povo(ポヴォ)とは?au新料金プランのデメリット・メリットや開始時期まで徹底解説

povoって何?
povoってどのくらいお得なの?開始時期は?

auが新プランpovoを発表し、2021年3月より開始することを発表しました。

povoとは2,480円(税抜き)で月20GBまで利用できる中容量新プランです。

ドコモのahamo、ソフトバンクのLINEMO(ラインモ)に続きauも20GBプランに参入です。

結論を言うと、povoはauを利用しているユーザー全てにオススメしたい超お得プランです。

povoのプラン体系やデメリット・メリット、開始時期や申し込み方法まで徹底解説します。

さらにahamoやLINEMO(ラインモ)とも比較します!

povoをざっくり言うと
  • 月額2,480円で月20GBまで利用できるプラン
  • 開始時期は2021年3月
  • 通話オプションを付けたい場合は別途料金がかかる
  • 申し込みはオンラインのみ
  • ドコモの20GBプランより500円安い!?
  • 格安SIMよりもお得な月額料金
  • auユーザーならpovoにしない理由はない!?

povoとは?

povo

povoとは2021年3月より開始するauの新料金プランです。

携帯料金が高すぎる!安くしろ!という総務省の流れからドコモがahamoという新プランを発表しました。

それに続いてソフトバンクがLINEMO(ラインモ)を発表し、満を辞してauがpovoを発表するというのが経緯です。

どのキャリアの新プランも月20GB使えるという中容量プランで月額料金は2,000円台と破格の料金設定です。

ahamoが月額2,700円であるのに対して、povoとLINEMOは2,480円と最安です。(これには少し理由があります)

ちょっとまとめてみましょう。

各キャリアの新プラン月額料金(税抜き)
  • ahamo(ドコモ):2,700円
  • LINEMO(ソフトバンク):2,480円
  • povo(au):2,480円

上記の通り、povoはahamoに比べて220円安くなっています。

ahamoが5分以内通話かけ放題が含まれているのに対して、povoとLINEMOは含まれておらずオプションとして500円追加すれば利用できます。

通話をしない!(LINE通話を使う)という人ならauが最も安くなります。

逆に通話5分は欲しいという場合はahamoが月額料金は2,700円で最安です。

通話をするかしないかを選べる点でpovoが最も自由度の高いプランであると言えるでしょう。(お偉い方が複雑と揶揄していましたが特に複雑ではありません)

他キャリアとpovoの細かい比較は後半で詳しく解説します。

povoの開始時期は?

povoが月額2,480円で20GB使える超お得プランであることはざっくりと理解できたでしょう。

気になるのがその開始時期。

povoの開始時期は2021年3月であるとauは公式サイトで発表しています。

具体的に3月のいつからなのかは明言していません。

公式サイトでは後日発表するとあるので、正確な日時は追加でアナウンスされるでしょう。

ドコモのahamoは3月26日、やソフトバンクのLINEMO(ラインモ)も3月17日開始なので、auもまもなく発表でしょう。

povoの開始時期は?
  • 2021年3月開始だが日にちは決まっていない

povoの料金体系は?

povoの料金体系を超細かくみていきましょう。

といっても、とてもシンプルです。

かつてないほどシンプル!!

povoの月額料金

項目povo
月額容量20GB
月額料金2,480円
通話オプション
(5分以内無料)
500円
通話オプション
(かけ放題)
1,500円
国内通話20円/30秒
データ使い放題200円/24時間
データ追加1GB500円
超過した場合の速度最大1Mbps

上の表がpovoの月額料金です。

月額料金は通話オプションを付けない場合は2,480円です。

追加で通話オプション(5分以内かけ放題)をつけると500円追加となり、合計で2,980円になります。

月20GB使えて月額料金が2,480円は格安SIMよりも安くなります。

また20GBを超過した場合の速度も最大1MbpsとYoutubeがまともに見れる速度なのも嬉しいポイント。

ちょっと変わったところでデータ使い放題(24時間)というオプションがあり、1日200円支払うことで無制限で利用できます。

基本的にはahamoやLINEMO(ラインモ)と変わりませんが、通話をLINEなどのアプリで代用する場合は2,480円で済む計算に。

3大キャリアの中でpovoが最安になりますね。

povoの申込方法は?

povoの申込方法は具体的にはまだ発表されていません。

ただ確実なのはインターネットからしか申し込みできないという点です。

オンラインのみで店舗・電話では一切取り扱いません。

povoの料金がとても安く設定されているのは、店舗や電話オペレーターなどの経費を削減しているからでしょう。

もはやオンラインでのスマホ申し込みは主流になっているので、そこまで問題ではないでしょう。

povoの申込方法は?
  • オンライン(特設)サイトからのみ申し込み可能

povoで予想される申し込み手順

povoの申込方法は具体的には発表されていませんが、申し込み方法は通常の料金プランの変更とは異なります。

povoはauの新料金プランですが、MNPと同様の申し込みが必要になると思われます。(MNPとは他社から乗り換えること)

同じauからauに乗り換えるというイメージです。

ですから通常なら以下の手数料が発生します。

povoの申込のでかかる費用
  • 契約解除料
  • 番号移行手数料
  • 新規事務手数料 (UQ mobileでは、SIMパッケージ料金)

実際は上記の手数料がかかるのですが、auは以下のように明言しています。

当面は「契約解除料」「番号移行手数料」「新規事務手数料 (UQ mobileでは、SIMパッケージ料金)」を一度請求させていただきますが、翌月以降の移行先のご利用料金から割り引きします。

それぞれの手数料は一度請求されますが、翌日以降に割引されます。

結果、povoにプラン変更する手数料は0円です。

現在auを利用していてpovoに変更する際にはMNP予約番号を取得するなどの手続きが必要になる可能性がある点は注意が必要です。

注意
  • povoへのプラン変更はMNPと同じ手続き(今後はもっとシンプルになる可能性あり)

povoのメリット

povoのメリットを徹底解説します。

とにかくお得なpovoですから、ほとんどの方へオススメできます。

povoのメリット
  • メリット1:格安SIMよりも安い料金プラン
  • メリット2:とにかくシンプルで分かりやすいプラン体系
  • メリット3:20GBを超過した場合の速度も最大1Mbps
  • メリット4:4Gも5Gも安心して使える通信品質とエリア

メリット1:格安SIMよりも安い料金プラン

povo最大のメリットは格安SIMも顔負けの低価格さでしょう。

20GB使えて2,480円は最安級です。

格安SIMの20GB程度のプランは以下の通り。

格安SIMのプラン
  • 楽天モバイル:2,980円(無制限)
  • LINEモバイル:3,200円(12GB)
  • mineo:4,590円(20GB)
  • BIGLOBEモバイル:5,200円(20GB)

楽天モバイルは楽天エリアでは無制限ですが、パートナーエリアであるauエリアにはデーター容量に制限があります。

また1日のデータ制限もあるため、実質無制限といえます。

その他の格安SIMはpovoと比べるにはあまりにも高額です。

20GBで月額2,480円がいかに安いかが分かるでしょう。

メリット2:とにかくシンプルで分かりやすいプラン体系

povoの料金プランはとにかくシンプルです。

月額2,490円で20GB使える!

これだけです。

通話5分以内話し放題を利用したい場合は月額2,980円

これだけです。

割引やキャンペーンなんかは一切なし!

割引やキャンペーンは料金プランを複雑にする原因のひとつです。

povoはそういったスマホ料金の複雑さも解消しています。

メリット3:20GBを超過した場合の速度も最大1Mbps

povoでは20GBを超過した場合に速度制限がかかります。

速度制限がかかった後のは最大1Mbpsになりますが、最大1Mbpsあればそれなりにネットができてしまいます。

最大1Mbpsでできること
  • YouTubeなどの動画視聴(中画質程度)
  • WEBサイトの閲覧
  • Googleマップなどの地図アプリ
  • LINE・Twitter・Instagram
  • Spotifyなどの音楽アプリ

YouTubeの720p程度なら止まらずに再生することができます。

また通常のWEBサイトやGoogleマップも問題なく使用可能。

LINE・Twitter・InstagramやSpotifyなどの音楽アプリもストレスはあまり感じません。

最大1Mbpsでは厳しいこと
  • YouTubeなどの動画視聴(高画質)
  • 高品質なゲームアプリ
  • アプリのダウンロード

逆に最大1Mbpsで厳しいのはYouTubeの高画質動画再生や高品質なゲームアプリです。

これらでは遅延が発生する可能性大です。

またアプリをダウンロードする場合、最大1Mbpsではかなり厳しいです。

ですが速度制限最大1Mbpsはとても高速なので、20GB使い切っても基本的にはそこまで困らない点はメリットです。

メリット4:4Gも5Gも安心して使える通信品質とエリア

これ、実はとても重要なポイントです。

格安SIMと同等以上にお得なpovoがauの高品質な通信で利用できるのは最大のメリットです。

当然4G、5G両方とも利用できるため、格安SIMではこの点で太刀打ちできません。

5Gのエリアも3大キャリアは今後どんどんと拡大していくでしょうから、この通信品質を月額2,480円で利用できるのは一昔前なら考えられない価格設定です。

povoのデメリット

全ての面でお得なpovoですが、デメリットもあります。

以下の項目に引っ掛かる方は別のプランの方がお得になる可能性がありますので、しっかりチェックしましょう!

povoのメリット
  • デメリット1:キャリアメールが使えない
  • デメリット2:店頭・電話でのサポートがない
  • デメリット3:家族割引などのキャンペーンが適用されない
  • デメリット4:対象機種が限られる?

デメリット1:キャリアメールが使えない

povoではauのキャリアメールが利用できません。

auのキャリアメールとは以下のようなものです。

  • @au.com/@ezweb.ne.jp

キャリアメールはまだまだ利用者が多いでしょう。

ただしキャリアメールでなければ利用できないサービスはないため、これを機にフリーメールやiCloudメールに切り替えるのも手です。

またLINEでも代用できます。

auメールで会員登録しているサービスはpovoにする前に変更を

キャリアメールを手放す前に注意する点があります。

それはauメールで会員登録やアイパスを設定しているサービスはpovoにする前に変更しておきましょう。

2021年3月サービス開始前に一度整理しておくことをオススメします。

デメリット2:店頭・電話でのサポートがない

povoの最大のデメリットは店頭・電話でのサポートがないことでしょう。

povoの申込もアフターサービスもすべてオンラインでしか行えません。

実はこれ最大のデメリットでもありますが、最大のメリットでもあります。

povoがオンラインでしか問い合わせできないことから、オンラインでのサポートがさらに充実すると予想されます。(チャットサポートなど)

全てオンラインで申込というのは今後当たり前になるでしょう。

そもそも複雑な操作が必要ではないので、わざわざ店舗に出向いたり電話サポートで待たされたりがなくなるのでストレスは減るかもしれません。

デメリット3:家族割引などのキャンペーンが適用されない

povoでは現在料金プランに対するキャンペーンなどは一切発表されていません。

予想ですが、今後も割引やキャンペーンはないでしょう。

現在auでは以下のキャンペーンを行なっています。

  • 家族割
  • au Online Shop お得割
  • 学割

家族割や学割などのサービスは適用されない可能性が高いです。

そもそも月額2,480円とすでに安いため、キャンペーン自体不要でしょう。

逆に考えるとpovoは誰でも公平に月額2,480円で利用できるとも言えます。

料金プランを複雑にしているキャンペーンや割引がなくなることはむしろ大歓迎です。

ただし端末割引であるかえトクプログラムや下取りプログラムは継続して利用できると予想されます。

デメリット4:対象機種が限られる?

povoを利用できるのは一部対象機種に限られると発表しています。

対応端末については、別途ご案内予定です。

公式サイトでは上記のように説明しているのでご自分の端末が利用できるかは案内次第です。

最新のiPhoneやAndroidは当然対象になるでしょうから、そこまで心配する必要はないでしょう。

ただしSIMフリー端末がそのまま利用できるかは現在不明です。

povoのサービス開始近くになればはっきりするので案内を待ちましょう。

povoと他社を比較してみた

ここからはpovoと他社の類似プランを料金面やサービス面で比較してみましょう。

結論として、現在契約しているキャリアでの新プランへの変更が最もオススメです。

povo、ahamo、LINEMO(ラインモ)を徹底比較

項目povo
(au)
ahamo
(ドコモ)
LINEMO
(ソフトバンク)
月額容量20GB20GB20GB
+LINEノーカウント
月額料金2,480円2,700円2,480円
通話オプション
(5分以内無料)
500円含む500円
通話オプション
(かけ放題)
1,500円1,000円1,500円
国内通話20円/30秒20円/30秒20円/30秒
データ使い放題200円/24時間--
データ追加1GB500円500円500円
超過した場合の速度最大1Mbps最大1Mbps最大1Mbps
海外利用検討中×
テザリング
eSIMiPhoneに対応
キャリアメール×××
申込オンラインのみオンラインのみオンライン・LINE

3社月額料金面では横並びと言えます。

ただしpovoのみ通話オプション5分以内が不要の場合は月額2,480円と最安に。

通話をしない、またはLINEなどのアプリを利用する方には嬉しいポイントです。

国内通話料金や超過した場合の速度、テザリングなどは各社全く同じですね。

通話オプション(かけ放題)はpovoは高い?

通話オプションのかけ放題はドコモが月額1,000円に対してauのpovoは1,500円と一見高く見えます。

ですが基本料金がもともと安いですが、月額料はahamoが3,700円となり最も安くなります。

海外でそのまま利用できるのはahamoのみ?

スマホを海外で使用するには別途プランに申込や設定をする必要があります。

ドコモのahamoのみ、そのまま海外で使用することが可能です。

ソフトバンクのLINEMO(ラインモ)のみは現在検討中とのこと。

海外旅行に行く場合にモバイルWi-Fiを契約する方が多いため、海外でそのまま利用できるのは大きな強みです。

povoも利用できる可能性はまだあるため今後の展開に期待しましょう。

eSIMは対象機種が限られる?

eSIMとは物理SIMが不要な電子SIMです。

eSIM対応のスマホを持っていればpovoとLINEMO(ラインモ)は利用可能です。

またahamoは現在iPhoneのみと発表しています。

3社月額20GBプランを比較
  • 通話が不要ならpovoが月額2,480円で最安
  • 現時点で海外でそのまま利用できるのはahamo
  • eSIMはpovo、LINEMO(ラインモ)では利用可能、ahamoはiPhoneのみ
  • LINEがカウントフリーなのはLINEMO(ラインモ)
  • 24時間使い放題があるのはpovoのみ
  • キャリアメールは各キャリアも使用不可
  • 申し込みは各キャリアともオンラインのみ
  • サポートは各キャリアともオンラインのみ

povo VS 楽天モバイル どっちがお得?

povoのライバルはドコモやソフトバンクのプランだけではありません。

強力なライバルが楽天モバイルでしょう。

楽天モバイルの料金プランは以下の通り。

項目楽天モバイル
月額利用料1GB:無料
3GB:980円
20GB:1,980円
無制限:2,980円
(1年無料)
通信量楽天回線:無制限
パートナー回線エリア:5GB
制限中の速度最大1Mbps
通話料0円
合計0円〜2,980円(1年無料)

楽天モバイルの基本料金は2,980円で1年間無料です。

また楽天エリアであれば無制限でデータを使用することができます。(厳密には1日の利用制限あり)

楽天エリア以外の場合はパートナーエリアとなり5GBの制限があるのが特徴です。

長い目でみるとpovoがお得か!?

2,980円で使い放題である楽天モバイルはかなりお得であることは間違いありません。

また1年無料も大きなアドバンテージです。

ですが楽天エリアはauエリアに比べて狭いため、範囲外であれば使い物になりません。

またパートナーエリアはauで5GBまでと小容量です。

今後の通信品質の向上を考えてもauのpovoが長い目で見れば使いやすいと感じます。

最大の違いは楽天モバイルとauの通信品質でしょう。

楽天モバイルとpovoどっちを選ぶ?
  • 通話オプションが不要ならpovoが安い
  • データ無制限なら楽天モバイル
  • 1年無料にしたいなら楽天モバイル
  • 通信品質を求めるならpovo

povoとは?au新料金プランのデメリット・メリットや開始時期まで徹底解説まとめ

povoはauが2021年3月に開始する20GBで月額2,480円という脅威の安さを実現したプランです。

20GBなんていらない!という人以外の人には確実にオススメしたいプランです。

そもそも現在のプランよりも半額以下になります。

申し込みがオンラインのみでMNPのような手続きが必要な点は厄介ですが、それ以外にデメリットはそこまで感じません。

auの通信品質で20GBまで利用でき、月額2,480円ははっきりいってスマホの料金革命といえます。

povoの申込に備えましょう!!!

povoまとめ
  • 月額2,480円で月20GBまで利用できるプラン
  • 開始時期は2021年3月
  • 通話オプションを付けたい場合は別途料金がかかる
  • 申し込みはオンラインのみ
  • ドコモ、ソフトバンクの20GBプランより500円安い!?
  • 格安SIMよりもお得な月額料金
  • auユーザーならpovoにしない理由はない!?