ahrefs(エイチレフス)でAmazon・YouTubeのキーワード調査が可能に! | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

ahrefs(エイチレフス)でAmazon・YouTubeのキーワード調査が可能に!

公開日 最終更新日

Ahrefs-keyword-Explorer

 

SEO対策で必須のキーワード選び。

皆さんはキーワード調査ツールを活用できていますか?

もしまだ使っていないということであれば、まずは無料のツールから使ってみましょう。

(参考記事:キーワードの見つけ方

無料のツールでももちろん対策はできるのですが、盤石なSEO対策をしていくのであれば、

有料ツールを使う方が有利なのは間違いないです。

 

中でもahrefs(エイチレフス)というツールをご存知でしょうか?

ahrefsは各キーワードの検索ボリュームやSEO難易度を調べられるほか、

競合サイトの対策キーワードや被リンク状況など、

至れり尽くせりの情報を提供してくれるツールとなっています。

そんなahrefsが先日、AmazonやYouTubeを含む9つの検索フォームにおける

キーワードボリューム複合キーワード候補の確認ができるようにアップデートされました。

これによりGoogle検索以外でのユーザーニーズをより詳細に調査できるようになりました。

 

追加された検索フォーム
1.YouTube
2.Amazon
3.Bing
4.Yahoo
5.Yandex (ロシアの検索エンジン)
6.Baidu (百度、中国の検索エンジン)
7.Daum (韓国の検索エンジン)
8.Naver (韓国の検索エンジン)
9.Seznam (チェコの検索エンジン)

(出典:ahrefs日本オフィシャルブログ

 

例えばAmazon検索は購買意欲の高いユーザーが商標キーワードで検索することが多いため、

認知度・ブランド力が高い商品をチェックすることができます。

仮にランキングサイトを作るのであれば、ランキングに入れるべき商品をしっかり把握できます。

 

YouTube検索の場合は使い方・ノウハウ系のキーワードが大きい多い印象です。

つまり動画レビューのことですが、これも購買意欲が高いユーザーが求めるコンテンツですよね。

YouTube上で収益化を図っていきたい方はもちろん、ニーズ発掘のためにぜひチェックしていただきたい機能です。

 

ちなみに1分間の動画は、WEBページ3,600ページ分の情報量を伝えられるとも言われています。

そのため情報収集に効率的な動画コンテンツのニーズは、今後ますます高まっていくと考えられます。

アフィリエイターの皆様もブログだけでなく、YouTube上での情報発信に挑戦してみてもいいかもしれません。

他にもBaiduやNaverなど様々な検索エンジンに対応しているので、

それぞれのメディアでどんなキーワードが検索されているのかを参考にし、

ユーザーニーズをしっかり回収したコンテンツ作りをしていきましょう。

アフィリエイト通信 一覧に戻る