エバーグリーンコンテンツとは | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

エバーグリーンコンテンツとは

公開日 最終更新日

エバーグリーンコンテンツとは、流行や時事に左右されず、時間が経過しても情報の価値が下がらない記事のことを指す。ハウツー系などがそれである。

エバーグリーンコンテンツ

時の流れに左右されない記事

 

「重たい一重なんとかしたい!アイプチ?メザイク?どれがいいの?」

「実は凄いオートミールの栄養とオススメレシピ」

「人類史上最悪のロリコン『ラヴレンチー・ベリヤ』とは」

 

上記のような流行や時事に左右されず、常に一定数のニーズのある情報を扱った記事のことを「エバーグリーンコンテンツ」と呼びます。

いつもどこかで誰かが必要としている記事_エバーグリーンコンテンツ

この記事とかも「エバーグリーンコンテンツ」ですね~

 

 

エバーグリーンコンテンツ=長期的な集客

「ハウツー系」とか、ブログ作ってたらよくお世話になる「プログラミング系」とか、書いてる人は自分の中の知識を無償で提供してるってことくまよね?メリットなんてあるのかくま?
企業の場合はエバーグリーンコンテンツを使って「信用」と「顧客」の獲得を望めるのがこのコンテンツを作るメリットですかね~
どういうことくま?

 

エバーグリーンコンテンツは商品やサービスを知ってもらい、購入/契約してもらうための入り口になることができます。

継続的に顧客獲得が期待できる_エバーグリーンコンテンツ

例えば「プログラミングの短期講座」。

この講座の生徒を増やしたいと考えた時、「プログラミングを教える記事」があると宣伝の幅(入口)が広がります。

 

「CSSでオシャレなボックス」や「スライドショーの作り方」「プルダウンメニューの作り方」などのプログラミング技術を教える記事などを作り、記事の最後に「プログラミング短期講座」のバナーを張っておく…。

エバーグリーンコンテンツのメリット

こんな感じに「エバーグリーンコンテンツ」に宣伝したい広告を嫌味なくしれっと混ぜることができ、尚且つ継続的な集客を望めるのが、このコンテンツの魅力の一つです。

また、専門的な記事を載せておくことで「この記事を書けるようなプロの人がいる」という信用も得ることができます。

 

ズボラ手入れでも機能する常緑記事

流行や時事に左右されてしまう記事は、世間の様子を見て定期的にサイトを更新していく必要があります。

 

流行を絶えずチェックし…

古くなった情報を削除し…

新しい情報を書く…

 

そんな手間が「エバーグリーンコンテンツ」だとありません。

つまりエバーグリーンコンテンツにならないのは「流行系」とか「ニュース」ってことくまね。
一度作ったらしばらくは放置してても問題ないのもこのコンテンツの魅力ですね。

 

そして、良質な記事であれば他の優良サイトからリンクされる確率も高くなり、結果的に被リンクを獲得する助けにもなるのでSEO対策としても有効です。

※サイト評価について詳しくは→リンクジュース

 

「エバーグリーンコンテンツ」のおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~。
エバーグリーンコンテンツのまとめ

・流行や時事に左右されない記事

・「信用」と「顧客」の獲得を継続的に得られる

・放置しても機能してくれる、それがエバーグリーンコンテンツ

 

関連用語

バズコンテンツ

オウンドメディア

被リンク

リンクジュース

 

その他参考になる記事

いつまでも見込み客を引きつけてくれる「エバーグリーン」なコンテンツの作り方:Innova

 

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る