バナー広告とは | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

バナー広告とは

公開日 最終更新日

バナー広告とは、WEBページ内の固定された枠にバナー(画像・アニメーション等)を表示させるWEB広告の手法全般を指す。ユーザーが枠内のリンク付きバナーをクリックすると、広告主のWEBサイトへ誘導される。別名をディスプレイ広告という。

 

バナー広告の特徴

バナー広告ってよく見るけど、絵が動いたり切り替わったりおもしろいくま~。
四角い枠で表示されるバナーは、一目で印象に残りやすく作られているです~。
 

バナー広告は、Webページの上部や下部に設けられることが多く、インターネットが一般に普及し始めた初期から存在する、最も基本的な広告のひとつです。バナーをクリックすると、広告主のLPに導かれます。

バナー広告のメリットは、より視覚的な訴求が可能なことです。文字情報だけで構成されているテキスト広告と比較して、バナー広告は画像やFlashアニメーションなどで表現されています。

 

そのため、一目で分かりやすく、魅力たっぷりにユーザーへの情報発信ができます。

視覚に訴えかけるバナー広告は、デザイン次第で大きくアクセス数を伸ばすことも可能です。

バナー広告はデザインやクリエイティブが命と言っても過言ではありません。

 

 

バナー広告のなかには、一定期間ずっと同じ場所に表示されるものもあります。

 

視覚情報をフル活用した印象的な広告を、ユーザーに繰り返し見てもらうことができるので、認知度向上・ブランディングには最適な広告と言えます。

 

その反面、バナー広告はクリエイティブの制作に時間がかかってしまうので、

情報の配信に速報性が必要な場合は、不向きな広告形態です。

 

バナー広告の課金形態

そうそう、まーくん、バナー広告って色々な課金形態があるって知っていますか~?
え、クリック毎に料金が加算されていく仕組みじゃないのかくま~?
それもあるけど、バナー広告の課金形態は主に4種類あるんです~。

バナー広告の4つの課金形態

・クリック課金型

・インプレッション課金方式

・期間保証型

・成果報酬型

 

クリック課金型

バナー広告のクリック数に応じて料金が発生する方式です。クリック課金型広告は、特定のキーワードが検索されたとき検索結果画面に表示されます。

キーワードの種類は広告主があらかじめ設定でき、広告の内容や掲載位置によってクリック単価が異なるのも特徴です。

集客したい検索キーワードに向けた広告展開が行えるため、費用対効果が高く広告主側にとって都合の良い形態です。

 

インプレッション課金方式

バナー広告の表示回数に応じて料金が発生する方式を、インプレッション課金方式といいます。

インプレッションは、広告の表示回数のことです~。
 

1回表示あたりの料金が少ないため、1000回単位で取引されるのが一般的です。

ただし、配信する媒体によって異なります。

 

メリットは、幅広いユーザーに対して配信することができ、商品の認知度向上やブランディングにも効果的であることです。

反対に、表示に対する課金なので成果の保証がなく、成果分析も難しい点がデメリットにあげられます。

 

期間保証型

期間保証型のバナー広告は、広告主が掲載媒体の広告枠を期限付きで買い取る方式です。

独占的にひとつの広告が表示される場合もあれば、複数の広告主の広告が切り替わりながら表示される場合もあります。

 

こちらも企業や商品の認知度向上やブランディングに適した課金方式です。

 

バナー広告の掲載枠を買い取るため、クリック数やインプレッション数とは関係なく一定の料金が発生します。

 

買い取った分以上に料金が発生することはないので、高い成果が望める場合はコスパの良い広告です。

しかし、期間中に成果がなければ、買い取った広告枠の料金は無駄になります。

 

成果報酬型

バナー広告から流入したユーザーがコンバージョンに至ったとき、はじめて料金が発生する方式です。

成果があった場合のみコストが発生するので、最小限のリスクで広告掲載が可能です。

 

バナー広告作成の秘訣

 

みーちゃんって物知りくまね~。よーし、僕も頑張ってバナー作ってみるくま!
頑張ってね!バナー広告作りのポイント、分からなかったら教えるですよ~。
できたくま!
ちょ、ちょっと!まーくん~~!
 
 
 

強調や配置を意識する

画像やコピーなど、様々な要素があるなかで、まず優先順位を決めましょう。そして重要度の高いものから強調しましょう。

 

コピーであれば、文字を大きくしたり、目立つ色や斜線・縁取りを使ったり、様々な方法が考えられます。

 

またユーザーの視線は左上から右下に流れるので、優先度の高いものから、左上→右下へと配置することで、ユーザーにとって見やすいバナー広告になります。

 

情報は端的に、文字数は少なく

バナー広告では、広告を「見せる」ことを意識しましょう。

パッと見て感覚的に情報が入ってくることが、バナー広告最大のメリットです。

 

ユーザーの「読む」労力を減らすため、伝えたい情報を絞り込み、少ない文字数でメリットを簡潔に伝えることが重要です。

 

訴求ポイントがたくさんある場合でも、ポイントを絞ったバナー広告で、分かりやすく見せる意識をしましょう。

 

要素と背景のメリハリをつける

文字や画像など沢山ある要素と、使用する背景はバランスが大事です。

 

強調したい文字や画像がくっきり浮かび上がるよう工夫する必要があります。

たとえば、背景に応じて、目立つ明るい文字色を選んだり、画像の彩度・明度を調整したりなどの方法が考えられます。
 

バナー広告の伝えたいテーマによって使い分けながら、要素と背景のコントラストに気を付けましょう

 

訴求対象の特徴を広告に反映させる

さらにバナー広告のクリック数を増やすため、訴求する商品・サービスの特徴に応じて、背景・コピー・画像・数字を使い分けましょう。

 

食欲そそる料理や旅先の風景の画像は、直感的に人を刺激します。

旅行や食品の広告では、文字より画像で直接視覚に訴えかけましょう。

 

直接使用感を確かめられないネット上での化粧品や健康食品の訴求には、情報が必要です。

 

・商品の使用シーンや「使用することによってどうなるか」をイメージできる人物写真

・成分や内容量

・実際の大きさ

 

など、具体的な情報提示を心がけましょう。

 

また、セールやキャンペーンの訴求には数字を大きく強調しましょう。

セールのときユーザーが知りたいのは、「期間中、通常価格からどれだけ安くなるのか」という数字の情報だからです。

 

また、セール価格以外にも、もとの価格や開催期間も載せておく必要があります。

 

バナー広告のおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~。
バナー広告のまとめ

・バナー広告はバナー(画像・アニメーション)で商品・サービスの訴求を行い、WEBページへ誘導する広告手法

・バナー広告は認知度向上・ブランディングに適している。

・バナー広告は主に、「クリック課金型」、「インプレッション課金型」、「期間保証型」、「成果報酬型」の4種類の課金形態がある。

・バナー広告の秘訣は「強調や配置」、「端的な情報と少ない文字数」、「要素と背景のコントラスト」

 

関連用語

テキスト広告

ウェブサイト(Webサイト)

・LP

コンバージョン(CV)

リスティング広告

アフィリエイト広告

 

その他参考になる記事

バナー広告とは:Weblio

バナー広告とは:コトバンク

バナー広告とは:IT用語辞典 e-Words

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る