WordPressをインストールしよう!自動から手動まで徹底解説 | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

WordPressをインストールしよう!自動から手動まで徹底解説

公開日 最終更新日

WordPressをインストールしよう!自動から手動まで徹底解説

 

WordPressのインストールなんて、ぼくにできるか不安くま~。
大丈夫です~。多くのレンタルサーバーでは、初心者でも簡単にWordPressをインストールできるサービスが充実しているから、ほんの数分でWordPressを始められるです~。
 

WordPressを使用するには、レンタルサーバーにインストールする必要があります。

WordPressのインストールと言えば、データベースの設定やFTPクライアントによるアップロードなどといった煩わしい作業をイメージしがちです。

しかし現在では、レンタルサーバーのサービスによって、誰でも簡単にWordPressをインストールできるようになりました。

例えば、エックスサーバーやロリポップの「簡単インストール」、mixhostでは「簡単アプリインストール」がこれに該当します。

WordPressのインストールはもちろん、データベースの作成も自動で行ってくれる場合がほとんどです。

今回は、エックスサーバーの「簡単インストール」を使って、WordPressをインストールする方法を解説したいと思います。

その他のレンタルサーバーでのインストール方法については、以下のページをご参照ください。

 

ロリポップでWordPressをインストールする方法

ConoHa WINGでWordPressをインストールする方法

MixHostでWordPressをインストールする方法

 

また、簡単インストールに対応していないレンタルサーバーをご使用の方は、FTPクライアントでWordPressをアップロードする必要があります。

簡単インストールが利用できない読者のために、この講座の後半にてWordPressを手動でインストールする方法も解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

※WordPressをインストールする前に、レンタルサーバーと独自ドメインの契約を済ませておきましょう。以下の講座が詳しいので、ぜひご覧ください。

WordPress初心者におすすめ!レンタルサーバー5選【2019年最新情報】

【WordPress】独自ドメインの取得方法&サーバーとの関連付け

 

簡単インストールを使ってWordPressを導入する

まずはエックスサーバーの「サーバーパネル」にログインし、最下部までスクロールしてみてください。

 

簡単インストールを使ってWordPressを導入する

 

「WordPress簡単インストール」をクリックします。

 

エックスサーバー_WordPress_導入

 

WordPressを導入したいドメインを選択します。

 

WordPressインストール

 

「WordPressインストール」タブをクリック。

 

エックスサーバー_簡単インストール

 

この画面では、WordPressのアカウント情報を入力していきます。

 

インストールURL 空白のまま
ブログ名 ブログタイトルを付けましょう。後から好きなだけ変更できるので何でもOKです。
ユーザー名 WordPressにログインする時に必要なユーザー名です。
パスワード 同じくログインする際に使います。
キャッシュ自動削除 「ONにする」にチェック
データベース 「自動でデータベースを生成する」にチェック

 

最後に「確認画面へ進む」をクリック。

 

入力した情報を確認したら「インストール」を押しましょう。

 

wordpress_インストール

 

上図のような画面が表示されたら、WordPressのインストールは完了です。

ここに表示されている「ID」「PASSWORD」から「MySQL接続パスワード」までの情報は、必ずメモするなどして保管しておきましょう。

インストール完了画面に表示されているURLをクリックすれば、WordPressのログイン画面にアクセスすることができます。

URLを確認する前にページを閉じてしまった場合は「あなたのサイトのURL/ wp-login.php」でログイン画面に入ることができます。

 

WordPressを手動インストールする方法

レンタルサーバーが「簡単インストール」を用意していなかったら、WordPressは使えないくま~?
レンタルサーバーがWordPressに対応しているなら、手動でインストールする方法があるです~。

 

エックスサーバーの「簡単インストール」やmixhost「簡単アプリインストール」といった自動インストール機能がレンタルサーバーで提供されていない場合には、手動でインストールします。

WordPressを手動でインストールする手順は以下の通りです。

 

手動インストールの流れ

① WordPressで使うデータベースを作成

② WordPressをPCにダウンロード

③ FTPクライアントでWordPressをレンタルサーバーにアップロード

④ インストール

 

①データベースを作成する

WordPressを利用するためには、データベースを作成する必要があります。

なお、データベースの作成はレンタルサーバーによって仕様が異なります。

今回はエックスサーバーでの作成方法を解説します。

その他レンタルサーバーでのデータベースの作成については、以下のページをご参照ください。

 

ロリポップでデータベース作成する方法

ConoHa WINGでデータベース作成する方法

 

まず、エックスサーバーのサーバーパネルにアクセスし、「データベース」内の「MySQL設定」をクリックします。

 

MySQL_設定

 

「MySQL追加」タブをクリック。

 

MySQL_追加

 

データベース名は「あなたのサーバーID_任意の文字列」となります。

入力できる箇所は「wp」などわかりやすい文字列にしておきましょう。

なお、このデータベース名はWordPressのインストール時に必要になります。

メモを残しておくなど、いつでも確認できるようにしておいてください。

文字コードはデフォルトのままでOKです。

最後に「MySQLを追加(確認)」⇒「追加」と進んでください。

今度は「MySQLユーザ追加」タブに移ります。

 

MySQL_ユーザー_追加

 

ここでは、データベースにアクセスする「ユーザー」を追加します。

任意の「MySQLユーザID」と「パスワード」を設定しましょう。

ちなみに、ユーザIDはデータベース名と同一にしても問題ありません。

また、ユーザIDはWordPressインストール時に必要になりますので、データベース名とともにメモしておきましょう。

入力が終わったら「追加する」をクリックします。

今度は「MySQLの一覧」タブに戻ってください。

 

アクセス権未保有ユーザー

 

WordPressに使用するデータベースの「アクセス権未所有ユーザー」から、先ほど追加したユーザー名を選択します。

最後に「追加」をクリックすれば、データベースの設定は完了です。

 

MySQL情報

 

また、「MySQLの一覧」画面下部にある「MySQL情報」を確認してください。

「MySQL情報」にある「ホスト名」もWordPressインストール時に必要になります。

 

ここまでで、WordPressインストール時に必要となる情報を以下にまとめておきます。

 

インストール時に必要となるデータベース情報

・データベース名

・MySQLユーザID

・パスワード

・ホスト名

 

以上の4点は、今のうちにメモしておいてください。

 

②WordPressをダウンロードする

これでレンタルサーバー側でWordPressを迎い入れる準備が整いました。

今度はWordPressの公式ページからWordPressを入手します。

 

WordPress_公式

 

「WordPressをダウンロード」をクリックして、あなたのPCの任意の場所にダウンロードしてください。

ダウンロードされたファイルは圧縮されているため、必ず解凍しておきましょう

 

③WordPressをアップロードする

WordPressをダウンロードしても、(特殊な環境を除き)WordPressは機能しません。

これから、WordPressをレンタルサーバーにアップロードし、ブラウザからWordPressにアクセスできるようにします。

サーバーにWordPressをアップロードするためには、FTPクライアントが必要です。

お好きなFTPソフトで構いませんが、今回は無料で使用できる「FileZilla」で解説を進めていきます。

 

FileZilla

 

FileZillaを開いたらまず、左上のボタンをクリックして「サイトマネージャー」を開きます。

 

FileZilla_新しいサイト

 

「新しいサイト」をクリック。

 

FileZilla_接続

 

ここで設定する項目は以下の通りです。

 

・ホスト

・ユーザ

・パスワード

 

以上3点の確認方法はレンタルサーバーによって異なります。

わからない場合には「FTPでサーバーに接続するための、ホスト名、ユーザー名、パスワードを知りたい」とレンタルサーバーに問い合わせてみると良いでしょう。

 

エックスサーバー_FTP情報

 

ちなみにエックスサーバーでは、アカウントの登録時に届くメールに記載されています。

最後に「接続」を押せば、自動的にレンタルサーバーと接続されます。

 

FileZilla_使い方

 

FileZillaの左側(上図の青枠)があなたのPC内のファイル。

右側(赤枠)がサーバー内のファイルになります。

※サーバー側のディレクトリ構造もサーバーによって異なる場合があります。
※解説ではエックスサーバーのパターンで進めていきますが、仕様が異なる場合にはあなたが利用しているレンタルサーバーにお問い合わせください。

まず、サーバー側でWordPressのアップロード先を開いておきます。

WordPressのアップロード先は「ドメイン名/public_html/任意のディレクトリ名」です。

順を追って解説します。

 

ドメイン_ディレクトリ

 

最初に、WordPressを使用したいドメイン名のフォルダを開きます。

 

public_html

 

次に「public_html」フォルダを開きましょう。

 

FileZilla_ディレクトリ作成

 

「public_html」フォルダ内で右クリックし、「ディレクトリの作成」をします。

任意のディレクトリ名を入力して「OK」をクリックしてください。

見本ではディレクトリ名に「wp」に設定したので、WordPressのアップロード先は「ドメイン名/public_html/wp」となります。

今度は「public_html」上に作ったディレクトリにWordPressをアップロードしましょう。

FileZilla画面のPC側を操作して、解凍済みの「wordpress」フォルダを開いてください。

 

WordPress_アップロード

 

「wordpress」フォルダ内のすべてのファイルを選択して、「右クリック」⇒「アップロード」をクリック。

 

WordPress_FileZilla_アップロード

 

無事、サーバー内にWordPressがアップロードされました。

 

④WordPressをインストールする

これでブラウザからWordPressを操作できるようになりました。

下記のURLにアクセスしてみてください。

http://あなたのドメイン名/●●/

「●●」の部分には「public_html」で作成したフォルダ名が入ります。

※解説では「wp」に当たります

このURLがあなたのWordPressのアドレスになります。

URLにアクセスすると「ファイルが見つかりません。インストールを開始するには・・・」で始まるメッセージが表示される場合がありますが、深く考えず文末の「設定ファイルを作成する」をクリックして先へ進みます。

 

WordPress_サーバー_インストール

 

「さあ、始めましょう!」をクリックすると、データベース情報の設定に入ります。

 

wordpress_データベース情報

 

データベース作成時にチェックしておいた情報を各項目に入力します。

テーブル接頭辞はデフォルトのままで問題ありません。

「送信」を押したら、そのまま「インストール実行」と進めてください。

 

WordPress_初期設定

 

サイトタイトル あなたのサイトのタイトルを入力しましょう。(インストール後に変更可能)
ユーザー名 WordPressの管理画面にアクセスする時に必要なログインユーザー名です。
パスワード 同じくログイン時に必要なパスワードです。WordPressのログインページには、誰でもアクセスできるため、なるべく「強力」になるよう設定します。
メールアドレス あなたのメールアドレス(サイト管理の情報を受け取れるもの)を設定してください。
検索エンジンでの表示 デフォルトのままでOKです。

 

最後に「WordPressをインストール」をクリック。

 

WordPress_インストール完了

 

上図の画面が表示されたら無事、WordPressのインストールは完了です。

ここに表示されているユーザー名・パスワードはログイン時に使いますので、必ずメモしておきましょう。

 

WordPress_ログイン

 

ログイン画面には、「あなたのサイトURL/ wp-login.php」でアクセスできます。

 

「WordPressのインストール方法」のおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~。
 
まとめ

・レンタルサーバーの「簡単インストール」機能を使えば、初心者でも手軽にWordPressを導入できる。

・「簡単インストール」機能がない場合には、FTPクライアントを使用した導入方法がある。

・手動でインストールする場合には、あらかじめデータベースの作成をしておく。

・手動でインストールする場合には、公式サイトから自分でWordPressをダウンロードし、レンタルサーバーにアップロードしなければならない。

ついに憧れのWordPressを始めることができたくま~!
初心者にとって、WordPressのインストールは難関かもです~。でも、これを乗り越えれば、初期設定から投稿までルンルン気分です~。

 

関連記事

WordPressでアフィリエイトを始めるには【初心者向け】

WordPressにログインする方法&ログインできない5つの原因と対処法

WordPress初心者におすすめ!レンタルサーバー5選【2019年最新情報】

【WordPress】独自ドメインの取得方法&サーバーとの関連付け

【WordPress】サイトアドレスを変更する方法【URL最適化】

 

 

サイト作成コース 一覧に戻る