トラックバック | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

トラックバック

公開日 最終更新日

 

トラックバックとは、外部サイトへ「あなたの記事を紹介しました」と伝える機能のこと。ただし、相手がトラックバックURLを公開していることが条件であり、類似機能ピンバックと違いトラックバックを送る先は手動で指定する。

最近ピンバック機能ができたから、もうトラックバックは必要ないんじゃないかくま?
機能としては同じだけど、それぞれ使い方や条件が違うから、どっちを使うかはその時々なんですよ~

 

トラックバックは相手記事の「トラックバックURL」をコピーして自分の記事内のトラックバック送信欄に手動で入力して送ります。

ピンバックと混同しがちですが、ピンバックがWordPress独自の機能であり、また記事内にある外部URLに対して自動で通知を送るのに対し、トラックバックは「任意の相手に手動で送信」します。

 

そもそもトラックバックとはどういうものなのか

トラックバックとは本来、引用したサイトへ「あなたの記事を紹介しましたよ!」と伝える機能です。

以前から他人のサイトのリンクを張るマナーとして、そういったやり取りはメールやメッセージフォームなどから行われていました。

そして、そのメッセージを受け取った側は「紹介のお礼にこっちもリンクしておこう」とわざわざリンクを張ったりしました。

そのやり取りをもっと手軽に行えるようにしたのが、トラックバックです。

 

 

トラックバックを図解

例えばサイトBサイトAの情報をもとに記事を書きました。

サイトBはマナーとして情報元をリンクしなければいけません。

このとき、ブログ(またはCMS)のトラックバック送信欄にサイトAのURLを入れて記事を投稿します。

そうするとサイトAに「あなたの記事リンクを張りました!」とメッセージが飛び、トラックバック機能がオンになっていればサイトAの記事内にサイトBの記事リンクが載るようになります。

これがトラックバックです。

 

ここまでの説明で気が付いたことないです?
ん?ん~…「わざわざ手動で相手に送信するのか~」ってことくらいくま
そう、そこがこの機能の落とし穴なんです~

 

 

トラックバックの落とし穴

ピンバックと違い、「URLを記事に乗せること」と「相手にトラックバックを送ること」を別々に行う必要があります。

 

そのためこんなことを思う人が現れました。

別に自分のサイトに相手のURL載せなくても良くね?

サイトBにはサイトAのリンクを載せず、サイトAからのSEO効果のみをもらうことを目的とした迷惑行為。

 

●トラックバック先と関連性のない記事でのトラックバック

●記事内にトラックバック先のリンクを張っていないのにトラックバックを送信

 

これらの行為は「トラックバックスパム」と呼ばれる悪質な迷惑行為です。

 

自分だけおいしい汁を啜るなんて、ひどいくまね…

受け取る側のサイトさんだって自分にもメリットがあるからそうするんです

じゃなかったら誰もトラックバックを承認なんてしませんよ~…

まーくん:本来の機能から逸脱した活用の仕方はだめくまね

 

相互リンクになるメリットはこちらで説明しています。

>>ピンバックとは

 

トラックバックのおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~。
トラックバックのまとめ

・トラックバックは本来「あなたの記事をリンクしました」というお知らせ機能

・トラックバックは関連性のある記事同士で行うこと

・トラックバックをするときは自分の記事に相手のリンクは張っておくこと

 

関連用語

ピンバック

クローラー

CMS

 

その他参考になる記事

トラックバックとは:SEO HACKS

トラックバックとは?正しい意味とWordPressで送信する方法:バズ部

 

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る