコンテンツや目的にかなうテーマが必ず見つかります。

しかし、数千にも及ぶテーマの中から、あなたのサイトに合ったテーマを見つけるのは大変です。

以下の講座では、デザインや機能に優れたテーマをご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

 

【WordPress】おすすめ無料テーマ9選&アクセスアップに繋がるテーマ選びのコツ

【WordPress】有料テーマおすすめ10選【2019年最新情報】

 

7.プラグインによって機能を増強できる

SEO対策やらセキュリティやら…特別なスキルが必要くま~?
プラグインを使えば、ほぼクリック操作で様々な機能を増強できるです~。

 

SEO_拡張機能

 

WordPress本体は、サイト運営の基本的な機能に限られています。

WordPressは、「プラグイン(拡張機能)」を追加することで様々な機能を導入できます。

例えば、以下のような用途に役立つプラグインが多数提供されています。

 

人気のある機能

・テキスト装飾機能の強化

・SEO対策

・スパムコメントの排除

・表示速度の向上

・バックアップ&復元

 

このようなプラグインを手軽に導入できるのがWordPressの長所です。

しかし、全てのプラグインが有効に機能してくれるとは限りません。

WordPressやテーマとの相性が悪いと不具合を起こす恐れもあります。

以下の講座では、プラグインをインストールする際の注意点や、おすすめプラグインをご紹介しています。

WordPressにはどのようなプラグインがあるのか、あらかじめチェックしてみると良いでしょう。

 

【WordPress】おすすめプラグイン11選 ― SEO対策&ユーザビリティの向上に

 

8.チームで運用できる

1つのサイトを複数人で運用する際にもWordPressは便利です。

「ユーザー権限」機能を利用すれば、ユーザー別に特定の管理者権限を付与できます。

デフォルトでは「管理者」「編集者」「投稿者」「寄稿者」「購読者」の5種類の権限が利用可能です。

それぞれに、WordPressで使用できる機能が制限されています。

 

複数人_WordPress_運営

 

例えば、「寄稿者」は記事を編集できますが、公開は許可されません。

一方、「編集者」は寄稿者が作成した下書きを自由に公開できます。

この場合、「ライターに寄稿者を、校閲に編集者を割り当てる」といった使い方が可能です。

このように、ユーザーの能力や役職に応じて権限を使い分ければ、サイト運営をより効率的に進めることができます。

 

複数人でWordPress運用!ユーザー権限のメリット&設定方法

 

WordPressの4つのデメリット

WordPressを使えばイイこと尽くめくま~!
確かにWordPressはサイト運営に最適なツールです~。でも、どんなものにも欠点はつきものです~。

 

WordPressのメリットをご紹介しましたが、デメリットも存在します。

あらかじめ長所と短所を把握しておき、あなたのサイト作成にお役立てください。

 

① ハッキングの攻撃対象になりやすい

WordPressは、不正アクセスの攻撃対象にされやすいと言われています。

これはWordPressのユーザー数が圧倒的に多く、ネットで様々な情報をすぐにキャッチできるためです。

 

ハッキング_攻撃対象

 

善良なWordPressユーザーにとっては有益な情報でも、ハッカーにとってはWordPressの脆弱性を知る切っ掛けになるかもしれません。

そのため、定期的なバックアップや不正アクセスを防止するプラグイン、SSL化等の対策が必要です。

WordPressを安全に利用するための対策は、以下の記事を参考にしてみてください。

 

【WordPress】常時SSL化のメリットと設定方法

【WordPress】一発でバックアップが取れるプラグイン【スケジュール指定から復元方法まで】

 

② サーバー契約やドメイン取得に費用がかかる

WordPress本体は、公式ページから無料でダウンロードできます。

しかし、サイトをWEB上に公開するには「ドメイン」と「サーバー」が必要です。

基本的に、この2つを確保するには費用がかかります。

無料ブログサービスのように、サイト作成ツールとドメイン、サーバーがセットで無料というわけではないので注意しましょう。

ドメインとサーバーを手に入れる方法は以下の講座が詳しいです。

WordPress初心者におすすめ!レンタルサーバー5選【2019年最新情報】

【WordPress】独自ドメインの取得方法&サーバーとの関連付け

 

③ 電話サポートに対応していない

WordPressには、電話サポートがありません

不具合の発生等の突発的なトラブル時に、公式サポートに問い合わせできないのは不便かもしれません。

代わりにWordPressの公式サイトにはサポートフォーラムが用意されています。

困ったことがあったら質問の検索または質問してみると良いでしょう。

 

④ プラグインによる不具合

WordPressをバージョンアップさせたらサイトが動かなくなったくま~。
もしかしたら有効化しているプラグインとの相性が悪いのかもです~。

 

公式プラグインの多くは、有志のユーザーによって開発されたものです。

中にはWordPressの最新バージョンへの対応が遅れているプラグインもあります。

WordPressのバージョンとの互換性がないプラグインを有効化してしまうと、不具合が発生する恐れがあります。

そのため、互換性のチェックやアップデート前のバックアップ等の対策が必要です。

また、互換性がないプラグインを使用するには、対応バージョンで利用するしかありません。

このようにプラグイン数こそ多いWordPressですが、実際に使えるプラグインは限られています

 

「WordPressの特徴」のおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~。

 

まとめ

・WordPressは無料でサイトを作成できるツール。

・無料ブログサービスでは独自ドメインを使えない。

・人気のCMSだから、ネットで情報を得やすい。

・アフィリエイトやSEOに強いテーマ(デザイン)を導入できる。

・拡張機能によってWordPressをさらにグレードアップできる。

・ハッキングの攻撃対象にされやすいため、セキュリティ対策をしっかり行う必要がある。

・独自ドメインやレンタルサーバーの申し込み時の費用がかかる。

 

関連記事

初心者のためのWordPressの使い方講座 ―8STEPで完全マスター

【WordPress】おすすめ無料テーマ9選&アクセスアップに繋がるテーマ選びのコツ

【WordPress】有料テーマおすすめ10選【2019年最新情報】

【WordPress】おすすめプラグイン11選 ― SEO対策&ユーザビリティの向上に

【WordPress】常時SSL化のメリットと設定方法

WordPress初心者におすすめ!レンタルサーバー5選【2019年最新情報】

【WordPress】独自ドメインの取得方法&サーバーとの関連付け

複数人でWordPress運用!ユーザー権限のメリット&設定方法

【WordPress】一発でバックアップが取れるプラグイン【スケジュール指定から復元方法まで】

 

 

 

サイト作成コース 一覧に戻る