LP(ランディングページ)とは | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

LP(ランディングページ)とは

公開日 最終更新日

LPとは、「ユーザーが最初に訪問したWebページ」という意味もありますが、一般的にLPと言われたら「Web広告ページ」のことを指すことが多いでしょう。

LPのLはロングのL!!!
違います。

LPと通常ページの違い

まず初めに目につく特徴は「ページがめっちゃ長い」ということでしょうか。

LP長い

●ページが非常に長い

>>ランディングページ集めました。

パッと見て「チラシみたい」と思いますよね。まさにそれです。

 

理由① 目移りさせない迷わせない

通常のWebページの場合、別ページへ遷移させることも1つの目的として構成(回遊率)していきますが、LPはそれをせず一枚のチラシのようにページを構成します。

何故ならLPがしたいことはたった一つ「この商品を購入/サービスの契約をしてもらう」ことだからです。

その為にはユーザーに「迷わせない・離脱されないページ作り」が必要になってきます。

 

「ページに来たけど、欲しい商品がどこにあるのか分からない」

「いろんな商品があって最終的にどれがいいのかよく分からない」

「どれがいいか迷って結局購入をやめた」

LPが今の形になった理由

ECサイトに誘導した場合と、LPに誘導した場合ではどちらのページが売れやすいかという検証で、LPの方がECサイトよりも商品が売れたという結果も出ているようです。

 

理由② 情報量=商品の強みを全面的にPR

「離脱を防ぐ・迷わせない為にページ1枚に収める」

それ以外にも興味を持ったユーザーの後押しをするような濃密な情報が必要になってきます。

 

購入を迷う理由は商品の多さだけではなく「情報量」も関係してきます。

 

「効能は?」「強みは?」「他との違いは?」「安全性の検証はしてる?」「どんな人が使ってる?」「自分に合ってるのかな?」

 

情報量が少ないと色んな不安も出てきます。

その不安を解消するため、商品を全面的にPRするためにも、LPにはたくさんの情報が書かれています。

 

この①②が合わさって、結果的にLPが長くなってしまうんですね。

商品を売ることを突き詰めたら今のLPができた

●リンクが一つだけ

 

▼LPにはこんな感じのリンクが張られている

LPにあるリンク例

基本、LPには「商品購入/サービスの契約」のリンクしか張られていません。

LPを見てもらい、ユーザーに「いいな」と思わせ、その流れで購入まで誘い込むのがLPの役割だからです。

 

なので、他のページへの導線が多いとユーザーが目移りしてしまい、購入してくれる確率がぐっと下がってしまいます。

だから、LPのリンクは基本一つだけしか設置されないのです。

 

つまり?

 

つまり、興味を示したユーザーへなるべく「迷わせない」「離脱させない」「ユーザーのアクションを一つに絞る」設計を突き詰めたのが今のLPの形なんです。

 

他にも

テキストより、イメージ画像がたくさん

デザインが派手

ボタンサイズがでっかい

 

などの特徴もありますが、「チラシっぽいデザインされてるのがLPなんだなー」くらいに思っておきましょう。

 

通常ページとの連携

LPのデメリットとして「SEOが弱い」という点が挙げられます。

LPのデメリット

そこを補填してあげるのが「通常ページとの連携」です。

通常ページとLPの連携

LPからの導線は一つの方がいいですが、LPへの導線は沢山あって困ることはありません。

これがアフィリエイターの仕事に繋がるわけくまね。
はい、自分たちだけで通常ページからの流入を増やそうとするのは大変なので、外注でどんどんLPへの流入を増やしていこうという戦法です。

 

例えば「ランキング」形式の記事などもその一つです。

SEO効果の高い通常ページに、LPへのリンクを付けてあげることで、「SEOが弱い」というデメリットを解消することができます。

 

LPのおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~。
LPのまとめ

・チラシのようなWebページのこと

 

関連用語

EPC

LTV

 

その他参考になる記事

ランディングページとは?10分でわかるLPの目的、メリットを解説:LISKUL

 

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る