パンくずリストとは | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

パンくずリストとは

公開日 最終更新日

パンくずリストとは、ホームページにあるナビゲーションの1つです。「ホーム>メニュー>○○」といった形のものを指します。ユーザーが「どのページを辿ってきた」というのを表現するだけでなく、SEO対策にもなります。

なんで「パンくずリスト」?
この名前の由来は「ヘンゼルとグレーテル」からなんです~
へ~言われないと分からないくまね。

「トピックパス」とも言うけど、いつの間にか「パンくずリスト」が主流になってましたね~

 

便利なパンくずリスト

パンくずリストは、トップページからの階層が表現されていて、ホームページ内のどこにいるのかユーザーが分かりやすくなるナビゲーションです。

 

 

パンくずリストの運営側におけるメリット

パンくずリストはSEO対策になる

 

「パンくずリスト」はユーザーへ現在位置を視覚的に伝えるだけではなく、SEO対策にもなります。

理由を詳しく見ていきましょう。

 

例えば、このようなサイトの場合

 

パンくずリストの中に「パソコン」というキーワードが入りますね。

 

 

パンくずリストがあれば、「パソコン」から分岐したどのページにも「パソコン」という「ターゲットキーワード」が含まれます。

 

 

これはSEO対策の基本でもある、クローラーの巡回手助け「アンカーテキストにターゲットキーワードを含める」というのができていることになります。

クローラー

インターネット上の様々なWeb ページの情報を集めるプログラムのことです。

検索エンジンに深くかかわるため、クローラーが巡回しやすいWebサイトをつくるのはSEO対策の基本と言われています。

 

アンカーテキスト

リンクがついている文字のことで、リンクテキストとも呼ばれます。

 

つまり、カテゴリーページに「パソコン」というキーワードのついたリンクが集まっている為、ユーザーにも検索エンジンにも「これはパソコンに関するページ」だと伝わりやすくなるのです。

 

これにより「パソコン」というキーワードがよりSEO強化しやすくなります。

 

へ~、パンくずリストにはそんな意図もあったんだくまね~
パンくずリストを使えば、嫌味なく自然にリンクを集められるからとっても便利なんですよ~

 

パンくずリストを効果的にするための注意点

 

以下のようなパンくずリストの使い方はあまり効果を発揮しません。

▲「商品一覧」と検索する人はいない

 

上の図のような「ターゲットキーワード」として効果が薄いもの。

 

▲ユーザーの求めるものとズレがある

 

ユーザーの求める検索結果と一致しないような関連付け方。

このような方法ではパンくずリストを活用してもあまり効果を期待できません。

 

色々考えなくちゃいけないんくまね~…
パンくずリストを使うときは、テーマがブレないように一度サイト全体を見直してみると良いかもですね~

 

「パンくずリスト」のおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~
パンくずリストのまとめ

・パンくずリストはユーザーの現在地を分かりやすく示している

・パンくずリストはSEO対策にも適している

・パンくずリストはページの関連付け方に気を付ける

 

関連用語

クローラー

アンカーテキスト

 

その他参考になる記事

パンくずリストとは?作り方とCSSデザインサンプル12選:サルワカ

パンくずリストとは〜SEOに有効な理由と関係性を解説:ferret

 

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る