iPhone13の予約は9月17日から?!
9万円以上お得に予約する方法

iPhone13機種変更で9万円以上得する!最速かんたん購入方法を徹底解説

iphone13_機種変更_アイキャッチ

iPhone 13へ機種変更をすべき?
iPhone13は今までのiPhoneと何が違うの?

このように考えていませんか?

結論からお伝えすると、iPhone13シリーズはスペックなどのアップデートから『次世代のiPhone』として注目を集めています。

待望のディスプレイのアップデートや、iPhone12 Proシリーズのカメラ性能をミドルレンジであるiPhone13/ 13 miniで使えるなど

コスパが最強すぎる機能満載で『機種変更がおすすめ』です。

以下では、具体的な機種変更の手順から、iPhone13シリーズの最新情報まで徹底解説をします。

5分でできる!iPhone12の機種変更手順・流れ
  1. 各キャリア公式オンラインショップの『iPhone13シリーズ』のページにアクセス
  2. 機種・色・ストレージを選ぶ
  3. 機種変更or乗り換えor新規契約を選択
  4. フォームに従い、基本情報を入力
  5. iPhone13の入荷が完了したら本申し込み
  6. 家にiPhone13が届く
  7. 今持っている機種のバックアップ・データ移行の準備する
  8. バックアップ復元・データ移行完了
  9. iPhone13へ機種変更完了

【新作】iPhone13シリーズ
予約開始 9月17日〜

公式オンラインショップなら…
  • 事務手数料・頭金6,000円以上が0円
  • 予約にかかる待ち時間も0分
  • 実店舗より在庫が豊富だから最短でiPhone12が手に入る!

1,000万人以上が使っている


公式オンラインショップで
予約が最短・お得

【結論】iPhone 13まで待って機種変更すべき|特徴を解説

iphone13_機種変更_待つ

結論からお伝えすると、iPhone 13の発売を待つべきです。

iPhone13シリーズは次世代のiPhoneの名に相応しいアップデートが確定しました。

ざっくり言うと、価格が安いiPhone13 / 13 miniではiPhone12 Pro並みの高性能カメラ・ビデオを使うことができ、バッテリー駆動時間がそれぞれ2.5時間/1.5時間も伸び、性能もアップしているのにもかかわらず、実質値下げの価格帯になっています。

iPhone13 Pro / Pro Maxは、待望のリフレッシュレートの向上(120Hz)に加え、iPhone1台で映画並みのクオリティの動画を撮影・編集できます。

このように、カメラ・ディスプレイ・バッテリーといった高性能のアップデートがあったにもかかわらず、

iPhone13シリーズは、iPhone12シリーズと同等の価格帯のため、コスパ最強の『次世代iPhone』と言われています。

iPhone13 / 13 miniの特徴
  • カメラ→iPhone12 Proに搭載された光学式手振れ補正搭載 / 従来より45%の光取り込み性能向上・ノイズの改善
  • 動画→映画撮影のようなピント送りが可能な、シネマティックモードの搭載
  • バッテリー→iPhone13=2.5時間延長 / iPhone13 mini=1.5時間延長
  • カラー→新色『ピンク』が追加
  • ディスプレイ→従来より28%鮮明になり、コントラストがより鮮やかに
iPhone13 / 13 miniの特徴
  • カメラ①→ 広角・望遠レンズがそれぞれ3倍の明るさに / 望遠レンズは2cmまで撮影できるマイクロ撮影可能
  • カメラ②→フォトグラフスタイルの追加。スキントーンを維持しながら詳細なカラー設定が可能
  • ビデオ→Proresと呼ばれる高性能動画編集アプリとの連携が可能に。iPhone1台でプロ並みの動画撮影・編集が可能。動画撮影後にもピントずれなどの修正ができるように。
  • バッテリー→iPhone13 Pro Max=2.5時間延長 / iPhone13 Pro=1.5時間延長
  • ディスプレイ→リフレッシュレートの向上。最大120Hzに。流れるような滑らかな操作性に向上。ゲームやiPhoneでのクリエイティブがよりやりやすくなった。
  • カラー→シエラブルーの追加

iPhone13への機種変更の手順【ソフトバンク・au・ドコモ別】

以下では具体的な機種変更の手順を通信会社別に解説をします。

まず、iPhone13の発売日程は以下の通りです。

予約開始日 2021年9月17日(金)
発売日 2021年9月24日(金)

発売日前後は、毎年予約が殺到するため機種変更をするためには『予約が必須』です。

機種変更をしたい通信会社を選んで、具体的な手順を読みましょう!

ソフトバンクの機種変更の手順

auの機種変更の手順

ドコモの機種変更の手順

ソフトバンクでの機種変更

モデル・容量・カラーを選択

まずはソフトバンクオンラインショップ公式サイトにアクセスします。

そして、あなたがほしいiPhone13の機種を選択しましょう。

次に、ストレージの容量とカラーを選択します。

ソフトバンク_iPhone12_機種変更_手順

契約種別を選択

次に「新規契約」「他社から乗り換え(MNP)」「機種変更」のいずれかから契約種別を選択しましょう。

ソフトバンク_iPhone12_乗り換え_手順

ソフトバンクから回線を他社へ変える場合は「他社から乗り換え(MNP)」を選択します。

「他社から乗り換え(MNP)」では電話番号を維持したまま、別の通信回線に乗り換えることができます。

ソフトバンク回線を維持する場合は「機種変更」を選択しましょう。

また、契約・購入方法には2種類ありますが、基本的には自宅で受け取りがおすすめです。

必要情報を入力

次は発送先の住所や氏名など、必要な情報を入力しましょう。

お得な機種変更ポイント

支払い回数を48回にすると、トクするサポート+の対象となります

トクするサポート+とは、24ヶ月以降にソフトバンクにて機種変更+旧機種の返却を行うと残りの分割分

最大24回支払い分が免除となり、機種代金が実質半額相当安くなります。

また、月々の支払額も安くなるので負担が減るのもポイントです。

購入完了

必要な情報を入力し終わったら、最後に申し込みを完了しましょう。

登録したメールアドレスに、ソフトバンクからメールがきたら添付されているURLから購入手続きをします。

あとは、家に機種が発送されるのを待つだけです。

ソフトバンクオンラインショップの
トクするサポート+で
\iPhone13の購入がお得/


ソフトバンク_オンラインショップ_キャンペーン トクするサポート+なら…
  • 48回払いにすると適用対象!
  • 24回目支払い以降、ソフトバンクで新機種に買い替え・旧機種を返却すると
  • 最大24回分の支払い免除でiPhone13がゲットできる

ソフトバンクオンラインショップ
×
トクするサポート+で購入が最安


auでの機種変更

モデル・容量・カラーを選択

auオンラインショップ公式サイトにアクセスします。

あなたがほしいiPhone12の機種を選択しましょう。

次に、ストレージの容量とカラーを選択します。

契約種別を選択

「新規契約」「他社から乗り換え(MNP)」「機種変更」のいずれかから契約種別を選択しましょう。

au_iPhone12_乗り換え

au回線から他社へ変える場合は「他社から乗り換え(MNP)」を選択します。

「他社から乗り換え(MNP)」では電話番号を維持したまま、別の通信回線に乗り換えることができます。

au回線を維持する場合は「機種変更」を選択しましょう。

また、契約・購入方法には2種類ありますが、基本的には自宅で受け取りがおすすめです。

必要情報を入力

次は発送先の住所や氏名など、必要な情報を入力しましょう。

機種変更完了

必要な情報を入力し終わったら、最後に申し込みを完了しましょう。

登録したメールアドレスに、メールが来るので添付されているURLから購入手続きをします。

あとは、家に機種が発送されるのを待ちます

ドコモでの機種変更

モデル・容量・カラーを選択

ドコモオンラインショップ公式サイトにアクセスします。

そして、あなたがほしいiPhone12の機種を選択しましょう。

次に、ストレージの容量とカラーを選択します。

ドコモ_機種変更_手順1

契約種別を選択

「新規契約」「乗り換え(MNP)」「機種変更」のいずれかから契約種別を選択しましょう。

キャリアを変更する場合は「乗り換え(MNP)」を選択します。

ドコモ_機種変更_手順2

「乗り換え(MNP)」では電話番号を維持したまま、別の通信回線に乗り換えることができます。

ドコモのまま機種変更する場合は「機種変更」を選択しましょう。

ドコモ_機種変更_手順3

  • Xi=4G:現在お使いの携帯電話がスマホの場合は『Xi→5G』を選択
  • FOMA=3G:現在お使いの携帯電話がガラケーの場合は『FOMA→5G』を選択[/tl]

必要情報を入力

次は発送先の住所や氏名など、必要な情報を入力しましょう。

「登録」ボタンを押して機種変更手続き完了

必要な情報を入力し終わったら、最後に「登録」ボタンを押します。

これで機種変更手続きは完了です。

登録したメールアドレスにメールが来ます。

メールに添付されているURLから購入手続きをします。

あとは、家に機種が発送されるのを待ちます

iPhone 13は何が違う?iPhone 12との違い総まとめ

iphone13_機種変更_総まとめ

iPhone 13はiPhone 12と何が変わるのでしょうか。

その主な変更ポイントは以下のようになっています。

iPhone13 iPhone12
チップ A15 Bionicチップ A14 Bionicチップ
カメラ センサーシフト光学式手ブレ補正が追加される 光学式手ブレ補正
ディスプレイ LTPOディスプレイ
120Hzの高リフレッシュシートに対応
HDRディスプレイ
通信関連 5Gミリ波に対応
Wi-Fi 6Eに対応する
5G対応
カラー展開 マットブラック、ブロンズ、ピンクが追加される ブラック、ホワイト、レッド、グリーン、ブルー、パープル
その他 Touch IDが復活
ノッチが小さくなる
Lightningポートが消滅する
ストレージ容量1TBが可能に
やや分厚くなる
バッテリー容量が大きくなる

※上記の表は、あくまでも現時点での予想です。

総合的に言えば、iPhone 13はiPhone 12から大幅に変化するわけではありませんが、より便利になりそうでワクワクしますね。

それぞれの変更ポイントについて、これから詳しく見ていきましょう。

【新作】iPhone13シリーズ
予約開始 9月17日〜

公式オンラインショップなら…
  • 事務手数料・頭金6,000円以上が0円
  • 予約にかかる待ち時間も0分
  • 実店舗より在庫が豊富だから最短でiPhone12が手に入る!

1,000万人以上が使っている


公式オンラインショップで
予約が最短・お得

iPhone 13で変わること【チップ編】

iphone13_機種変更_チップ

iPhone 13では、A15 Bionicという最新のチップを搭載するようです。

このチップを搭載すれば、従来のものよりますます性能が向上し、消費電力は少なくなるようです。

iPhone 12ではA14 Bionicチップを搭載していましたから、これより高い性能が期待できますね。

Gizchinaによると、iPhone 13シリーズに搭載されるチップは、TSMCの5NM+プロセスで製造されるものになるようです。

iPhone 13で変わること【カメラ編】

iphone13_機種変更_カメラ

iPhone 13のカメラでは、いくつかの変更点があります。

まずは全モデル共通で変わると言われている点について解説しましょう。

Iphone13のカメラには、センサーシフト光学式手ブレ補正が採用されるといわれています。

センサーシフト光学式手ブレ補正により、手ブレ補正がさらに強力になり、ブレのない写真をますます撮りやすくなります。

また、iPhone 13では天体写真撮影モードが搭載され、これまで撮影しにくかった天体の撮影が簡単にできるようになります。

その上、動画でも背景をぼかせるポートレートビデオモードが追加される可能性もあるようです。

また、iPhone 13 Proシリーズでは以下のような変更点があると言われています。

iPhone 13 Proシリーズのカメラ強化
  • Pro でも望遠レンズが光学2倍に強化
  • 超広角レンズがオートフォーカスに対応
  • 超広角レンズが明るくなる
  • 全レンズの口径が20%アップして明るくなる

どのようなカメラ性能になるのか楽しみですね。

【新作】iPhone13シリーズ
予約開始 9月17日〜

公式オンラインショップなら…
  • 事務手数料・頭金6,000円以上が0円
  • 予約にかかる待ち時間も0分
  • 実店舗より在庫が豊富だから最短でiPhone12が手に入る!

1,000万人以上が使っている


公式オンラインショップで
予約が最短・お得

iPhone 13で変わること【ディスプレイ編】

iphone13_機種変更_ディスプレイ

iPhone 13のディスプレイについては以下のように変化するのではないかと言われています。

それぞれの変化ポイントについて詳しく見ていきましょう。

iPhone 13シリーズではLTPOディスプレイを搭載?

iphone13_機種変更_LTPO

iPhone 13シリーズでは、LTPOディスプレイを搭載するのではないかと言われています。

LTPOはLow Temperature Polycrystalline Oxide(低温多結晶酸化物)を略した言葉で、これだけではよくわかりませんね。

実は、LTPOディスプレイには以下のようなメリットがあるのです。

LTPOディスプレイのメリット
  • 消費電力が削減できる
  • 120Hzの高リフレッシュレートに対応している

基本的に良いことずくめですね。

消費電力について、DigiTimesによると、iPhone 13では15~20%程度削減できる見込みのようです。

これにより、iPhone 13のうちProシリーズでは常時点灯ディスプレイが実現するのではないかという噂もあります。

次に、上で少し登場した120Hzのリフレッシュレートについて見ていきましょう。

iPhone 13シリーズでは120Hzのリフレッシュレートに対応?

iphone13_機種変更_リフレッシュレート

iPhone 13シリーズでは、120Hzの高リフレッシュレートに対応するのではないかと言われています。

この情報の情報源は以下のツイートです。

リフレッシュレートという言葉は聞き馴染みがないかもしれませんが、端的に言えばリフレッシュレートが高いほど画面の動きや操作がなめらかになります。

これまでのiPhoneではリフレッシュレートは60Hzでしたから、2倍の120Hzになればかなりのなめらかさが期待できますね。

ちなみに、120HzのリフレッシュレートはiPhone 12に搭載されるといううわさもありましたが実現されず、iPhone 13ではいよいよ実現されるのではないかと期待されています。

なお、リフレッシュレート120Hzが実現されるのはiPhone 13 Proシリーズのみになるのではないかという予想もあります。

【新作】iPhone13シリーズ
予約開始 9月17日〜

公式オンラインショップなら…
  • 事務手数料・頭金6,000円以上が0円
  • 予約にかかる待ち時間も0分
  • 実店舗より在庫が豊富だから最短でiPhone12が手に入る!

1,000万人以上が使っている


公式オンラインショップで
予約が最短・お得

iPhone 13で変わること【通信関連編】

iphone13_機種変更_通信関連

iPhone 13の通信関連の機能では、以下のような点が変わると言われています。

それぞれの変更点について詳しく見ていきましょう。

iPhone 13シリーズでは5Gミリ波に対応する?

iphone13_機種変更_5Gミリ波

iPhone 13シリーズでは、5Gミリ波に対応するのではないかと言われています。

5Gミリ波とは、5Gの電波をスマホが受信するシステムのひとつで、サービスエリアは狭いものの、通信速度が速いという特徴があります。

iPhone 12シリーズでは、iPhoneとして初めて5Gに対応しましたが、日本で発売されたモデルでは、5Gサブ6GHzしか搭載されませんでした。

これに5Gミリ波も搭載されれば、5Gをより楽しむことができそうですね。

iPhone 13シリーズではWi-Fi 6Eに対応する?

iphone13_機種変更_WiFi

iPhone 13ではWi-Fi 6Eに対応するとも言われています。

Wi-Fi 6Eとは、Wi-Fiの最新の規格で、これまで利用できていた5GHz、2.4GHzの電波帯に加えて、6GHz帯の電波も活用できるようになります。

6GHz帯の電波が利用できるようになれば、これまで以上にパフォーマンスが向上し、通信の遅延も起こりにくくなると言われています。

ちなみに、ライバルであるSamsungは最新のスマホですでにWi-Fi 6Eに対応しており、Appleとしてもライバルに負けないようにWi-Fi 6Eを搭載するのではないかでしょうか。

iPhone 13で変わること【カラー展開編】

iphone13_機種変更_カラー展開

iPhone 13のカラー展開について、iPhone 12からの変更点は以下のようになると言われています。

それぞれの変更点について詳しく見ていきましょう。

マットブラック、ブロンズが追加される?

iphone13_機種変更_マットブラック

iPhone 13のカラー展開について、マットブラックとブロンズが追加されるのではないかという情報があります。

この情報は、著名なリーカーのマックス・ワインバック氏が自身のYouTubeチャンネルの動画で予想したものです。

彼によると、マットブラックは文字通り、光沢のない黒色で高級感のあるイメージになるようです。

また、ブロンズはオレンジ色に近いような明るい色として展開されるとのことです。iphone13_機種変更_ブロンズ

ちなみに、余談ですが、iPhone 13 Proシリーズのフレームには指紋付着防止コーティングが施されるのではないかとも言われています。

ピンクが追加される?

iphone13_機種変更_追加

iPhone 13の新色については、ピンクが追加されるのではないかという噂もあります。

iphone13_機種変更_ピンク

これは米国のForbes誌による報道で、Proシリーズ限定で登場するのではないかと言われています。

また、同メディアによると、ピンク色のモデルは通常のモデルよりも遅れた2021年12月頃に発売されるのではないかと予想されています。

この報道が出る前にも、もしiPhone 13シリーズにピンク色が登場したら、というイメージ画像が4万以上のいいねを獲得しており、注目されていました。

【新作】iPhone13シリーズ
予約開始 9月17日〜

公式オンラインショップなら…
  • 事務手数料・頭金6,000円以上が0円
  • 予約にかかる待ち時間も0分
  • 実店舗より在庫が豊富だから最短でiPhone12が手に入る!

1,000万人以上が使っている


公式オンラインショップで
予約が最短・お得

iPhone 13で変わること【その他】

iphone13_機種変更_その他

iPhone 13で変わるその他の点については、以下のようになっています。

それぞれの変更点について詳しく見ていきましょう。

iPhone 13シリーズではTouch IDが復活?

iphone13_機種変更_TouchID

iPhone 13シリーズでは、Touch IDが復活するのではないかと言われていて、注目されています。

これは、たとえば的中率の高さで知られるリーカーの有没有搞措 氏が予想しています。

その他にも、Barclaysのアナリストであるアンドリュー・ガーディナー氏なども同様の予想をしており、iPhone 13にTouch IDが搭載されるという情報はかなり信憑性が高いです。

最近は外出先ではマスクをつけることが多くなったため、Face IDでは認識してもらえず、認証にストレスを感じている人が多いことから持ち上がった予想だと考えられます。

ただ、Touch IDがどのように搭載されるのかは議論があるようで、画面内認証になると予想している人もいれば、電源ボタンにTouch IDが搭載されるのではないかという予想もあります。

画面内認証の指紋認証システムは電源ボタンのものに比べると検出率が低いため、個人的には電源ボタンに搭載されるという予想を支持します。

なお、Touch IDが搭載されるからといってFace IDがなくなるというわけではなく、どちらも使えるようになるという予想が多いようです。

iPhone 13シリーズではノッチが小さくなる?

iphone13_機種変更_ノッチ

iPhone 13シリーズでは、これまでと比べてノッチが小さくなると言われています。

iPhoneシリーズのノッチはAndroidのスマホに比べて大きめであることから、多くの人がノッチの縮小に期待しています。

ノッチが小さくなるという情報を提供しているのは、有名なリーカーのDuanRui氏で、以下のツイートで小さくなったノッチのイメージ画像を表示しています。

ちなみに、ノッチが小型化するのは、Face IDの機構にToFセンサーが導入され、Face IDに使われる部品が小型化するからだと言われています。

ノッチについてはパンチホールになるのではないかという噂もありますが、この噂の信憑性はあまり高くないようです。

ノッチは縦幅、もしくは横幅が狭くなるのではないかというのが大筋の見方です。

iPhone 13シリーズではLightningポートが消滅する?

iphone13_機種変更_Lightning

iPhone 13では、もしかしたらLightningポートが消滅するかもしれません。

この予想はあまり信頼性が高いものではありませんが、もしかしたら実現する可能性もあります。

ではどのように充電するのかというと、MagSafeを使うのではないかという説があります。

MagSafeはワイヤレス充電の規格のひとつで、iPhoneに埋め込まれた磁石と充電器をくっつけることによりワイヤレス充電を可能にします。

このMagSafe自体はすでにiPhone 12で搭載されているものですが、ワイヤレス充電のみになり、充電ポートが完全に消滅したらなかなかの驚きですね。

また、同じく信憑性が高い情報ではありませんが、iPhone 13はUSB-Cポートに変更されるのではないかという予想もあります。

iPhone 13シリーズではストレージ容量1TBが可能に?

iphone13_機種変更_1TB

iPhone 13シリーズでは、ストレージ容量1TBのモデルが登場するのではないかと言われています。

たとえば、リーカーのジョン・プロッサー氏はYouTube動画で1TBモデルがリリースされる可能性について述べています。

また、Wedbush証券のアナリストも1TBモデルが登場するというリーク情報を伝えています。

iPhone 13シリーズすべてに1TBモデルが登場するというわけではなく、Proモデルにのみ登場するという見方が主流のようです。

スマホで撮影できる写真がますます高画質になり、データ容量が増えている中、1TBのモデルが登場するのは当然の流れと言えるかもしれませんね。

ちなみに、Gizchinaによると、iPhone 13 Proの1TBモデルの価格は日本円にして約20万円になると言われていて、高スペックなパソコンも買えそうな勢いです。

iPhoneの容量に迷っている人はこの記事をチェック

iPhone 13シリーズはやや分厚くなる?

iphone13_機種変更_分厚く

iPhone 13シリーズはこれまでのモデルに比べて、やや分厚くなるのではないかと言われています。

この情報の出どころはリーカーのDuanRui氏によるTwitterへの投稿です。

この投稿ではiPhone 13のサイズが記載されています。

この投稿によると、横幅と高さはiPhone 12と変わらないようですが、暑さは0.13mm増となる、7.53mmになるようです。

また、レンズの横幅が17mmとなり、これも従来に比べて大きくなると見られています。

なお、このようにiPhone 13シリーズがやや厚くなるのは、バッテリーが大型化したからだと言われています。

iPhone 13ではバッテリー容量が大きくなる?

iphone13_機種変更_バッテリー

iPhone 13シリーズでは、どうやらバッテリー容量が大きくなるようです。

これは上で解説したiPhone 13がやや厚くなることとも関連しているようですが、バッテリー容量はこれまでの8~18%程度増大するようです。

バッテリー容量を拡大するとますます大きなスペースが必要になりますが、これは内部の部品を小型化することによって実現するようです。

また、iPhone 13では省電力につながるLTPOディスプレイを採用しますし、チップも性能が向上してより省電力で駆動できるようになりますから、ますます長時間の電池もちが期待できます。

iPhone13への機種変更を考えているユーザーはどのぐらいいる?

iPhone13への機種変更を検討しているユーザーの割合は以下の通りです。

アンドロイドユーザー iPhoneユーザー
機種変更を検討している割合 18.3% 43.8%
調査対象 アメリカ在住5000人、18歳以上 アメリカ在住3000人、18歳以上

※上記は、アメリカのオンラインマーケットSellCellが行ったアンケート結果を参考にしています。

アンドロイドユーザーは、全体の18.3%がiPhone13への機種変更を検討していると答えました。

前年度(iPone12発売前)に行った調査よりも14.8%下がっています。

アンドロイドユーザーからは、「Touch IDを戻してほしい」や「アンドロイドのほうが使いやすい」といった意見がありました。

iPhoneユーザーは、全体の43.8%がiPhone13への機種変更を検討していると答えました。

半数近い割合のユーザーが機種変更を検討しているというのは驚きですね。

iPhoneユーザーからは、「120Hzディスプレイを期待」や「画面内Touch IDが欲しい」などの意見が見られました。

このアンケート結果を参考に、iPhone13への機種変更を考えてみるのがおすすめです。

【新作】iPhone13シリーズ
予約開始 9月17日〜

公式オンラインショップなら…
  • 事務手数料・頭金6,000円以上が0円
  • 予約にかかる待ち時間も0分
  • 実店舗より在庫が豊富だから最短でiPhone12が手に入る!

1,000万人以上が使っている


公式オンラインショップで
予約が最短・お得

iPhone 13の発表・発売・予約開始日は?

iphone13_機種変更_発表

iPhone 13の発表・発売・予約開始日については、2021年の10月頃になるのではないかという予想が主流のようです。

そもそも、iPhoneの最新シリーズは毎年9月に発表・発売されてきました。

しかし、2020年は新型コロナウイルスの影響から、発売が10月に延期されています。

2021年も新型コロナウイルスの影響は続いていることから、引き続き10月の発表・発売になるのではないかという見方が多いのです。

ただ、iPhone 13は9月に発売されるのではないかという声もあり、最終的にどう転ぶかは明らかではありません。

例えば、中国メディアのMyDriversは以下のように予想しています。

発表日 2021年9月15日(水)?
発売日 2021年9月23日(木)?
予約開始日 2021年9月17日(金)?

あくまで予想なので、真偽のほどは不明ですが、9月発売の可能性も十分にあるといえるでしょう。

ちなみに、詳しい日程について、iPhoneでは火曜に発表→その週の金曜に予約開始→次の週の金曜に発売という流れがこれまで毎回行われてきました。

これが踏襲されるのはほぼ間違いないでしょう。

それでは、ここからは各社の具体的な発表・発売・予約開始日の予想について見ていきましょう。

 

Apple公式の発表・発売・予約開始日情報

iphone_予約_公式

発表日 2021年9月15日(水)?
発売日 2021年9月23日(木)?
予約開始日 2021年9月17日(金)?

ドコモの発表・発売・予約開始日情報

iphone_予約_ドコモ

発表日 2021年9月15日(水)?
発売日 2021年9月23日(木)?
予約開始日 2021年9月17日(金)?

auの発表・発売・予約開始日情報

iphone_予約_au

発表日 2021年9月15日(水)?
発売日 2021年9月23日(木)?
予約開始日 2021年9月17日(金)?
auのPhone13について詳しく知りたい人はチェック

ソフトバンクの発表・発売・予約開始日情報

iphone_予約_ソフトバンク

発表日 2021年9月15日(水)?
発売日 2021年9月23日(木)?
予約開始日 2021年9月17日(金)?
ソフトバンクのPhone13について詳しく知りたい人はチェック

ソフトバンクオンラインショップの
トクするサポート+で
\iPhone13の購入がお得/


ソフトバンク_オンラインショップ_キャンペーン トクするサポート+なら…
  • 48回払いにすると適用対象!
  • 24回目支払い以降、ソフトバンクで新機種に買い替え・旧機種を返却すると
  • 最大24回分の支払い免除でiPhone13がゲットできる

ソフトバンクオンラインショップ
×
トクするサポート+で購入が最安


楽天モバイルの発表・発売・予約開始日情報

楽天モバイルはiPhone 13シリーズの発売に参加するのではないかという予想があります

2021年4月30日には、iPhone 12の販売を開始したからです。

もしかしたら、iPhone 13は最初から発売に参加するかもしれません。

iPhone 13の機種変更はオンラインショップでするのがおすすめ!

iphone13_機種変更_オンラインショップ

iPhone 13を各キャリアから購入するのであれば、オンラインショップがおすすめです。

オンラインショップと実店舗を比較すると、以下の表のようになります。

オンラインショップ 店頭
頭金 0円 数千円程度
事務手数料 0円 2~3,000円程度
送料 0円
(数千円以上購入した場合)
購入できる時間帯 24時間 販売店により異なる
待ち時間 0分 かかる場合もある

実店舗ではオンラインショップではかからない事務手数料や頭金がかかってしまう上、混み合ってしまう可能性もあります。

一方、オンラインショップは実店舗よりお得に購入できますし、誰にも会わずにiPhone 13を手に入れることができますから、とても楽ちんです。

iPhone 13の機種変更のまとめ

iphone13_機種変更_まとめ

結論、iPhone 13の発売まで待ってから機種変更をするべきです。

なぜなら、iPhone 13は魅力的な機種になることが予想できますし、iPhone 13が発売されればiPhone 12が型落ちになって安くなると予測できるからです。

具体的にiPhone 13で変わると言われているのは以下のような点です。

iPhone 13の変更点
  • チップ
    A15 Bionicという最新のチップを搭載する
  • カメラ
    センサーシフト光学式手ブレ補正が採用される
  • ディスプレイ
    LTPOディスプレイを搭載する
    120Hzの高リフレッシュレートに対応する
  • 通信関連
    5Gミリ波に対応する
    Wi-Fi 6Eに対応する
  • カラー展開
    マットブラック、ブロンズが追加される?
    ピンク色が追加される?
  • その他
    Touch IDが復活?
    ノッチが小さくなる?
    Lightningポートが消滅する?
    ストレージ容量1TBが可能に?
    やや分厚くなる?
    バッテリー容量が大きくなる?