ホワイトニングしたいエリアで探す

ホワイトニングの種類を解説!種類別の料金やデメリットを解説

3 min

「ホワイトニングをしたいけど、どれを選べば良いのかわからない」

「料金やデメリットを知りたい」

このような悩みを抱えてはいませんか?

ホワイトニングはいくつか種類があるので、どれを選べば良いのか悩む人も多いでしょう。

本記事では、

  • ホワイトニングの種類
  • 料金
  • メリット・デメリット

を紹介していきます。ホワイトニング選びで悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングは、主に以下の4種類に分けられます。

  • オフィスホワイトニング
  • ホームホワイトニング
  • セルフホワイトニング
  • デュアルホワイトニング

やり方や実施している場所はさまざまなので、ホワイトニングをしたい人は以下で内容をチェックしてくださいね。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医院のみで施術ができます。唇や口腔内を圧排して薬剤を歯に塗布した後、医療機器として認可されている専用のライトを使って照射します。

歯科医師や歯科衛生士が常駐しているため、歯の漂白作用が強い過酸化水素を使用できるのがポイント。

料金

初回料金15,000円~45,000円
追加料金(クリーニングなど、保険・自費)3,000円~10,000円
メンテナンス料(2~3ヶ月に1度の再照射)5,000円~30,000円

メリット/デメリット

【メリット】

  • すぐに歯の白さを実感できる
  • 歯科医院によっては歯の表面をコーティングをするので白さが長持ちしやすい
  • 歯科医師や歯科衛生士が薬剤を塗布するので塗り残しが少ない

【デメリット】

  • 飲食物によって色味が後戻りしやすくなる
  • 人によっては薬剤の影響で歯がしみることがある

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、歯科医院で歯の型取りをしてマウスピースを作成し、処方された薬剤を流し込んで1時間前後装着するタイプのホワイトニングです。
※装着時間は数時間~就寝中など、薬剤によって変わります。

型取りをせずに薬剤のみを歯科医院で入手するという方法もありますが、市販のマウスピースは自身の歯並びに合っていないため、色味にムラが出る可能性があるので避けた方が良いでしょう。

料金

マウスピース制作料15,000円~40,000円
追加料金(クリーニングなど、保険・自費)3,000円~10,000円
薬剤料(1本)5,000円~8,000円

メリット/デメリット

【メリット】

  • 自宅でホワイトニングができる
  • 好みの白さに調整可能
  • オフィスホワイトニングよりも白さが持続しやすい
  • マウスピースを作成したら、薬剤を購入するだけで何回もホワイトニングができる

【デメリット】

  • ホワイトニング期間中は食べ物の制限がある(着色がつきやすい食べ物は非推奨)
  • 効果を実感できるまでに10日前後かかる
  • マウスピース制作には型取りが必要

セルフホワイトニング

セルフホワイトニングは歯科医院以外でも施術ができ、サロンスタッフから機材の使い方を教わって自分でホワイトニングを行うのが特徴です。

使用する薬剤は重曹やポリリン酸などで、歯の内側の象牙質を漂白する効果はありません。

あくまでも表面の着色を落とすクリーニングが目的なので、「歯科医院に行かずに自然な白さにしたい」という人に最適なホワイトニングでしょう。

料金

料金2,000円~5,000円

メリット/デメリット

【メリット】

  • 歯科医院に行かなくても着色をある程度落とせる
  • 自然な歯の白さにできる
  • 料金が安価

【デメリット】

  • 歯を漂白しないので白くなりにくい
  • 自分で作業をする必要がある
  • 歯の内側(象牙質)の色味は変わらない

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを両方行うホワイトニングで、歯科医院のみで施術ができます。

なるべく短期間で歯を白くしたいけど、後戻りもしたくないという人に最適です。

料金

初回料金15,000円~45,000円
追加料金(クリーニングなど、保険・自費)3,000円~10,000円
マウスピース制作料15,000円~40,000円
薬剤料(1本)5,000円~8,000円

メリット/デメリット

【メリット】

  • 歯科医院での施術ですぐに歯の白さを実感できる
  • 自宅でのホワイトニングで後戻りを防ぐ
  • 飲食の制限がほとんどない
  • 薬剤の追加購入で何回でもホワイトニングができる

【デメリット】

  • ホワイトニングの中でも特に高額になりやすい
  • 歯科医院での施術後に自宅でホワイトニングをすると痛みが出る可能性がある

ホワイトニングの種類

ホワイトニングはいくつか種類がありますが、確実に白くしたい人は歯科医院での施術をおすすめします。

金額や期間も変わるので、歯科医院でのホワイトニングを受ける場合は、事前にカウンセリングを行ってくれるかなども確認しておきましょう。

歯は相手に与える印象を大きく左右するので、予算・期間・飲食の制限など自分に合ったホワイトニングを行ってくださいね。

ホワイトニングしたいが信頼できる理由

ホワイトニングしたいでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。

関連記事