DNSサーバーとは | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

DNSサーバーとは

公開日 最終更新日

DNSサーバー

DNSサーバーとは、ドメイン(URL)からIPアドレス(サイト)を見つけるためのシステムを担うサーバーのこと。

んんん??URLってサイトに行くためのものくまよね??

そうですよ~。でも、URLじゃコンピューターには分からないから、IPアドレスとURLをイコールで結んであげなくちゃいけないんです~。

 

DNSサーバーの必要性

 

簡単に例えるのなら、

 

ドメイン(URL)=人間語

IPアドレス=機械語

 

というくくりになります。

DNSサーバーがないとサイトに行けない

サイトを探すのは人間ではなく機械なので、私たちの言葉をちゃんと機械にも伝わるように翻訳してあげなくてはいけません。それを担うのがDNSサーバーなのです。

 

じゃあどうやってコンピューターはURLとIPアドレスを繋げるのか?

「たらい回し」です
…なんて?
「たらい回し」よ

 

「たらい回し」です。

 

まず、ドメインはそれぞれ「ドット(.)」で区切られ

DNSサーバー_ドメインの意味

その区切られたそれぞれのドメインは、所属しているサーバーを表します。

 

さて、先ほど「コンピューターがIPアドレスを知る方法はたらい回し式」と言いました。

そのシステムを図に直すとこんな感じです。

DNSサーバーとルートサーバー

まず初めに「ルートサーバー」という全てのサーバーの頂点にいるサーバーに、コンピューターは「IPアドレスは?」と聞きます。

そうするとルートサーバーに「それは.jpのサーバーに聞いてきて~」と追い出されます。

それから、jpサーバー、coサーバー…afi-bサーバーへとたらい回しにされ、最後のサーバーでようやくIPアドレスに辿り着くことができます。

 

そうやってドメインの右にあるサーバーからたらい回しにされることで、最終的にIPアドレスを知っている「afi-b」というサーバーに辿り着けます。

これがDNSの仕組みです。

 

DNSサーバーはどこにいる?

DNSの仕組みは分かったくまよ~。でもDNSサーバーはどこで仕事してたくま?
図では省きましたが、このサーバーとコンピューターとのやり取りを行っているのがDNSサーバーなんですよ~
どういうことくま?

 

つまり、「たらい回しの指示を出すのがサーバーがDNSサーバー」なのです。

因みに、このサーバーとコンピューターの間に立って「IPアドレスは?」と仲介してくれるサーバーのことをDNSキャッシュサーバーと呼びます。

DNSキャッシュサーバー

「DNSサーバー」のおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~。
DNSサーバーのまとめ

・DNSサーバーはドメイン(URL)をIPアドレスに翻訳するシステム

 

関連用語

ルートドメイン

レンタルサーバー

ドメイン

.htaccess

 

 

その他参考になる記事

【図解】DNSサーバーとは?設定・変更と確認方法:カゴヤのサーバー研究室

 

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る