ネット・グロス報酬とは | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

ネット・グロス報酬とは

公開日 最終更新日

ネットとは、広告業界において仕入れにかかった金額のこと。グロスとは、ネットにマージン(利益)を合算させて算出された金額のことをいいます。マージンとは、代理店の利益のことです。マージンは、グロスからネットを引くことで求められます。

グロス

ネット・グロスの求め方

??????
ごめんみーちゃん。ぼく全然わからないくま!
それじゃあ、もう一度説明するです〜!

もう一度おさらいをしてみましょう。

まずは、ネット。これは広告代理店が、依頼された広告を行った際に発生した費用のことです。仕入れ費用と言ってもいいでしょう。

ネット

次にグロス。これは発生した費用(ネット)に広告代理店の手数料を上乗せして、広告主に請求する金額です。

ネット_グロスとは

 

つまり、ネットは広告代理店が支払う金額。グロスは広告主が支払う金額です。

そして、広告代理店の利益がマージンです。マージン=手数料とも言えます。

マージン

マージンは主に一定率をかけて算出することが多いです。

しかし、このマージン料率を「グロス」と「ネット」のどちらにかけるかで大きな差ができてきます。

マージン料率が20%と仮定して考えてみましょう。

 

グロスにマージン料率をかける場合、100万円のグロスであったら、マージンは20万円です。(100×0.2=20)その差額であるネットは80万円だということがわかります。

グロス基準
グロス :100万円
ネット : 80万円
マージン: 20万円

 

ネットにマージン料率をかける場合、ネットが80万円であったら、マージンは16万円です。(80×0.2=16)このマージンをネットに足して、96万円という数字がグロスになります。

ネット基準
グロス :96万円
ネット :80万円
マージン:16万円

このように同じマージン料率でも、「グロス基準」か「ネット基準」かでマージンに大きな差が出てしまいます。

基準

ぼくはマージン料率7割がいいくま〜!
まーくんの手腕に7割の価値があるとは思えないです〜

どちらがよく使われるのか

 

この2つはどっちのほうが使われるくま?
それはケースバイケースです〜

 

グロス基準は古くから日本の広告業界ではなじみ深い物でした。

一方、ネット基準はお金の流れが透明なので海外では主流でした。

近年では日本でも国際化が進み、徐々にですがネット基準が取り入れられ始めています。特にインターネット広告などではネット基準の取引が多いです。

しかし、新聞やテレビなどのマス広告は今でもグロス基準が主流です。なので、広告代理店に依頼をする際は、グロスかネット基準かハッキリさせてから依頼するようにしましょう。

 

ASPにおいてネットはアフィリエイターさんへの報酬です〜。
だから、ASPはアフィリエイターさんへの報酬をネット報酬と呼ぶこともあるんです〜

「ネット・グロス報酬」のおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~。
ネット・グロスのまとめ
・ネットとは広告代理店が依頼された広告を掲載した際に発生した費用

・グロスとはネットに広告代理店の手数料を上乗せして、広告主に請求する金額

・マージンとはグロスからネットを引いた金額。広告代理店の利益のこと

・マージンはネット基準とグロス基準の2つの求め方がある

 

関連用語

クライアント(広告主)
アフィリエイター
成果報酬
定額報酬
定率報酬

その他参考になる記事

ネット:imidas
グロスプロフィット:imidas

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る