301リダイレクトとは | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

301リダイレクトとは

公開日 最終更新日

301リダイレクトは、特定URLに訪問したユーザーを永久的に別URLへ転送

 

する処理。

301リダイレクトを使用することで、URLの永久移転を検索エンジンに伝えることもできる。

サイト構造の変更やドメインの引っ越しなどで、ページURLが変化したときに利用される。

 

 

301リダイレクトとは

301リダイレクトとは、永久的なURLの自動転送です。

 

301リダイレクトが設定されたURLにユーザーが訪問した場合、転送先URLへ自動的に飛ばされます。

 

サイト構造の変化やドメインの引っ越しなど、ページURLが変化するタイミングで使用すれば、旧URLへ訪問したユーザーを新URLまで誘導することが可能です。

301リダイレクトをきちんと設定すれば、

・SNSに貼られた旧URLへのリンク

・旧URLを指定したブックマーク

などから訪問するユーザーさんを逃す心配もなくなるですよ~。

 

また、301リダイレクトの情報を受け取った検索エンジンは「旧URLが新URLへと完全に移転した」と解釈します。

 

つまり301リダイレクトは「ユーザーさんと検索エンジンの両方にURL変更を伝えられる」ってことくまね!

 

301リダイレクトのSEO上のメリット

301リダイレクトは単にURL変更を伝えるだけでなく、以下のようなSEO上のメリットもあります。

・旧URLのSEO評価を新URLに受け渡す

・URLを一本化する

旧URLのSEO評価を新URLに受け渡す

301リダイレクトを行うと、旧URLのSEO評価が新URLに受け渡されます。(※)

 

URLが新しくなると、旧URLのSEO評価は失われるのが基本です。

そのため、301リダイレクトを行わずにURLを移転すると、SEO対策を最初からやり直す必要があります。

 

特に、SEOでの集客をメインにサイトを運営していく場合は、URL移転時の301リダイレクトを確実に設定するよう心がけましょう。

 

※異なるドメインへのリダイレクトでは、評価の一部が失われるリスクがあります。

 

URLを一本化する

ひとつのページに対応するURLが複数あるとき、301リダイレクトを用いることで、最も優先度の高いURLを検索エンジンに知らせることが可能です。

 

たとえば、以下3つのURLのアクセス先が同じページである場合を考えてみましょう。

 

・https://▲●▲.com

・http://▲●▲.com

・https://▲●▲.com

このとき、各URLは同じページに対応していますが、検索エンジンには違うページと判断されるリスクがあります。

 

なぜなら、検索エンジンはページを判別する際、URLを頼りにするからです。

そのためページ内容が同じでも、URLが違えば別ページだと判断する場合があるのです。

 

ひとつのページに複数のURLが対応していると、各URLに評価が分散したり、重複コンテンツとしてペナルティを受けたりする危険性があります。

 

参照:SearchConsoleヘルプ-重複するコンテンツ

 

301リダイレクトを行うことで、優先的に評価してほしい「オリジナルのURL」を検索エンジンに伝えることが可能です。

 

たとえば、上記の例で「https://▲●▲.com」をオリジナルに設定したい場合は、それ以外のURLから「https://▲●▲com」へ向けて301リダイレクトを行います。

ちなみに、オリジナルのURLを検索エンジンに伝えることを「正規化」と呼ぶですよ~。

 

 

301リダイレクト設定方法

301リダイレクトの設定は、「.htaccess」と呼ばれるファイルを使用するのが一般的です。

ただし「.htaccess」は、サーバー環境によっては使用できない場合があります。

 

>>>.htaccessによるリダイレクト設定方法についてはコチラ

 

.htaccessが利用できない場合には、以下の方法が用いられます。

・PHPを使用する

・HTMLのmetaタグを利用する

・JavaScriptを使用する

301リダイレクトの設定が完了したら、転送処理がきちんと行われているかチェックするのも忘れないようにするですよ~。
 

301リダイレクトが検索エンジンに認識されるまでの期間

301リダイレクトの情報って、すぐに検索エンジンに認識されるのかくま?

301リダイレクトが認識されるまでの期間については、Googleのマット・カッツ氏が以下の動画で言及しています。

https://www.youtube.com/watch?v=QyQs3tz7ZKo

 

▼内容の抜粋

・サイト全体のドメイン移転が認識されるまで、一般的には2~5週間、場合によっては2カ月ぐらいかかる

・Matt Cutts(マット・カッツ)氏が自身のブログのドメインを移転した際は、3~5週間程度かかった

ただし、上記はあくまで一例であり、転送するURLの数や検索エンジンの巡回状況などによって異なります。

 

301リダイレクトの信号はURL単位で検出されるうえ、検索エンジンがURL変更を完全に認識するまでには、何回か巡回する必要があるケースがほとんどです。

 

そのため、数十ページ程度の小規模なリダイレクトは比較的早く認識されますが、転送するURLが多くなれば相応の時間がかかります。

 

301リダイレクトの情報をできるだけ早く検索エンジンに認識してもらうには、

「xmlサイトマップ」やサーチコンソールの「アドレス変更ツール」を活用するのがオススメです~。

 

「301リダイレクト」のおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~。
301リダイレクトのまとめ

・301リダイレクトとは、永久的なURL転送のこと

・301リダイレクトは、URL変更をユーザーや検索エンジンに伝達できる

・301リダイレクトを行うと、転送元URLのSEO評価が転送先に渡される

・『ドメイン移転』『サイトリニューアル』『URLの正規化』などの際に使用される

 

関連用語

リダイレクト

302リダイレクト

・SEO

・検索エンジン

.htaccess

URL

リンクジュース

HTML

PHP

その他参考になる記事

リダイレクト (HTTP) : Wikipedia

HTTPステータスコード:Wikipedia

ページの URL の変更と 301 リダイレクトの使用:Search Console ヘルプ

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る