iPhone13の予約は9月17日から?!
9万円以上お得に予約する方法

GMOとくとくBB WiMAX2+の速度は遅い?リアルユーザーの速度評価まとめ

GMOとくとく_速度

GMOとくとくBB WiMAXの通信速度は遅いの?
GMOとくとくBB WiMAXの通信速度ってどんな感じ?
GMOとくとくBB WiMAXを利用したことある人に速度について聞きたい

このように考えている方に向けてこの記事を執筆しました。

GMOとくとくBB WiMAX 速度をざっくり言うと
  • GMOとくとくBB WiMAXの速度は他のプロバイダに比べて遅いことはない
  • GMOとくとくBB WiMAXの速度は7GBプランだと月間で7GB使用すると速度制限がかかる
  • GMOとくとくBB WiMAXの速度はギガ放題プランだと3日で10GB使用すると速度制限がかかる

GMOとくとくBB_速度_ロゴ

>>> GMO とくとくBB WiMAX 2+を詳しくみる!<<<

GMO とくとくBB WiMAX 2+公式サイトはこちら

 

GMOとくとくBB WiMAXの特徴|サービス内容・料金・対応エリア

GMOとくとくBB_特徴

GMOとくとくBBの通信速度を知る前に、GMOとくとくBBのWiMAXサービスの特徴についていくつか知っておく必要があります。

WiMAXとはWorldwide Interoperability for Microwave Accessの略であり、無線通信技術の規格のひとつです。

簡単にいうと、自宅に有線の通信回線を引くことなく、無線を通してWi-Fiを利用できます。

GMOとくとくBB ではWiMAX2+のキャンペーンを実施しているので、GMOとくとくBB WiMAX2+の速度について見ているとお考え下さい。

GMOとくとくBB WiMAXの速度が知りたい方もGMOとくとくBBが提供しているサービスはWiMAX2+なので安心してください。

WiMAXとWiMAX2+では下りの通信速度とサービス提供エリアが違います。

また、下記の項目はGMOとくとくBBを利用する上でも重要なので見ていきます。

GMOとくとくBBを利用する上でのポイント
  • あなたの地域で使用できるのか
  • あなたが月間に使うデータ容量から最適なプランはどれか
  • あなたはGMOとくとくBBのWiMAXサービスでモバイルWi-Fiルーターとホームルーターのどちらを使うのか

GMOとくとくBBのWiMAXサービス

GMOとくとくBB_サービス

GMOとくとくBBは光回線に関するサービスとWiMAXに関するサービスを行っています。

初期費用をできるだけ抑えたい

あなたはこのように考えているならGMOとくとくBBのWiMAXサービスはオススメです。

なぜなら、他のプロバイダでは端末代金として20,000円近く払う必要がありますが、GMOとくとくBBではキャンペーン中により、あなたの好みの端末を無料で選ぶことができるためです。

GMOとくとくBBのWiMAXに関するサービスでは「モバイルWi-Fiルーター」「ホームルーター」の2種類を提供しています。

そのモバイルWi-Fiルーターとホームルーターのどちらかの4種類の端末から好みの端末をひとつ無料で選べます。

GMOとくとくBB WiMAXの料金プラン

GMOとくとくBB_料金プラン

GMOとくとくBB WiMAXの料金プランは「7GBプラン」「ギガ放題プラン」の2種類あります。

「どっちのプランで契約している人が多いのだろう…」と考えている方も多いと思いますが、GMOとくとくBB WiMAXではギガ放題プランで契約することをオススメです。

GMOとくとくBBのふたつのプランは最大3ヶ月間料金が同じで、かつギガ放題プランを選んでも利用状況を見た後でプラン変更ができます。

そのため、GMOとくとくBB WiMAXでは90%以上の方がギガ放題プランを申し込んでいます。

以下の表はGMOとくとくBBのふたつのプランの特徴をまとめました。

ギガ放題プラン 7GBプラン
端末発送月料金 月額3,609円の日割り計算 月額3,609円の日割り計算
1~2ヶ月目 3,609円 3,609円
3ヶ月目以降 4,263円 3,609円
GMOとくとくBB入会費 0円 0円
端末代金 0円 0円
LTEオプション利用料 0円 0円
事務手数料 3,000円(税抜き) 3,000円(税抜き)

1ヶ月目と端末発送月は違い、GMOとくとくBB契約後に端末を発送した翌月を1ヶ月目とします。

端末発送月の料金は月額3,609円を日割り計算で割り出します。

そのため、月初めに端末が届いた場合には翌月まで端末発送月なので、ほとんど月額に近い料金を払う必要があります。

7GBプランでは月間7GBしか使えないので、メールやサイトの閲覧など最低限しかネットを使用しない方に向けた格安プランです。

料金は月額3,609円(税抜)で、WiMAX端末が発送された月は月額3,609円を日割り計算した料金が必要となります。

ギガ放題プランでは月額データ容量に制限がないので、データ容量を気にせずにWi-Fiを使いたい方に向けたプランです。

ただし、データ通信量が前日までの3日間で10GBを超えた場合には、ネットワーク混雑を回避するために速度制限がかかります。

キャンペーン中により、ギガ放題プランでは1~2ヶ月目と3ヶ月目以降で料金が変わります。

1~2ヶ月目の料金は月額3,609円(税抜)で、3ヶ月目以降の料金は月額4,263円(税抜)で、WiMAX端末が発送された月は月額3,609円を日割り計算した料金が必要となります。

GMOとくとくBB WiMAXのサービス対応エリア

GMOとくとくBB_サービス対応_エリア

GMOとくとくBB WiMAXサービスは幅広いエリアに対応していて、WiMAX 2+は全国の主要都市での人口99%をカバーしています。

地下鉄や鉄道線路などで「WiMAX通信が使えない…」と感じたことがある人もいると思いますが、全国の主要な地下鉄や鉄道路線の利用可能エリアは拡大中です。

GMOとくとくBBの公式HPでサービス対応エリアを確認することができます。

GMOとくとくBBと契約する前にはあなたの地域や使おうと思っている場所が対応エリアかどうか確認する必要があります。

また、エリア判定で「△」「×」が出た場合には、専門スタッフに相談することができます。

GMOとくとくBBのHPで対応エリアを判定すると、「〇」「△」「×」で結果が出ます。

利用エリアの△判定は電波が弱いエリアであることを示しているので、〇判定よりは通信が遮断される可能性は高くなります。

WiMAXは旧回線で、WiMAX 2+は新しい回線です。

この2つの回線では「データ通信容量」「通信速度」「通信エリア」が異なり、GMOとくとくBBはWiMAX 2+に対応しています。

GMOとくとくBB WiMAX 速度に関する評判・口コミ

GMOトクトクBB_評判口コミ

「GMOとくとくBBのWiMAXを実際に使った人の意見が聞きたい」

このように考えている方に向けて、GMOとくとくBB WiMAXの悪い評判・口コミや良い評判・口コミの両方をTwitter、知恵袋、価格.comから抜粋しました。

GMOとくとくBB WiMAX 速度に関する悪い評価・口コミ

GMOとくとくBB_悪い評判

以下には価格.comに記載されていたGMOとくとくBBの悪い評判・口コミをまとめました。

GMOとくとくBB WiMAXユーザー

動画鑑賞するとデータ通信量が10GBを超えて翌日から遅い。

GMOとくとくBB WiMAXユーザー

タイトルの通り、複数のPCやスマートフォンを本ネット回線につなげると、動画がなかなか動きません!スローモーションになる。

GMOとくとくBB WiMAXユーザー

複数のデバイスに接続すると、動画がなかなか動かないし、スローモーションになる。

GMOとくとくBB WiMAXユーザー

高画質の動画を観ると動きがカクカクする。

出典:https://kakaku.com/

GMOとくとくBB WiMAX検討中の方

WiMAXのホームルーターを契約しようと思っています。
ネットで調べるとプロバイダはGMOとくとくBBが1番安いと書いていました。
個人的にはBroad WiMAXの方が安いんじゃないかと思います。
実際どっちが安いのか教えていただきたいです。

出典:https://chiebukuro.yahoo.co.jp/

GMOとくとくBB WiMAX 速度に関する良い評価・口コミ

GMOとくとくBB_良い評判

以下に価格.comに記載されていたGMOとくとくBBの良い評判・口コミをまとめました。

GMOとくとくBB WiMAXユーザー

可もなく不可もなく、普通に使える。

GMOとくとくBB WiMAXユーザー

ストレスなく利用することができている。複数接続をしても問題ない。

GMOとくとくBB WiMAXユーザー

無制限にしたら速度は気にならない。

出典:https://kakaku.com/

GMOとくとくBB WiMAXの通信速度は遅いの?

GMOとくとくBB_通信速度

GMOとくとくBB WiMAXの通信速度を理解すると同時に、通信速度について知識をつけることで通信速度を上げることができます。

GMOとくとくBB WiMAXの通信速度は他のプロバイダと比較して遅い?

また、このような疑問を持っている方は以下の項目を理解する必要があります。

GMOとくとくBBの通信速度まとめ
  • GMOとくとくBBの通信速度
  • 通信速度の上り・下りの詳細
  • 通信速度に影響を及ぼす要因

上記の3つの項目について見ていきます。

GMOとくとくBB WiMAXの通信速度は遅い?

GMOとくとくBB_速度_遅い

GMOとくとくBBや他のWiMAXを提供するプロバイダではUQ モバイルの同じ製品を取り扱っています。

そのため、GMOとくとくBBを利用したことによって通信速度が急激に変わるということはありません。

GMOとくとくBB WiMAXの通信速度は下り(受信速度)では最大440Mbpsで、上り(送信速度)では最大30Mbpsです。

下りの最大440Mbpsはシステム上の最大速度であり、条件が整っている場合の数値です。

そのため、あなたの利用環境や周辺環境、ネットワークの混雑状況などによって数値は低下します。

また、通信速度はMbpsという単位で表されます。

Mbpsは1秒間に送受信できるデータの量を示していて、1Gbpsは1000Mbpsです。

通信速度の数値が大きい程、データの送受信がスムーズになります。

通信速度に書いてある上り・下りの詳細

GMOとくとくBB_速度_下り_上り

上り、下りはデータの進行方向を表しています。

ホームルーターやモバイルWi-Fiルーターなどの性能をみると、通信速度に上りや下りと表示されています。

上りでは表示されている通信速度はデータの送信速度を表しています。

一方で下りではデータの受信速度を表しています。

そのため、インターネットを使い調べ物をしたり、動画を観たり、アプリケーションをダウンロードする際には下りの通信速度が重視されます。

通信速度に影響を及ぼす要素

GMOとくとくBB_速度_影響

通信速度は環境によって変わることがあります。

通信速度が遅くなる原因は「旧回線のWiMAXを使っている」「速度制限がかかっている」「サービスエリアの範囲外」「利用機器の通信性能が低い」などがあります。

通信速度に影響を及ぼす要素まとめ
  • WiMAX2+ではなく旧回線のWiMAXを利用している
  • 速度制限がかかっている
  • サービス対応エリアの範囲外
  • 利用機器の通信性能が低い
  • 周辺環境が悪い

WiMAX 2+は日本の主要都市を中心に幅広く対応していて、サービス対応エリアはHPで確認できます。

また、10時〜19時(年中無休)はGMOとくとくBBの相談窓口にて専門スタッフが対応してくれます。

WiMAXは旧回線で、WiMAX 2+は新しい回線です。

この2つの回線では「データ通信容量」「通信速度」「通信エリア」が異なります。

GMOとくとくBBはWiMAX 2+に対応しています。

選んだプランによっては月間のデータ容量を超えると速度制限がかかるため、快適にインターネットを使うことができなくなります。

GMOとくとくBBは月間データ量に応じてタイプを選ぶことができます。

「7GBプラン」「ギガ放題プラン」の2種類です。

GMOとくとくBB WiMAXは月間データ使用料に応じてプランを2種類から選ぶことができます。

2種類のプランでは速度制限がかかる基準が違うので、インターネットをよく使う方はギガ放題プランを選択した方が快適です。

また、周辺の電波状況が速度に影響を及ぼすことがあります。

例えば、集合住宅やオフィスビル、スマホなどが多い混雑した場所は速度が低下することがあります(Wi-Fi干渉)

くわえて、iPadやiPhoneでBluetooth機器を使っている場合にも速度に影響を及ぼすことがあります(Bluetooth干渉)。

GMOとくとくBB WiMAXの速度制限と解除のタイミング

GMOとくとくBB_速度制限_タイミング

「速度制限がかかって全然動画が動かない」

「いつまで速度制限なのか知りたい」

上記のようなことを考えたことがある方はGMOとくとくBBの通信速度がかかる条件と速度制限が解除されるタイミングについて知る必要があります。

GMOとくとくBB WiMAXの速度制限

GMOとくとくBB_速度_制限

7GBプランでは月間で7GBを超えると速度制限がかかります。

一方ギガ放題プランでは直近の3日間でのデータ通信量が10GBを超えると、ネットワーク混雑を防ぐために通信制限がかかります。

「よく動画鑑賞やゲームをする」

このような方はあらかじめギガ放題プランを選択することをおすすめします。

また、GMOとくとくBB WiMAXサービスが提供するLTEオプションであるハイスピードプラスエリアモードで月間のデータ使用料が7GBを超えた場合においても速度制限がかかります。

ハイスピードプラスエリアモードはWiMAXが使えない場所(山間部・地下街・地下鉄など)で使うauのLTE通信を使用するモードのことです。

GMOとくとくBB WiMAXの速度・通信制限が解除されるタイミング

GMOとくとくBB_速度_タイミング

7GBプランでは速度制限がかかると当月末まで通信速度が128Kbpsとなります。

ギガ放題プランでは速度制限かかると翌日の18時から2時頃まで通信速度が128Kbpsとなります。

GMOとくとくBB WiMAXのデータ通信量確認方法

GMOとくとくBB_速度_データ通信量

GMOとくとくBB WiMAXのデータ通信量を確認する方法は「BBnaviにログインして確認する」「端末で確認する」の2通りあります。

BBnaviとはオンラインで事務手続きなども行うことができます。

BBnaviを利用することで1日毎のデータ通信量を確認することができます。

ログイン後にトップページからデータ通信量の詳細のページに移動しましょう。

端末でデータ通信量を確認する場合には、端末によって仕様が違うので取扱説明書を参考にデータ通信量を確認しましょう。

【2020年11月】GMOとくとくBB WiMAXの最新キャンペーン情報

GMOとくとくBB_速度_キャンペーン

GMOとくとくBB WiMAXサービスは2020年10月末でキャンペーンが終了して、2020年11月から新しいキャンペーンが始まりました。

GMOとくとくBB WiMAXキャンペーンまとめ
  1. GMOとくとくBB WiMAXキャンペーン期間
  2. GMOとくとくBB WiMAXキャンペーン対象
  3. GMOとくとくBB WiMAXキャンペーン特典内容
  4. GMOとくとくBB WiMAXキャッシュバック特典の受け取り方

上記の項目を改めてまとめましたので見ていきましょう。

GMOとくとくBB WiMAXのキャンペーンの期間・対象・特典とは?

GMOとくとくBB_速度_キャンペーンの対象_特典

GMOとくとくBBのキャンペーンまとめ
  • キャンペーンの期間は2020年11月1日~未定
  • キャンペーンの対象は新規入会でWiMAX 2+接続サービスに申し込んだ方
  • キャンペーン特典は現金キャッシュバック

GMOとくとくBB WiMAXのキャンペーンの期間は2020年11月1日から始まりました。

キャンペーンは予告なく終了する場合や変更が行われる場合がありますのでお気を付けください。

GMOとくとくBBのキャンペーンの対象は新規入会かつWiMAX 2+接続サービスに申し込んだ方になっています。

GMOとくとくBBのキャンペーンの特典はキャッシュバック・端末料金無料・専用クレードル代金無料があります。

専用クレードルとは?
専用クレードルとはモバイルWi-Fiルーターを立てて充電できる、LANケーブルにしか対応していないパソコンをインターネットに接続することができる、有線接続して無線LANルーターにすることができる機器のことです。

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバック特典とは?

GMOとくとくBB_速度_キャッシュバック

キャッシュバック特典は2020年11月1日から始まったキャンペーンで、適応条件を満たし、正しく手続きを行うことで最大30,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

期間内に新規入会でGMOとくとくBB WiMAX 2+接続サービスに申し込んだ方が対象になっています。

キャンペーンは予告することなく終了・変更する可能性があるので確認が必要です。

また、端末によってキャッシュバック金額が異なるので事前に確認が必要です。

以下の表はキャンペーン対象端末のキャッシュバック金額です。

キャッシュバック金額
Speed Wi-Fi NEXT W06 29,000円
WiMAX HOME 02 30,000円
Speed Wi-Fi NEXT WX06 29,000円
Speed Wi-Fi NEXT WX06
クレードル(充電台)セット
25,000円
Speed Wi-Fi HOME L02 30,000円

いずれも端末を発送した月を含む11か月目にGMOとくとくBBから案内メールが届くので、口座情報を記入し登録しましょう。

メールは申し込み時に新規で作成されるメールアドレス宛に届くので、普段使っているメールアドレスに届くと勘違いしないように注意してください。

2020年1月初めが端末発送月の場合も、1月末が端末発送月の場合も2020年11月にGMOとくとくBBから案内メールが届きます。

口座情報に誤りがある場合や、案内メールが送信された日から翌月末までに受取口座の連絡がない場合には、キャッシュバック特典を受けることができないので気を付けましょう。

また、振込時期までに以下の項目が当てはまるとキャッシュバックを受けることができません。

キャッシュバックを受けられない条件
  • WiMAX2+から別のインターネットサービスに乗り換える
  • WiMAX2+を解約する
  • 強制解約や料金の未納によるサービス停止
  • 案内メール配信日より翌月の末日までに口座情報を登録しなかった場合、またはその口座情報に誤りがあった場合
  • GMOとくとくBBが対応困難な事態

GMOとくとくBB WiMAXを選ぶメリットを他社と徹底比較

GMOとくとくBB_速度_メリット

GMOとくとくBB WiMAXを利用することのメリットは以下のようになっています。

GMOとくとくBB WiMAXだけの特徴やメリットまとめ
  • 高額のキャッシュバックを受けることができる
  • 端末代金が無料
  • 20日以内なら契約をキャンセルすることができる
  • お客さま満足度1位の安心サービス
  • 長期利用の場合には機種変更で端末代金が無料になる
上記の項目に加えて、他社との料金の特徴を比較して見ていきます。

GMOとくとくBB WiMAXだけの特徴やメリット

GMOとくとくBB_速度_特徴_メリット

以下の表はGMOとくとくBBとその他のプロバイダの特徴をまとめたものです。

GMOとくとくBB Broad WiMAX BIGLOBE WiMAX So-net WiMAX カシモ WiMAX
プラン ギガ放題 ギガ放題 ギガ放題 Flatツープラスギガ放題 ギガ放題
契約期間 3年 3年 1年 3年 3年
初期費用 3,000円 0円 3,000円 3,000円
端末発送月費用 3,609円(日割り計算) 2,727円(日割り) 0円 0円 1,380円
1~2ヶ月目 3,609円 2,728円 3,980円 1~12ヶ月目:3,380円 1ヶ月目:1,380円
3~24ヶ月目 4,263円 3,411円 3,980円 13~36ヶ月目:4,379円 2~24ヶ月目:3,580円
25~36ヶ月目 4,263円 4,011円 3,980円 13~36ヶ月目:4,379円 4,079円

GMOとくとくBB WiMAXのキャンペーンは業界最高額のキャッシュバックを受けることができ、端末代金も無料で利用することができます。

無料のデータ端末は最短即日発送されて、送料無料なので、お金をかけないでできるだけ早くインターネット通信をすることができます。

Broad WiMAXのキャッシュバックがないことや、BIGLOBE WiMAXの契約期間の短さは魅力的です。

しかし、GMOとくとくBBは高額のキャッシュバックを受け取ることによって、3年間の実質の月額料金や総費用が最安値となっています。

そのため、できるだけ安くインターネットを利用したい方はキャッシュバックの手続きを忘れないように注意してください。

GMOとくとくBBは「2019年 オリコン顧客満足度ランキング プロバイダ 広域企業」で総合1位を獲得しています。

オリコン顧客満足度ランキングとは、実際に利用した方を対象に大規模なアンケート調査を行い、独自の手法で評価をすることで顧客の満足度を測ります。

北海道、東北、関東、甲信越・北陸、東海、近畿、中国、四国、九州・沖縄の9つの地域で、プロバイダーサービスを展開している企業及び広域展開を行う企業が対象となりました。

調査の対象となった158社の企業を、実際に利用したことのあるユーザー23,907人によって調査が行われました。

また、2019年プロバイダ広域企業で総合順位1位となったGMOとくとくBBは、7つある評価項目のうち、「通信速度・安全性」「料金プラン」「コストパフォーマンス」「付帯サービス」の4項目で最も高い評価を受けました。

これらの実績から、GMOとくとくBB WiMAXでは安心感のあるサービスを受けることができます。

また、GMOとくとくBB WiMAXと契約後適応条件を満たしていれば20日以内に契約をキャンセルすることができます。

その他のプロバイダでは契約すると20日以内においても解約には解約違約金が約20,000円発生するのにも関わらず、GMOとくとくBBは適応条件を満たしていれば違約金は発生しません。

GMOとくとくBB WiMAX2+を3年プランで32ヶ月以上利用している方は端末代金が無料で最新機種に変更することができます。

GMOとくとくBB WiMAX 注意事項

GMOとくとくBB_速度_注意事項

GMOとくとくBB WiMAX2+サービスの注意事項がいくつかあります。

他の部分で説明しきれなかった注意事項について見ていきます。

GMOとくとくBBのキャンペーン

GMOとくとくBB_速度_キャンペーン_注意事項

GMOとくとくBB WiMAX2+接続サービスキャンペーンは予告なく終了・変更が行われる場合があります。

キャンペーンは新規入会される方が対象のため、現在入会している方や過去に入会したことがある方は対象になりません。

料金プランをギガ放題プランから7GBプランに変更した場合にもキャッシュバック特典を受け取ることができます。

GMOとくとくBB WiMAX 店舗での申し込み

GMOとくとくBB_速度_店舗

GMOとくとくBB WiMAXは店舗での契約ができません。

そのため、電話、またはネットで申し込みをする必要があります。

ネットでの申し込み手順については、「GMOとくとくBB WiMAXの申し込みから解約の流れ」でみていきましょう。

GMOとくとくBB WiMAXの申し込みから解約の流れ

GMOとくとくBB_速度_申し込み

GMOとくとくBB WiMAXのサービスでは、解約のタイミングによっては解約違約金が発生することがあります。

GMOとくとくBB WiMAX申し込みから解約の流れ
  1. 申し込み方法
  2. 解約方法
  3. 解約違約金について

「解約したらよくわからないけど違約金が発生した」

「解約違約金が怖くて契約できない」

ということがないように上記の3項目をみていきましょう。

GMOとくとくBB WiMAXの申し込み手順

GMOとくとくBB_速度_手順

GMOとくとくBB WiMAXに申し込みをする前に確認することがあります。

公式サイトや相談窓口の専門スタッフに自身の居住地もしくはインターネットを使いたい場所が対応しているエリアか確認しましょう。

確認後、電話、または公式サイトやキャンペーン特設サイトにある申込フォームに情報を記入しましょう。

記入事項に不備がない場合には最短で即日発行されるので、端末が届き次第インターネットを使うことができます。

申し込み手順まとめ
  • サービス対応エリアを確認する
  • 電話またはWEBから申し込む
  • 入力事項に不備がなければ端末到着
  • 利用開始

 

GMOとくとくBB_速度_ロゴ

>>> GMO とくとくBB WiMAX 2+を詳しくみる!<<<

GMO とくとくBB WiMAX 2+公式サイトはこちら

GMOとくとくBB WiMAXの解約手順

GMOとくとくBB_速度_解約手順

解約する4通りの方法
  1. 更新月に解約する
  2. 契約期間内に解約する
  3. 初期契約解除を利用する
  4. 20日以内に契約をキャンセルする
上記の選択肢の中では「契約内に解約する」のみ解約違約金が発生します。

その他の方法では契約違約金は発生しません。

「契約違約金は払いたくない」

このような人が多いと思いますので、契約違約金が発生しない3通りの解約について見ていきます。

GMOとくとくBB WiMAX2+では端末発送月の翌月を1ヶ月目として36ヶ月間が契約期間となっています。

36ヶ月間が経過すると3年間の契約が自動更新され、その1ヶ月目が契約更新月となっているので、その期間に解約手続きをすると違約金がかかりません。

そのため、解約をする場合には端末発送月から数えて37ヶ月目が契約更新月なので、その期間に解約手続きを進めましょう。

更新月での解約手順を以下のようになっています。

更新月での解約のみ契約更新月の前月21日から20日の間にBBnaviにて手続きをすることができます。

BBnaviではオンラインで事務的な手続きすることができます。

BBnaviでできる手続き
  • BBnaviにログインする
  • ご利用中のサービスという項目からWiMAX2+を選択する
  • 解約する契約を選択する
  • 契約更新月を確認する
  • その他のお手続きというボタンから解約手続きをする

法人契約ではなく個人契約の場合には端末着荷から8日以内に初期契約解除書面と端末セットをGMOとくとくBBに送付することで初期契約解除を利用することができます。

初期契約解除は事務手数料として3,000円(税別)は発生しますが、解約違約金は発生しません。

初期契約解除書面には申込日、サービス名、通信料金、サービスの契約解除を希望するという趣旨の文言、解約する理由、GMOとくとくBBの会員ID、契約者の名前、住所、電話番号を書く必要があります。

また、WiMAX2+のエリア判定が〇の場合でもWiMAX利用が初めての方は適応条件を満たすことで20日以内ならキャンセルすることができます。

20日以内ならキャンセルOK適応条件
  • 新規かつ個人名義でのWiMAX2+の申し込み
  • 申し込み時の登録住所がUQ WiMAX2+ピンポイントエリア判定で〇を受けている
  • 解約時に、GMOとくとくBBのお客様センターに20日以内の解約の旨を伝える
  • お客様センターへ連絡後5日以内に指定の宛先に向けて端末を返送(消印有効)
  • GMOとくとくBBお客様センター
    TEL:0570-045-109
    受付時間:平日10:00~19:00

GMOとくとくBB WiMAXの解約違約金について

GMOとくとくBB_速度_違約金

契約違約金は解約を契約更新月すると発生しません。

初期契約解除を利用した場合においても解約違約金は発生しません。

解約違約金の値段は契約内容によって異なります。解約違約金は契約期間中に解約契約内容の変更、削除があった場合に発生します。解約や契約内容の変更がある場合には、自身の契約内容をよく確認しましょう。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のサービスでは、端末を発送した月の翌月を1か月目として36か月(3年)の契約期間となっています。

契約は解約をしない場合に、3年間を満了したら、自動的に3年間の契約更新が行われます。

 

BBnaviを利用することで、オンラインで事務手続きを行うことができます。

解約手続きに関しても契約更新月の前月21日から20日の間であればBBnaviにて行うことができます。

初期契約解除は事務手数料として税抜き価格3,000円が発生します。

初期契約解除は端末到着から8日以内に初期契約解除書面と端末一式をGMOとくとくBB 初期契約解除窓口に送付しなければなりません。

どんなときも解約サポートは「引っ越し後に電波が入りにくくなった」「通信速度が遅かった」「固定回線に変更した」などの理由により、解約を検討する場合の制度です。

GMOとくとくBB WiMAXを契約した後に、窓口から指定される他のネット回線に乗り換えることによって解約違約金を無料にすることができます。

WiMAXを初めて利用する通信に不安がある方のために20日以内ならキャンセルができます。

申し込みから20日以内に以下の条件に当てはまる場合においては、解約違約金が発生しません。

適用条件
  • 新規に個人様名義でのWiMAX 2+サービスの申し込み
  • 申し込み時の登録住所がUQ WiMAX 2+ピンポイントエリア判定で「〇」
  • 解約時に事前にGMOとくとくBBお客さまセンターへ「20日以内の解約」の連絡
  • お客さまセンターへ連絡後5日以内に指定の宛先にWiMAX端末機器の返送(消印有効)

端末を期限内に返送することができない場合には、端末代金20,000円を請求される場合があります。

また、キャンセルに伴って負担されるのは解約までの月額料金と解約違約金のみです。

そのため、事務手数料、クレードル代金、WiMAX 2+端末返送代金などは自身で負担する必要があります。

GMOとくとくBB WiMAX 速度に関するよくある質問

GMOとくとくBB_速度_よくある質問

公式サイトより抜粋しました。

速度はどのくらい出るのか?

GMOとくとくBB WiMAX 2+では下りの通信速度は最大440Mbps、上りの通信速度は最大30Mbpsです。

東京・大阪・名古屋は下り440Mbpsを利用できます。440Mbpsはシステム上、下り最大速度です。

海外でモバイルWi-Fiルーターは利用できるの?

GMOとくとくBBが提供しているWiMAX 2+は海外で利用することはできません。

海外でモバイルWi-Fiルーターを利用する際には、海外で利用できるWi-Fiルーターをレンタルする必要があります。

端末の設定は簡単なの?

端末の設定は簡単にできます。

端末とともに送付されるSIMカードを挿入し、電源を入れて、通信機器の設定をするだけです。

また、説明書にマニュアルも書いてあり、YouTubeでも説明されているので確認してみてください。

端末が故障したらどうすればいいの?

端末が故障した場合にはGMOとくとくBBに相談をする必要があります。

修理の場合には約5,000円~、端末交換の場合には19,000~20,000円(税別)を支払わなければなりません。

使い過ぎて高額になることはないですか?

GMOとくとくBBは定額制なので、インターネットの利用状況により請求金額が変わることはありません。

利用してみて使えない場合には返却をすることは可能なの?

適応条件を満たしている場合のみ、初期契約解除制度、または20日以内キャンセルサービスを利用することができます。

適応条件など詳しく見たい方はここをクリックすることで移動します。

セキュリティ面は大丈夫ですか?

GMOとくとくBBではWiMAX 2+を契約したのちに、契約者を確認した上で通信サポートが提供されています。

また、無線区間にはAESという暗号化技術を採用していて、AESはアメリカでも標準として採用されている暗号化規格です。

まとめ

GMOとくとくBB_速度_まとめ

GMOとくとくBB WiMAXの速度に関して見ていきました。

GMOとくとくBB WiMAXに限らず他のプロバイダもUQ WiMAXの製品を取り扱っているので、GMOとくとくBB WiMAXを利用することで速度が急激に変わることはありません。

また、悪い評判としてデータ通信量が3日で10GBを超えると速度制限がかかるというものがありましたが、その仕様もネットワーク混雑を防ぐために他のプロバイダも同じ仕様となっています。

GMOとくとくBB_速度_ロゴ

>>> GMO とくとくBB WiMAX 2+を詳しくみる!<<<

GMO とくとくBB WiMAX 2+公式サイトはこちら