UI/UXとは | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

UI/UXとは

公開日 最終更新日

UI/UXとは

UI/UXとは「ユーザーインターフェース」と「ユーザーエクスペリエンス」の略称です。UIはユーザーの目に触れる「ビジュアル(商品とユーザーの接点)」を指し、UXは商品によって「ユーザーがどのような経験・感想を得るか」ということを指します。

 

これって、「ユーザーに使いやすいデザインでつくろう」って考えくまよね?
その考えはちょっと違いますね~。その考えだと「表面だけ取り繕って中身はペラペラ」って状態に陥っちゃいますよ~。
ええ!?そ、そんなつもりないくまよ!

 

 

UI(デザイン)が良ければ売れるのか??

UIにのみこだわったアプリケーションやサービスは、最終的に衰退する可能性もあります。

 

いったいなぜなのか。

それは「UIが良い=サービスに対しての期待値が高くなる」ということと、

UIは「簡単にまねできる」という点が影響します。

商品が見掛け倒しで、たいして便利じゃなかったらガッカリしますし、

同じようなデザインがたくさん出てきたら「独自性」もなくなります。

UIだけに拘る、ということは大げさに言ってしまえば、そういう状態に陥る危険があるということです。

 

それでは、順を追ってUI(ユーザーインターフェース)とUX(ユーザーエクスペリエンス)それぞれの意味を見ていきましょう。

 

UI(ユーザーインターフェース)とは

難しく考えず「UI=デザイン」と捉えてください。

UI

インターフェースとはつまり「装置と人との接点」。かみ砕くと商品やシステムの「画面・操作画面」ということです。

ただし、UIの場合はただかっこいいだけのデザイン、というわけではなく「(ターゲットに合わせた)操作性のあるデザイン」という意味合いもついてきます。

 

UX(ユーザーエクスペリエンス)とは

簡単に「UX=ユーザーにとっての価値」と捉えてください。

UX

これは、商品やサービスを利用することで得られる経験・感想を意味するもので、言うなれば「他とどれだけ差別化をできて、商品の価値を提供できているか」ということになります。

 

つまりUI/UXとはどういうこと?

どんなユーザーがどんなものを欲しているか(UX)」を突き詰め、それを実現するために「どんなデザイン・操作性にするべきか(UI)」という二つのつながりを意識して、サービスやシステムを作っていく、というものです。

UXの考え UIの考え

優れたシステムであったとしても、操作性が悪かったらユーザーは離れていきます。

逆に操作性だけが高くても、システムに需要や利便性がなければ選ばれません。

 

UI/UXという考え方は「どんな人がどんなものを欲しているかを考えて作る」という、昔からある有り触れた考え方を現代風にかっこよく言っただけなのです。

 

なるほど!需要を考えて作るってことくまね!
UI/UXなんてかっこよく言ってますけど、根本的な考え方は昔と変わらないってことですね~
でも、結局それが一番いいから、時代や環境が変わっても同じ考え方が生き続けてるってことくまよね~

 

 

「UI/UX」のおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~。
UI/UXのまとめ

・「どんな人がどんなものを欲しているか考えて作る」という考え方

・UI(デザイン・操作性)はUX(商品価値)を高める要素の一つ

 

関連用語

JavaScript

PHP

CSS

 

その他参考になる記事

UIとは?UXとは?違いを理解しよう!:ferret

UI/UXデザインとは?UIとUXの違いやUI/UX設計のコツ:INTERNET ACADEMY

 

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る