【WordPress】ファビコンの作成&設定マニュアル | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

【WordPress】ファビコンの作成&設定マニュアル

公開日 最終更新日

ファビコンの作成&設定マニュアル

 

ブックマークしたライバルサイトのアイコン、かっこいいくま~。ぼくも真似したいくま~。
ブックマークに表示されるアイコンのことを「ファビコン」と呼ぶです~。まーくんもファビコンを設定して、ライバルサイトに差を付けるです~。

 

ファビコンは、ブラウザのタブやブックマークに表示されるサイトのアイコンのことです。

 

ファビコン

 

特別、設定をしなくても各ブラウザで用意されている代替アイコンが表示されます。

とは言え、複数サイトが一覧化されるタブやブックマークでは、ブラウザの代替アイコンのままでは目立ちません

 

代替ファビコン_独自ファビコン

 

競合サイトを含むブックマークの中から、読者を自分のコンテンツに注目させるためには、ユニークなファビコンを設定しておくのが得策です。

今回は、小さなサイズで大きなメリットを生み出すファビコンの作成&設定方法をわかりやすく解説します。

 

ファビコンの作成

画像作成したことないし…上手にファビコンを作れるのか心配くま~。
ファビコンはブックマークに極小さく表示されるので、複雑な画像を作る必要はないです~。

 

ブックマークにはファビコンは小さく表示されるため、きめ細かなイメージ画像を用意してもあまり意味がありません。

むしろ、シンプルでわかりやすい画像のほうが、読者はサイトを識別しやすくなります。

 

ファビコンの作成

 

サイトの「頭文字」や「略語」だけのファビコンが一般的ですし、画像作成が未経験の方でも簡単に作れます。

まず、ファビコンに適した画像の3つのポイントをご紹介します。

 

1.縦横のサイズは同じ比率

2.空白スペースを透明化

3.拡張子を「.ico」に変換

※これらはあくまで推奨です。

 

今回は、この3つのポイントにしたがってファビコン作成についてレクチャーしていきます。

まず、ファビコンの作成には画像編集ソフトが必要です。

「Photo Scape」等のフリーソフトや「PowerPoint」でも、ファビコンを作るには十分な機能が揃っています。

 

ファビコン_サイズ

 

ファビコンのサイズは基本的に「縦横1:1」。

無理に合わせる必要はありませんが、ブラウザ側でこの比率に調整されるため、形が崩れないように作成しましょう。

また、必要に応じて空白スペースを透明化します。

 

ファビコン_空白

 

透明化されていない空白スペースは、上図のように、白地の背景としてファビコンに表示されてしまいます。

基本的に拡張子を「.png」で保存すれば、空白スペースは自動的に透明になります。

 

ただ、ソフトの仕様や作成方法によって、別途、透明化の操作が必要な場合もあります。

すでに作成済みの画像に関しては、PowerPointや透明化用のフリーソフト等を利用すると良いでしょう。

 

ファビコン_透明化

 

※PowerPointでは「図の形式」⇒「色」⇒「透明色を指定」で空白部の色を選択すると、透明化できる。

 

さて、最後にファビコンの拡張子である「.ico」に変換する必要があります。

というのもブラウザによって「.gif」や「.png」等の他の拡張子に対応していない場合もあるからです。

 

「.png」から「.ico」への変換には以下のサイトがオススメです。

PNGをICOに変換

 

ファビコン作成が面倒くさい人へ

ファビコンの作成は初心者でも簡単にできますが、この一連の作業にはやはり手間がかかります。

手っ取り早くファビコンを手に入れたい場合には、フリー素材を使うのも手です。

 

ファビコン用の画像をお探しなら、以下のサイトがオススメです。

Free Favicon

 

ファビコンの設定方法

それでは、用意した画像をサイトのファビコンに設定してみましょう。

ファビコンの設定は、主に以下の3つの方法があります。

 

ファビコンの設定 3つのパターン

・<HEAD>内にタグを挿入する(WordPressを使っていない方に)

・WordPressの管理画面から追加する(WordPress4.3 以降をお使いの方に)

・プラグインで設置する(WordPress4.3 以前をお使いの方に)

 

上記に記している通り、サイトを運営している環境によって適切な設定方法を選択すると良いでしょう。

一つずつ設定方法を解説したいと思います。

 

<HEAD>内にタグを挿入する

WordPress以外のCMSや独自の環境でサイトを作成している方は、サイトコンテンツの<HEAD>内に以下のタグを入力します。

 

ファビコンを設置するためのコード

<link rel="icon" href="ファビコンのURL.ico">

 

HEAD_link

 

更新すると、ブラウザのタブやブックマークにファビコンが表示されます。

 

タブ_ブックマーク

 

WordPressの管理画面から追加する

サイト作成にWordPressを使っているなら、管理画面から簡単にファビコンを設定できます。

この設定は「WordPress 4.3」のアップデートで搭載されたものなので、それ以前のバージョンを使っている場合はこちらの方法をお試しください。

まず、WordPressの管理画面にログインしたらファビコン画像をメディアにアップロードします。

 

メディアライブラリ

 

次に、「外観」⇒「カスタマイズ」へと移動してください。

 

外観_カスタマイズ

 

「サイト基本情報」を開き「サイトアイコンを選択」をクリックします。

 

サイトアイコン_選択

 

するとメディアライブラリが開くので、先ほどアップしたファビコン画像を選択してください。

 

トリミング

 

さらにトリミングが必要なら、点線を操作して任意のサイズに調整し、「画像を切り抜き」をクリック。

トリミングが不要なら「切り抜かない」を押しましょう。

 

アイコン_プレビュー

 

サイトアイコンにプレビューが見れるので、問題がなければ画面上部の「公開」をクリックしてください。

以上でファビコンの設定は完了です。

 

プラグインで設置する

WordPressのバージョンが古い場合、デフォルトの機能でファビコンを設定できません。

古いバージョンのまま放っておくとセキュリティ対策上あまり好ましくないため、何よりもまずバージョンの更新を強くオススメします。

しかし、他のテーマやプラグインとの互換性により、バージョンアップの対応が出来ない場合、ファビコン専用のプラグインを導入すると良いでしょう。

 

Favicon_Rotator

 

Favicon Rotator」は簡単なクリック操作だけで、設定できるので初心者にもオススメです。

Favicon RotatorをWordPressにインストールすると、管理画面「外観」に「Favicon」項目が追加されます。

 

外観_favicon

 

Browser Icon」の「Add Icon」をクリックします。

 

add_icon

 

次に、コンピューターまたはメディアライブラリーからファビコン画像を選択し、「Add Browser Icon」を押してください。

最後に「Save Changes」をクリックすれば、ファビコンの設定は完了です。

 

「ファビコンの設定方法」のおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~。
まとめ

・ファビコンを設定していないとブックマークの中でコンテンツが目立たない。

・独自のファビコンを設定して、他サイトと差を付けよう。

・ファビコンの作成は初心者でも簡単!

・サイトの運営環境に適した設定をしよう。

 

関連記事

初心者のためのWordPressの使い方講座 ―8STEPで完全マスター

【WordPress】プラグインのインストール方法 基本から応用まで3つのメソッドをご紹介

【WordPress】インストール後の初期設定8ステップ【初心者必見】

 

 

 

サイト作成コース 一覧に戻る