GPLとは | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

GPLとは

公開日 最終更新日

GPLとは、オープンソースソフトウェアのライセンスで、現在もっともコピーレフト性の高いライセンスになります。簡単にいうと「非常に自由度の高いライセンス」という意味です。

 

え、そもそもオープンソースって誰でも自由に使えるんじゃ???

これからそれも含めてざっくり「どういうルールのライセンスなのか」というのを説明していきますね~。

 

※ライセンス違反には深刻なペナルティが発生する場合があります。仕事として必要な場合は専門家に相談してください。

 

そもそもライセンスとは?

ソフトウェアにおいてのライセンスというのは「使ってもらう上で守ってもらいたい規則です。

オープンソースソフトウェアの場合は、「どこまで自由に使えるのか?」というのが焦点になっています。

 

GPLの主な内容

公式サイト

GNU公式サイト

まず「GPL」とは、「GNU General Public License(ジェネラル・パブリック・ライセンス)」の略で「GPL」です。

 

このライセンスの主なルールは以下の4点。

 

「改変してもいいけど自己責任(無保証)」

「著作権の表示は消してはダメ」

「複製・改変・再配布・販売等は自由」

「再配布する物もGPLライセンスにすること(つまり自分が手を加えたものも同じように複製・改変・再配布・販売などされることを許可しないといけない)」

 

簡単にまとめると「改変自由!自己責任!そしてお前もGPLだぁ!」というのがGPLです。

無限に広がるGPLの輪

この特徴からGPLは「コピーレフト性の非常に高いライセンス」と言われ、それを比喩して「ライセンス感染」なんてスラングも生まれたほどなんです。

 

コピーレフトという概念

コピーレフト

コピーレフト」とは、簡単に言えば「著作権を保持したまま、他者に自由に使わせる」という考え方です。

コピーレフト_ハイパー意訳

オープンソースのソフトウェアは基本的にこの「コピーレフト」の概念に基づいてライセンスが作られています。

また、コピーレフトを取り入れたライセンスは伝搬性が強いのも特徴です。

前述でも伝えた通り、「GPL」はこの性質が強い、コピーレフト性の強いライセンスということです。

 

●コピーレフトの考えが導入されている主なライセンス

GNU General Public License

 → 問答無用で「お前もGPL」(強い)

GNU Lesser General Public License

 → 一部条件で「あなたもLGPL」(弱い)

Mozilla Public License

 → 強さは上2つの中間くらい

 

オープンソースって言っても全部が全部自由に使えるってわけじゃないくまね~
そうなんです。技術者の無法地帯をイメージされるかもしれませんが、そんなことはないんですよ~。
 

「GPL」のおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~
GPLのまとめ

・GPL「お前もGPLだぁ!」

・改変自由(ただし自己責任)

・売ったり再配布したりするのも自由だよ(ただし著作権は放棄しないよ)

 

関連用語

コピーレフト

CMS

 

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る