スマホの乗り換え(MNP)の手順は?格安スマホへの乗り換え方や乗り換えの際の注意をわかりやすく解説!

そろそろ格安スマホに切り替えようかな?
携帯の利用金額を今より安くしたい!

など、色々お考えではありませんか?

生活に必要な固定費ってなるべく抑えたいものですよね。

この機会にぜひ、お得に格安スマホに乗り換えちゃいましょう!

この記事では、スマホの乗り換え(MNP)の手順や格安スマホやガラケーからの乗り換え方法をわかりやすく解説していきます。

スマホ機種変更をざっくりいうと
  • スマホ機種変更をざっくりいうと
  • 格安スマホに乗り換え!事前に必要な準備とは?
  • スマホの買い替えの有無による乗り換え方法
  • 乗り換えに必要な知識を簡単に紹介!格安SIMやMVNOって?
  • ガラケーからスマホに乗り換え!
  • スマホの乗り換え手順まとめ

スマホの乗り換えは、事前準備が肝心です。

大まかに流れを頭に入れておくだけでスムーズに手続きを進められるでしょう。

格安スマホに乗り換える前に確認して、ぜひ役立ててみてくださいね!

ブックマークおすすめ!2020年・新型iPhone最新情報

*2020年新型iPhone12シリーズのリーク情報まとめ

iPhone12_機種変更_アイキャッチiPhone12機種変更で8万円以上得する!最速かんたん購入方法と買い替えキャンペーン・価格などを徹底解説

ワイモバイル_ロゴ

格安スマホに乗り換え|事前に必要な準備

乗り換えに必要な事前準備

いざ格安スマホに乗り換えようと思っても、何から手を付けたら良いのかわからないと困りますよね。

乗り換え前に欠かせないのが事前準備です。

準備と言っても、知っておいたら中身は何も難しいことはなく、簡単な内容ばかりですよ。

乗り換え前に確認しておべき4つのこと
  • 現在のスマホの契約更新月を確認する
  • 身分が証明できるものと支払い方法を決めておく
  • MNPの予約番号を取得しておく
  • 解約時にメールアドレスは失効するので、必要ならフリーメールを用意する

どれも大切な内容なので事前に確認し、備えておくようにしてくださいね。

それでは、詳しく中身を見ていきましょう。

身分が証明できるものと支払い方法を決めておく

解約のタイミングを決めたら、次はいよいよ格安スマホの新規契約に向けて準備を始めます。

格安スマホの契約には、本人確認ができる書類とクレジットカードが必要です。

本人確認に使えるものを以下にまとめました。

本人確認に使用できる主な書類
  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 住民基本台帳カード
  • 身体障がい者手帳
  • 特別永住者証明書
  • 被保険者証(国民健康保険/健康保険)
  • 日本国パスポート
  • 在留カードまたは外国人登録証明書

支払い方法については口座振替を利用できることもありますが、様々な条件を満たしている必要があります。

格安スマホの乗り換えには、クレジットカードが必要なものだと捉えておいてください。

またMVNOによっては、認印が必要なところもあります。

これらの事前準備を行って新規契約に備えるようにしましょう。

チェックポイント
  • 免許証などの本人確認書類を準備しておくこと
  • 支払いに必要なクレジットカードを用意しておくこと
  • MVNOによっては認印が必要な場合もある
MVNOとは
MVNOは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略。何やら難しそうですが、携帯電話などの無線通信インフラ(ケータイやスマホに電波を送るための基盤のこと)を他社から借り受けてサービスを提供する事業者のことなんです。2001年秋に日本で初めてのMVNOが登場して以来、今ではたくさんの事業者がMVNOとして、いろんなサービスを提供しているんです。

出典:OCNモバイルONE

MNPの予約番号を取得しておく

これまで使っていた電話番号をそのまま引き継ぎたいと考える人は多いはずです。

その場合、MNP(今使っている電話番号のまま、他の携帯電話会社に乗り換えられるサービス)を利用する必要があります。

現在利用しているキャリアの会社から「MNP予約番号」を取っておくようにしましょう。

MNPの予約番号を取るだけではまだ解約とはなりません。

MNP予約番号の有効期間は発効後15日間となっているので、忘れないようにメモを取るなどしておくようにしましょう。

多くのMVNOは契約時に、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っていないと契約不可という決まりがあるので要チェックです。

また、期限は過ぎても再発行ができるので、予定していたよりも乗り換えに必要な期間が伸びてしまった場合も心配はいりません。

ただし、MNPの利用には転出手数料がかかることを頭に入れておいてください。

キャリアごとのMNP利用の流れは以下のようになっています。

auの場合
電話で問い合わせるか、EZwebのwuお客さまサポートから申し込む。
転出手数料:3000円au

auを詳しく見る!

au公式サイトはこちら

ソフトバンクの場合
電話で問い合わせるか、Yahoo!ケータイの My SoftBankから申し込む。
転出手数料:3000円softbank

softbankを詳しく見る!

softbank公式サイトはこちら

ドコモの場合
電話で問い合わせるか、My docomoから申し込む。
転出手数料:2000円docomo

ドコモを詳しく見る!

ドコモ公式サイトはこちら

mineoの場合
mineoの公式サイトにアクセスして申し込む。→メールで内容が送られてくる。
転出手数料:3,300円

mineo

mineoを詳しく見る!

mineo公式サイトはこちら

MNPの利用に必要な手数料は、新しくMVNOへ乗り換える時にも、新規事務手数料として3000円が発生します。

思っていたより費用が掛かってしまったという事態にならないためにも、事前に必要な経費を確認しておくようにしましょう。

チェックポイント
  • 利用中のキャリアから「MNP予約番号」を取っておくようにする
  • 「MNP予約番号」の有効期間は発効後15日間。再発行ができる
  • MNPの利用にはトータルして、5000円~6000円かかる

いよいよ次は、スマホの乗り換え方法をご紹介します!

スマホの買い替えの有無による乗り換え方法

スマホ_乗り換え_方法

事前準備が整ったら、スマホを乗り換えるための流れを見ていきましょう。

格安スマホに乗り換える方法は、以下の2つに分けられます。

それぞれの手順は、最初のスマホ購入以外ほぼ同じです。

どのような方法か、以下にまとめました。

スマホに乗り換える方法
  1. 今使っているスマホ本体とSIMカード両方をMVNOから購入する
  2. 今使っているスマホ本体は引き継続き使って、SIMカードのみ購入する

いくつかの注意点に気を付けて、スムーズに乗り換えられるように備えていきましょう。

MVNOからスマホ本体とSIMカードを購入するとき

一番ラクで確実にスマホを乗り換えられるのが、この方法です。

MVNOからスマホを購入するので、対応している機種をいちいち調べる必要がないからなのですね。

また、大まかな初期設定も済まされていることがほとんどなので安心して使い始められます。

ただし、これまで使っていたスマホのデータなどのバックアップは忘れないようにしてください。

では、乗り換えの手順を、6つのステップを使ってご紹介していきましょう。

スマホを乗り換える6つのステップ
  1. 購入するスマホの機種を決める
  2. 申し込みをする
  3. スマホとSIMカードが家に届く
  4. MNPを切り替える手続きをする
  5. SIMカードを挿入する
  6. APN設定を行う

*クリックすると6ステップを読むことができます。

STEP.1
購入するスマホの機種を決める

新しいスマホは、格安SIMの契約時にセットで購入することになります。

スマホ選びのポイントとして、代表的なものを以下にまとめました。

スマホ選びのポイント5つ
  • 好みのデザインやカラーで選ぶ
  • 容量(ROM)とメインメモリ(RAM)、CPUの大きいものを選ぶ
  • カメラの性能で選ぶ
  • おサイフケータイが搭載されているかどうかで選ぶ
  • 防水機能が付属しているかで選ぶ

大体のものは普段スマホを選ぶ際に考えるポイントだと思います。

なかでもアプリや動画などをよく使う人は、特に、容量(ROM)とメインメモリ(RAM)、CPUの大きさを確認するのがおすすめです。

容量(ROM)
容量(ROM)はデータを保存する大きさで、写真や動画を保存する際に大きい方が安心できます。
メインメモリ(RAM)
メインメモリ(RAM)はスマホが処理できる量を表していて、ゲームなどを快適に遊びたい人には大きいものが必要です。
CPU
スマホの核となるCPUも、大きい方が円滑に作業を行うことができます。

購入金額と照らし合わせながら、できるだけ性能が良い、自分の使用状況に適しているスマホを選んでいきましょう。

STEP.2
申し込みをする

申し込みの際に、事前に準備しておいた本人確認書類やクレジットカードが必要なので用意しておくようにしましょう。

MVNOによっては店舗で契約できるところもありますが、基本的に公式サイトで手続きを行います。

各MVNOの契約手続きの流れに沿って、回線タイプや料金プラン、オプションサービス、SIMのサイズなどを選びましょう。

STEP.3
スマホとSIMカードが家に届く

申し込みが完了したら、最大10日程で自宅にスマホとSIMカードが届きます

新品のスマホにワクワクしてきますよね。ここまで来たら作業はもう少しです!

STEP.4
MNPを切り替える手続きをする

契約したMVNOのMNP切り替え手続きを行います。

再び公式サイトにアクセスして、手続きを完了させましょう。

この時一つ注意が必要です。

携帯を使えない時間が発生することを覚えておきましょう。

回線の切り替えまでに時間がかかり、場合によっては数時間かかることもあります。

チェックポイント
  • MNP切り替え時には、携帯電話回線が使えない時間が発生する
 
STEP.5
SIMカードを挿入する

家に届いたSIMカードを新しいスマホに挿入します。

基本的に、iPhoneなどは小さな穴に専用のピンを差し込み、出てきたトレイにSIMカードを入れて挿入する流れになります。

具体的な挿入手順は付属の説明書をよく読んで行うようにしましょう。

例)SIMカードの取り出し方イメージ ↓

SIMカードの取り出し方

STEP.6
APN設定を行う

スマホの電源を入れて、それぞれのMVNOの設定方法に沿って通信設定(APN設定)を行います。

SIMと同時契約を行った場合は、この設定が済んでいることが多いので特に作業はいりませんね。

これで、スマホの乗り換えは終了です。

スマホはそのままでSIMカードだけ購入するとき

次は、SIMカードのみMVNOで購入する時の手順についてです。

長年使っているスマホに愛着がある人や、使い勝手が良くて今のスマホを使い続けたいという人も少なくありません。

その場合は、最初の流れで注意する点が異なってきます。

スマホを乗り換える7つのステップ
  1. MVNOに対応したスマホか確認する
  2. SIMロックを解除する(必要な時のみ)
  3. 申し込みをする
  4. スマホとSIMカードが家に届く
  5. MNPを切り替える手続きをする
  6. SIMカードを挿入する
  7. APN設定を行う

*クリックすると6ステップを読むことができます。

STEP.1
MVNOに対応したスマホか確認する

今使っているスマホをそのまま使用したい場合、MVNOで動作確認済みの機種かどうかを確認することが大切です。

動作確認済みではない機種でも使用できる場合もありますが、リスクが高いのでやめておいた方が無難です。

STEP.2
SIMロックを解除する(必要な時のみ)

これまで利用していた大手キャリアと回線が異なる場合も多く、基本的にSIMロックの解除は必要な流れになります。

MVNOがこれまでの回線に対応していない場合、今まで使っていたキャリアの手続き方法に従い、SIMロックを解除しておきましょう。

STEP.3
申し込みをする

契約時は、事前に準備しておいた本人確認書類やクレジットカードを使用します。

MVNOによっては店舗で契約できるところもありますが、基本的に公式サイトで契約を行います。

ここで、申し込みの際に注意点があり、それは以下の2つです。
この部分はきちんと確認してから申し込むようにしてくださいね。

申し込みする際の注意点
  • 自分のスマホで使える回線タイプを選ぶこと
  • 自分のスマホで使えるSIMカードを選ぶこと
STEP.4
4つ目以降の手順

4つ目以降の手順は、MVNOからスマホ本体とSIMカードを購入するときと同じです。

手順4「スマホとSIMカードが家に届く」
最大10日程で自宅にスマホとSIMカードが届きます。
手順5「MNPを切り替える手続きをする」
公式サイトにアクセスしてMVNOのMNP切り替え手続きをします。
回線の切り替えまでに時間がかかり、場合によっては数時間かかることもあるので、携帯を使えない時間が発生します。
手順6「SIMカードを挿入する」
家に届いた付属の説明書をよく読んで、SIMカードを新しいスマホに挿入します。
手順7「APN設定を行う」
それぞれのMVNOの設定方法に沿って通信設定(APN設定)を行います。

ガラケーからスマホに乗り換えるには?かんたん8ステップと注意点

ガラケーからスマホに乗り換え

ガラケーは、スマホに比べると利用料金が安いイメージがあって、使い続けてる人もいるのではないでしょうか?

これまで、料金が安いからなどの理由でガラケーを使い続けていた人も、格安スマホなら魅力を感じ、乗り換える機会があるかもしれませんね。

なので、ガラケーから格安スマホに乗り換える手順についてもお話ししていきます。

この場合にも、3つほど注意点があります。

注意点
  • これまでのメールアドレスが使えなくなる
  • ワンセグなどガラケー特有の機能が使えなくなる
  • バッテリーの持ちが落ちる可能性が高い

メールアドレスが使えなくなるのは、スマホから乗り換える際も同じなのですが、ガラケー特有の便利なものが使えなくなる欠点もあります。

上記を納得した上で、格安スマホに乗り換えるようにしましょう。

乗り換えの大まかな流れはスマホから乗り換える場合と同じです。

乗り換えの手順は?

ガラケーの乗り換え手順は、「MVNOからスマホ本体とSIMカードを購入するとき」と、ほぼ同じです。

スマホに乗り換える8つのステップ
  1. 乗り換え先の携帯会社を決める
  2. MNP予約番号を取得する
  3. 必要な書類を準備する
  4. 申し込みをする
  5. スマホとSIMカードが家に届く
  6. MNPを切り替える手続きをする
  7. SIMカードを挿入する
  8. APN設定を行う

具体的な流れは、スマホから乗り換える際の流れを参考にしてみてくださいね。

データの移行の手順は?

主にデータ移行の対象がiPhoneかAndroidかで手順が異なります

以下にリストアップしたので、大まかな流れを確認してみてください。

iPhoneの電話帳データ移行
  1. データを保存するSDカードと、パソコンを用意する
  2. スマホのアドレス帳のデータをSDカードに保存する
  3. カードリーダー等を使ってパソコンにSDカードを繋ぐ
  4. パソコンの「エクスプローラー」から「.vcf」というファイルを探し、ファイルをメールでiPhoneに送る
  5. iPhoneでファイルを開くと「○○件すべての連絡先を追加」と表示されるので、OKを押下し完了
Androidの赤外線通信を使った電話帳データ移行
  1. ガラケーのアドレス帳にある、赤外線送信の「全件送信」を使用する
  2. ガラケーにロックナンバーを入力する
  3. Android赤外線アプリにもロックナンバーを入力し、送信開始する
  4. Androidの「連絡先アプリ」から開いたら移行完了
AndroidのSDカードを使った電話帳データ移行
  1. ガラケーの電話帳からSDカードにデータをエクスポートして保存する
  2. 保存したSDカードを、Androidに挿入する
  3. Androidの「電話帳」から「メニュー」を選択し、SDカードから「コピー」または「インポート」を押下し、移行完了
iPhoneの写真データ移行
  1. ガラケーから画像をバックアップしたパソコンを用意する
  2. iPhoneをUSBケーブルでパソコンに繋ぎ、「iTunes」を開く
  3. 画面左の「写真」という部分にある「写真を同期」にチェックを入れる
  4. 画像を全て移行する場合「写真のコピー元:」にある「ピクチャ」をクリック。画像を選別して移行したい場合はフォルダを選択するをクリック。
  5. 同期を押下して、移行完了
Androidの写真データ移行
  1. ガラケーにある画像をSDカードに保存する
  2. 保存したSDカードを、Androidに挿入する
  3. カード内の画像を「DCIM」に移し替えれば移行完了

スマホ乗り換えの際の注意点

スマホ_乗り換え_注意

ここまでスマホの乗り換え方法を簡単にご説明しましたが、スマホの乗り換えにはいくつかの注意点があります。

後悔を後に残さないようにしっかりと確認しておきましょう!

今のスマホの契約更新月を確認する

まず事前に確認する内容でとても重要なのが、スマホの契約更新月を確認することです。

多くの人が耳にしたことがあると思いますが、2年間の契約縛りが大手携帯会社にはあります。

この契約期間を満了して、新たに契約が自動更新されるまでの更新期間が、スマホ解約のタイミングなのです。

2019年以降から、au、ソフトバンク、ドコモの三社は更新期間を拡大し、契約期間満了月も含む3ヶ月間に伸びています。

この期間を利用して、解約金を取られずにできるだけ費用を抑えて乗り換えるようにしましょう!

キャリアごとの契約更新期間の確認方法は、以下の通りです。

auの場合
My au TOP(WEB)に、契約中のau IDでログインして確認する。
ソフトバンクの場合
LINEまたはMy SoftBankからアクセスして確認する。
Docomoの場合
「My docomo」にアクセスするか、電話で確認する。

最新のプランを利用している人は、あまり解約金が取られない可能性もあります。

しかし、それ以外の方は基本的に9500円の解約金が発生してしまいます。

高い解約金を払って乗り換えをしてしまっては、後で後悔することになりかねません。

解約のタイミングをしっかり見計らって、お得に乗り換えられるようにしてくださいね。

チェックポイント
  • 契約更新期間をしっかり確認してから解約のタイミングを決めるようにする

解約時にメールアドレスは失効するので必要ならフリーメールを用意する

今まで大手キャリア会社のメールアドレスを使用していた人は、残念ながらそれが使えなくなります。

これまでに使っていたメールアドレスでサイト登録などを行っていた場合、前もって確認しておくことが重要です。

後々面倒にならないように、必要に応じて確認しておきましょう。

格安スマホを使う場合は基本的にフリーメールを使用することを覚えておきましょう。

使用するフリーメールは、主にGmailやiPhoneでのiCloudメールになります。

セキュリティ面を心配してどうしてもフリーメールを使いたくない人もいますよね。

数あるMVNOの中にも独自にメールアドレスを提供しているところもあります。

フリーメールを使うのが不安な方は、MVNOを選ぶ際の基準にしてみるといいかもしれませんね。

チェックポイント
  • 解約と同時にメールアドレスは失ってしまう
  • 必要ならフリーメールを使うようにする
  • MVNOの中には独自にメールアドレスを提供しているところもある

スマホの乗り換え手順まとめ

スマホの乗り換え手順まとめ

これまでの記事でわかったことをおさらいしましょう!

記事まとめ
  • スマホの乗り換えには事前準備が肝心!
  • MVNOからスマホ本体とSIMカードを購入する方法が、ラクに乗り換えできる
  • スマホを引き続き使用したい場合は対応の機種か確認する必要がある
  • ガラケーからの格安スマホ乗り換えも事前準備が大事!

今回の内容を参考にしてみて、ぜひお得なスマホ生活を楽しんでみてくださいね。

スマホ_選び方 スマホの選び方完全マニュアル|iPhone・Android他おすすめ機種15選【2020年最新版】