データベースとは | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

データベースとは

公開日 最終更新日

データベースとは、検索や更新などをしやすいように整理されたデータの集まりです。一般的にコンピューター上で管理するものをそう呼ぶことが多いですが、紙で管理されているものを指すこともあります。

なるほど…?
Wordでデータ管理するよりExcelの方がデータ管理はしやすい、みたいなものですよ~

 

身近にあるデータベース

データベースは、管理者側が管理しやすくするだけでなく、ユーザーが検索するときに情報を紐づけるのにも役立ちます。

 

例えば通販サイトで商品を検索すると、関連する商品が表示されます。

それは商品管理のデータベースと連動しているからできることなのです。

あーなるほどだくま!
他にも「郵便番号だけで住所が自動入力される」なんてのもデータベースのお陰なんです~

データベースの種類(データモデル)

 

え、種類があるんだくま…?
あんまり覚える必要はないけど、代表的なのを簡単に説明しますね~

 

 

階層型

データが画像のようなツリー構造で構成されているものです。

その特徴からデータを検索するときに1つのルートしか存在しないため、速度が非常に速いという利点があります。

▲ルートが一つだからすごく早い

 

しかし、常にルートが一つの為、重複したデータができてしまったり、データの削除や追加を行うとルートの再構築なども行わないといけなかったりと、柔軟性が低いことがデメリットに挙げられます。

▲黄色が2つある…?

 

ネットワーク型

ツリー構造のデメリット「重複した情報ができる」を解消するために網目構造になったものがこちら。

▲2つあった黄色、実は兼任だった

 

しかし、のちに登場する「リレーショナルデータベース」の方が利便性が高いため、使用されることが少なくなりました。

 

リレーショナル型

データを表形式で管理するものを「リレーショナルデータベース」と呼びます。またの名を関係型データベース。

現在、使われているほとんどのデータベースはこの「リレーショナルデータベース」です。

 

どれがいいのかよくわからないくま~!
う~ん、どれが必要か、なんて深く考える必要はほとんどないのよね~

 

一般的にデータベースと言えばこの「リレーショナル型」のことを指します。

現在使われているほとんどが「リレーショナル型」ということもあり、データベースと言えば「リレーショナル型」と思って大丈夫です。

 

つまり、「データベース=リレーショナル型」でほぼ問題ないのです~
他の種類は忘れていいかくま?
「他にも種類があるんだな~」くらいで大丈夫です!

 

因みに、よくセットで目にする「MySQL」も「リレーショナルデータベース」に当たります。

 

 

ややこしいデータベースたち

実は、データベースと言っても何を指しているのかはその時々なんです~
???データベースはデータを整理する箱でしょ?

 

データベースと一言で表現することが多いですが、これが意味するものは3種類あります。

 

●データベース

●データモデル

●データベースマネジメントシステム

 

とややこしいことに色々と種類があります。

この3つの関係を図にするとこんな感じ

データベースは「データを入れる箱」

 

データモデルは「データのまとめ方」

前述の「データベースの種類」で出てきたリレーショナルDBなどをこう呼びます。

 

データベースマネジメントシステム(DBMS)は「操作するリモコン」

データベースを動かすときにサポートしてくれます。

 

データベースと言いながら実は「データベースマネジメントシステム」のことを指していたりもするんです~
面倒だくまね~

 

 

「データベース」のおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~。
データベースのまとめ

・データベースはデータを整理する箱

・ユーザーが検索するのに必要

・管理者がデータを管理するのにも必要

・「データベースマネジメントシステム」はデータベースのリモコン

 

関連する用語

MySQL

レンタルサーバー

コンテンツマネジメントシステム(CMS)

 

その他参考になる記事

いまさら聞けないデータベースとは?~基礎の基礎を学ぼう~:Samurai blog

データベースとは【初心者のための超基礎】:TECH ACADEMY

 

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る