ユーザーの広いニーズに応えられているか | まーくんのアフィリエイト学校

アフィリエイトを始めるために知っておきたいことなどの基礎から、運営に関する知識やテクニックなどの応用まで様々なノウハウを学ぶことができます

ユーザーの広いニーズに応えられているか

公開日 最終更新日

ユーザーニーズにどう答える?

皆さんは『ユーザーが、なぜ自サイトにアクセスしてきたのか』考えた事はありますか?

これに明確な答えはありませんが、多くのユーザーは“有益な情報を効率的に得るため”サイトへアクセスします。

では、ユーザーは何を基準に『アクセスしたサイトの情報が自分に有益か』判断するのでしょうか?

これは主観により異なりますが、以下の様な事が主に考えられます。

では・・・ユーザーニーズに答えられないサイトは、どうなってしまうのでしょうか?

ユーザーニーズに答えられないと・・・。

ユーザーニーズに答えられないサイトを作ってしまうと、どうなるか。

それは、直帰率と離脱率の高いサイトになってしまいます。

直帰率と離脱率ってなに?

「自サイトの直帰率や離脱率なんて、詳しく分からない・・・」という方は、アクセス解析ツールGoogleアナリティクスを使えば、無料かつ簡単に知る事ができます。

是非、活用してみてください。

 直帰率や離脱率が高いと、どうなっちゃうの?

直帰率や離脱率が高いと、サイトで最も重要な『コンバージョン』に繋がりにくくなってしまいます。

特にコンバージョンへ直結する『商品・サービス紹介ページ』の離脱率が高い場合は、要注意

ユーザーのニーズに添った情報や説明がなかった。

次の行動(購入やアプリダウンロード、会員登録)に移る動線が確保されていなかった。

 

このような理由から、コンバージョンの一歩手前でユーザーを逃し、機会損失になっている可能性があります。

該当ページを改善する事によって、コンバージョンへ繋がる可能性が高まりますので、ユーザーを第一に意識しながら改善しましょう!

 

 

SEO基礎コース 一覧に戻る