iPhoneを安く買うことができるおすすめの方法!キャリア別で安く買う方法や安く使用する方法を徹底解説

iPhoneを安く購入する方法を知りたい!
iPhone 12 シリーズはどこで買えば安くなるの?
SIMフリーのiPhoneが安いの?

この記事ではこんな疑問を解決します。

iPhoneはAppleストアやドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリア格安SIMなど、様々な携帯会社で販売されています。

そのため、一つ一つ比較するのは時間がかかって大変ですよね。

そこでこの記事ではiPhoneを一番安く買うための方法を紹介します。

Appleストアや3大キャリアだけでなく、格安SIMでの購入についても調査しました。

そのため、各キャリアで「iPhone 11 シリーズ」「iPhone 12 シリーズ」「iPhone SE」を安く買う方法がわかります

価格だけでなく、iPhoneの取扱機種も紹介しているので、好きな機種を一番安く買う方法がわかります!

ぜひこの記事を読んで、iPhoneを一番安く購入しましょう。

「iPhoneを安く買う方法」をざっくりいうと
  • 旧モデル、中古品、Apple認定整備済製品が安い
  • 3大キャリア(docomo、au、SoftBank)はキャンペーンを使うと安い
  • 最新モデル(SIMフリー)はAppleストアで買うのが安い
  • 格安SIMでは旧モデル・中古品を安く買える
  • 機種代金だけなら中古品が一番安い
  • 安く利用するならWiMAXと格安SIMの併用がおすすめ

中古スマホを購入するなら『イオシス』がおすすめ

  • 多数メディア掲載の実績あり!ショップとしての安心度◎
  • 中古でも良品勢揃い
  • 中古ランクごとに、3ヶ月保証などサポート充実

>>> 中古スマホ購入で人気!<<<

イオシス公式サイトはこちら

スマホの機種変更・乗り換え

公式オンラインショップなら…
  • 事務手数料・頭金6,000円以上が0円
  • 予約にかかる待ち時間も0分
  • 実店舗より在庫が豊富だから最短でスマホが手に入る!

1,000万人以上が使っている

公式オンラインショップで 申し込みがお得

ワイモバイル_ロゴ

【2021年2月】キャリア別 iPhoneシリーズの価格一覧表

iPhone_安く買う_キャリア別iPhoneシリーズの価格一覧表

まず、2021年2月時点では各キャリアはiPhoneシリーズを何円で販売しているのでしょうか。

ドコモ・ソフトバンク・auで2021年2月時点に購入することができるiPhoneシリーズの価格をまとめました。

※以下の表は横にスクロールできます。

端末名 端末代金(税込)
ドコモ スマホおかえしプログラム価格 ソフトバンク トクするサポート+価格 au かえトクプログラム価格
iPhone 12 mini 64GB 87,912円 58,608円 96,480円 48,240円 90,065円 48,185円
128GB 95,832円 63,888円 102,960円 51,480円 95,240円 50,600円
256GB 110,088円 73,392円 116,640円 58,320円 109,305円 58,305円
iPhone 12 Pro MAX 128GB 142,560円 95,040円 151,920円 75,960円 141,900円 75,900円
256GB 156,024円 104,016円 166,320円 83,160円 155,150円 83,030円
512GB 182,952円 121,968円 194,400円 97,200円 181,540円 97,060円
iPhone 12 64GB 101,376円 67,584円 110,880円 55,440円 103,340円 55,430円
128GB 109,296円 72,864円 116,640円 58,320円 108,260円 57,500円
256GB 123,552円 82,368円 131,040円 65,520円 122,435円 65,435円
iPhone 12 Pro 128GB 129,096円 86,064円 137,520円 68,760円 127,495円 67,735円
256GB 142,560円 95,040円 151,920円 75,960円 140,750円 74,750円
512GB 169,488円 112,992円 180,000円 90,000円 168,170円 89,930円
iPhone SE 64GB 57,024円 38,016円 57,600円 28,800円 55,270円 28,750円
128GB 62,568円 41,712円 64,080円 32,040円 61,250円 31,970円
256GB 75,240円 50,160円 78,480円 39,240円 75,215円 39,215円
iPhone 11 Pro MAX 64GB 全色在庫なし 全色在庫なし 全色在庫なし
256GB
512GB
iPhone 11 Pro 64GB 全色在庫なし 118,080円 59,040円 117,515円 68,195円
256GB 全色在庫なし 135,140円 76,820円
512GB 全色在庫なし
iPhone 11 64GB 全色在庫なし 全色在庫なし 全色在庫なし
128GB
256GB

どのキャリアもキャンペーンを利用することでiPhoneを通常より安く買うことができます。

それぞれのキャリアで行っているキャンペーンはiPhoneを安く買う方法のひとつです。

他のキャンペーンを併用して、iPhoneをより安く買うことができる賢い方法もあります

その方法は各キャリアのキャンペーンでご紹介します。

【キャリア別】iPhoneが安く買えるおすすめの方法を詳しく解説

iphone_安い_安く買う方法

ここからは3大キャリアやAppleストアで買えるiPhoneや料金を紹介していきます。

購入価格や利用料金を安くするためのキャンペーン情報についても解説します。

ドコモでiPhoneを安く買う

iphone_安い_ドコモで安く買う

出典:https://www.nttdocomo.co.jp/

まずドコモでiPhoneを買う方法を紹介していきます。

2021年2月時点でドコモで購入できるiPhoneは以下の通りです。

ドコモオンラインショップの在庫になります。

機種 支払総額(税込) スマホおかえしプログラム適用時(税込)
iPhone 12 Pro Max 128GB 142,560円 95,040円(3,960円×24回)
256GB 156,024円 104,016円(4,334円×24回)
512GB 182,952円 121,968円(5,082円×24回)
iPhone 12 Pro 128GB 129,096円 86,064円(3,586円×24回)
256GB 142,560円 95,040円(3,960円×24回)
512GB 169,488円 112,992円(4,708円×24回)
iPhone 12 64GB 101,376円 67,584円(2,816円×24回)
128GB 109,296円 72,864円(3,036円×24回)
256GB 123,552円 82,368円(3,432円×24回)
iPhone 12 mini 64GB 87,912円 58,608円(2,442円×24回)
128GB 95,832円 63,888円(2,662円×24回)
256GB 110,088円 73,392円(3,058円×24回)
iPhone 11 Pro Max 64GB 138,600円 92,400円(3,850円×24回)
256GB 158,400円 105,600円(4,400円×24回)
512GB 182,160円 121,440円(5,060円×24回)
iPhone 11 Pro 64GB 126,720円 84,480円(3,520円×24回)
256GB 142,560円 95,040円(3,960円×24回)
512GB 166,320円 110,880円(4,620円×24回)
iPhone 11 64GB 87,120円 58,080円(2,420円×24回)
128GB 95,040円 63,360円(2,640円×24回)
256GB 106,920円 71,280円(2,970円×24回)
iPhone SE(第2世代) 64GB 57,024円 38,016円(1,584円×24回)
128GB 62,568円 41,712円(1,738円×24回)
256GB 75,240円 50,160円(2,090円×24回)

2021年2月時点で、ドコモオンラインショップではiPhone 11シリーズ、iPhone Xs、iPhone Xs Max、iPhone XR、iPhone 8などは取り扱っていません。

ドコモは他のキャリアと比較すると旧モデルの取り扱いが長い傾向があるので、3大キャリアで旧モデルを買いたい方はまずはドコモで探してみると見つかりやすいかと思います。

上の料金表で記載している「スマホおかえしプログラム(後述します)」を適用すると最安で実質4万円かからずiPhoneを購入可能です。

スマホおかえしプログラム」の他にも「下取りプログラム」「端末購入割引」といったキャンペーンも充実しています。

MEMO

・旧モデルの取り扱いが長い

・「スマホおかえしプログラム」の適用で最安4万円以下で購入可能

・割引キャンペーンが豊富

ドコモオンラインショップ_ロゴ

>>>ドコモオンラインショップを詳しくみる!<<<

ドコモオンラインショップ
公式サイトはこちら

ソフトバンクでiPhoneを安く買う

iphone_安い_ソフトバンクで安く買う方法

出典:https://www.softbank.jp/

次にソフトバンクです。

2021年2月時点でソフトバンクで現在取り扱っているiPhoneは以下の通り。

在庫はWebで申し込みができるものになります。

機種 支払総額(税込) トクするサポート適用時実質負担金(税込)
iPhone 12 Pro Max 128GB 151,920円 75,960円(3,165円×24回)
256GB 166,320円 83,160円(3,465円×24回)
512GB 194,400円 97,200円(4,050円×24回)
iPhone 12 Pro 128GB 137,520円 68,760円(2,865円×24回)
256GB 151,920円 75,960円(3,165円×24回)
512GB 180,000円 90,000円(3,750円×24回)
iPhone 12 64GB 110,880円 55,440円(2,310円×24回)
128GB 116,640円 58,320円(2,430円×24回)
256GB 131,040円 65,520円(2,730円×24回)
iPhone 12 mini 64GB 96,480円 48,240円(2,010円×24回)
128GB 102,960円 51,480円(2,145円×24回)
256GB 116,640円 58,320円(2,430円×24回)
iPhone 11 Pro Max 64GB 132,480円 66,240円(2,760円×24回)
256GB 149,760円 74,880円(3,120円×24回)
512GB 174,240円 87,120円(3,630円×24回)
iPhone 11 Pro 64GB 118,080円 59,040円(2,460円×24回)
256GB 135,360円 67,680円(2,820円×24回)
512GB 159,840円 79,920円(3,330円×24回)
iPhone 11 64GB 82,800円 41,400円(1,725円×24回)
128GB 87,840円 43,920円(1,830円×24回)
256GB 100,080円 50,040円(2,085円×24回)
iPhone SE 64GB 57,600円 28,800円(1,200円×24回)
128GB 64,080円 32,040円(1,335円×24回)
256GB 78,480円 39,240円(1,635円×24回)

ソフトバンクは新しいの機種の販売に力を入れており、旧モデルのiPhoneは早めに売り切る傾向があるため、3大キャリアで旧モデルを買いたい人には向かないかもしれません。

2021年2月時点では、iPhone 11シリーズは「iPhone 11 Pro 64GB」以外在庫がないので、オンラインショップから購入することは不可能です。

ソフトバンクの公式サイトから旧モデルを購入することはできません。

また、機種代は3大キャリアの中で一番高額になりますが、「トクするサポート(後述します)」を利用するとかなり安くiPhoneを購入することが可能です。(次のスマホもソフトバンクで機種変更という制限あり)

他にも「下取りプログラム」といったキャンペーンが行なわれています。

MEMO

・旧モデルのiPhoneは早めに売り切る傾向

・「トクするサポート」の利用で大幅に安く購入可能

ソフトバンクオンラインショップ_ロゴ

>>>ソフトバンクオンラインショップを詳しくみる!<<<

ソフトバンク
オンラインショップ
公式サイトはこちら

auでiPhoneを安く買う

iphone_安い_auで安く買う

出典:https://www.au.com/

次にauです。

auで取り扱っているiPhoneは以下の通り。

在庫はauオンラインショップのものになります。

機種 支払総額(税込) かえトクプログラム適用時(税込)
iPhone 12 Pro Max 128GB 141,900円 75,900円(3,300円×23回)
256GB 155,150円 83,030円(3,610円×23回)
512GB 181,540円 97,060円(4,220円×23回)
iPhone 12 Pro 128GB 127,495円 67,735円(2,945円×23回)
256GB 140,750円 74,750円(3,250円×23回)
512GB 168,170円 89,930円(3,910円×23回)
iPhone 12 64GB 103,430円 55,430円(2,410円×23回)
128GB 108,260円 57,500円(2,500円×23回)
256GB 122,435円 65,435円(2,845円×23回)
iPhone 12 mini 64GB 90,065円 48,185円(2,095円×23回)
128GB 95,240円 50,600円(2,200円×23回)
256GB 109,305円 58,305円(2,535円×23回)
iPhone 11 Pro Max 64GB 131,965円 75,325円(3,275円×23回)
256GB 149,465円 84,065円(3,655円×23回)
512GB 173,660円 96,140円(4,180円×23回)
iPhone 11 Pro 64GB 117,515円 68,195円(2,965円×23回)
256GB 135,140円 76,820円(3,340円×23回)
512GB 159,330円 89,010円(3,870円×23回)
iPhone 11 64GB 82,405円 50,485円(2,195円×23回)
128GB 87,805円 53,245円(2,315円×23回)
256GB 99,900円 59,340円(2,580円×23回)
iPhone SE(第2世代) 64GB 55,270円 28,750円(1,250円×23回)
128GB 61,250円 31,970円(1,390円×23回)
256GB 75,215円 39,215円(1,705円×23回)

2021年2月時点でauオンラインショップで購入できるモデルは「iPhone 12 シリーズ」「iPhone SE(第2世代)」「iPhone 11 Pro 64GB・256GB」です。

auも旧モデルの在庫を長く取り扱う傾向があるので、3大キャリアで旧モデルを買いたい人はチェックしましょう。

また上記の表ではどのキャリアより機種代が安いです。

キャンペーンを利用するとまた変わってきますが、特に制約なく購入したい方はauがおすすめです。

MEMO

・旧モデルの取り扱いが長い

・3大キャリアの中で最も低価格

au_オンラインショップ

>>>auオンラインショップを詳しくみる!<<<

auオンラインショップ
公式サイトはこちら

AppleストアでiPhoneを安く買う方法

iphone_安い_SIMフリーはアップルストア

出典:https://www.apple.com/jp/

次はAppleストアです。

2021年2月時点でAppleストアで取り扱っているiPhoneは以下の通り。

機種 価格(税別)
iPhone 12 Pro Max 128GB 117,800円
256GB 128,800円
512GB 150,800円
iPhone 12 Pro 128GB 106,800円
256GB 117,800円
512GB 139,800円
iPhone 12 64GB 85,800円
128GB 90,800円
256GB 101,800円
iPhone 12 mini 64GB 74,800円
128GB 79,800円
256GB 90,800円
iPhone 11 64GB 64,800円
128GB 69,800円
256GB 80,800円
iPhone SE(第2世代) 64GB 44,800円
128GB 49,800円
256GB 60,800円
iPhone XR 64GB 54,800円
128GB 59,800円

Appleストアでは主に最新モデルの取り扱いが多いのですが、2021年2月時点では旧モデルのiPhoneXRを取り扱っています。

また3大キャリアと比較すると、iPhone本体代はそれぞれ安いです。

さらにポイント!
購入時に「Apple Trade In」というiPhoneの下取りの制度があり、下取りに出せるiPhoneがあれば最大で40,000円の割引を受けられます。

SIMフリーの安いiPhoneを探している方、格安SIMを利用予定の方はAppleストアでの購入も検討してみてください。

MEMO

・最新モデルの取り扱いが多い

・下取り制度で大幅に割引される

・SIMフリー版を探している方におすすめ

どんなiPhoneが安く買える?安く買える端末の特徴3つ

iphone_安い_安く買う方法3つ

まず最初に安く買えるiPhoneにはどんな特徴のものがあるのか紹介していきます。

安く買える端末の特徴は3つあります。

以下、それぞれ詳しく紹介していきます。

①旧モデルのiPhone

iPhone_旧モデル

最新のiPhoneよりも前に発売された旧モデルは最新機種の発売に伴い価格が下がります。

普通の家電製品でもよくある型落ちモデルみたいなものですね。

デメリット
最新機種と比較すると性能が劣っている

機能が少ない

価格は安いですし、旧モデルとはいえ新品ですので手厚い製品保証を受けることができます。

また性能が劣っているとも書きましたが、多くの場合はそこまで大きく変わらないですし、iPhoneの旧モデルならよっぽど古くない限りは快適に使用できます。

MEMO

・旧モデルは新しいモデルの発売に合わせて価格が下がる

・旧モデルは最新モデルより性能が劣る

②中古品

iPhone_中古品

中古品も新品のよりも当然安く買うことができます。

中古品は他の方法と比較しても大幅に安く買えることが可能です。

中古品の販売店の他、メルカリヤフオクなど個人売買もできますが、注意する点もあります。

注意点
赤ロム(不正契約端末・盗品端末・支払い未完了などにより利用制限がかかった端末)の可能性がある

メーカー保証期間が残っていなければ、メーカー保証はなし(販売店保証のみ)

特に個人売買ではトラブルが起きやすくなるので、キチンとした販売店で買うようにしましょう。

MEMO

・新品より大幅に安い

・メーカー保証がない場合がある

中古スマホを購入するなら『イオシス』がおすすめ

  • 多数メディア掲載の実績あり!ショップとしての安心度◎
  • 中古でも良品勢揃い
  • 中古ランクごとに、3ヶ月保証などサポート充実

>>> 中古スマホ購入で人気!<<<

イオシス公式サイトはこちら

③Apple認定整備済製品

iPhone_Apple

Apple認定整備済製品も新品よりも安く購入できます。

Apple認定整備済製品は使用済み・購入済みのiPhoneの中でも、Appleが厳格なプロセスで再整備をしたiPhoneです。

再整備とは?
  • iPhoneの回収
  • 性能のチェック
  • 外装(パッケージ)・付属品の新品への取り替え

整備済みのiPhoneは「新品同様」で、1年間の保証がついています。

メーカー保証に加えて、AppleCare製品を購入することで保証を延長することも可能と、新品と変わらないサポートを受けることができます。

MEMO

・新品より安く購入可能

・新品のiPhoneと変わらないサポート

iPhoneが安く買えるドコモのキャンペーン3選!

iPhone_ドコモ

ドコモでiPhoneを安く買うために利用できるキャンペーンは以下の通りです。

以下、詳しく紹介していきます。

ドコモのキャンペーン1|スマホおかえしプログラム

iphone_安い_ドコモのキャンペーンおかえしプログラム

出典:https://www.nttdocomo.co.jp/

まず「スマホおかえしプログラム」は最大12回分の支払いが不要になるキャンペーン。

スマホおかえしプログラムに加入したdポイントクラブ会員が36回分割払いで購入した対象機種を機種変更時に返却した場合、その翌々月請求分以降の分割支払金(最大12回分)の支払いが不要です。

利用条件をチェック
  • 購入時にプログラムに加入すること
  • 返却時に故障がないことなどの諸条件をクリア
  • dポイントクラブへの加入
MEMO

・最大12回分の支払いが不要

ドコモのキャンペーン2|下取りプログラム

iphone_安い_ドコモのキャンペーン下取り

出典:https://www.nttdocomo.co.jp/

次に「下取りプログラム」です。

新しいiPhoneの購入時に、使用していたスマートフォンの下取りを申し込みすると最大で77,200円(税込)が割引となります。

下取り額は下がりますが、キレイな状態のiPhoneでなくても、電源が入るものであれば画面割れのiPhoneでも下取りをしてくれます。

また、ドコモで購入したスマホと他社で購入したスマホでは下取りの値段が変わります。

現時点(2021年2月)で下取り可能なiPhoneは「iPhone 11シリーズ、iPhone XS シリーズ、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8 シリーズ、iPhone 7 シリーズ、iPhone 6 シリーズ、iPhone SE」と取り扱いはかなり幅広いです。

Androidのスマートフォン・タブレットやドコモケータイなども幅広く下取りを行っています。

注意
スマホおかえしプログラムとの併用はできません

スマホおかえしプログラムを利用中の方が下取りプログラムを利用する際には、36回分の支払いを全て行う必要があります。

MEMO

・最大で77,200円(税込)割引

・状態が悪いスマートフォンでも下取り可能

ドコモのキャンペーン3|端末購入割引

iphone_安い_ドコモのキャンペーン端末購入割引

出典://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3545335&pid=886728865

端末購入割引」は他社のスマホからドコモのスマホに乗り換える(MNP)方が対象のキャンペーンです。

他社のスマホから乗り換える際に対象機種を購入すると、機種代金を最大22,000円割引してもらうことができます。

現時点(2021年2月)で対象になっているiPhoneは以下の通りです。

対象機種 割引額(税込)
iPhone 11 Pro(64GB/256GB/512GB) 22,000円
iPhone 11(128GB/256GB) 22,000円
iPhone SE(64GB/128GB/256GB) 22,000円
iPhone 8(64GB) 16,500円
iPhone 7(32GB) 16,500円

条件は他社からの乗り換え(MNP)のみなので、auやソフトバンクからドコモに乗り換え(MNP)たい方は、対象機種を購入して、iPhoneを安く購入しましょう。

MEMO

・最大22,000円割引の割引

・他社からの乗り換え(MNP)のみ適用

ドコモオンラインショップ_ロゴ

>>>ドコモオンラインショップを詳しくみる!<<<

ドコモオンラインショップ
公式サイトはこちら

iPhoneが安く買えるソフトバンクのキャンペーン2選!

iPhone_ソフトバンク

ソフトバンクでiPhoneを安く買うために利用できるキャンペーンは以下の通りです。

ソフトバンクのキャンペーン

以下、詳しく紹介していきます。

ソフトバンクのキャンペーン1|トクするサポート+

iphone_安い_ソフトバンクのキャンペーントクするサポート

出典:https://www.softbank.jp/

トクするサポート+」はiPhoneを48回払いで購入し、25ヶ月目以降にソフトバンクでの回収・買い替えで、最大24回分の支払いが不要になります。

以前は「トクするサポート」として実施されていたキャンペーンです。

トクするサポートの新規受付は終了して、トクするサポート+の対象機種として新しく受付を開始しました。

トクするサポート+は48回割賦で購入できる、2020年3月26日以前に発売された機種も対象です。

利用条件をチェック
対象機種を48回払いで購入

購入時に「トクするサポート+」に申し込む

トクするサポート+はプログラム利用料は無料なので、最大半額で最新機種を購入することができます。

「トクするサポート+」を使うと端末をかなり安く購入きますし、最新機種・比較的新しい機種を購入しやすいです。

ソフトバンクを継続して使っていく予定の方は「トクするサポート+」を活用してiPhoneを安く購入しましょう。

MEMO

・最大24回分の支払いが不要

・最大半額で最新機種を購入可能

ソフトバンクのキャンペーン2|下取りプログラム

iphone_安い_ソフトバンクの下取りプログラム

出典:https://www.softbank.jp/

下取りプログラム」はiPhoneなどの指定機種を購入する際に、スマホ端末を下取りに出すことで「PayPayボーナス」または「購入機種代金値引き」を受けられるキャンペーンです。

確認ポイント1
  • 機種変更の場合
  • 他社から乗り換え(MNP)の場合

特典金額や対象機種などが変わってくるので、自分の機種で受けられるかどうか、特典金額はいくらかは確認しておきましょう。

確認ポイント2
  • 「PayPayボーナス」
  • 「購入機種代金値引き」

受け取り方法の違いでも少しだけ特典金額が変わります。

PayPayボーナスの方が少しだけ受けられる特典金額が多いので、普段PayPayを使っている方はPayPayボーナスで受け取るのがおすすめです。

MEMO

・PayPayボーナスの方が特典金額が割高

ソフトバンクオンラインショップ_ロゴ

>>>ソフトバンクオンラインショップを詳しくみる!<<<

ソフトバンク
オンラインショップ
公式サイトはこちら

iPhoneが安く買えるauのキャンペーン3選!

iPhone_au

auでiPhoneを安く買うために利用できるキャンペーンは以下の通りです。

以下、詳しく紹介していきます。

auのキャンペーン1|au Online Shop お得割

iphone_安い_auオンラインショップお得割り

出典:https://www.au.com/

au Online Shop お得割」は2020年4月1日から始まった対象機種を購入すると機種代金から最大22,000円(税込)割引されるキャンペーン。

「新規契約」もしくは「他社からの乗り換え(MNP)」の方が対象です。

12ヶ月目以上利用している機種変更の方に対象の機種もありますが、iPhoneはありません。

開催期間は在庫がなくなり次第終了です。

対象のiPhoneがほしい方で、auに新規契約・他社からの乗り換え(MNP)をする予定の方はキャンペーンが終了する前に急いで申し込んでください。

「au Online Shop お得割」対象のiPhoneと割引額は以下の通りです。

MEMO

・最大22,000円(税込)の割引

・開催期間は在庫がなくなり次第終了

対象機種 新規契約 他社乗り換え(MNP)
iPhone SE(第2世代)全容量 11,000円割引 22,000円割引
iPhone 11 Pro 64GB 22,000円割引 22,000円割引

auのキャンペーン2|下取りプログラム

iphone_安い_au下取りキャンペーン

出典:https://www.au.com/

下取りプログラム」はauでスマホを購入する際に使っていたスマホを下取りに出すと、最大56,100円相当のポイント還元を受けられます。(2021年2月時点)

下取りプログラムは機種変更でも他社のスマホからの乗り換え(MNP)でも利用可能です。

下取りは対象機種なら美品はもちろん、画面割れ品でも価格は下がりますが、下取りしてくれます。

ただし対象機種でも故障や水濡れがなく正常に動作するスマホに限られます。

良品であれば、機種変更でも他社からの乗り換え(MNP)でも使えるキャンペーンなので、まずは自分のスマホの下取り価格がいくらかチェックしておきましょう。

MEMO

・最大56,100円相当のポイント還元

・画面割れ品でも下取り可能

auのキャンペーン3|かえトクプログラム

iphone_安い_auのキャンペーンかえトク

出典:https://www.au.com/

かえトクプログラム」は端末を2年に1回は買い換える人にお得なキャンペーン。

au回線の有無を問わずにかえトクプログラムで端末を購入できるので、au回線を契約するつもりがない人にもおすすめできます。

24回払いを条件に購入機種の2年後の価値を残価(最終回支払い分)として設定し、本体価格から残価分を差し引くことで、23回までの支払いは割賦料金が安くなります。

iphone_安い_分割支払いイメージ

出典:https://www.au.com/

上の画像の例だと以下のようになります。

本体代金:96,600円

残価(最終回支払い金額(24回):38,640円

割賦払い:2,520円×23回

残価分は最終回支払い月に新しい機種に買い替え・当該機種を返却すると支払いが不要になります。

上の例だと38,640円割引相当です。

もし25ヶ月目に機種変更しない場合、au回線を契約している方は最終回支払い分を再度24回に分割されます。

注意
申し出がない限り自動で分割されてしまうので、最終月に払い切りたい方は注意してください。

端末が故障した場合は利用料が発生し、iPhoneの場合は22,000円です。

MEMO

・23回までの支払いが割安になる

・au回線の有無を問わず、キャンペーンを受けられる

au_オンラインショップ

>>>auオンラインショップを詳しくみる!<<<

auオンラインショップ
公式サイトはこちら

格安SIMでiPhoneを安く買う方法とは?

iPhone_sim

とにかく安くiPhoneを買いたいという人には格安SIMでiPhoneを買うことも考えましょう。

主に旧モデルのiPhoneを安く購入できますし、SIMフリーや中古のiPhoneを販売している格安SIMもあります。

おすすめ格安SIM

格安SIMについてより詳しく知りたい方は以下の記事も参考になります。

ワイモバイル

iphone_安い_格安SIMワイモバイル

出典:https://www.ymobile.jp/

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで格安SIMと格安スマホを提供しています。

回線はソフトバンクの自社回線を使っているため、他の格安SIMよりも安定した通信が可能で、全国的に実店舗も展開されている格安SIMです。

2021年2月時点でのワイモバイルで取り扱っているiPhoneは以下の通り。

在庫はオンラインストアのものになります。

機種 機種代金(税込)
iPhone SE(第2世代) 64GB 57,600円
128GB 64,080円

上記の表の通りワイモバイルではiPhoneの取り扱いが少なく、2021年2月時点ではiPhoneSEのみとなっています。

好みのiPhoneがない場合は別で購入してくる必要があります。

ワイモバイルの評判が気になる方は以下の記事を参考にしてみてください。

Y!mobile情報まとめ

・ソフトバンクのサブブランド

・ソフトバンクの自社回線を使っているため、他の格安SIMより通信が安定

・iPhoneの取り扱いはiPhone7、iPhoneSEのみ

Y!_モバイル

>>> Y!Mobileを詳しくみる!<<<

Y!Mobile公式サイトはこちら

mineo

iphone_安い_格安SIMマイネオ

出典:https://h.accesstrade.net/sp/cc?rk=0100ii8b00kn56

mineoはドコモ・au・ソフトバンク回線から選べる格安SIMで、手持ちの端末そのまま、電話番号そのままで利用できることが特徴です。

SIMカードを入れ替えるだけなので、すぐにmineoを利用できます。

2020年12月時点でのmineoで取り扱っているiPhoneは以下の通りです。

機種 機種代金
iPhone SE(第2世代) 64GB 46,800円
128GB 51,840円
256GB 62,880円
iPhone 11 64GB 66,720円
128GB 71,760円
256GB 82,800円
iPhone 8 64GB 29,760円
iPhone XR 64GB 64,800円
128GB 69,840円
iPhone XS 256GB 111,120円

mineoは格安SIMの中ではiPhoneの取り扱い品種が多く、中古品も取り扱っています。

mineoの評判が気になる方は以下の記事を参考にしてみてください。

mineo情報まとめ

・端末・電話番号を変えずに使用可能

・ドコモ・au・ソフトバンク回線から選べる格安SIM

mineo

>>>mineoを詳しくみる!<<<

mineo公式サイトはこちら

IIJmio

iphone_安い_llJmio格安SIM

出典://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3545335&pid=886716914

IIJmioは東証一部上場企業「インターネットイニシアティブ」が提供する格安SIM。

回線はドコモau回線が選べて、家族でデータ容量をシェアできるファミリープランが用意されています。

2020年12月時点でのIIJmioで取り扱っているiPhoneは以下の通りです。

機種 機種代金
iPhone SE 64GB 44,800円
iPhone XR 64GB 46,800円
iPhone 8 64GB 26,800円

IIJmioでは旧モデルiPhoneの中古品を取り扱っています。

在庫や取り扱い機種はその時時で変わりますが、安く機種代金を済ませたい、中古品に抵抗がないという方はチェックしてみてください。

IIJmioの評判が気になる方は以下の記事を参考にしてみてください。

IIJmio情報まとめ

・ドコモとauの回線を選択可能

・家族でデータ容量をシェアできるファミリープラン

・iPhoneの中古品も取り扱っている

IIJmio

>>>IIJmioを詳しくみる!<<<

IIJmioの公式サイトはこちら

安く手に入れた中古のiPhoneを格安SIMで使うには?

iphone_安い_格安SIMとWiMAXとの併用

ここまではiPhoneを安く手に入れる方法を紹介してきました。

価格だけで考えると、中古品の旧モデルのiPhoneを買うのが一番安いです。

ここからは安く手に入れたiPhoneを安く利用していく方法を紹介していきます。

iPhoneを安く利用するには、大手キャリアを利用するよりも格安SIMを利用するほうが月々の利用料金が安くなります。

ですが格安SIMにもデメリットがあるので、以下にておすすめの使い方を紹介します。

安く手に入れたiPhoneを格安SIMを利用する方法

スマホ代を安くしたいなら格安SIMとWiMAXの併用がおすすめ!

格安SIMを使えば大手キャリアと比較して月々の利用料金を節約することが可能ですが、月々使用できる通信量に制限がありますし、通信速度も不安定で遅いです。

通信制限に関しては格安SIMにも大容量プランはありますが、大容量プランだと利用料金が上がってしまうため、大手キャリアとの差が少なくなってしまいます。

そこで格安SIMとWiMAXの併用がおすすめ

WiMAXなら月のデータ容量が無制限のプランがありますし、通信速度も安定して早いです。

ですので格安SIMとWiMAXを併用すると、格安SIMのデメリットを補うことができます。

WiMAXの無制限のプランは格安SIMの基本料金を抑えることができるので、大手キャリアと比較すると月々の利用料金は大幅に節約可能です。

月々の利用料金を節約しながら快適にインターネットを楽しみたいなら、格安SIMとWiMAXの併用をぜひ検討してみてください。

MEMO

・格安SIMの大容量プランは割高

・WiMAXのデータ容量無制限プランで基本料金を抑えられる

iPhoneを安く買う方法|まとめ

iphone_安い_安く買う方法おさらい

以上、iPhoneを安く買う方法を紹介してきました。

あなたに合ったiPhoneを安く買う方法は見つかったでしょうか?

最新モデルがいい人、新品がいい人、中古品でもOKな人など、様々な方がいますが、この記事で自分に合ったiPhoneが安く買うことができれば嬉しく思います。

スマホを安く購入する方法を知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

それでは最後にこの記事のポイントをおさらいしましょう。

「iPhoneを安く買う方法」のまとめ
  • 旧モデル、中古品、Apple認定整備済製品が安い
  • 3大キャリアは取り扱い機種が多く、キャンペーンを使うと安い
  • 最新モデル(SIMフリー)の新品はAppleストアで買うのが安い
  • 格安SIMでは旧モデル・中古品を安く買える
  • 機種代金だけなら中古品が一番安い
  • 安く利用するならWiMAXと格安SIMの併用がおすすめ

ドコモオンラインショップ_ロゴ

>>>ドコモオンラインショップを詳しくみる!<<<

ドコモオンラインショップ
公式サイトはこちら

au_オンラインショップ

>>>auオンラインショップを詳しくみる!<<<

auオンラインショップ
公式サイトはこちら

ソフトバンクオンラインショップ_ロゴ

>>>ソフトバンクオンラインショップを詳しくみる!<<<

ソフトバンク
オンラインショップ
公式サイトはこちら