PWA(Progressive Web Apps)とは | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

PWA(Progressive Web Apps)とは

公開日 最終更新日

PWAPWAとは、Webサイトだけど「アプリっぽい」操作画面を再現できる仕組み。アプリのようなサービスを提供できるとともに、Web上で構築されている為「どんなデバイスからでも同一の性能を提供できる」というのが特徴です。

 

これって、Webアプリのことくまよね?
う~ん、分類はそうかもですけど、同一ではないですね~。PWAはどちらかというとWebアプリの進化系…つまりニュースーパーWebアプリです~。
ニュースーパーWebアプリ…?

 

従来のWebアプリとの違い

PWAと従来のウェブアプリ

Webアプリはその名前の通り「Webブラウザに依存したアプリのようなもの」で、Webサイトとそう変わらない存在でした。

しかし、PWAでは「アプリのようにインストールしてホーム画面にアイコンを置ける」などの、Webサイトにはない、アプリ独特の利便性がいろいろ追加されました。

PWAのメリット

これにより、頻繁に使うWebアプリを「ブラウザを開く」「検索(またはブックマーク)」という手間を省くことができるようになったのです。

つまり、PWAというのは「よりアプリに近づいたWebアプリ」ということなのです。

 

他にもこんな利点

②キャッシュの利用

PWAでService Workerの機能を利用すると、キャッシュの利用が可能になります。

Service Worker

Webページとは別の場所で動作し、ページ情報を保存します。

これにより、以下のようなメリットが生まれます。

ページ表示速度の高速化

既にページ情報が保存されているため、ページの表示速度が早くなります。

オフライン対応

インターネットに接続していなくても保存したページ情報を利用してページを表示します。

 

③プッシュ通知

Service Workerの機能により、従来のWebサイトでは出来なかったプッシュ通知が可能になります。

 

最初よくわからないって思ってたけど、単純に「Webアプリがアプリに近くなった」ってだけだったんくまね~

 

「PWA」のおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~。
PWAのまとめ

・PWAはWebアプリの進化版

・大体のアプリっぽい機能を持った新しいWebアプリ

 

関連用語

AMP

 

その他参考になる記事

PWAとは:SEO HACKS

はじめてのプログレッシブウェブアプリ:Google developers

 

 

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る