DSP(デマンドサイドプラットフォーム)とは | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

DSP(デマンドサイドプラットフォーム)とは

公開日 最終更新日

Cookieに残ったユーザーの行動履歴やパーソナルデータ(個人が特定できないレベルの個人情報)から「最適な広告」を選び、表示させるシステムのこと。

DSP

よく、「以前使ったことあるサイトの広告がずっと出てくる」ってことありません?
あるくま!ちょっと使ったことある通販サイトの広告がずーっとどこ行ってもついてくるくま~

 

DSPってどういう仕組み?

DSPと広告

 

DPSはすごく大雑把に図解するとこんな感じのシステム。

DSPの仕組み

DPSは広告効果を最適化する、広告主のためのツールです。

今までは、広告媒体に「どんなユーザーがいるか」を予想し、枠ごとに購入して広告を出していました。

これがDSPの導入により、「この人はこんなものを見ているからこの広告を出そう」と、特定のユーザーを狙い撃ちできるようになり、興味関心の高いユーザーに絞って広告を出すことができるようになりました。

今まで「媒体に広告を出す」だったのが「特定の人に広告を出す」に変わっていったんですね~

 

DPSで広告が表示されるまで

DSPはオークション形式で表示する広告を決めていきます。

DSPで広告が表示されるまで

この一連の

DSPとSSPと広告主

SSP「こんな人に広告出しますよ。」

DSP「こんな人に出すらしいよ。オークション始めるよ。」

広告主「これくらいのお金で買えるよ!」

DPS「SSPさん、うちではこれが最高額です。」

SSP「よし、じゃあそこの広告出しとくね。」

 

というやり取りを、広告が表示されるたびにシステムが自動で行ってくれます。

 

ちなみに、SSP

「こんな人が来ました。こんな広告出しましょう。」

「ここのDSPが一番お金出してくれたからここの広告出そう。」

DSPに指示を出し、集まってきたDSPからの情報を選ぶツールで、DSPのシステムはこのSSPと連携してユーザーに最適な広告を出していきます。

 

興味関心のありそうなユーザーにアプローチできるってすごいくまね~!

 

DSPのおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~
DSPのまとめ

・DSPはその広告に対して興味関心のありそうなユーザーに向けて広告を表示するシステム

 

関連用語

CPM

 

その他参考になる記事

【初心者向け】DSPとは?広告配信の仕組みと運用方法を解説!:ferret

DSP:シナジーマーケティング

 

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る