CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)とは | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)とは

公開日 最終更新日

CMSとは、Webサイト制作に必要な専門知識がなくても簡単に作成・運営・管理ができるシステムのことです。自由度は「従来のブログ以上、スクラッチ開発未満」。ここ最近では「WordPress」が有名です。

 

 

CMSのメリット

 

CMSを導入することで、記事やブログの更新などがシステム上で手軽に行えることが、CMSの共通にして最大のメリットと言えます。

 

▲WordPressの記事投稿画面

 

CMSで簡単にサイトができるなんて嘘だくま~!
WordPressを使ったんです?初めてのCMSじゃ難しかったかもですね~
うぅ「サイト制作知識がなくても簡単」なんて嘘っぱちくま…
それはまーくんのリサーチ不足ですよ~

 

因みに、CMSを使用せずゼロベースからサイトを作成することを「スクラッチ開発」と呼びます。

 

 

CMSでも、オープンソースでスクラッチ開発に近い形のものもあります。

その場合、自由度が高く好きなデザインにすることも可能ですが、その為には多少の専門知識が必要になってきます。

 

詳しく見ていきましょう。

 

 

CMSは大きく分けて2つ

 

開発フレーム(オープンソース)型CMS

▲WordPressのテーマ編集画面

 

開発フレーム(オープンソース)型はプログラムのソースコードが無償で公開されている為、自由度がかなり高く、知識さえあれば様々なデザインを作ることができるCMSです。

ソースが開示されているので、テーマに含まれていないデザインや動きも追加することができのが、開発フレーム型CMSの利点です。もちろん、オープンソースなのでカスタマイズに料金は発生しません。

 

ただし、その分多少の学習コストを必要とするのが、初心者には難しいころですね。

 

●「WordPress」について

現在、開発フレーム型で圧倒的シェアを誇るCMSが「WordPress」。

ユーザーが多いことから「WordPress」は無料のテーマやプラグインがいくつも作られており、開発フレームの中でも比較的手を付けやすいCMSです。

また、開発フレーム型のCMSは自分でサーバーを用意する必要がありますが、WordPressの場合その知名度からレンタルサーバー側がセッティングをサポートしているところも出てきました。

▲ロリポップレンタルサーバー

 

>>レンタルサーバーとは

>>おすすめレンタルサーバー

 

 

パッケージ型CMS

▲WiXの編集画面

 

こちらはお手軽さを重視したCMS。

CMSの基本機能がパッケージ化されているため、個別カスタマイズをあまり必要としないのが特徴です。

その特徴から、少し前までは、「デザインの自由度が低い」と思われてきましたが、最近ではパッケージ型CMSでも「デザイン性」を兼ね備えたタイプも出てきました。

 

●使いやすさ抜群のサイトデザイン編集

 

パッケージ型CMSでも、このようにデザイン部分を感覚的に動かすことはできませんでした。

しかし、以下のような感覚的に動かせるエディタが登場してからは、扱いやすさが飛躍的に上昇。

 

▼WiX

 

このように編集画面でデザインをドラッグ&ドロップで好きに動かすことが可能なパッケージ型CMSもあるのです。

 

自由度を得るために多少の学習コストをかけるか、学習コストを掛けない代わりに自由度を妥協するかってところなんです~
そっか~「みんなが使ってるからこれが良い」ってわけじゃないくまね

 

機能面も、ここ最近は充実したパッケージ型CMSが増えてきているので、「自分に必要な機能は何か」というのをよく考えて選んでみて下さい。

 

「CMS」のおさらい

それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました~

 

〇開発フレーム型CMSメリット

ライセンス費用がかからないためコストを抑えることができる

カスタマイズの自由度が高い(知識やスキルは必要)

バージョンアップのサイクルが早い

 

×開発フレーム型CMSデメリット

ベンダーからのサポートがないため、構築や保守作業が自己対応

サーバーやドメインは自前で用意

アップデートや不具合対応など自己責任で対応する必要がある

オープンソースの為、脆弱性などを狙った攻撃によるセキュリティリスクがある

 

〇パッケージ型CMSメリット

ベンダーのサポートを受けられるため安心して運用できる

ベンダーがアップデートや不具合対応などに対応してくれる

必要な機能がパッケージ化されているのでカスタマイズが簡単

ブロックタイプエディタでデザインを直感的に動かせる

 

×パッケージ型CMSデメリット

商業利用では初期費用やライセンス利用料が必要となる

導入規模(ページ数やユーザー数)に応じてライセンス費用が大きくなる

機能拡張に追加費用や機能のカスタマイズにコストが発生したりする

 

関連用語

CSS

HTML

JavaScript

PHP

 

その他参考になる記事

CMSとは?初心者でもわかるCMSの基礎知識とメリット、導入事例:HITACHI

CMSとは:SEO HACKS

 

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る