クライアント(広告主)とは | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

クライアント(広告主)とは

公開日 最終更新日

 

クライアント(広告主)とは、広告代理店に広告を依頼した事業者のことです。クライアントは広告代理店に自身の商品を広めて貰い、ブランド価値の上昇や売上の向上を測る目的があります。クライアントの他にも広告主、マーチャントと言うこともあります。

クライアントとは

広告の種類

クライアントが広告を掲載したい企業ってわかったくま〜!
じゃあ、広告ってどんな種類があるくま?

広告は細かく分類するとたっくさんあるけど、大きくわけて3つです〜

 

主な広告手法は以下の3つ。

●インターネット広告
●マス広告
●セールス・プロモーション広告

 

インターネット広告:インターネット上の様々なWebサイトに広告を掲載する広告手法。アフィリエイト広告もインターネット広告の一部である。

マスメディア広告:新聞広告、雑誌広告、テレビCM、ラジオCMなどに広告を掲載する広告手法。

セールス・プロモーション広告(SP広告):マスメディア広告以外の媒体に掲載する広告手法。商品の販促を行う要素が強い。

私たちの生活において、一番目にする広告は「マス広告」ではないでしょうか?
電車内の広告やテレビコマーシャル、雑誌の紹介記事など、私たちの日常生活は「マス広告」で溢れています。

マス広告・SP広告の広告費用は定額であることが多いですが、インターネット広告、つまりアフィリエイト広告は成果報酬型なので、費用対効果が非常に高いです。

 

クライアントとアフィリエイターがASPを通すメリット

 

そもそもなんでASPがあるくま! ぼくは一人でできるくま〜!

ASPはアフィリエイターさんとクライアントを繋ぐ中立な立場です〜! ちゃんと必要性を確認するです〜!

 

クライアント(広告主)がASPを通してアフィリエイターさんとやり取りするメリットはなんでしょう?

一言でいうのなら「クライアントとアフィリエイターさんの手間を軽減するため」です。

アフィリエイターさんのWebサイトの記事が増えれば増えるほど、紹介する商品も増えていきます。

そうなると、それを製造している企業ごとにたくさんのやりとりをしなければいけません。
もしかすると、メールの返信だけで1日が終わってしまうことも・・・・・・。

アフィリエイターがASPを通すメリット①

それはクライアントも同じことで、提携するアフィリエイターさんが増えるほど作業が増えていきます。アフィリエイターさんとクライアント。互いに管理が大変になっていくのです。

私たちASPは、アフィリエイターさんとクライアントの間に立ち、アフィリエイトで必要なやり取りの代行から、おすすめのプロモーションの紹介などを行うので、円滑にアフィリエイトの運営を可能にします。

なので、アフィリエイターさんはご自身で商品の管理したり、クライアントに営業をする必要がなく、ASPに登録された膨大な案件の中から簡単に提携することができます。ASPを経由することでアフィリエイターさんは記事を書くだけに専念できるのです。

それに、ASPから「特別単価」のご案内がくることもありますよ。

 

特別単価とは

うぉおお!特単きたくまぁあああ! ・・・・・・で、特別単価ってなにくま?
特別単価はアフィリエイターにとってメリットだらけの美味しいモノです〜

 

アフィリエイターが自身のWebサイトで紹介した商品の成果発生件数が多いと、「特別単価」として報酬金額がアップすることがあります。

私たちASPは常にアフィリエイターさんのWebサイトを確認しています。

その中で、集客力が高いと判断できるWebサイトを見つけると、「特別単価」で商品の紹介をお願いすることがあります。

ASP側から「特別単価」のお願いが届いたらチャンスです。収入金額の増加を望めます。
もちろん、アフィリエイター自ら特別単価の交渉も可能ですよ。

 

「クライアント(広告主)」のおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~。
クライアントのまとめ
・クライアントは広告代理店に広告を依頼した事業者のこと

・広告は「インターネット広告・マス広告・セールス/プロモーション広告」の3つに分けられる

・アフィリエイトでのクライアントはASPを通して管理を容易にする


関連用語

ASP
アフィリエイター
アドネットワーク

 

その他参考になる記事

クライアント(広告):Wikipedia
広告主:コトバンク
クライアント:Weblio

 

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る