ルートドメインとは | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

ルートドメインとは

公開日 最終更新日

ルートドメインとは、通常URL上では表示されないドメインのこと。ドメイン名からIPアドレスを引き出す上でなくてはならない存在であり、URLでの検索を潤滑に行えるのはルートドメインのお陰です。

ルートドメインとは

ドメイン名からIPアドレスを引き出す???
そのあたりも後でかみ砕いて説明しますね~まずはルートドメインの簡単な説明をしていきます~

 

ルートドメインをざっくり説明

まず、簡単にルートドメインについて説明しましょう。

ルートドメインというのはトップレベルドメインである「.com」や「.jp」の後に本来ついているはずのドメインのことです。

 ルートドメイン入りURL

整数の小数点を表示しないのと同じですね。このルートドメインは「ドメインの共通事項」のため、私たちが普段見ているURLには表示されません。
 

ルートドメインは「.(ドット)」で表現されますが、通常は表示する必要がないので省略されています。

ルートドメインと整数

もう少し詳しく見ていきましょう。

 

ドメインのおさらい

ここはドメインの説明なので、「大丈夫!」って人は次の章まで流してくださいね~

 

URLの説明ではURLをネット上の「住所」と例えられていましたね。

URLが『住所』とするなら、ドメインは『名前』と例えられます。

URLの意味を分解して解説

▲URLの意味を分解して解説

 

上記のようなドメインの場合『このコンピュータは日本の○○さん』という意味になります。

ドメインの意味をニュアンス翻訳

.co.jp

日本で登記を行なっている株式会社、有限会社、などの営利法人に割り当てられます。つまり日本の企業であることが分かります。

 

ここからようやく「ルートドメイン」の解説に入っていきます。

 

ルート=根っこ

ドメインはツリー構造になっており、その中で「トップレベルドメイン」よりさらに上のドメインが「ルートドメイン」です。

ドメインの構造

▲簡略化したドメインのイメージ

 

ルートとは「根っこ」という意味でドメインの階層構造の頂点になります。

そしてトップレベルドメインの情報を管理しているのが「ルートサーバー」と呼ばれるもので、そのサーバーをURL上で表す名前が「ルートドメイン」なのです。

ルートサーバ

因みに、このルートサーバーは世界に13個しかありません。

ルートサーバ所在地

そして、ルートドメインという根っこはDNSのしくみを支える重要な役割をしています。

 

トップ(先端)の上にあるのがルート(根っこ)って、ちょっと名前がややこしいくまね
私たち的には「ルート=根っこ」っていうのもイメージしにくいですものねぇ~
僕も最初「ルート(道)ドメイン…?」ってなったくまよ

 

 

ルートドメインとDNSの関係

 

DNSを簡単いうと、「ドメインからIPアドレスを探し当てるシステム」のことです。

 

『ドメイン名(URL)=人間語の名前』『IPアドレス=コンピュータ語の名前』っていう風に思っていてくださいね~
なるほど…言葉の壁を超えるシステムがDNSってことくまね

 

ルートドメインは、この「ドメイン名からIPアドレスを知る」という行動にとても重要な役割を持っています。

DNSの仕組み

上の図だと分かりにくいかもしれませんが、先ほどのツリー構造を思い出してください。

DNS情報取得の流れ

つまり、「IPアドレス」を知るにはまずルートサーバーにアクセスする必要があるのです。

ルートサーバさんに聞いて

普段目にする機会はありませんが、ルートドメインは私たちが快適に検索する上でとても重要な役割を担っているのです。

 

「ルートドメイン」のおさらい

ルートドメインを一言でまとめます~
ルートドメインのまとめ

・ルートドメインはDNSの仕組みを支える存在

 

関連用語

URL

 

その他参考になる記事

ルートドメイン(root domain)とは:「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

DNSルートサーバ:JPNIC

 

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る