CTRとは | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

CTRとは

公開日 最終更新日

 

CTR[Click Through Rate]とは、広告の効果を確かめる際に使われる指標の一つ。表示された広告またはWebサイトがどれくらいの割合でクリックされたのかを表す数値で、クリック数÷表示回数(インプレッション数)で求めることが可能である。

CTRとは

CTRの重要性

CTRはユーザーにクリックされた割合くまね〜
CTRは広告やWebサイトにとっても大事なんです〜

 

広告においてCTRは重要なものです。商品サイトに誘導するための広告は、まずはユーザーにクリックされなければ意味がありません。なので、クリック率を表すCTRは最も基礎的な広告効果を表す指数です。

また、CTRはWebサイトにおいても重要な指標です。

いくら素晴らしい記事を書いても、フォトジェニックな画像を撮っても、クリックされて閲覧されないのなら存在しないのと同じです。

質が高くてユーザー満足度も高い記事を書くのと同じくらいに、CTRを上昇させるためにはどうすれば良いのかを考えましょう。

 

CTRの上げ方

意味はわかったくま! じゃあどうやってCTRを上げるくま?
CTRを上昇させるには「クリエイティブ」「タイトル」「アイキャッチ(画像)」「ディスクリプション」を見直すです〜

 

Webサイトでは、主に記事タイトルとディスクリプションでCTRが決まります。
ディスクリプションとはWebページにどのようなことを書いているのかを説明する「要約」です。

ディスクリプションの場所

タイトルとディスクリプションには必ず検索キーワードを記載しましょう。

検索キーワードは「ユーザーの疑問」です。

ユーザーはその疑問が解消されそうなサイト以外はクリックしません。なので、自分のWebサイトに「あなたの欲しい情報」があるよ、とアピールしなくてはならないのです。

ユーザーの検索意図

なので、必ずタイトルとディスクリプションには検索キーワードを盛り込み、さらにユーザーが望んでいると思われる情報も記載しましょう。

広告の場合、Webサイトと比べてCTRを上昇させるのは簡単なことではありません。

なぜなら広告は、その商品に興味がないユーザーにも表示されており、わずかな情報だけで興味をひかせてクリックさせる必要があるからです。

つまり、広告は「画像」や、「クリエイティブ」だけでユーザーに「自分にはこの商品は必要だ」と思わせないといけないのです。

画像とクリエイティブが大事

ユーザーはどんなクリエイティブなら興味を引くのか、どんな画像であったらクリックするのかを考えながら作成し、CTRを上げていきましょう。

クリエイティブや画像を見直してもCTRが上がらない場合、広告を出しているサイトのユーザー層と商品のターゲット層が食い違っている可能性があります。

一度、掲載しているサイトを変えてみるのも一つの手でしょう。

 

検索順位とCTR

CTRってタイトルとディスクリプションだけを良くすれば上がるくま?
ううん。残念ながら違うです〜。CTRは検索順位も密接に関わってくるです〜

 

2017年の調査では、検索順位1位のサイトのCTRは「21.12%」2位は「10.65%」3位は「7.57%」となっていおり、10位はわずが「1.64%」まで下がっています。

検索順位によるCTRの差異

※Internet Marketing Ninjas社調べ

このCTRはあくまでも目安ですが、自分のWebページの検索順位が1位にも関わらず、CTRが10%だった場合、タイトルとスニペットがユーザーの疑問に応えられていない可能性があります。

もしそうなら、タイトルとスニペットを検索キーワードに沿うような物に変更しましょう。

 

「CTR」のおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~。
CTRのまとめ
・CTRとは、表示された広告とWebページがクリックされた割合を表す指数

・CTRはクリック数÷表示回数で求められる

・CTRをあげるにはタイトルとディスクリプションに検索キーワードを入れるなどの工夫が必要

関連用語

PV
UU数
セッション
Cookie
SEO


その他参考になる記事

CTR:imidas
CTR:Wikipedia

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る