アフィリエイト豆知識【薬機法】化粧品と薬用化粧品の違いを知ろう | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

アフィリエイト豆知識【薬機法】化粧品と薬用化粧品の違いを知ろう

公開日 最終更新日

 

みなさん、こんにちは。

今回は、化粧品のアフィリエイトを行う際に、気をつけたい化粧品と薬用化粧品の違いについて紹介します。

この違いについて理解することで、商品を訴求する際に役立ちます。しっかりと理解しましょう。

 

化粧品と薬用化粧品の違いは?

 

化粧品には化粧品と薬用化粧品があります。

化粧品については、前回説明した通り、決められた効果効能を超える表現は行うことができません

しかし薬用化粧品の場合は、商品を製造販売する際に、厚生労働省に商品の効果効能について申請を行っているため、申請が承認された効果効能の範囲内であれば表現が可能となります。

アフィリエイトで取り扱う薬用化粧品の代表的なものというと、薬用育毛剤・化粧水や美容液等の薬用化粧品・薬用石けんなど。

効果効能について記載できる範囲は商品により異なりますが、薬用化粧品の場合、例えば化粧品では謳えない「育毛効果」「肌あれ・にきびを防ぐ」「美白(メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと)」「デオドラント効果」などの効果を謳うことが可能です。

基本的にはLPを確認していただき、記載されている以外の効果効能は謳わないように注意。また、注釈がある効果効能については内容を把握した上で、アフィリエイトサイトにも記載し、ユーザーの誤解を招かないようにしていきましょう。

 

言えること・言えないことをあらかじめ把握することで、言えることをしっかりと訴求できるようになります。これは薬機法を勉強するメリットの一つです。

化粧品と薬用化粧品の見分け方は?

 

さて、そんな薬用化粧品ですが、サイト作成する際には、訴求する商品が通常化粧品か薬用化粧品か見分ける必要があります。初級者の方は混乱しがちですが、見分け方はとっても簡単!

薬用化粧品の場合、容器や外の箱に「医薬部外品」と表示されていますので商品LPの商品画像を確認しましょう。(薬用化粧品は医薬部外品の一部なので、薬用化粧品=医薬部外品です。)また、基本的にはLP内にも「薬用化粧品」「薬用」「医薬部外品」などと書かれているので、それらを確認して判断しましょう。

確認した際に、容器や外の箱・LPのどこにも「医薬部外品」と表記がないものは一般の化粧品と考えて問題ありません

また、商品によってLP上に、「薬用化粧品」と書かれているものと「医薬部外品」と書かれているものがあります。薬用化粧品は医薬部外品の一部なので、薬用化粧品=医薬部外品です。サイトへ掲載する際は、わかりやすくどちらかの表記に統一して問題ありません。

化粧品で言えること・薬用化粧品で言えることを間違えないように訴求していきましょう!

▼次の記事を見る
アフィリエイト豆知識 健康食品を扱うなら【健康増進法】も理解しよう。

========================
※本記事を参考にしたことにより被る不利益について、何ら責任を負うものではありません。
※法律の内容に関する記事のため、法律の改正・ガイドラインの追加等により現在は誤りとなる可能性がありますので、ご注意下さい。
========================

▼広告に関わる法令をマスターしたいならこちら

アフィリエイト通信 一覧に戻る