メタデータとは | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

メタデータとは

公開日 最終更新日

メタデータ

メタデータとは、Webページに書かれたデータがどういうものなのか、というデータに付随している情報のことを指す。

 

なんでわざわざデータにさらにデータを付け加える必要があるんだくま…?
メタデータは検索をスムーズにするための大切なデータなんですよ~
どーいうことくま?

 

 

データのデータ、メタデータ

普通のデータが「人に読ませるデータ」とするならば、メタデータは「コンピューターに読ませるデータ」と言えます。

 

例えば、画像検索をするとキーワードと一致した画像がたくさん出てきますよね。

 

これは検索エンジンが画像を見て判断しているのではなく、画像に付随しているメタデータを見て「これは○○の画像」と判断しているのです。

メタデータの必要性

メタデータ=コンピューターに読ませるデータ

=検索するときに役立つデータ

と覚えておいでください。

メタデータと検索

え、でもクローラーってのがネットを巡回してサイトのデータを集めてるくまよね?サイトを見てもらえればメタデータなんて必要ないんじゃないかくま?
まーくん、クローラーや検索エンジンが見ている世界と、私たちが見ている世界は全然違うんですよ?
え!?

 

コンピューターは文字の意味を理解しているわけではない

私たち人間は「株式会社」と書かれていれば「これは会社の名前だな」と理解することができますが、コンピューターはそうではありません。

 

そんなときに役に立つのが、メタデータ…もといそれを用いたセマンティックWebと言われる構想です。

メタデータとセマンティックWeb

この中には「企業情報」とメタデータで書かれたデータが入れられます。

メタデータとセマンティックWeb2

コンピューターシステムは、この「企業情報」という言葉の意味が理解できるわけではありませんが、

「この箱の中に入った情報は全部【企業情報】って情報なんだな~」と、思ってくれます。

 

つまり、

コンピューターが「比較」によって、自律的に情報を精査できるようにする。

メタデータとセマンティックWeb3

というのがセマンティックWebという構想であり、それに必要なのがメタデータという情報です。

 

「メタデータ」のおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~。
メタデータのまとめ

・メタデータはコンピューターに読ませるデータ

 

関連用語

構造化データ

セマンティックWeb

 

その他参考になる記事

メタデータ:Wikipedia

 

 

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る