CPM(コスト・パー・ミル)とは | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

CPM(コスト・パー・ミル)とは

公開日 最終更新日

Web広告掲載料金単位の一つ。広告表示回数に応じて料金が発生する媒体を活用した場合の、広告表示1000回のときにかかるコストのこと。

『ミル』っていうのは『1000』を意味するラテン語『Mille』から来ているんですよ~

CPM

計算方法

CPM= 広告表示のための総コスト ÷ 表示回数 × 1,000

 

CPMというのは広告掲載の料金として最も基本的な単位なんです

え、広告を表示するだけでお金を払うくま?

 

CPM型課金広告のシステム

 

CPC(コスト・パー・クリック)型広告が「1クリックで費用が発生する」課金形態なのに対し、

CPM型課金広告は「広告表示回数に応じた費用が発生する」課金形態です。

 

これが転じて、広告が表示されることで費用が発生するタイプの広告そのものをCPMと呼ぶようにもなったんですよ~。

 

 

CPM型広告の例

 

CPMで分かりやすい例と言ったらYouTubeでしょうか。あれもCPM課金形態の広告です。

YouTubeは広告が表示されるだけで、その表示数(詳細なルールは省く)に応じた報酬が動画投稿者に支払われます。

つまり、その動画投稿者への報酬の負担は、広告掲載を依頼した企業側が負担することになります。

CPM型広告の例

CPMの計算はこのタイプの広告を利用したとき「1000回表示された時点でどれだけのコストがかかってくるか」というシミュレーションをするための計算なのです。

 

CPMのデメリット

先ほどもチラッとお伝えしましたが、CPMは表示されるだけで料金がかかってしまうので、購入する見込みがない(その広告に対して関心が薄い層)ユーザーが多い媒体に依頼をしても、負担ばかり大きくなるという懸念があります。

 

でも「広告を表示するだけで報酬が発生する広告」なんてあったらアフィリエイターは大喜びくまね~。
そんなうまい話なんてないんですよまーくん。
アフィリエイトのほとんどは成果報酬型だもんね…。

 

CPMのおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~
CPMのまとめ

・広告1000回表示したときの発生コスト

・広告表示で料金が発生するタイプの広告のこともCPMと呼ぶ

 

関連用語

成果報酬

定率報酬

定額報酬

CPC

その他参考になる記事

CPMとは | 広告用語 – 意味や計算式・CPCとの違いを徹底解説:ボクシルマガジン

CPMとは何かを勉強してみる:Supership

 

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る