無知だった主婦がつかんだアフィリエイトの成功。シングルマザー経営者の想い【KYOKOさん取材記事】 | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

無知だった主婦がつかんだアフィリエイトの成功。シングルマザー経営者の想い【KYOKOさん取材記事】

公開日 最終更新日

無知だった主婦がつかんだアフィリエイトの成功。シングルマザー経営者の想い【KYOKOさん取材記事】

アフィリエイト界の女性教師。

決して多いとは言えない女性アフィリエイターの発信者の中で、一際存在感を放っているのがKYOKOさんだ。

今では教える立場にある彼女だが、アフィリエイトを始めた当時はパソコンすらろくに触ったことのない、どこにでもいる主婦の一人だった。

知識も経験もなかった彼女が独学と精神力で勝ち上がっていった。そんな軌跡を辿る。

 

▼KYOKOさんとは? 肩書や実績について

KYOKOさんは、3人の子供を育てるシングルマザー経営者。

株式会社TwinRing代表取締役で、多彩なWEBスキルを身につけるためのオンラインスクール「副業の学校」を運営されています。

経済的自立の方法や時間がなくても収入を高める術をYouTubeや「KYOKOオフィシャルブログ」にて情報発信しています。

「家庭×育児×ビジネスでも成功する」をコンセプトにYouTubeのチャンネル登録者数が10万人を超え、女性アフィリエイターの最前線を走っておられます。

 

▼KYOKOさんの足跡を辿る

KYOKOさんの足跡を辿る

教員一家で育った幼少期

「祖父母、そして両親揃って教員という家庭に生まれ、自分も教員になるんだろうと過ごしていました。小学校の時はソフトボールで4番キャッチャーをやっているような運動が大好きな子供で、親の影響で本を読むのが好きだったり、目の前のことを一生懸命やっているような幼少期でした」

「女らしいというよりもボーイッシュな感じで、全身泥だらけになって夕方まで男の子たちと遊んでいましたね。それで体育教員を目指していたんです。しかし、やっぱり女性なので『出産とか育児の関係で定年まで運動しながらは体が持たないよ』って周りに言われたんです」

 

そこで特別支援教育に出会い、大学でもそれを専攻し卒業。

25歳の時に第一子を出産し、育児が始まった

「子供もすごく可愛かったし育児で得たものも大きくてすごく幸せな時間でした。しかし、毎日育児に追われていると、なにか本当に社会と断絶したような気持ちになったんですよね」

 

育児中は「保育園に預けようにも待機児童で預けられない」「パートに出ようにも出られない」「友達と遊びにも行けない」という毎日。

「育児をしながら、何か社会に貢献したい、社会と繋がっていたいと思うようになっていきました」

 

アフィリエイトとの出会い。そしてWEBライターへ

アフィリエイトとの出会い。そしてWEBライターへ

「子供が1歳くらいになった時に、自宅でお金を稼げる方法はないかなと調べる中でアフィリエイトという言葉に出会いました。ただ上位表示しているサイトをみてみると1サイトに100記事とか200記事入っていて、デザインも綺麗で文章もしっかりしていて、初心者の自分には到底作れないと思いました

「なので初めはポイントサイトとかアンケートから始めて、育児をしながらちょっとずつ稼ぐという経験をしていました」

 

しかし、それで稼げても数百~数千円。誰かとコミュニケーションをとっているわけでもないので社会と繋がっている感じもしない

「自分の実力を試したい」という気持ちが強くなる中、WEBライターの仕事に出会う。

 

「きっかけは家のポストに入っていたWEBライター募集のチラシです。電話して、『面接に行けばいいんですか』って言ったら来なくて大丈夫と。オンラインで仕事が完結してしまうことにまず驚きました」

「その時はまだSEOとかアフィリエイトのことも言葉だけしか知らなかったので、経験上の文章力で都度調べながらやっていました。ただ書くだけではなくて、WordPress とか無料ブログに記事を入れてリンクを貼ったりもしていました。当時はアンカーテキストなんて言葉も知らなかったので、クリップのマークを押してこのリンクを貼ってと言われながら」

 

知らないなりに食らいつき、育児の合間に大量の記事を作り上げていった。

 

月に5万円増えるだけでも生活は変わる

月に5万円増えるだけでも生活は変わる

この仕事は300文字を100記事書いて7,000円もらえるという内容で、1か月でこなせて3セット(7000円×3で2~3万円)。

追加で受注して5万円ほどを稼いでいたという。

 

「でも主婦で5万円を在宅で稼げるってすごいことだと思うんですよね。自分が書いたものに対してお金が発生していることに私もすごく嬉しかったんです」

「主婦していると食費って4~5万円と決めてたりすると思います。でも5万円あれば子供の服を買ってあげたり、一緒にランチに行くお金ができたり、家族と使うお金に余裕ができました。月に5万円増えるだけで生活ってすごく変わるなと」

「アフィリエイトは仕組みを構築する必要があるので時間がかかりますが、WEBライターはパソコンやスマホで書くことさえできればすぐにスキルがお金に変わるものだなと思いますね」

 

いきなりアフィリエイトで稼ぎ始めるのは正直難易度が高いが、WEBライターなら初心者でも少額ながらお金が発生する仕事があり、スキルを高めつつ稼ぐ経験を積むことができる。

 

せどりも並行してできる副業

せどりも並行して取り組んでいた。

「せどりは全部自分でやっていくのは無理だと思ったんです。ですので出品とかのやり取りは全部自分でやって、発送だけ別の方に外注をしていました」

 

なんと、彼女はこの段階ですでに外注を始めていた。

「子供を連れて郵便局に行くだけでも大変なので、『一件発送してくれたら〇円』という契約をしてその方の家に商品を置いてもらって発送してもらうという感じ」

「せどりは最初に商品を仕入れる資金力がいるんですけど、Amazonを活用するなど仕組み化してしまえば副業として並行しやすく、本業があったり子育てをしながらやるにはぴったりだなと思います」

「マスク転売でイメージが悪くなっていると思いますが、せどりは需要があるところに供給するお仕事だと思うんですよ。マスク転売は少し詐欺に近いと思うんですけど、基本は物の流通のお仕事なので、やり方を間違えなければいいお仕事だと思いますよ」

 

トレンドアフィリエイトでは体力が持たない

トレンドアフィリエイトでは体力が持たない

そしてアフィリエイトへと手を広げていく。

最初はトレンドアフィリエイトから始まった。

 

「Googleアドセンスというクリック型の広告があるのを知り、WordPressでテンプレートを買って、毎日1,000文字くらいを3~5記事書いていました。ニュースの速報などを見て話題になっている事柄をピックアップして数時間以内に記事を書いて、アップしていました

「でも最初はWordPressのネームサーバーの変更ができていなくていつまでたっても反映できなかったんです。教えてくれる人がいないし誰にも聞けないから、なんとか自分の手で何日もかけてようやくネームサーバーと分かってサイトが立ち上がるという有様でした」

 

そんな中でも月に10~20万円くらいは稼げていたという。

「ココナラで単品で売ってる教材をけっこう買っていて、同じテーマでも教材によっていいと言ってたり悪いと言ってたりするので、そういうのを試しながらやっている状態でした。でも毎日書き続けなければいけない自転車操業で、こんなの育児をしながら続けられないと思ってトレンドアフィリエイトはやめようと思いました」

 

2回の詐欺に遭う。それでも立ち止まらない

2回の詐欺に遭う。それでも立ち止まらない

そして更なる成長を求めていた彼女は、なんとここで詐欺に遭ってしまう。

「たしかニュージーランドにいるとか言ってる人で今思えば怪しい人の典型ではあるんですけど、コンサルしてあげますという人がいて。教材も50本くらい付いているし、何記事か書けば自動化できる。子供がいてもできるという風に言われて」

 

「最初は安く入るんですけど、結局30万円とか50万円とか高額なものを買わされて連絡が取れなくなるという手口で。実はその後もう一人若い男の子からも詐欺に遭っています(笑)」

 

これを受けて、家族からアフィリエイトへの反対の声もあったという。

「騙されてるよと。『最初から怪しい仕事だと思ってた』『ずっとパソコンに向かっていておかしいと思ってた』と。でも私は意思が強かったので、これで絶対結果を出すからと言って納得してもらいました」

「アフィリエイトもこういう詐欺のようなやり方だったり、中身のないコンテンツを売る人がいるから怪しいイメージになりますし、せどりもマスク転売みたいに適正価格ではない売り方をするからイメージが悪くなるんだと思います」

「この体験は後に業界のクリーン化にかける想いを強くしていきました。だからこそ現在運営している副業の学校では、入会していただく前に中身の誠実な情報開示をしているんです。不安な気持ちってよくわかりますからね。」

 

さて、ここまでアフィリエイトを始めて2年ほどだ。

そして彼女は商品とキーワードに向き合い、検索意図を持った人のためのコンテンツを作るサイトアフィリエイターになろうと思い立つ。

 

双子を出産し一時中断されるが、双子が1歳ほどになったタイミングでアフィリエイトを再開。

ここで始めたペラサイトの作成が、彼女の運命を一気に変えていく。

 

ペラサイトで基礎を学び、成功体験を積む

ペラサイトで基礎を学び、成功体験を積む

「初心者の方は稼ぎたいという気持ちが強くてこの業界に入ってきているので、脱毛や青汁のようなビッグキーワードで上位を取ろうと狙うんですけど、初心者の知識では到底無理だと気づくと思うんです」

 

「私も知識がない状態で突き進むのはダメだと。自分にはキーワードの基礎やタイトルの付け方など細分化された技術を覚えていく必要があると思った時に、1記事単位で作っていくペラサイトなら基礎を身につけられると思ったんですね」

「それでやっていく中で『1+1=2』みたいに答えがでる感じがしたんです。私も最初はペラサイト1サイト作るのに7時間くらいかかっていました。でもペラサイトは1枚のページで完結するので達成感があるんですよ。それで検索結果に出る自分のサイトを見て『へー!自分もインターネット上にサイトを作れるようになるんだ!』『自分すごい!』と」

 

「まずは100記事」とよく言われるが、彼女は「100記事を目標にしてたら終わりが見えなくて挫折する人も多い」と語る。

「ペラサイトなら稼ぐまでに1サイト作れて上位表示できる。そして売れる。こういったベビーステップ、成功体験を踏むことができます。そして終わりまでが短いから初心者の方にすごく向いていると思います。私もこの体験のおかげで応用ができるようになっていきました」

 

 

結果が出ない日々の苦悩。そして開花へ

結果が出ない日々の苦悩。そして開花へ

ペラサイトで地に足のついたアフィリエイト活動ができるようになり、月100万円という大きな目標を掲げ始める。

「当時は100万円プレイヤーがすごく多くて、私もそれを目標にしてたんですけど、まだマインドができてなくてやればすぐ結果が出ると思っていました。でも夜寝る時間を削ったりいろんなものを犠牲にしてやってたんですが結果がでなくて、このままで大丈夫なのかなと不安になっていました」

「今では上位表示するまでに時間がかかるとか、仕組みを構築するには半年~1年かかると分かるのでやり続けられるんですけど、初心者だとそこが分かってないから挫折してしまうんですよね」

 

この頃からYouTubeで情報発信も始めており、以下の動画では彼女の苦悩をうかがい知ることができる。

 

▼クズ発言の真相~アフィリエイトは稼げない?~

ここからはやり方も少しずつ変わっていく。

 

「ペラサイトは基礎を覚えるため、成功体験を得るために必要なものであってどんどん応用が必要です。この時から全部で10記事とか30記事とかのちょっと大きめのサイトにもチャレンジしていきました。

最初は商標キーワードから始めているんですけど、ジャンル系とかお悩み系とか色んなキーワードもやってみようと派生していきました」

 

「それで10~11ヶ月目には100万円を突破しました。アフィリエイトって仕組みを構築するまでにすごく時間がかかるし、収益化するまですごく大変です。しかし、ちゃんと正しいやり方で対策すれば結果が出るんだということに気付くことができました」

 

正しいアフィリエイト・ブログの方法を発信しはじめる

「サイトアフィリエイターになってからYouTubeを中心にSNSでも発信を始めていて、ここまでやってきた経緯だったり、正しいやり方を皆さんに伝えたいと思っていました。当初から目標にしていた『社会と繋がりたい』『誰かのためになりたい』という思いがあったので、自分と同じように悩んでいる方の一助となりたくて、オンラインスクールを始めたんです」

「2017年からオンラインスクール事業を行っているので合計3年以上になります。」

 

たくさんの遠回りをしてきたことで研ぎ澄まされていった「社会と繋がりたい」「誰かのためになりたい」という想い。そして、WEBスキルで個を高めるための正しいやり方を最短距離で指導し、アフィリエイト・ブログ業界の清浄化に努めている。

 

▼アフィリエイト業界にかける思い

アフィリエイト業界にかける思い

つきまとう”怪しさ”にどう立ち向かうか

「現在は『アフィリエイト=怪しい、詐欺』というのがすごい通例となってしまっています。オンラインスクールである副業の学校も実際に入ってみないと分からないんですよね。どういうサポートが受けられるのかとかどういうコンテンツがあるのかとか、やはり有形商品じゃないので」

「例えば情報系オンラインスクールで一般的にはないんですけど、コールセンターがあるとか資料請求ができるとか。あと発信者の顔や本名をちゃんと出しているか、本社があるかというところまで副業の学校ではしっかり開示して、正しくスキルを付けられるスクールのなんだよと伝えられるように日々努力しています」

「だからアフィリエイトとかネットで稼ぐ副業というものの清浄化には、今後さらに努めていきたいと思っています」

 

アフィリエイトにつきまとう不透明な側面。

仕組みを知れば美しいビジネスモデルだと分かるのだが、誰もが参入しやすいが故汚れやすいのもまた事実。

これを拭い、クリーンなイメージを作っていくことは、KYOKOさんだけでなく業界全体の課題だ。

 

アフィリエイトはオワコンなのか。難しくなったが戦う道はある

アフィリエイトはオワコンなのか。難しくなったが戦う道はある

最近はアフィリエイトやSEOがオワコンと言われることも多い。

だがKYOKOさんは決して悲観的には見ていない。

 

「それは100%合っているとも間違っているとも言えなくて。労力のかけ方の比率が違ってきたと思うんですよ」

「でもこれだけGoogleのアップデートが数ヶ月に1回頻度で起きていく中で、SEO100%で戦うことが難しくなってきたことは事実だと思います。昔は「青汁」「脱毛」みたいなビッグキーワードを個人でも狙えたんですけど、今は公式サイトとかが多いですよね」

「やっぱり公式サイトが乱立しているSEOに、個人で記事を書こうと思ったらすごく経費がかかるので、個人が戦うのが難しいんですよ。上位表示はできてもすぐに飛ばされてしまってまた作るのに時間がかかる」

 

SEOでの個人戦が確実に難しくなったと認めつつ、「スモールキーワード、ロングテールキーワードはどうかと言ったらそうじゃない」と語る。

「例えばペラサイトって無風ではないですけどほとんどアップデートで動かないんですよ。末端のキーワードに行けば行くほど売れる単価って低くなってきますよね。だからGoogleもそんな小さいところまで正直目を向けていないというか」

「これはペラサイトに限った話ではなくて、大きなサイトでやっていく時にも絶対にスモールキーワードが必要になってきますよね。仮に「脱毛」とか「青汁」で上位を狙う時の支えとして。ビッグキーワードは狙えないからといってここをおろそかにしていいわけではないですよね」

 

「だから個人でやっていくのであれば、狙う場所をちょっと変える。SNSからサイトに入ってコンバージョンしてもらうというような絡め方をやっていく必要もあると思います。

なのでこれまでSEO100%だった方々は、ちょっとずつパーセンテージをSNSに移していくという風にすればいいと思いますね」

「SEOはオワコンではなく、一つの集客ルートということを意識して欲しいです」

 

 

▼YouTubeの魅力。SNSの課題

YouTubeの魅力。SNSの課題

YouTube動画も検索結果からの流入は多い

アフィリエイト関連のキーワードで検索すると、必ずと言っていいほどGoogle検索の上位をKYOKOさんの動画が占めている。

実際検索結果からの流入というのは多いものなのだろうか。

 

「私の場合、関連動画よりも検索からのアクセスが多いというアナリティクスの統計も出ています。いろいろな理由はあると思うんですけど、GoogleはYouTube内でもキーワードに対しての分析力を記事やサイトに対するレベルくらいまでつけつつあると思います」

「最近はタイトルやサムネイルの文字、喋っている内容まで翻訳できるようになっていて、何を喋っているかを読み取っているんですね。ということは私はSEOに則った作り方をしているから検索にも強いと思うんですよね」

 

YouTube動画も検索結果からの流入は多い

▲KYOKOさんのYouTubeチャンネル

 

「私はサイトアフィリエイターで、動画もサイトのようにがっちり作るタイプなので、『副業』単体で動画が出ていたりとか、『ペラサイト』で全部網羅していたりとか、『アフィリエイト』で検索結果に出ていたりとかするのかなと思っていて」

 

動画をアップして1時間以内にすぐに上位にランクインすることもあるという。

「最近だと目次とかを概要欄につけるじゃないですか。あれも書いて数分で反映されますね」

 

アンチの声はありがたい。でも社会全体の課題もある

アンチの声はありがたい。でも社会全体の課題もある

今でこそYouTubeのチャンネル登録者数10万人を超える人気ぶりだが、当初は怯えながらの運営が続いていたという。

 

「最初は動画を出して一個低評価がつくだけで心パリーンって感じでしたよ。いいね悪いねを非表示にしていていましたし。評価を視聴者の方に見せるのも恥ずかしいし、低評価を見るだけで次の動画もう出せないってなったり」

「でも今はアンチコメントもありがたいなと思って見させてもらっています。アンチの方って一番私のことが好きなんですよ(笑)。多分ファンの方よりも私のことを見てる。髪の毛の色は黒の方がいいとか口紅の色とか話し方とか眉毛の角度とか。ちょっとした違いでも気づくんですね」

「もちろんちょっと心が締め付けられますけど、ちゃんと見てくれてるんだ、いい意見を頂いてるなと思ってコメントも全部目を通させてもらってますし、自分のサービスとか活動の改善点として捉えられてるのかなって思います」

 

とはいえ、社会全体の課題も感じているという。

「ネットリテラシーが低い方が多い気がします。以前プロレスラーの方への誹謗中傷が取り上げられていましたけど、いい悪いの区別を付けられていない方が多い。だからそこの教育から始めないといけないと私は思っています。最近ではパクリ動画とかパクリ記事といった著作権の問題もよく見ますよね」

「これは私の子供に教えるような内容まで落とし込んで、そういうことをするとどういう末路が待っているのかを教材というかスクールで教育できれば皆が清浄化していくのかなと思っています」

 

▼クリーンなイメージの業界へ

クリーンなイメージの業界へ

彼女はネットスキルを持たない普通の主婦からキャリアをスタートした。

長男をおんぶしてパソコンに向かう時は、長男のお尻の下に枕をおいて負担を減らしながら2時間の時間を作り出していた。

 

睡眠時間も削り、運動の時間がなく体力維持が難しい中、彼女を支えたのは「自分はこんなところで終わる人間ではない」という強い思いだった。

時間が無いのは言い訳に過ぎないと動画でも語っているが、彼女の行動を見て誰がそれを言い返せるだろう。

 

そんな彼女が次に見ているのはアフィリエイト業界、延いては社会のクリーン化。

屈することのない彼女の心はきっとこの目標にも届くと信じている。

 

afb×KYOKOさんのコラボ動画

アフィリエイト初心者の方向けにafbの紹介をする前編と、「コロナ×アフィリエイト」をテーマに今後のアフィリエイト市場について語った後編の2本立てです。

ぜひお楽しみください。

 

▼【前編】初心者が登録するべきASP「afb」の魅力をお伝えします。

 

【後編】afb社員が全てを語る。コロナは今後どのような影響を及ぼすのか?

 

新規パートナー無料登録はこちら

アフィリエイト通信 一覧に戻る