アフィリエイト豆知識【著作権侵害等に気をつけよう!】 – まーくんのアフィリエイト学校【afb】

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

アフィリエイト豆知識【著作権侵害等に気をつけよう!】

公開日 最終更新日

 

みなさん、こんにちは!

今回のアフィリエイト通信では、アフィリエイトを行う際に注意しなくていけない「著作権侵害」についてご紹介させていただきます。

知らない間に他人の権利を侵害していた!ということにならないように注意しましょう。

 

「著作権」とは?

アフィリエイトなどのインターネットビジネスにおいて、よく聞く著作権侵害のトラブルといえば「自分が書いた記事をコピーされて使われた!」「自分で描いたイラストが勝手に使われた!」といった内容です。

「自分が作った記事やイラスト等の素材を許可なしに勝手に使われてしまった!」まさにこれが著作権侵害です。

 

しかし、自分が作ったからといって全てのものが自分の著作物になるわけではありません。また場合によっては(特に写真の場合)、自分が作ったものが他人の権利を侵害している場合もあるので気をつけなければいけません。

 

まず、著作権とは「個人の考えや感情などの創作的な表現である著作物を保護し、著作物が無断で使用されないための権利」を指します。

次にどのようなものが著作物になるかを知っておかなくてはいけません。

著作物になるかどうかは
「創作的であるか」
「思想もしくは感情が表現されているか」
「文芸・学術・美術または音楽の範囲に属しているか」
の条件を満たしているかどうかで判断されます。

小説・漫画・音楽・写真はもちろん、ちょっと驚くものでいうとダンスの振り付けやコンピューターのプログラムも著作物になります。

逆に、単なるデータや誰が表現しても同じようなものは著作物に当てはまらないとされています。また正しい引用については、著作権法上の要件を満たせば行うことができますが、誤った引用は逆に著作権侵害になりうるので注意が必要です。クリエイティブにより引用を禁止している場合もあるので事前に確認してから引用しましょう。

著作物には保護期間があり、保護期間が切れたものに関しては、原則として著作権が消滅し誰でも利用できるようになります。著作権が消滅したものをパブリックドメインと呼びます。※著作権は消滅していても著作権人格権は残ります。

 

著作権侵害にあたるかどうか判断することや、著作権侵害を証明することが難しいケースもありますので、著作権侵害されてしまった場合は、法律の専門家などへ相談し対処しましょう。

 

「著作権侵害」につながるNG行動とは?

それでは次に、著作物の中でもトラブルが多いイラストや写真素材などを例に、意識していないとやってしまいがちなNG行動を3つご紹介します。

自分のアフィリエイトサイトにイラストや写真素材を使いたいと思った時に・・・

1.インターネットで画像検索をして良さそうな素材を見つけたので、そのままダウンロードしてサイトに使った。

2.無料素材提供サイトから、規約をよく読まずに素材をダウンロードしてサイトに使った。

3.知り合いや友人、通行人などを撮った写真がサイトにぴったりだったので、本人の許可なくサイトに写真を使った。

1については、NGだとわかる方は多いと思いますが、2・3についてはあまり気にせずに行っている人がいるかもしれません。

それでは、それぞれのケースについて、何かNGなのか説明していきます。

 

著作権侵害につながるNG行動!やってしまったらどうなるの?

 

1.ネットで見つけた素材をダウンロードして使ったらどうなるの?

パブリックドメインではない写真やイラストの場合、その素材には著作権があります。

また写真の場合は、写真に写っている人に肖像権があり、それが有名人や芸能人だった場合は、パブリシティー権があります。

それら権利がある写真や素材を許可なく勝手に使用した場合、著作権等の侵害となり、場合によっては著作権者から裁判を起こされ罰金を支払う必要も!

インターネットで見つけた素材について【権利関係】を確認せず、許可なしで勝手に自分のサイトに使うのは絶対にやめましょう。

 

2.無料素材提供サイト、規約を読まないとどうなるの?

便利なことに現在、高品質なイラストや写真を提供する無料素材提供サイトがたくさんあります。

しかし提供された素材の使い方について、規約で定められている場合がほとんどです。「フリー素材」と書いてあったからといってなんでも許される訳ではないので注意が必要です。

例えば、無料で使えるafbひろばのイラストですが「afbに登録しているサイトにのみ利用可能」という規約があります。(ご利用いただく際は、サイト登録をお願いします♪)

それを知らずに、afbに登録していないサイトに使ってしまった場合、規約違反となってしまいます!※その他の規約もありますので必ずご確認の上、ご利用ください。

その他にも、無料素材提供サイトによくある規約として

◆商用利用不可
→アフィリエイトサイトは利益を得るために行うものなので「商用」です。この規約があった場合、利用できない可能性が高いので注意しましょう。

◆クレジットの記載必須
→クレジットとは著作権者名や著作の所在等の情報です。記載方法などは運営サイトによって異なりますので必ず確認し守りましょう。

◆改変不可
→写真やイラスト素材を、トリミングしたり他のイラストと合成したりと、今ある素材を編集することを禁じている場合があります。

などがあります。有料・無料を問わず、素材提供サイトは規約を確認してから利用しましょう。

規約違反をした場合、規約違反の罰則が課せられます。

 

3.本人の許可なく写真を使うとどうなるの?

写真素材には、写っている人に肖像権があります。肖像権には「プライバシー権」と「パブリシティー権」があります。

例え、知り合いや友人であっても、勝手に本人の写真を使う(公表する)ことはプライバシー権の侵害になります。

よくSNSに勝手に自分が写った写真をアップされた!という声を聞きますが、それもプライバシー権の侵害に当たります。写真を使う場合は事前に許可を得ておきましょう。

また、有名人や芸能人などの著名人が写った写真には、経済的な価値がうまれることからパブリシティー権が発生します。例え自分が撮った写真でも、本人の許可なくサイトで使用することは差し控えましょう。

これら肖像権を侵害した場合、公開差し止めや損害賠償請求が行われる可能性があります。充分ご注意ください。

 

アフィリエイトの場合、芸能人等の名前や写真について、プロモーションによって禁止事項が設定されている場合がありますので、利用前に必ず確認しましょう。

 

法令を遵守してアフィリエイトを行うために・・

 

afbではアフィリエイトを行うにあたり禁止事項を設定しています。まずはこちらに目を通していただき、何が禁止事項にあたるのか把握して違反しないように注意しましょう。

 

また、afbひろばや各種特集やキャンペーンで、アフィリエイトサイトで使えるイラスト素材を無料で提供しています。

アフィリエイトにマッチしたイラストをご用意しておりますのでご活用ください。(ご利用はブロンズステージから)
afbひろばを見る

またスマホでできる物撮りセミナーも開催しています。毎回、応募が殺到する人気のセミナーです。機会があれば是非ご参加ください。
開催中のセミナーをチェックする

 

また法令に関する情報をインターネットで調べる時は特に注意が必要です。誤った情報や逆に法令違反を助長するような情報を信じてしまうとトラブルの元!各省庁や都道府県などが出している情報や、法令の専門家が書いた情報を参考にしましょう。

 

▼次の記事を見る
アフィリエイト豆知識【景品表示法・アフィリエイターも意識しよう】

========================
※本記事を参考にしたことにより被る不利益について、何ら責任を負うものではありません。
※ 法律の内容に関する記事のため、法律の改正・ガイドラインの追加等により現在は誤りとなる可能性がありますので、ご注意下さい。
========================

▼広告に関わる法令をマスターしたいならこちら

アフィリエイト通信 一覧に戻る