LTV(ライフタイムバリュー)とは | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

LTV(ライフタイムバリュー)とは

公開日 最終更新日

マーケティング用語で、「顧客生涯価値」を意味する言葉。顧客が企業やブランドから離れてしまう前に「どれだけお金を使ってくれるか」という平均利益を予想するもの。

LTV

つまり、「LTVは高いほど良い」ということですね~
でもそんなもの数値化してどうするくま?

 

LTVを算出する必要性

LTVというのは「今いる顧客にどうしたら長期愛用してもらえるのか」とういう課題を解決するための糸口です。

あくまで「おおよその値」なので確実ではありませんが、数値化することで「どう動くべきか」「顧客獲得のコストはどれくらいにするか」などが、ある程度見えてきます。

 

LTVの計算方法

LTVは、顧客一人あたりが使ってくれるお金を、顧客を獲得・維持するのに必要な費用で割ることで計算できます。

 

LTV = (平均購買単価)×(年間平均購買頻度)×(粗利率)/(年間離反率)

 

新規顧客獲得に必要なコストが分かる?

例えば定期購入ができる商品の場合。

LTV_コスト計算

月1回の定期購入で1万円。それのLTVが3万。つまり、顧客一人につき平均して三か月は継続して購入してくれているわけです。

LTVを使ってかけられるコストを予想

この場合、1人の顧客を獲得するコストに5万円をかけてしまうと2万円取り戻せないので赤字になる危険性があることが見えてきます。

LTVで赤字のリスクを回避

なので、LTVが3万の場合はそれ以下のコストにとどめる必要があります。

LTVでコストを予想し利益を得る

 

最終目標「長期愛用してもらう」

こういった、「商品を繰り返し購入する固定ファン」を作ることが、今マーケティングをする上で重要とされているのです。

 

この「固定ファンを獲得する」ことを「カスタマーロイヤリティ(=顧客の企業に対する愛着)を高める」と言います。

 

マーケティングの法則のひとつに

新規顧客の獲得コストは、既存顧客の維持コストの5倍かかる

というものがあります。

つまり、企業が安定して利益を上げていくには、新規顧客獲得に力を入れるよりも「既存の顧客の維持」に力を入れたほうが効率がいいというわけです。

 

LTVのおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~
LTVのまとめ

・LTVは「顧客がどれだけ継続して購入してくれるか」というものを数値化したもの

・これを出すことで「新規顧客獲得にどれだけのコストが必要か」が見えてくる

 

関連用語

CPM

 

その他参考になる記事

LTV(Life Time Value)とは | 計算方法・見方・活用法・具体的な施策:ボクシルマガジン

LTV:シナジーマーケティング

 

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る