キャッシュとは | | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

キャッシュとは

公開日 最終更新日

キャッシュとは、一度表示したWebページなどを高速表示するための一時保存機能のこと。

キャッシュ

キャッシュって「現金」って意味くまよね?
これは現金のキャッシュ(cash)ではなく、貯蔵所のキャッシュ(cache)ですよ~。
この日本語だと意味が分かりづらくなる感じ…ルート(root:根っこ) を思い出すくま…。

 

コンピュータ分野における「キャッシュ(cache)」というのは「データを一時保存」することを意味し、一度開いたことのあるデータを保存しておくことで、二度目の訪問時に素早く呼び出すことができるようになる仕組みのことです。

 

二つのキャッシュ

キャッシュには大きく分けて二種類あります。

サーバーに保存する「サーバーキャッシュ

ブラウザ(デバイス)に保存する「ブラウザキャッシュ

 

 

サーバーキャッシュ

インターネット上のデータを一時的に保存しておき、ユーザーからの要求があった場合、本来のサーバー(オリジンサーバー)の代わりに「キャッシュサーバー」というサーバーがデータを送るのが「サーバーキャッシュ」です。

キャッシュサーバーとオリジンサーバー1

サーバーキャッシュをすることで、オリジンサーバーの負担を減らし、ユーザーは高速アクセスができるようになる、双方にとってメリットのあるキャッシュです。

キャッシュサーバーとオリジンサーバー_二度目の訪問

ブラウザキャッシュ

キャッシュといえばこちらを想像する人が多いかもしれません。

スマホが重くなった時に「キャッシュの削除」をしませんか?その削除しているのが「ブラウザキャッシュ」というものなんです。

ブラウザキャッシュは先ほどのサーバーキャッシュと違い「一度アクセスしたサイトのデータ(画像やHTMLなど)を私たちの手元(デバイス)に一時保存する」ものです。

ブラウザキャッシュ

こうしてデータを一時的に保存しておくことで、インターネットの混雑を避け、ページの表示を高速化することができます。

 

既にデータが手元にあるので、改めてサーバーにデータの要求をする必要がなく、高速でWebページなどを開くことができるようになるのがこの「ブラウザキャッシュ」という仕組みです。

 

混同しがちなCookieとブラウザキャッシュ

似たようにデータを一時保存する機能で「cookie」というものがあります。

ログインせずにマイページに入れることがありますよね?それはcookieによって「一度ログインしたことのあるデバイスだ」と覚えられていたからなんですよ~。

cookieの場合

このcookieはブラウザキャッシュと混同されがちですが、実は全くの別物です。

cookieの場合2

ブラウザキャッシュは「デバイスがWebページの情報をまるっと持っていて、二回目以降の表示を高速化する」。

Cookieは「個人情報(パスワードやIDなど)を一時的に記録して次回以降入力を省略する」。

 

この二つは似たような働きをしているように思えるかもしれませんが、それぞれ別の仕組みです。

 

ブラウザキャッシュが「サーバーに掛け合わないことで利便性がでるキャッシュだとすると、cookieはむしろ「cookieがサーバーに掛け合うことで利便性がでるキャッシュということです。

ブラウザキャッシュとcookieの違い

「キャッシュ」のおさらい

簡単に今回のまとめをしておくです~
キャッシュのまとめ

・キャッシュはデータを一時的に保存しておく仕組み

・二回目のページ表示がスピーディー

 

関連用語

cookie

 

その他参考になる記事

キャッシュとは?IT初心者でも分かるように解説:サルワカ

キャッシュとは?Webサイト高速化にかかせない機能をご紹介!:DigitalMarketingBlog

 

アフィリエイト用語辞典 一覧に戻る