404 not foundとは | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

404 not foundとは

公開日 最終更新日

404 not foundとは、クライアントがリクエストしたWebページが見つからなかった時に出てくるHTTPステータスコードのこと。

要は「そんなWebページない…」というサーバーからの訴えです。

404ページが出るのはこんなとき

・ページが削除されている

・URLが間違っている

 

何も設定していないと404エラーページは「エラーが出た」ということしか分からない状態です。

 

サイト運営者がやるべきこと

オリジナル404エラーページの作成

エラーページがそのままの状態だとユーザーはサイトから離脱してしまう恐れがあります。

上の画像のような「デフォルトの404エラーページ」が表示されたときユーザーは、

「サイトに問題があったんじゃないか」なんて思うかもしれません。

この状態だと同じサイト内で、関連のページをもう一度探すこともできませんので、離脱率が非常に高くなってしまいます。

 

なので、離脱を防ぐために「オリジナル404エラーページ」の設置をすることが望ましいとされています。

 

コンテンツを移動したならリダイレクト

URLが変わってしまっただけならば新しいページに自動で移動するようにしてあげましょう。

詳しくは「リダイレクト」を参照してください。

 

オリジナルエラーページの設定方法

.htaccessを使用

オリジナルエラーページの設定で一番メジャーな方法です。

設定自体はそう難しくありません。ただ「404 not foundになったらこのページを表示してあげて」という指示を出すだけです。

.htaccess

Webサーバーの動作を制御するためのファイル。この中にサーバーへの指示を書いていく。

※ただしWebサーバーが「Apache」であることが条件

まず前提として「オリジナル404エラーページのHTMLファイルが出来上がっている」とします。

オリジナル404エラーページができたら、今度は「.htaccess」のファイルを作り、中にこう記述します。

 

ErrorDocument 404 /ファイル名.html

今回の場合、404エラーページのHTMLファイルの名前が「404.html」なので、「ファイル名」のところには「404」と記述します。

 

ファイルの設置場所

完成したら、「.htaccess」ファイルはルートディレクトリ(ディレクトリの一番上)に設置してください。

というのも、「.htaccess」というのは「同じフォルダ内とその下の階層までしか影響を与えない」からです。

オリジナル404エラーページはすべてのページに影響させたい指令なので、ディレクトリの一番上に置いておきましょう。

 

【注意】ファイル名のところにURLを入れてはいけない

簡単に理由を説明すると「設定したURLにリダイレクト(強制遷移)させられてしまうから」です。

え、それってファイル名にした時と何か違うくま?
ポイントは「移動」と「表示」という違いですね~

 

URLにしてしまうとこのような問題が起こります。

・ブラウザの「戻る」を押してもまた「エラーページ」に移動してしまう。

・URLが変わってしまう為、打ち直しが面倒

・404エラーではなくなる

 

といった不都合が出てくるわけです。

 

ファイル名で設定した場合は、リダイレクトするわけではなく「間違えたURLのまま、表示されるページがオリジナル404エラーページになる」というものです。

 

2つの違いをまとめるとこんな感じ

・URLで設定 ⇒ このURLに移動してね

・ファイル名で設定 ⇒ このページを表示してね

といった違いがあります。

【参考記事】

.htaccess の書き方

 

 

WordPressの場合

WordPressではデフォルト設定で、404 not foundになった場合「トップページ」を表示するようになっています。

オリジナル404エラーページを表示したい場合は、作ったファイルを「404.php」として保存し、それをテーマフォルダ直下に設置すると、404エラーページとして適用してくれます。

 

404 not found」のおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~
404 not foundのまとめ

404 not foundは「ページが見つからない」というサーバーからの訴え

・404 not foundになった場合に備えてオリジナルエラーページを作ることが望ましい

・コンテンツを移動しただけならばリダイレクトの設定をしよう

 

関連用語

.htaccess

 

その他参考になる記事

HTTP 404:Wikipedia

 

 

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る