WiMAXの速度制限って?回避方法・解除方法、制限時の速度など徹底解説!

WiMAXが急に遅くなってしまった
速度制限がいつ解除されるのか知りた
速度制限にかからない方法はあるの?

WiMAX(ワイマックス)で使い放題プランを契約したはずのに、急に速度速度が遅くなってしまったことはありませんか?

実はWiMAXサービスには、契約プランや速度モードによって速度制限がかかります。

3つの速度制限
  • 「ギガ放題プラン」で3日間で10GBを越えると速度制限

翌日の夜だけ速度制限(動画はかろうじて見れる程度の速度制限)

  • 「月々7GBプラン」で1か月7GBを越えると速度制限

その月はずっと速度制限(メールやSNSも満足に使えない速度制限)

  • 「ハイスピードプラスエリアモード」で1ヶ月7GBを越えると速度制限

その月はずっと速度制限(メールやSNSも満足に使えない速度制限)

速度制限の内容や解除する方法、速度制限を回避する方法をわかりやすくまとめました。

ざっくり言うと:
  • WiMAXで使える回線は2種類
  • 契約プランや回線によって3パターンの速度制限がある
  • 3日で10GB制限の内容と解除方法
  • 1か月7GB制限の内容と解除方法
  • 速度制限にかからないようにする工夫
  • 快適にWiMAXを使うなら最安値の『GMOとくとくBB WiMAX 2+』がおすすめ!

GMOとくとくBB_おすすめ

>>> GMOとくとくBBの公式サイトを見る!<<<

GMOとくとくBB 公式サイトはこちら

 

ブックマークおすすめ!通信をもっとお得に

*ポケットwifiでコスパ最強なのはどれ?

ポケットWiFiおすすめ徹底比較|最安の11社を厳選【12月最新】価格・キャンペーン・プランまで解説

*WiMAXを最安で契約したい!最新キャンペーン情報

【12月最新】WiMAXキャンペーン徹底比較|3万円以上お得!最安値でWiMAXを使う方法

そもそもWiMAXの回線には2種類ある!

WiMAX_回線の種類

WiMAXの速度制限を理解するために、まず知っておきたいのが、「WiMAXで使える回線は2種類ある」ということ。

2種類の回線
  • WiMAX2+
  • au 4G LTE
モード 回線
ハイスピードモード WiMAX2+のみ
ハイスピードプラスエリアモード WiMAX2+とau 4G LTEを自動で切り替え

WiMAXの通常モード(ハイスピードモード)では、「WiMAX2+」が利用できます。

さらにより広いエリアで使いたい場合、ハイスピードプラスエリアモードに設定すれば「au 4G LTE」も「WiMAX2+」と併用することができます。

ハイスピードプラスエリアモードとは

WiMAXの回線が通っていない地方や山間部でも使用できるモード。

  • 別料金がかかる
  • 一旦モードを変更すると、その月はモードを変更することができない
  • 一旦モードを変更すると、その月は通信量7GB/月の制限がかかる
  • 速度制限がかかった場合、メールやSNSも満足に利用できないレベルの速度制限になる

*なお、ハイスピードプラスエリアモードはルーターが対応している場合のみ利用可能です。

そしてWiMAXの速度制限は次の3パターンです。

WiMAXの速度制限
  • 「ギガ放題プラン」で3日間で10GBを越えると速度制限

翌日の夜だけ速度制限(動画はかろうじて見れる程度の速度制限)

  • 「月々7GBプラン」で1か月7GBを越えると速度制限

その月はずっと速度制限(メールやSNSも満足に使えない速度制限)

  • 「ハイスピードプラスエリアモード」で1ヶ月7GBを越えると速度制限

その月はずっと速度制限(メールやSNSも満足に使えない速度制限)

契約プラン(ギガ放題または7GB)と速度モード(ハイスピードまたはハイスピードプラスエリア)によって、速度制限の条件が決まります。

プラン 速度モード 3日間で10GB制限 1か月7GB制限
ギガ放題プラン ハイスピード ×
ハイスピードプラスエリア ×
7GBプラン ハイスピード ×
ハイスピードプラスエリア ×

簡単に言うと、ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE+WiMAX 2+)を使用し、その月の速度量が7GBに達すると速度制限がかかります。

なお、一度ハイスピードプラスエリアモードにすると、その月に通常モードに戻すことはできません。

WiMAX「ギガ放題」プランで速度制限にかかった場合|解除はいつ?

WiMAX_ギガ放題プラン

WiMAXユーザーの9割が選んでいる「ギガ放題プラン」

その名のとおり基本的には使い放題ですが、ゆるい速度制限があります。

MEMO
ギガ放題プランの速度制限の条件や内容は、2017年2月に大幅に改定されて、より使いやすくなりました。

3日間で10GB使うと速度制限にかかる!

ギガ放題プラン(かつハイスピードモード)の場合、3日間で10GB以上使うと速度制限にかかり翌日の夜だけ速度制限がかかります。

具体的には次のとおり。

速度制限の条件 制限時間 制限後の速度速度
改定前 直近3日間で3GB以上使った場合 翌日13時~翌々日13時ころまで(約24時間) 未公表
改定後 直近3日間で10GB以上使った場合 翌日18時~翌々日2時ころまで(約8時間) 1Mbps

たとえば、4月1日から4月3日にかけて10GB以上使った場合、4月4日の18時から4月5日の深夜2時くらいまで速度速度が制限されることになります。

制限後の速度速度は「1Mbps(YouTubeの標準画質が視聴可能な速度)」です。

高画質な動画は見られませんが、SNSやWebページの閲覧はおおむね問題なくできます。

速度制限が解除されるのはいつ?

3日間で10GB制限は、直近3日間の速度量が10GBを下回った時点で解除されます。

4月1日 4月2日 4月3日 4月4日 4月5日
当日の速度量 5GB 3GB 3GB 2GB 1GB
直近3日間の速度量 5GB 8GB 11GB 8GB 6GB
速度制限 なし なし なし あり なし

たとえば、4月1日から4月3日にかけて10GB以上使って4月4日に速度制限がかかっても、4月2日から4月4日までの速度量が10GB未満であれば、翌日以降は通常通り使えるようになります。

また、3日間で10GB以上の日が続いても、午前2時から18時までは通常通り利用可能です。

MEMO
深夜2時以降になっても最長で6時ころまで速度制限が続くことがあります。この場合は、いったんWi-Fiルーターを再起動すると制限が解除されます。

10GBで何ができる?

「3日間で10GB」と言われても、イマイチわかりづらいと思います。

1日当たり3.3GBとして、できることをまとめました。

内容 速度量 1日当たりの目安
Webページ(Yahoo!トップページ) PC版 4.5MB 約733回
スマホ版 3MB 約1,100回
YouTube(1分間) 高画質(HD) 12MB 約5時間
標準画質(SD) 3.5MB 約16時間

これだけ使えれば、日常利用で困る人は少ないでしょう。

ただし、パソコンのアップデートやテレワークでのビデオ会議など、予期しないタイミングで大量の速度が発生することがあります。

また、4K動画やゲームなど、通信量が多いコンテンツには向きません。

MEMO
YouTubeやNetfrix、Amazon Prmeビデオなど、多くの動画サイトでは、画質は速度速度や画面の大きさによって自動で決まります。

あらかじめ「標準画質」などに手動で切り替えておくといいでしょう。

▼3日で10GBについてはコチラで解説しています

WiMAX『3日で10GB』どれぐらい使える?|プロが教える制限されない使い方

WiMAX「月々7GBプラン」で速度制限にかかった場合

WiMAX_7GBプラン

WiMAXのプロバイダによっては、「ギガ放題プラン」だけでなく、「ライトプラン(月々7GBプラン)」も用意されています。

速度制限の内容は、ギガ放題プランと比べるとかなり厳しいです。

また、ギガ放題でも使いかたによっては7GB制限があるので注意が必要です。

「UQ Flatツープラスプラン」などの「月々7GBプラン」は徐々に廃止される傾向にあります。

月に7GB使うと速度制限にかかる

ライトプラン(月々7GBプラン)の場合、1か月に7GB 以上使うと速度制限がかかります。

具体的には次のとおり。

速度制限の条件 制限時間 制限後の速度速度
1か月に7GB以上使った場合 月末まで 128kbps

たとえば、4月1日から4月3日にかけて7GB以上使った場合、7GBを超えた時点から4月末までまで通信速度が制限されることになります。

制限後の通信速度は「128kbps」です。

MEMO
1か月7GB制限の128kbpsは、3日で10GB制限の1Mbps(約1,000kbps)の、約1/8の通信速度になります。

auやソフトバンク、ドコモといった通信キャリアの速度制限と同じ速度なので、経験がある人も多いのではないでしょうか?

動画はもちろん、SNSやWebページの閲覧も難しく、LINEやメールなどテキストのやり取りがかろうじてできるのみ。

一度制限がかかってしまうと、日常利用は非常に厳しいです。

「ギガ放題プラン」の人も要注意!au 4G LTEを使うと7GB制限の対象になる

ギガ放題プランであっても、一度でも「ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE回線)」を使うと、その月は7GB制限の対象になるので注意が必要です。

たとえば、「ハイスピードモード」ですでに7GB以上使った状態で「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えると、即速度制限がかかります。

また、7GB使う前に「ハイスピードモード」に戻しても、その月は7GB以上使った時点で速度制限がかかってしまいます。

「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えると、より広いエリアで使えるようになりますが、速度制限のリスクが大きすぎるので、利用は控えたほうが無難です。

速度制限が解除されるのはいつ?

一度7GB制限にかかってしまうと、自分で解除する方法はなく、月末まで待つしかありません。

翌月1日以降に順次解除されます。

追加料金を支払うことで速度制限を解除するオプションもないので、7GB制限にかかってしまった場合、その月末までの利用は事実上あきらめることになります。

7GBで何ができる?

「1か月に7GB」と言われても、イマイチわかりづらいと思います。

1日当たり0.23GBとして、できることをまとめました。

内容 速度量 1日当たりの目安
Webページ(Yahoo!トップページ) PC版 4.5MB 約51回
スマホ版 3MB 約77回
YouTube(1分間) 高画質(HD) 12MB 約20分
標準画質(SD) 3.5MB 約1時間

7GBプランは固定回線代わりに使う用途には向いていません。

毎日使う場合は、「基本的に動画は見ない」など、なり割り切った使いかたが求められますね。

プランの料金はプロバイダによっても異なりますが、ギガ放題プランと7GBプランの差額は数百円程度。

これから契約する場合は、よほどの理由がないかぎりギガ放題プランのほうがおすすめです。

MEMO
すでに「UQ Flatツープラス」など7GBプランを利用中でも、「UQ Flatツープラス ギガ放題」などギガ放題プランへ契約解除料なしで変更することもできます(翌月から適用)。
月々7GB以上利用したい方はプラン変更も検討してみてください。

▼WiMAX最新機種について解説しています。

WiMAX2_おすすめ WiMAX2+おすすめプロバイダ徹底比較|最安キャンペーンやお得な契約ポイントも完全ガイド【2020年11月最新】

WiMAXの速度制限にかからないようにするには?|こまめに確認しよう

WiMAX_速度制限

ここからは、WiMAXで速度制限にかからないようにするための対策を4つ紹介していきます。

速度制限にかからないようにするための対策
  • 通信量をこまめにチェックする
  • 固定Wi-Fiを優先的に使う
  • 固定Wi-Fiを優先的に使う
  • 従量課金設定をする

通信量をこまめにチェックする

どれだけ速度しているか、体感ではなかなかわかりづらいものです。

とくにWiMAXを使い始めたばかりのころは、通信量をこまめにチェックするといいでしょう。

WiMAXのWi-Fiルーターには、「通信量カウンター」がついていて、ひと目で速度量が確認できるだけでなく、設定した通信量を超えると通知を受け取ることもできます。

通信量カウンターを使う方法は、下記のページをご覧ください。

速度量カウンターの設定値変更方法について|UQ WiMAX

より正確な速度量は、各プロバイダの「マイページ」から確認できます。

MEMO
ルーターの初期設定のさいに、「ハイスピードプラスエリアモード」ではなく「ハイスピードモード」になっているか、一応確認しておくと安心です。

固定Wi-Fiを優先的に使う

WiMAXの「ギガ放題プラン」であれば、多くの場合、固定回線の代わりに使うことも十分可能です。

インターネットをヘビーに使い倒したい方は、WiMAXを外出用と割り切って家の光回線等と併用すると、より快適に使えます。

出先でWi-Fiが必要な時も、積極的にフリーWi-Fiスポットを活用していきましょう。

「au 4G LTE回線」は本当に必要な時だけ使う

先に解説したとおり、ギガ放題プランであっても、「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えてau 4G LTE回線を使った瞬間から、7GB制限の対象になってしまうので注意が必要です。

一部の山間部を除いて、au 4G LTE回線しか使えない状況は稀なので、「ハイスピードプラスエリア」は緊急時以外は使わないことをおすすめします。

WiMAX2+とau 4G LTE、それぞれのサービスエリアは下記のページから確認できます。

サービスエリアマップ|UQ WiMAX

どうしてもau 4G LTE回線を使いたいときは、ハイスピードプラスエリアモードに切り替える前に、スマートフォンのテザリング機能を使うのも手です。

従量課金設定をする

端末によっては、設定を変えるだけで通信量を抑えられます。

たとえば、Windowsパソコンの場合の手順は下記のとおり。

Windowsパソコンの場合の手順
  1. 「設定」を開く
  2. 「ネットワークとインターネット」>「状態」>「接続プロパティの変更」をクリック
  3. 「従量課金接続」を「オン」にする

従量課金接続をオンにすると、Windowsアップデートで重要度の高いファイルだけダウンロードされるようになったり、Oneドライブの同期がオフになったりします。

一時的に通信量を抑えたい場合に試してみてください。

WiMAXの速度制限をうまく回避して快適に過ごそう!

WiMAX_速度制限の回避

光回線のように工事が必要なく、手軽に利用できるWiMAXですが、使いかたによっては速度制限を気にする必要があります。

この記事では、WiMAXの速度制限の内容や解除方法、速度制限を回避する方法を紹介しました。

速度制限にかからないようにポイントを抑えて、快適に使っていきましょう!

最後に、今回の記事のおさらいです。

まとめ
  • WiMAXで使える回線は2種類ある
  • 契約プランや速度モード(利用する回線)によって速度制限の条件が決まる
  • 「ギガ放題プラン」の場合は、3日間で10GB制限がある
  • 「7GBプラン」の場合は、1か月で7GB制限がある
  • ギガ放題プランでも「ハイスピードプラスエリアモード」を使うと7GB制限の対象になる
  • 速度制限は工夫次第で回避できる