AMP(Accelerated Mobile Pages)とは | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは

公開日 最終更新日

AMPとは、Googleが推進している「モバイルページを高速で表示させる手法」のことを指します。AMPは、Accelerated Mobile Pagesの略語です。

AMP

 

ストレスなく見れるなんていいくまね!全部のサイトに導入してほしいくま~
うーん、AMPの仕様上それは難しいんじゃないかしら~?
どういうことくま?

 

 

AMPの仕組み

AMP HTMLやAMPタグなどの仕様に基づいて、AMPページを作成することで、スマホなどのモバイルデバイスからでも、ストレスなくスピーディーにサイトを閲覧することができるようになります。

AMPの仕組み

「AMP HTML」のルール通りに作成したウェブページを公開すると、Google のクローラーが AMP ページを保存します。

AMPの仕組み2

保存されたコンテンツが検索ワードに関連が深いと判断された場合、検索結果にはそのページの URL が表示されます。

AMPの仕組み3

検索結果に表示された「保存済みのAMPページ」にユーザーがアクセスすると、既に保存済みのため、読み込み時間が通常よりも短くなります。

AMPのマーク

これが、AMPが高速で表示される仕組みです。

 

 

なるほどぉ…じゃあ、ページ内に動的なコンテンツがあるとAMP化出来ないってことくまね…

AMP化できないコンテンツ

他にも、ECサイトのようにページ内で更新されるようなページもAMP化出来ません

 

それにアフィリエイトサイトの場合、導入するとコンバージョンが減ってしまう恐れもあるんですよね~…

コンバージョン

商品購入、資料請求などの成果のことを指す。

 

 

AMPのデメリット

1.コンバージョンが減る可能性がある

自分のサイトがAMPでも、広告がAMPに対応していないとその広告はページに表示されません

 

え?AMPに比べて表示が遅いってだけじゃないくま?
遅いんじゃなくて、本当に「表示されない」んですよ~

 

2.ルールが細かい!!

AMPが高速で表示されるのは、クローラーがページを保存しているということと、「そもそもページを通常よりも軽くしている」という二つの要因によって成り立っています。

この「ページを軽くする」ためのルールがGoogleの方で詳細に決められているので、それに準拠していないとエラーになり、うまくAMP化できません。

しかも、使用を禁止されているHTMLタグがかなりあるので、おしゃれにしていたサイトは、「同じようにデザインできないかもしれない」という懸念もあります。

 

3.導入が大変

場合によっては、細かい設定や対応が難解で初心者では対応できません。

「WordPressはプラグインがあるから簡単」…かと思いきや、導入方法がそもそもサイト構造によって変わってくるので沢山エラーが吐き出されます。

そのため、AMPを導入するにはエラーが読めるかつhtml、CSS、PHPを理解できることが必須になってきます。

 

アフィリエイターにとっては一概に「AMPが成果につながる!」ってわけでもないくまね…
導入で躓き、運用で手間がかかり…個人運用サイトや初心者さんにはAMP化にメリットがあるとはあまり言えないですね~

 

 

「AMP」のおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~。
AMPのまとめ

・AMPは「ページを高速で表示させる」Googleのプロジェクト

・AMPページにおいてAMPに対応していない広告は表示されなくなる

・ルールがとっても細かい

 

関連用語

コンバージョン

HTML

JavaScript

PHP

 

その他参考になる記事

Googleモバイル検索がAccelerated Mobile Pagesに対応しました:Google Developers

AMPとは:SEO HACKS

 

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る