WiMAXの通信速度が遅い8つの原因と解決方法|高速化の秘訣とは?

WiMAXの通信速度が急に遅くなる原因は?
契約したはいいけど、十分な通信速度が出ないのはどうして?

WiMAXを利用している方なら、1度はこのような疑問を抱いたことがあるのではないでしょうか?

実はWiMAXは正しい利用方法を守らなければ、快適な通信速度は実現しません。

そこで、WiMAXの通信速度が遅くなる8つ原因&解説方法をそれぞれ紹介していきます。

これであなたのWiMAXも速度マックスです!

WiMAXが遅くなる原因・解説方法をざっくり言うと
  • 使用している回線が古い:新回線「WiMAX2+」に対応した機種を使用
  • 通信制限がかかっている:ハイスピードプラスエリアモードを活用する
  • 使用できないエリアでの使用:サービスエリアマップでエリア検索を事前に行う
  • 設置場所が悪い:障害物がなく電波の届きやすい場所に設置する
  • 電波が干渉している:家電などの機器と干渉しないようにする
  • 通信性能が低い:スペックの良い機種に変更する
  • 省電力機能による速度低下:AC電源の使用または、省電力機能プランの設定変更で改善
  • 電波の混雑による低下:昼・夜間を避けて使用する

現在使用しているWiMAX端末が遅いと感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

「WiMAXが遅い!8つの原因と解決法」を見に行く

ブックマークおすすめ!通信をもっとお得に

*ポケットwifiでコスパ最強なのはどれ?

ポケットWiFiおすすめ徹底比較|最安の9社を厳選【11月最新】価格・キャンペーン・プランまで解説

*WiMAXを最安で契約したい!最新キャンペーン情報

【11月最新】WiMAXキャンペーン徹底比較|3万円以上お得!最安値でWiMAXを使う方法

まずは超簡単にWiMAXについて知っておきましょう!

uq-wimax

WiMAXは無線でインターネット回線が使用できるサービスです。

WiMAXの通信端末には、持ち運びができるモバイルタイプ回線工事が不要なホームルータータイプがあります。

持ち運びたいならモバイルタイプ、光回線のように固定で使いたいならホームルータータイプと使用用途によって使い分けることができます。

ちなみにWiMAXとはWiMAX回線を使用したUQコミュニケーションズ社のモバイルWi-Fiルーターを指します。

WiMAXはいろんなプロバイダで契約できる!

WiMAXは20社以上のプロバイダが取り扱っています。

どこで契約しても同じWiMAXで速度も同じですが、月額料金が変わってきます。

WiMAXを取り扱っている安くて人気プロバイダは以下の8社です。

WiMAXを取り扱っている主要8社
  • Broad WiMAX(最大19,000円割引・3年契約)
  • GMOとくとくBB WiMAX2+(最大29,000円キャッシュバック・3年契約)
  • BIGLOBE WiMAX2+(15,000円キャッシュバック・1年契約)
  • カシモ WiMAX(月額料金から39,675円割引・2 / 3年契約)
  • UQ WiMAX(キャンペーン無し・2 / 3年契約)
  • So-net WiMAX(月額料金から29,988円割引・3年契約)
  • DTI WiMAX2+(最大6,000円キャッシュバック・3年契約)
  • JP WiMAX(Amazonギフト券10,000円進呈・3年契約)Broad_WiMAX_おすすめ

    >>> Broad WiMAXの公式サイトを見てみる!<<<

    Broad WiMAX 公式サイトはこちら

プロバイダ選びのポイントはとにかく3年間の総額が安いところで契約してください!

各プロバイダはとても分かりにくいキャンペーンを実施しているので、しっかりと比べてとにかく総額の安いところを見極めましょう!

また、3年契約はちょっと…という方は1年契約できるプロバイダもあるので、そちらを検討しましょう。

以下でプロバイダ料金に関して詳しく比較しているので参考に!

WiMAXおすすめ徹底比較|2020年最安値のプロバイダ8社を厳選

WiMAXで最もおすすめなルーターは「Speed Wi-Fi NEXT W06」

Speed Wi-Fi NEXT W06

WiMAXの速度を決めるのはルーターです!

モバイルタイプの端末で最も速度が出ておすすめなのが、Speed Wi-Fi NEXT W06です。

下り通信速度が最大1.237Gbpsまで対応しており、十分な通信速度を実現できます。

Speed Wi-Fi NEXT W06のスペックは以下の通りです。

項目Speed Wi-Fi NEXT W06
製造元HUAWEI
端末サイズ約128×64×11.9mm
重量約125g
下り通信速度(受信)最大1.2Gbps
上り通信速度(送信)最大75Mbps
LTEモードの有無
連続通信時間■ハイスピードモード(WiMAX2+)
・ハイパフォーマンス設定:約 430 [分]
・スマート設定 :約 540 [分]
・バッテリーセーブ設定 :約 700 [分]
■ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+、LTE)
・ハイパフォーマンス設定:約 300 [分]
・ノーマル設定 :約 400 [分]
・バッテリーセーブ設定 :約 600 [分]
連続待受時間デフォルト設定(WiMAX2+、Wi-Fi未接続時):約 800時間
バッテリー容量3,000mAh
同時接続台数最大16台

キャンペーンによって無料で端末を購入・レンタルできるケースが多いので端末代金を払うのはNG!

またルーターはプロバイダによって取り扱っているものが違うので、できればW06が利用できるところを選択しましょう。

では、次から本題のWiMAXが遅い!8つの原因をみていきます。

WiMAXが遅い!急に遅くなった!8つの原因と解決法を伝授します

WiMAX_遅い_解決法

WiMAXが遅い!

遅すぎる!

そんなイライラを解消するには以下の8つの原因をチェックし、ひとつずつ解決していきましょう。

WiMAXは正しく利用すれば、遅いということはありません!!

遅くなる原因1:旧回線の「WiMAX」を使用し続けている

WiMAX_遅い_旧回線

実はWiMAXには2種類あります。

WiMAXは2015年以前に発売した「旧型WiMAX端末」と新回線「WiMAX2+」です。

現在は新回線「WiMAX2+」が普及しており、旧型の回線は2020年3月31日をもって終了しています。

そのため、旧型のWiMAX回線は使用できない状態にあります。

改善するためには、WiMAX2+対応の機種に機種変更するしかありません!

機種によっては旧回線と新回線WiMAX2+を両方使用できるものもあります。

ですが、ルーターは新しいものが速いので、2年以上同じルーターを使っているなら思い切って再契約を!

使用できなくなっている機種・設定を変更しなくてはいけない機種の一覧は以下からご覧ください。

旧回線のWiMAXサービスを使用している機種一覧はこちら

ちなみに、現在WiMAXといえばWiMAX2+のことを指します。

解決策
ルーターを新しいものにすべし!Speed Wi-Fi NEXT W06がおすすめ

▼WiMAX最新機種についてはコチラで解説しています。

WiMAX2_おすすめ WiMAX2+おすすめプロバイダ徹底比較|最安キャンペーンやお得な契約ポイントも完全ガイド【2020年9月最新】

遅くなる原因2:使い過ぎによる速度制限

WiMAX_遅い_速度制限

WiMAXは無制限ですが、無制限ではありません。

何言ってんだ?

と思われがちですが、実は3日間で10GBまでしか利用できません。

これを「10GB制限」なんて呼んだりします。

実はこの使い過ぎによる通信速度の低下は、1番多い原因です。

WiMAXの売り文句である「無制限」には、見落としがちな欠点があったわけですね。

どのプロバイダでも用意されているギガ放題プランは、3日間のデータ量が10GBを超えた日の翌日18時頃から翌々日2時頃まで適用されます。

制限が解除されると、また新たに3日間10GB使用することができるサイクルになっているのです。

通信速度の制限がかかる10GBの目安は以下の通りです。

サービス 3日間10GB 制限のかからない目安(1日あたり)
Instagram 約25時間 約8時間
Twitter 約67時間 約22時間
YouTube 約47時間 約15時間
Hulu 約21時間 約7時間
Netflix 約14時間 約4時間

多くの通信容量を要するのは動画や映画です。

特に高画質の動画・映画はより通信容量を要するので気を付けましょう!

どの操作がどれだけ容量を使うかを理解しておくと、快適にWiMAXを使用できます。

無料で契約することが可能?「ハイスピードプラスエリアモード」について

WiMAXのオプションには「ハイスピードプラスエリアモード」というものがあります。

ハイスピードプラスエリアモードを簡単に言うと、auのLTE回線のことをいいます。

このハイスピードプラスエリアモードを契約していれば、WiMAX2+の通信速度(10GB)が制限されてもauのLTE回線に切り替えて通信速度を保つことができます。

ただしこちらは7GBまでという制限付き。

プロバイダや契約期間によって異なるのですが、大半のプロバイダでは3年契約であれば無料でハイスピードプラスエリアモードを使用することができます。

1年・2年契約の場合は月額1,005円ほどかかってしまうので、ハイスピードプラスエリアモードもが無料かどうかも視野に入れ、プロバイダを選択することをおすすめします。

解決策
3日10GB以内で利用!ルーターのメニューから使った通信量を確認できる

遅くなる原因3:サービスエリアの範囲外

WiMAX_遅い_サービスエリア

WiMAXには、使用できるエリアが限られています。

エリアから少し外れていたりサービス対象外のエリアであると、十分な通信速度は得られず、最悪の場合WiMAXを使用できないことがあります。

WiMAXの公式サイトでは、「サービスエリアマップ」という快適にWiMAXを使用することができるエリアを検索できる無料サービスがあります。

WiMAXを契約する前に、使用予定の場所を公式サイトのサービスエリアマップで検索しておくと良いでしょう。

WiMAXのサービスエリアマップはこちら

WiMAXは建物の中だと弱い!?

少し前の話で今は違うかもしれませんが、WiMAXはビル内に弱いです。

ようするにコンクリートに囲まれた屋内に弱い印象です。

例えばビル内に入っているコーヒーショップで圏外になったとしましょう。

そんな場合、ハイスピードエリアモードに切り替えることで繋がることも。

auのエリアは広いのでうまく利用しましょう。

解決策
サービスエリアマップでエリアをチェック!auのLTE網も活用

遅くなる原因4:設置している場所が悪い

WiMAX_遅い_設置場所

Wi-Fiは数センチ動かしただけでも、電波の入りがよくなったりします。

そこで、どのような場所が好ましいのかいくつか紹介していきます。

以下が、電波の入りやすくなる3つのポイントですので実践してみてください。

Wi-Fi端末を設置する際のポイント
  • ポイント1:金属・コンクリート・家電・水から離れた場所に設置する
  • ポイント2:部屋の中心部に設置する
  • ポイント3:地面から1〜2メートルの位置に設置する

これらのポイントを押さえて設置することで、通信速度は格段に上がるでしょう。

電波は、様々なものに影響を受けて正常に機能しなくなります。

まず、影響しやすいものとして金属・コンクリート・家電・水の4つが挙げられます。

金属・コンクリート・水に関しては電波を通さないため最大限の力を発揮できません。

家電に関しては、電波が重なり増幅されて大きくなったり、逆に打ち消し合ったりと電波の強さが変動しやすく安定しなくなっていまいます。

UQ WiMAXの公式でもアナウンスしている場所

UQ WiMAXの公式でも以下の場所は電波干渉が起こるとアナウンスしています。

オフィスビルやマンション等の集合住宅 、Wi-Fiスポット(公衆無線LAN)、スマホ等が多い混雑した場所等においては、速度低下の事象がある場合があります。

これらが近くにある場所への設置は避けてください。

さらに、電波を効率よく部屋に行き渡らせるということを意識しましょう!

意外と勘違いしがちなのですが、窓際にWi-Fi端末を設置することは良くありません。

理由は、電波を発しているWi-Fi端末を窓際や部屋の隅に設置すると電波が逃げてしまったり、部屋の隅々まで届かなくなってしまうからです!

Wi-Fi端末の設置位置も快適に使用するための重要なポイントになりますので、しっかり理解しておきましょう。

解決策
金属やコンクリート、家電や水からルーターを離そう

遅くなる原因5:他の機器の電波と干渉している

WiMAX_遅い_干渉

ちょっと原因4とかぶっちゃいますが、大切なので電波干渉について解説します。

Wi-Fi端末のような電波を使用する機器は周りのものに干渉してしまい不具合が生じます。

特に干渉しやすく通信速度が低下してしまうところは電波が行き交っている場所です。

以下のような場所で使用すると、通信速度が低下する傾向にあります。

電波が干渉しやすい場所
  • オフィスビルやマンション等の集合住宅
  • フリーWi-FiなどのWi-Fiスポット
  • カフェや飲食店などのデバイスが多く混雑した場所

これらの場所は電波が干渉しやすく、通信速度の低下に繋がる要素になります。

あまり知られていないのですが、干渉による問題は端末の設定で簡単に改善できます。

Wi-Fi端末の設定で通信速度の低下を抑える!

Wi-Fi端末は2種類の電波を使用することができます。

2種類の電波を使い分けることで、干渉しにくい電波を設定し快適にWi-Fiを使用することができます。

以下がWi-Fi端末で使用できる2つの電波です。

Wi-Fi端末で使用できる2種類の電波
  • 2.4GHz帯(11b/g/n):届く範囲が広く、壁などの遮蔽物があっても通じやすい
  • 5GHz帯(11a/n/ac):高速な規格に対応しており、安定した通信が可能

初期設定では2.4GHz帯となっており、多くの方が設定を変更せず使用しています。

そのため5GHz帯の方が干渉することが少なく、通信速度が安定しているのです。

5GHzは基本的にホームルーターでしか使われない電波ですので、集合住宅でモバイルWi-Fi端末を使用するのであれば5GHz帯に変えてみるのも手です。

ただし5GHzには通信範囲が狭い、遮蔽物に弱いというデメリットもあります。

ひとまず試してみるのはアリですね!

Wi-Fi設定方法は、以下の手順で行えます。

Wシリーズの設定手順
  1. タッチメニューの「設定」を選択
  2. 「通信設定」を選択
  3. 「Wi-Fi設定」から設定
WXシリーズの設定手順
  1. クイック設定Webで5GHz帯を「使用する」にチェック
  2. 端末のディスプレイを通常表示しSELECTボタンを押す
  3. メニューの「無線LAN帯域切替」を表示しSETボタンを押す
  4. SELECTボタンを押し、「5GHz(屋外)」または「5GHz(屋内)」を選択しSETボタンを押す
解決策
2.4GHz帯から5GHz帯に変えてみる

遅くなる原因6:使用している機器の通信性能が低い

WiMAX_遅い_通信性能

使用しているWiMAXの端末スペックが低ければ、十分な通信速度は期待できません。

当然ですね。

改善するためには機種変更が必要になります。

ですが、モバイルWi-Fiタイプの場合はデバイスとUSBコードで接続すると多少改善できます。

モバイルルーターのうち、発売時期が直近の4種を比較すると以下の表のようになります。

W06がやはり速度は出ます。

WX06 W06 WX05 W05
発売日 2020/01/30 2019/01/25 2018/11/08 2018/01/19
下り最大
通信速度
440Mbps 1,237Mbps 440Mbps 758Mbps
上り最大
通信速度
75Mbps 75Mbps 75Mbps 112.5Mbps
WiMAX2+
対応
au 4G LTE
対応
連続通信時間
(バッテリー
セーブ設定)
約14時間 約9時間 約10.5時間 約9時間
重量 約127g 約125g 約128g 約131g
サイズ 高さ:62mm
幅:111mm
厚さ:13.3mm
高さ:64mm
幅:128mm
厚さ:11.9mm
高さ:62mm
幅:111mm
厚さ:13.3mm
高さ:55mm
幅:130mm
厚さ:12.6mm
解決策
ルーターを変更するか、USBで接続してみる
おすすめ_WiMAX_ルーター WiMAXルーター徹底比較|コスパ最強の人気機種と失敗しない選び方まで完全ガイド

遅くなる原因7:Windowsの省電力機能による速度低下

WiMAX_遅い_省電力

Windows 7/8またはWindows Vistaのパソコンに接続すると、通信速度が遅くなる可能性があります。

この問題についてはMicrosoft社が公式に発表しています。

通信速度が低下してしまう理由は、Windows 7/8・Windows Vistaに搭載されている802.11 省電力機能が原因とされています。

802.11 省電力機能とは、モバイルパソコンがバッテリー電源で動作していると自動的に、ワイヤレスネットワークアダプタが省電力モードを使用するように設定される機能です。

そのためワイヤレスネットワークアダプターは消費電力を削減するので、通信速度が遅くなってしまいます。

通信速度を保つには、802.11 省電力機能が作動しないようにすれば問題解決できます。

802.11 省電力機能を作動しないようにするには、以下の方法を行ってください。

802.11 省電力機能を作動しないようにする方法
  • モバイルパソコンをAC電源に接続する
  • デフォルトの省電力電源プランを変更する

常にバッテリーをコンセントで充電していれば、802.11 省電力機能は作動しませんので通信速度を保つことができます。

また、デフォルトの省電力電源プランを変更することで通信速度を保てます。

詳しい省電力電源プランの変更情報は以下から確認できますので、参考にしてみてください。

省電力電源プランの変更情報はこちら

解決策
できればOSは最新のものを使いましょう

遅くなる原因8:混雑時間帯の使用

WiMAX_遅い_混雑時間帯

WiMAXや他社のWi-Fiは、「ベストエフォート型サービス」を採用しています。

ベストエフォート型サービスとは、提示した最大通信速度を上限とし、最大限に努力した速度でインターネットに接続することを意味します。

そのため、どれだけベストな状況下においても、混雑のしやすい昼や夜間は通信速度が出にくくなる傾向にあります。

この問題は、WiMAXに限ったことではありません。

十分な通信速度が必要な場合は、なるべく昼や夜間を避けるようにしましょう!

といっても時間帯でWiMAXが使えなくなるほど遅くなることはありません。

解決策
時間によって多少の速度差はあるが気にしない!

 WiMAXが遅いと感じたら速度を測ってみればいい!

FAST.com

WiMAXが遅いと感じた場合、速度を測ってみるのが1番です。

速度計測でおすすめはFAST.comです。

FAST.comはサイトにアクセスするだけで、問答無用に速度を計測してくれます。

特に難しい操作もいらないのでおすすめです。

FAST.comはNetflixが提供しているため安心です。

FAST.comでは正確な速度が分からない!という方もいますが、正確な数値ではなく異常に遅くなっていないかを調べるには十分機能します。

Google検索で「速度計測」と入力すればすぐに上位に現れますので、速度が遅いと感じたらチェックしてみましょう。

WiMAXの通信速度を高速にするには通信環境を整えることが大切!

WiMAX_遅い_まとめ

WiMAXの通信速度を高速状態を阻害する8つの原因を紹介しました。

それらの問題を解決するには、以下の解決方法を実施して改善しましょう!

WiMAXの通信速度を高速状態で保つ8つの解決策まとめ
  • 新回線である「WiMAX2+」に対応した機種に切り替える・設定しなおす
  • ハイスピードプラスエリアモードを利用して通信制限期間を乗り越える
  • WiMAXの公式サイトで「サービスエリアマップ」を使用しエリア検索を事前に行う
  • 障害物がなく電波の届きやすい場所に設置する
  • 家電や他の電波に干渉しないようにする
  • スペックの良いルーターに変更する
  • Windowsの省電力機能が原因になってないか確認する
  • 混雑する時間帯を避けて使用する

様々な口コミ等で「WiMAXの通信速度は遅い」と言われることがあります。

ですが、実際は使用する上で適した環境が整っていないことが原因の場合が多くあります

無線LANでのインターネット通信は、周りの環境によって大きく変動してしまいます。

ですので、少しのことで悪化したり改善できたりします。

使用しているWiMAX端末の調子が良くない場合は、まず紹介してきた解決方法を試してみてください!

実際に数年WiMAXを利用していましたが、モバイルWi-FiでWiMAXより速度の出るサービスは存在しないように思います。

全ての原因がクリアされていてWiMAXの速度に不満がある場合は、モバイルWi-Fiはやめて光回線を自宅に引くことをおすすめします。

【2020年最新版】光回線おすすめ6社を徹底比較|失敗しない選び方まで完璧にわかる!