LINEモバイルは最悪?実際に2年間利用したリアルなレビュー・メリット・デメリットを大公開

LINEモバイルの評判は悪い?

LINEモバイルって聞いたことあるけど人気なの?

上記のようにLINEモバイルの評判はどうなのかとお悩みの方はいませんか。

LINEモバイルはLINEやinstagramといったSNS使い放題の独自サービスやキャンペーンが充実している人気の格安SIMです。

しかし、LINEモバイルには通信速度や解約時の手数料など知っておきたい注意点もあります。

LINEモバイルを使用し始めてから後悔したくありませんよね。

そこで今回は、LINEモバイルを実際に利用している人の口コミ評判メリットデメリットなどを徹底的に解説していきます。

この記事を読めば、LINEモバイルがあなたにぴったりの格安SIMかどうがわかります。

「LINEモバイルの評判」をざっくりいうと
  • LINEモバイルにはSNS使い放題の「データフリー」があるからお得!
  • LINEの子会社だからLINEポイントやLINE Payが使えて便利
  • LINEモバイルは時間帯によってネットが繋がりにくいとの評判も
  • 他の格安SIMではできないLINEのID検索や年齢認証が利用できる!
  • キャリア3回線に対応していて、どの回線も同じ料金で選べる

lineモバイル_月額基本利用料3ヶ月500円キャンペーン

ネットRで人気の格安SIMTOP3!
格安SIM会社 公式 特徴
第1位:楽天モバイル楽天モバイル 格安SIM_公式サイトへ ●プラン料金2,980円が1年間無料!
●1年間では、35,670円もお得に。先着300万名まで残りわずか!
●4Gにも、5Gにも対応し、楽天回線エリアも順次拡大中!
第2位:Y!mobileY!_モバイル 格安SIM_公式サイトへ ●ソフトバンクのサブブランドとして安定の通信環境
●10分以内の国内通話が無料!
第3位:mineomineo 格安SIM_公式サイトへ ●トリプルキャリアに対応!
●mineoのコミュニティサイト「マイネ王」でユーザー同士交流できる

一番人気の格安SIM会社についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

【最新情報】楽天モバイルの評判・口コミは最悪?実際に利用した50人の本音とメリット・デメリットまとめ

キャリアからLINEモバイルに乗り換えた結果を本音でレビュー!

LINEモバイル_評判_キャリア

以前までauを使っていた筆者が、LINEモバイルに乗り換えた結果を紹介していきます。

結論から言うと、総合的に見てLINEモバイルがおすすめできます。

LINEモバイルとキャリアの月額料金比較

LINEモバイル_評判_月額料金
LINEモバイル_評判_キャリア_月額

キャリアを利用していた際は、月々7GBで4,980円、LINEモバイルでは月々3GBのプランで1,690円に抑えることができています。

1GBあたりで考えると、キャリアでは1GB約711円、LINEモバイルでは1GB約563円という結果になりました。

この差を見ても、LINEモバイルの圧倒的な安さがお分かりいただけると思います。

LINEモバイルのおすすめの回線

LINEモバイルでは、トリプルキャリアに対応しているというメリットがあります。

しかし、その中でも回線によって、繋がりやすさや速度が変わってきます。

筆者がおすすめなのは、ずばりドコモ回線です。

理由としては、他の回線と比べて、回線混雑しやすい時でも安定した速度を出すことができるからです。

【docomo】

出典:https://keisoku.io/mobile/

【au】

出典:https://keisoku.io/mobile/

こちらは、LINEモバイルのau回線とドコモ回線の速度を同じ日・同じ時間帯に測定したものです。

スマホをよく使う時間帯である夜のデータを見てみると、まったくスピードが違うことが分かります。

そのため、LINEモバイルで回線を選ぶときは、ドコモ回線がおすすめです。

LINEモバイル

評判からわかった!LINEモバイルを利用するメリット5選

LINEモバイル_評判_メリット

まずLINEモバイルのメリットをご紹介します。

LINEモバイルのメリットとしてあげられるのは主に5つです。

それぞれ詳しく解説していきます。

【評判】LINEモバイルのメリット1|データフリーだから通信料を気にしなくていい

データフリー_通信料

LINEモバイルの魅力的な特徴として、データフリーがあげられます。

データフリーとは
データフリーとは対象のサービスを利用した時にデータ通信量を消費しない機能のことです。月に契約した高速データ容量を使い切っても(通信速度制限がかかっても)データフリー対象サービスの通信速度は落ちません。

普段からSNSをたくさん利用する方は、オプションサービスを利用することで通信制限を気にせずにスマホを利用できます。

LINEモバイルの料金と対象サービスは以下の通りです。

*スマホの方は表を横にスクロールできます。

月額料金 対象サービス
LINEデータフリー 0円 LINE
SNSデータフリー 280円 LINE、Twitter、Facebook
SNS音楽データフリー 480円 LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC、Spotify、AWA

LINEモバイルはどのプランを選んでもLINEが使い放題です。

加えて、SNSデータフリーやSNS音楽データフリーを選べば、さらにデータフリー対象サービスは増えます。

月に契約した高速データ容量を使い切っても、データフリー対象サービスの通信速度は落ちません。

例えばLINEを目的に契約する場合、最低限のデータ容量(500MB)を選ぶとかなり費用を抑えられます。

LINE、twitter、Facebook、Instagram、4つのSNSを使い放題で楽しみたい方は「SNS音楽データフリー」を選びましょう。

【評判】LINEモバイルのメリット2|翌月末までデータを繰り越せる

LINEモバイル_メリット_データ繰越

LINEモバイルでは利用プランのデータ容量を使いきれなかった時は、余ったデータ通信量を翌月に繰り越すことができます。

そのため余らせてしまった場合でもデータ通信料が無駄にならずに済みます。

データ繰越

出典:uqwimax.jp

例えば、3GBを契約していて、2GBしか使わなかった場合、残りの1GBは、自動的に繰り越されて翌月は4GB使えるようになります。

また、LINEモバイルを使っている家族や友だちにデータ通信量をLINEアプリでプレゼントすることも可能です。

データ通信料のプレゼントは、500MB〜2,500MBから選べます。

データプレゼントは使い方も簡単なので、身近なLINEモバイルユーザーとデータをシェアして有効活用しましょう。

データプレゼントの使い方

マイページの契約者情報にある「利用コード」を確認したら、LINEモバイル公式アカウントのメニューより「利用者連携」→「利用コードを入力」→「データプレゼント」と進んでデータ通信量をプレゼントしたい友だちを選択。

注意
データプレゼントで受け取ったデータ通信量を翌月に繰り越すことはできません。

【評判】LINEモバイルのメリット3|クレジットカードがなくても契約可能

クレジットカード_契約

格安SIMはクレジットカードがないと契約できない」という認識がある方も多いのではないでしょうか。

確かに、格安SIMの中にはクレジットカード決済しか対応していないところもあります。

しかしLINEモバイルは、クレジットカードのほか「LINE PAY決済」や「LINE PAYカード決済」に対応しているので、クレジットカードがなくても契約可能です。

「LINE Pay カード」はLINE Payのプリペイドカードで、チャージ先を銀行口座にすることにより間接的に銀行口座決済にすることができます。

オンラインですぐに発行することができるので、ぜひ利用してみてくださいね。

MEMO
LINE Pay カードは誰でも発行手数料&年会費無料のプリペイドカードで、国内外JCB加盟店でのお支払いに利用できます。

【評判】LINEモバイルのメリット4|無料でテザリングができる

無料_テザリング

大手キャリアなどでは有料となっていますが、LINEモバイルならテザリングが無料です!

テザリングとは

テザリングとはスマホなどデータ通信が可能な端末を使って、パソコンやタブレットなどをネットに接続することです。

LINEモバイルの回線にWi-Fi対応のパソコンやタブレットをつなげば、外出先でもデータ通信を利用できます。

テザリングはスマホ1つで、複数の端末をインターネットに接続できるので、非常に便利な機能です。

しかも、LINEモバイルにはデータフリーがありますよね。

テザリングでつなげた端末もデータフリーの対象になるので、対象サービスが実質使い放題になります。

【評判】LINEモバイルのメリット5|LINEのID検索や年齢認証が利用できる

LINE_ID検索

一般的に、格安SIMではLINEの年齢認証ができず「ID検索」をおこなえません。

しかしLINEモバイルはLINEの子会社なので、LINEのID検索と電話番号による友達追加が問題なくできます。

ID検索はLINEで友達を追加する時に非常に便利な機能ですよね。

ID検索を可能にするには「年齢認証」をする必要があります。

ほとんどの格安SIMでは年齢認証ができないため、LINEのID検索にも対応していません。

なぜLINEのID検索には年齢認証が必要なの?

そもそも年齢認証とは、未成年の安全を守るために大手携帯電話会社とLINE株式会社が協力して行っているものです。

年齢認証は「au(KDDI)、NTTドコモ、ソフトバンクモバイル各社が提供する年齢情報判定サービスを利用し18歳未満かどうかを確認するもの」なので、提携していないと利用できません。

評判から分かったLINEモバイルのメリットまとめ
  • LINEモバイルはデータフリーだから通信料を気にする必要がない
  • 余ったギガは翌月に繰り越し可能!
  • LINEモバイルはクレジットカードがなくても契約可能なレアな格安SIM
  • キャリアでは有料のテザリングが無料でできる!
  • 他の格安SIMでは利用できないLINEのID検索機能・年齢認証が使える

\月額料金3ヶ月500円キャンペーンは今だけ!!/

lineモバイル_月額基本利用料3ヶ月500円キャンペーン

評判からわかった!LINEモバイルを利用するデメリット3選

口コミ評判_デメリット

LINEモバイルの魅力をお伝えしてきましたが、デメリットもゼロではありません。

ここからは、LINEモバイルを利用するデメリットについて見ていきましょう。

【評判】LINEモバイルを利用するデメリット1|解約時に手数料がかかる

lineモバイル_デメリット

LINEモバイルではいつ解約しても、1,000円の解約手数料がかかります。

他の格安SIMでは解約手数料がかからないところもあるので、デメリットといえます。

2019年1月まで、LINEモバイルには最低利用期間が決められていました。

しかし現在は撤廃されたため、他社で設定されている違約金と比べると、解約にかかる金額は安いといえます。

【LINEモバイルの違約金と最低利用期間】

*スマホの方は表を横にスクロールできます。

最低利用期間 違約金・解約手数料
2020年2月19日以降の契約 なし 1,000円
2019年10月1日〜2020年2月18日 12ヵ月
2019年5月1日〜9月30日  9,800円
〜2019年4月

【評判】LINEモバイルを利用するデメリット2|キャリアメールが使えない

LINEモバイル_デメリット_キャリアメールが使えない

大手キャリアから格安SIMに乗り換えると、これまでのキャリアメールは使えなくなります。

キャリアメールとは、@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softBank.ne.jpというように大手キャリアが提供しているメールアドレスのことです。

現在、キャリアメール自体をあまり使っていない方は問題ないでしょう。

しかし大事なメールがある場合はフリーメールへの転送や、スクリーンショットを撮っておくなどして対策しましょう。

最近は「GmailやYahooメールなどのフリーメールで十分」という人も多いのではないでしょうか。

フリーメールならアカウントを作成するだけで使えるようになり、アカウントを削除しない限りずっと使い続けることができます。

使い勝手はキャリアメールとほとんど変わらないため、フリーメールを利用したことがない方はアカウントを作っていみてはいかがでしょうか。

キャリアメールとフリーメールの違い

キャリアメール

  • 携帯キャリアが提供するメールサービス
  • @docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softBank.ne.jpなど
  • 契約者向けのサービスのため、信頼性が高い

フリーメール

  • 誰でも無料で利用できるメールサービス
  • Yahoo!メール、Gmailなど
  • 1人で複数のメールアドレスが取得可能

【評判】LINEモバイルを利用するデメリット3|SIMロック解除が必要な場合がある

SIMロック_解除

LINEモバイルはSIMロック解除が必要になる可能性もあります。

SIMロックとは

SIMロックはau・ドコモ・ソフトバンクといった大手キャリアの端末で、他の回線を利用できないようにする設定です。

例えばドコモで購入した端末をドコモ回線で利用する場合はSIMロック解除の必要ありませんが、ドコモで購入した端末をソフトバンク回線やau回線で利用する場合はSIMロック解除が必要になります。

SIMロックがかかっているので、キャリアで購入した端末は同じ会社の回線しか選べません。

ですからキャリアを解約する際はSIMロック解除を済ませておくのをおすすめします。

SIMロック解除を済ませておけば、どの回線でも自由に選べるようになります。

しかしLINEモバイルはドコモ・ソフトバンク・auの3回線に対応しているので比較的乗り換えやすいといえます。

手持ちの端末が必ずしもLINEモバイルで使えるとは限らないので、公式サイトの「動作確認済み端末一覧」から、LINEモバイル側で動作確認が取れているか確認してください。

lineモバイル_月額基本利用料3ヶ月500円キャンペーン

LINEモバイルの料金プランとオプションをわかりやすく解説

LINEモバイル_料金プラン

LINEモバイルのメリットとデメリットがわかりましたね。

続いてLINEモバイルの料金プランオプションを詳しく見ていきましょう。

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイル_料金プラン

データSIMと音声通話SIMの基本料金をまとめました。

LINEモバイルの料金プランは非常にシンプルでわかりやすく、「SIMタイプ」「データ容量」 「データフリーオプション」の3つを選ぶだけです。

LINEモバイルの料金プランの選び方
  1. SIMタイプ(SMS付きデータSIM or 音声通話SIM)
  2. データ容量(500MB/3GB/6GB/12GB)
  3. データフリーオプション(LINEデータフリー/SNSデータフリー/SNS音楽データフリー)

データSIM(SMS付き)

データSIMはネット利用のみを目的としたSIMカードです。

音声通話は利用できませんが、その分料金が安く設定されています。

LINEモバイルのデータSIMはSMS機能付きなので、SMSの送受信はできます。

容量 月額料金
500MB 600円
3GB 980円
6GB 1,700円
12GB 2,700円

音声通話SIM

音声通話は090、080、070で発信する通話が可能で、キャリアと同じようなスマホの使い方ができます。

「データSIM(SMS付き)」か、「音声通話SIM」かを選んだら、必要に応じてデータフリーオプションを追加しましょう。

容量 月額料金
500MB 1,100円
3GB 1,480円
6GB 2,200円
12GB 3,200円

LINEモバイルで利用できるオプション

LINEモバイル_その他の料金

続いてLINEモバイルで利用できるオプションをご紹介します。

データフリーオプション

データフリーオプションは3種類あります。

+月額280円もしくは+月額480円で、SNSが使い放題になるならお得ですよね。

用途に応じてスマホを使い分けるなら、2台もちするのもアリです。

*スマホの方は表を横にスクロールできます。

データフリーオプション 月額料金 対象サービス
LINEデータフリー 0円 LINE
SNSデータフリー 280円 LINE、Twitter、Facebook
SNS音楽データフリー 480円 LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC、Spotify、AWA

LINEモバイルで利用できる全オプション

オプションはデータフリーオプションの他にも6つあります。

利用できるオプション
  • データフリーオプション
  • 10分電話かけ放題オプション
  • 端末保証オプション
  • Wi-Fiオプション
  • ウイルスバスターオプション
  • LINE MUSICオプション
  • フィルタリングオプション

使用目的に応じてオプションを追加しましょう。

それぞれの料金と内容を以下にまとめたので参考にしてください。

*スマホの方は表を横にスクロールできます。

利用できるオプション 月額料金 内容
10分電話かけ放題オプション 月額880円 10分以内の国内通話が何度でも無料になる
端末保証オプション LINEモバイルで端末を購入した方:450円
持ち込みの方:500円
最低限の負担で端末の交換または修理が可能
Wi-Fiオプション 200円 カフェや駅など全国49,000ヶ所のスポットで利用できる公衆無線Wi-Fiサービス
ウイルスバスターオプション 420円 コンピューターウイルスや不正サイトなどの脅威を防ぐセキュリティサービス
LINE MUSICオプション 750円 定額制音楽聴き放題サービス「LINE MUSIC」をお得に利用することが可能

LINEモバイルを利用する時にかかるその他費用

LINEモバイル

LINEモバイルを利用し始める場合、月額料金やオプション料金以外にも費用がかかります。

初期費用やその他かかる費用がこちらです。

*スマホの方は表を横にスクロールできます。

LINEモバイルの費用 金額
初期費用 ウェブ登録事務手数料:3,000円
SIMカード発行手数料:400円
通話・SMS料金 国内通話料:20円/30秒
国内SMS送信料:3~30円/通
解約事務手数料 1,000円
MNP転出手数料 3,000円

lineモバイル_月額基本利用料3ヶ月500円キャンペーン

LINEモバイルユーザー50人のリアルな評判を徹底調査|料金・通信速度はどう?

LINEモバイル_口コミ

さっそく、実際にLINEモバイルを利用している人の口コミを見ていきましょう。

リアルな意見は参考になるものですよね。

良い口コミだけでなく、ネガティブな意見もピックアップしているので、ぜひ参考にしてみてください。

LINEモバイルの良い口コミ評判

LINEモバイルの口コミを調査したところ、良い口コミが目立ちました。

特に「安さ」に満足している人が多く、LINEモバイルはお得感があるようです。

速いし安いし、ということで文句なしですね!

LINEモバイルの最大の魅力は、「データフリー」があることです。

データフリーでLINEモバイルはSNSが実質使い放題になるため、SNSをメインにスマホを利用している人に特におすすめの格安SIMといえます。

LINEモバイルはLINEの子会社ということもあり、「LINE」との相性が良い格安SIMとなっています。

「安くて速い」だけでなく、LINEポイントが使えたり、LINE Payカードで支払いが可能です。

LINEのサービスを利用すると貯まるLINEポイントは、貯まったポイントを毎月のお支払いに充てることもできますよ。

LINEモバイルの悪い口コミ評判

「昼間の混雑時に繋がりにくい…」というのはLINEモバイルに限った話ではなく、格安SIMではよくあることです。

格安SIMではよくある話
  • 車の渋滞のようなもので、ネットを利用する人が集中すると、どうしてもネットに繋がりにくくなってしまうのですね。
  • そのため、「昼間は特にスマホを使う」という人にとっては、この点が少しネックになるかもしれません。
  • 単純にギガを使い切ってしまったがために低速モードになっている可能性もあります。
  • LINEモバイルはデータ容量を使い切って低速モードになっても、データ容量を追加購入して高速データに戻すことができますよ。

追加のデータ容量は、マイページから購入することができます。

毎月1日の0時~5時はメンテナンスのためデータ容量の追加購入ができないことを頭に入れておきましょう。

データ通信量を追加購入する時は、以下の制限があります。

*スマホの方は表を横にスクロールできます。

料金プラン 追加購入できるデータ通信量
ベーシックプラン 0.5GB(500円)、1GB(1,000円)を、1ヶ月のうち合計10回まで購入可能
LINEフリー ドコモ回線 0.5GB(500円)、1GB(1,000円)、3GB(3,000円)を、1ヶ月のうち合計3回まで購入可能
コミュニケーションフリー ソフトバンク回線 0.5GB(500円)、1GB(1,000円)を、1ヶ月のうち合計10回まで購入可能
MUSIC+ au回線 0.5GB(500円)、1GB(1,000円)を、1ヶ月のうち合計10回まで購入可能

購入したデータ通信量は、翌月末日までに消費しなかった場合消滅します。

翌月末日以降は繰越されないので、注意しましょう。

また追加購入後のキャンセル・返金はできません。

LINEモバイルでau回線を利用したら使えなかったという口コミが評判がありました。

LINEモバイルはドコモ・ソフトバンク・auの3回線に対応しているマルチキャリアですが、この中でも比較的通信速度が安定しているのが「ドコモ回線」です。

昼間はやはり通信速度が落ちるものの、ドコモ回線は特に朝と夜の通信速度が安全しているので、少しでも通信速度の速い回線を選びたいならドコモ回線を検討してみてはいかがでしょうか?

LINEモバイルはどの回線を選んでも料金は同じなので、なるべく通信速度に定評がある回線を選びたいですよね。

ちなみに、ドコモ回線の次にソフトバンク回線も通信速度に関する良い口コミが寄せられていました。

MEMO
ドコモ・ソフトバンク・auの回線を借りてサービスを提供しているため、通信エリアはそれぞれ異なります。

大前提として、住んでるエリアで問題なく通信できる回線を選ぶようにしましょう。

公式ホームページにて詳しい通信エリアを確認できますよ。

LINEモバイルに申し込むならお得なキャンペーン実施中の今がチャンス!

LINEモバイル_キャンペーン
LINEモバイルでは現在、お得なキャンペーンを実施しています。

どんな内容なのか確認していきましょう。

月額基本利用料3ヶ月500円キャンペーン

lineモバイル_月額基本利用料3ヶ月500円キャンペーン

LINEモバイルでは今だけ、スマホ基本料ワンコインキャンペーンを実施しています。

3ヶ月間月額料金500円で利用できるお得なチャンスです。

キャンペーン期間中に、LINEモバイルのベーシックプラン(音声通話SIM・3GB以上)を新規契約した方が対象です。

すでにLINEモバイルに利用している方でも、プラン変更を行うとキャンペーンが適用されます。

気になっている方はキャンペーンが終わらないうちにLINEモバイルに申し込むと、通信費を節約できます。

3000ポイントゲット!LINEモバイル招待キャンペーン

LINEモバイル_キャンペーン_ポイント

こちらのキャンペーンは、現在LINEモバイルを利用している方が、友達や家族にLINEモバイルを招待すると、1人につきLINEポイントが3,000ポイント分もらえるキャンペーンです。

STEP.1
招待のためのURLを発行
LINEモバイル_キャンペーン_ステップ1

まずは、LINEモバイルのマイページから招待URLを発行します。

発行するだけで、LINEポイントが1ポイント付与されます。

STEP.2
発行したURLをLINEなどで共有

LNEモバイル_キャンペーン_ステップ2

発行した招待URLを友達や家族に共有します。

LINEモバイルの招待URLは、LINE・メール・Twitterで共有することができます。

ちなみに、URLをTwitterでシェアすると1日1回LINEポイントが1ポイントもらうことができるので、共有はTwitterがおすすめです。

STEP.3
家族や友達が実際に契約

LINEモバイル_キャンペーン_ステップ3

招待URLから友達や家族がLINEモバイルに申し込みをすれば、契約した人数×3,000LINEポイントがもらえます。

また、招待された側にも、WEB事務手数料が音声通話SIMなら0円、データSIMでも500円になる特典がつくので、おすすめです。

さらに、他社からの乗り換えの場合、招待された方にLINEポイント1,000ポイントをプレゼントしているので、乗り換えの方はさらにお得です。

ちなみに、このキャンペーンは、LINEモバイルユーザーからの招待URLから、LINEモバイルウェブサイトでお申し込みをした方のみ対象ですので、注意してくださいね!

LINEモバイルシークレット特典キャンペーン

LINEモバイル_キャンペーン_シークレット

こちらは、LINEモバイル公式サイトにときどき表示される、シークレットキャンペーンです。

申し込みの際にキャンペーンコードを入力すると、LINE Pay残高もしくは、LINEポイントが5,000円相当もらえるキャンペーンです。

シークレットキャンペーン適用条件
  • SIMタイプは音声通話SIMであること
  • データ容量は、3GB/6GB/12GBのいずれかであること
  • キャンペーンコードを入力すること
LINEモバイルのお得なキャンペーンまとめ
  • ベーシックプランの新規契約で、3ヶ月間最安500円から利用可能!
  • LINEモバイルWEBサイト限定!招待URLからの申し込みで事務手数料が最大0円!
  • シークレットキャンペーンでLINE Pay残高かLINEポイントが5,000円相当もらえる!

\月額料金3ヶ月最安500円は今だけ!/
lineモバイル_月額基本利用料3ヶ月500円キャンペーン

LINEモバイルに関するよくある質問3選

lineモバイル_質問

最後に、「LINEモバイルに関するよくある質問」をご紹介します。

この3つについて見ていきましょう。

LINEモバイルの契約途中にプランは変更できる?

LINEモバイル_契約変更

スバリ、契約途中でもプランを変更できます。

プラン変更はマイページにログインし、「プラン⋅オプション」から変更可能。

手続きは無料で、適用は翌月1日からとなります。

ただし、SIMタイプの変更はできません。

SIMタイプの変更の有無
  • 「音声通話SIM」⇔「データSIM(SMS付き)」→NG
  • 音声通話SIMで「ベーシックプラン/3GB」⇔「ベーシックプラン/6GB」→OK
注意

「データSIM」から「音声通話SIM」に変更するなど、SIMカードの種類が異なる場合は解約新規契約の手順を新たに踏む必要があります。

新たにSIMカード発行手数料なども発生するので注意しましょう。

LINEモバイルの店舗はある?

LINEモバイル_店舗

LINEモバイルは、ビックカメラやヨドバシカメラなどの量販店でも申し込みができます。

LINEモバイルの取り扱い店
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • エディオン
  • ジョーシン
  • ソフマップ
  • カメラのキタムラ
  • コジマ
  • ヤマダ電機
  • ゲオ
  • WonderGOO
  • select SIM
  • テルル

すべてではありませんが、このようなお店でLINEモバイルの取り扱いはあります。

しかし、web申し込みだとキャンペーンが適用されたりしてお得ですし、何より手軽なので申し込むなら「web」がおすすめです。

LINEモバイルでセット購入できる端末は?

LINEモバイル_端末

LINEモバイルでは、Android端末を中心に取り扱っています。

現在購入できる端末一覧はこちらを参考にしてみてください。

【LINEモバイルでセット購入できる端末一覧(2020年11月現在)】

*スマホの方は表を横にスクロールできます。

セット購入できる端末 一括 分割(24回)
iPhoneSE(第2世代) 64GB 46,800円
128GB 51,800円
64GB 1,950円/月
128GB 2,158円~/月
iPhone7 32GB 29,800円
128GB 35,800円
32GB 1,500円/月
OPPO Reno3 A 36,800円 1,620円/月
HUAWEI nova lite 3+ 24,800円 1,100円/月
Redmi Note 9S 22,800円 1,030円/月
moto g8 plus 35,500円 1,560円/月
moto g8 23,800円 1,050円/月
arrows M05 35,800円 1,590円/月
HUAWEI nova 5T 54,500円
AQUOS sense3 SH-M12 35,800円 1,590円/月
OPPO A5 2020 26,800円 1,190円/月
OPPO Reno A 29,800円 1,320円/月
HUAWEI P30 77,880円
HUAWEI P30 lite 29,800円 1,350円/月
Reno 10x Zoom 88,800円
HUAWEI nova lite 3 22,880円 1,030円/月

\月額基本料金3ヶ月500円は今だけ!!/
lineモバイル_月額基本利用料3ヶ月500円キャンペーン

LINEモバイルの評判 まとめ

LINEモバイル_まとめ

LINEモバイルは「データフリー」があるお得な格安SIMだということがわかりました。

SNSが使い放題で使えるのは、LINEモバイルならではの、他にないサービスです。

LINEやSNS利用がメインだという方は、「LINEモバイル」を選ぶのが賢い選択でしょう。

全体的に良い口コミが寄せられているので、安心して乗り換えられそうですね。

「SNSをたくさん利用する」「LINE専用のスマホがほしい」「お得にスマホを使いたい」という方は、ぜひ「LINEモバイル」まで!

「LINEモバイルの口コミ評判」のおさらい
  • 朝と夜は通信速度が安定している
  • LINEモバイルにはSNS使い放題の「データフリー」があるからお得!
  • LINEの子会社だからLINEポイントやLINE Payが使えて便利
  • LINEモバイルは時間帯によってネットが繋がりにくいとの評判も
  • 他の格安SIMにはないLINEのID検索や年齢認証が利用できる!
  • ドコモ回線とソフトバンク回線は速度が安定していると好評

\LINEモバイルの月額料金3ヶ月間最安500円キャンペーンは今だけ!!/
lineモバイル_月額基本利用料3ヶ月500円キャンペーン

LINEモバイル以外の格安SIMも知りたい方はこちら!

格安SIMのおすすめ記事
おすすめの格安SIMがランキング形式で分かる! 格安SIM_おすすめ_アイキャッチ【2020年最新版】格安SIMおすすめ比較ランキングTOP10|速度・料金・大容量・キャリアごとに徹底比較 格安SIM24社を徹底比較して分かったあなたにおすすめの格安SIM会社が分かる! 格安SIM_比較_アイキャッチ【2020年最新】格安SIM24社の速度を徹底比較!ストレスなく使える格安SIMは?料金やキャンペーン別も 格安SIMのキャンペーンで一番お得なのは?10社を比較した結果がこちら 格安SIM_キャンペーン【2020年12月版】格安SIMのキャンペーン10社を比較|一番お得に利用できる最新情報まとめ