アフィリエイト広告とは | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

アフィリエイト広告とは

公開日 最終更新日

アフィリエイト広告とは、WEBマーケティングにおける広告手法。広告主が定めた成果(「申し込み」、「購入」、「登録」など)が起こった時に、広告を掲載しているWEB媒体に成果報酬が発生するもの。別名を成果報酬型広告という。

 

アフィリエイト広告の仕組み

いつも僕のブログを見てくれているユーザーさんに勧められたんだけど、アフィリエイト広告って何だくま?教えてほしいくま~。
アフィリエイト広告は、商品に関連するWEBサイトやブログに掲載されている広告のことです~。
へー、面白そうだしやってみたいくま~。でも何をすればお金が貰えるくま?
それじゃあ実際にまーくんのブログを使って、アフィリエイト広告の仕組みを覚えていくです~。

 

アフィリエイト広告を構築している仕組みには、主に四つの立場が存在します。

〈媒体主〉

広告主の商品やサービスを自分のメディア(サイトやブログ)で紹介し、サイト閲覧者が商品を購入すると報酬が発生する立場。アフィリエイト広告を載せている媒体主はアフィリエイターと呼ばれ、運営するメディアはアフィリエイトサイトなどと呼ばれています。

〈広告主〉

消費者に自社商品やサービスを売るために、商品やサービスを媒体主に紹介・宣伝してもらう立場。

〈ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)〉

媒体主と広告主の仲介をする立場。

〈ユーザー〉

WEBサイトを訪れ、商品やサービスを購入する不特定多数のインターネットユーザー。

この四つの立場が、アフィリエイト広告の仕組みを形成しています。これを踏まえて、広告主と媒体主が結びつき、アフィリエイト広告が成立する仕組みを紹介していきましょう。

 

上の図に沿って説明していきます。

 

①広告依頼・広告費

まず広告主は訴求したい自社商品・サービスに合わせて成果地点を決めます。(図では「商品購入」を成果地点と設定。)その上で、ASPに各種メディアへ商品・サービスを紹介してほしいと依頼し、広告素材や紹介文を提供します。

またこの時点で、広告主はASPに出稿にかかる初期費用や月額費用などを支払っています。

 

②媒体主のASP登録

広告情報の獲得やメディアへ広告掲載をするために、媒体主はASPに登録しておく必要があります。ポイントサイト、口コミブログ、比較サイト等、ASPのメディアネットワークには様々なアフィリエイトサイトが属しています。

 

③広告配信

ASPは①を受け、媒体主向けに商品やサービスの情報を配信します。②の通り、ASPに登録している媒体主は配信情報を受け取ることが可能です。

 

④媒体の広告掲載

それぞれメディアを運営する媒体主は、自身のサイトに適した広告を選んでメディアに掲載します。

 

「飲食」繋がりでA茶の広告を掲載してみたくま~。

 

⑤広告から商材購入

メディアを閲覧し興味を持ったユーザーが、広告経由で商材購入に至りました。

 

⑥⑦商品購入のやり取り

商品購入やサービス契約のやり取りはユーザーと広告主との間で行われます。代金支払いの確認が取れた時点で、媒体主の成果報酬が発生します。成果達成データはASPに送信され、広告主も管理画面上でそれを確認することができます。

 

⑧成果報酬

広告主が発生した成果を管理画面上で承認します。その後、ASPは広告主から成果報酬を回収します。回収した成果報酬は、ASPが代行として、期日に一括で媒体主へ支払われることになります。

 

まーくんやったね!アフィリエイト広告の仕組みも覚えたし、サイトを充実させて、この調子でどんどん成果報酬を受け取るです~。

 

アフィリエイト広告の種類

アフィリエイト広告って、ざっくり言うとサイト経由で商品を買ってもらうための広告なのかくま?
商品購入もそうだけど、報酬が発生する成果地点は他にもあるんです~。アフィリエイト広告は、成果地点でいくつか分類ができるですよ~。
 

・成果報酬型

上で説明した通り、ユーザーがサイトを閲覧し、そのサイト経由で商品を購入したらそれがそのサイトの成果になります。そのサイト経由で商品が購入された件数によって、報酬が決定する仕組みです。

・クリック型

広告がクリックされるたびに、広告主から媒体主に成果が支払われる仕組みです。クリックされたかどうかが大事なので、その後購入に結びついたか否かは問題ではありません。

・無料型

成果地点で商品に対して料金が発生しないものも存在します。「会員登録」や「資料請求」などの、無料で行えるものが成果地点として設定されているのが無料型です。

 

アフィリエイト広告のメリット・デメリット

ところでさ、アフィリエイト広告って何がいいんだくま?注意した方がいい事とか、あるくまか?
それじゃあ広告主側と媒体主側、それぞれの視点から、アフィリエイト広告のメリット・デメリットについて説明していくです~。
 

広告主側のメリット

  1. 費用対効果が高い

アフィリエイト広告のメリットは、成果が発生したときのみ、媒体主に報酬を支払えば良い、という点です。この費用対効果の高さこそが、アフィリエイト広告の大きなメリットなのです。

 

  1. ネット上での知名度が上がる

また宣伝したい商品・サービスの訴求ターゲットによっては、インターネット上で認知度向上することも、アフィリエイト広告の大きなメリットと言えます。主要メディアがテレビや紙媒体からインターネットに移行してきている現代で、ネットでの認知度は大きな武器になるでしょう。

 

  1. 初期費用が低額

さらに初期費用が低額なこともアフィリエイト広告の大きなメリットです。新聞や雑誌などに向けたいわゆるマス広告は媒体への掲載費が数十万から数百万かかります。それに対してアフィリエイト広告は、媒体へ支払う費用は成果分のみ。出稿にかかるASPへの初期費用・月額費用・デポジットのみで開始できます。

媒体主側のメリット

  1. 手軽に始められる

まず挙げられるのは、手軽に始められるという点です。アフィリエイト広告を利用する上で、必要となるASPへの登録は無料です。ホームページやブログなども、無料サービスを駆使すれば自己負担なしでアフィリエイトサイトを用意できます。

 

  1. 時間や場所の自由度が高い

PCやインターネット環境さえあれば、時間や場所に縛られることはありません。都合の良い時間や隙間時間で無理なく作業が進められます。Wi-Fi環境の整ったカフェや図書館などで気分を変えながら取り組んでもいいでしょう。

 

  1. 成果次第で報酬UPも見込める

アフィリエイト広告では、特単(特別単価)といって、より高い成果を出す人は優遇される場合があります。広告主側としても、売れる媒体への投資に力を入れるのは当然のことです。ただ維持するのに大変なこともあったりします。

 

  1. 収入が半自動化する

運営サイトが一定のアクセスを集められるようになると、更新を頻繁に行わなくても、継続的に収入が得られるようになることもあります。もちろん検索上位に表示され続けるための修正もある程度必要ですが、ネット上にそのサイトがある限り、半自動的に収入が得られるということになります。

 

 

広告主側のデメリット

  1. 効果が出なくても掛かる費用はある

媒体に支払う費用が成果報酬のみと言っても、ASPへの初期費用や月額費用はかかります。成果がなかった月も、少額だった月も、月額料金はかかるので、赤字になることも考えられます。

 

  1. ブランドイメージ低下のリスク

アフィリエイト広告を始めることで、様々なサイトが自社商品やサービスを紹介してくれます。しかし時には思わぬWEBサイトへ広告が掲載されることによって、ブランドイメージを低下させてしまうリスクがあることは理解しておくべきです。そのため、掲載するメディアをしっかり審査するよう気を付けましょう。

 

媒体主側のデメリット

  1. インターネットや広告など知識が必要

まずブログやサイトを作るまでに、沢山の知識が必要です。HTMLやCSS、WordPress本体などインターネットについて学ばなければいけません。またサイトを作っても、集客力のあるメディアにするため、SEO対策など広告の知識が必要になります。事前に何かと知識を得なければいけないことも、アフィリエイト広告のデメリットと言えます。

 

  1. 成果が得られるまでは我慢が強いられる

アフィリエイト広告は、サイトを初めてもすぐに収入が得られるというわけではありません。サイト内コンテンツを充実させたり、検索上位に表示されるようにしていって、はじめて収入が得られます。我慢強く取り組む作業が苦手な人にはデメリットになりえます。

 

  1. 自己マネジメント能力が必要

初期費用も少なく手軽に始められるにも関わらず、アフィリエイト広告で挫折してしまう人が多い一番の原因はこれかもしれません。自由度が高すぎるあまり、サイトの更新が滞ってしまったり、大袈裟な表現を使用してしまったり。自己管理が出来なければ、結果的にサイトの集客維持が難しくなったり、誇大広告で信用を無くしてしまうことも考えられます。

 

 

「アフィリエイト広告」のおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~。
アフィリエイト広告のまとめ

・アフィリエイト広告とは、成果によって掲載しているWEB媒体に報酬が発生する広告。

・アフィリエイト広告での成果とは、商品購入・資料請求・会員登録、またはクリック数などがあり、成果地点はそれぞれ広告主が設定している。

・アフィリエイト広告は広告主側には費用対効果やネット上での認知度アップなどのメリットがある。反対にデメリットとして、効果が出なくてもかかる費用や予期せぬサイトへの掲載には注意が必要です。

・アフィリエイト広告のメリットは、媒体側には手軽さや自由度、うまくいったときの見返りの大きさ等が挙げられます。しかし専門知識の習得や忍耐力が求められるので、苦手な人にとってはデメリットとも言えるでしょう。

 

関連用語

ASP

クライアント(広告主)

コンバージョン(CV)

成果報酬

メール広告

テキスト広告

バナー広告

リスティング広告

承認率

その他参考になる記事

成功報酬型広告とは:Wikipedia

アフィリエイトとは:コトバンク

アフィリエイトとは:IT用語辞典

 

 

 

 

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る