iPhone12の機種変更で8万円以上得する!
最速かんたん予約方法

AndroidとiPhoneどっちがいい?比較でわかる後悔しない選び方を徹底解説【2020年最新版】

AndroidとiPhoneのどっちがいいのかわからない…
自分に合ったスマートフォンを買いたい!

などと思っていませんか?

スマートフォンは種類がたくさんあって、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

この記事はそんな悩みの中でもAndroidとiPhoneの違いを徹底解説する記事です。

日本で販売されているスマートフォンは大きくAndroidとiOS(iPhone)のどちらかのOSが使われています。

Android、iPhoneそれぞれ価格や機能で特徴を持っていますので、ぜひこの記事を参考に自分に合ったスマートフォンを探しましょう!

「androidとiphone」の違いをざっくりいうと
  • Androidはカスタムの自由度が高く、安価
  • iPhoneはシンプルで使いやすく、セキュリティが強い
  • Androidは画面や設定を自由にカスタムしたい人向け
  • iPhoneは初心者向け
  • 国内シェアは4:6でiPhoneが多い
  • 10月は予約必須の新型iPhoneが発売!5G対応との噂も!

誰よりも早くiPhone12を予約!おすすめ記事

オンラインショップでさらにお得

ソフトバンク・au・ドコモはオンラインショップを利用すれば

\\ 頭金が0円で店舗よりお得! //

  ソフトバンク_オンラインショップ    
ブックマークおすすめ!2020年・新型iPhone最新情報

*2020年新型iPhone12シリーズのリーク情報まとめ

iPhone12_機種変更_アイキャッチiPhone12の機種変更で8万円以上得する!最速かんたん予約方法|予約開始日・発売日・価格などを徹底解説

AndroidとiPhoneはどっちが良い?それぞれのメリット・デメリット

AndroidとiPhoneのメリット
  • 端末のランナップはAndroidが圧倒的に多い
  • いまや先進機能を備えているのはAndroid端末
  • リセールはiPhoneが圧倒的に高い
  • iPhoneは操作に困るとすぐに調べることができる

Android、iPhoneともにそれぞれができること、独自の機能や装備を挙げていきました。

でも、

それぞれのメリットとデメリットを知りたい

ですよね。

そこで、両者のメリットをピックアップし、合わせてデメリットも考えてみましょう

Androidユーザーが言う3つのメリット

ユーザーの意見などを参照したAndroidのメリットは以下の通りです。

Androidのメリット
  1. 端末の選択肢が多い
  2. スマホ決済方法が多彩
  3. 先進機能が備わっている端末がある

①端末の選択肢が多い

端末の種類は、数多くのメーカーから販売されているAndroidに軍配が上がります。

ハイスペックな端末はもちろん、廉価版、シニア向けなど予算や用途に応じて選択できるところはAndroidの大きなメリットといえるでしょう。

②スマホ決済方法が多い

Androidでスマホ決済ではGoogle Payを利用することになります。

iPhoneは同様のサービスApple Payを用意していますが、Google Payのほうが対応している電子マネーが多く、しかも決済がスピーディーに行えるメリットを持ちます。

日常でスマホ決済を利用するユーザーにはAndroidのほうが使い勝手がよいかと思われます。

③先進機能が備わっている端末をラインナップ

もちろん、iPhoneもニューモデルが登場するごとに進化を果たしていますが、装備している機能やスペックなど最新テクノロジーを搭載した端末は、近年、Androidが一歩進んでいます

例えば、iPhoneが備えていない以下の機能はすでにAndroid端末で実現しています。

Androidが採用している機能

・虹彩認証

・画面内指紋認証

・折りたたみ式画面

・回転カメラ

先進機能に注目している人、またギア好きの心をくすぐるのはAndroidかもしれません。

Y!mobile(ワイモバイル)でAndroidの機種がお得なスーパーセール開催中!

期間:10/20(火)~11/16(月)10時

新規・他社からのお乗り換えでスマホベーシックプランM/Rを選ぶと

  • Xperia 10 II 定価54,000円→キャンペーン特別価格36,000円(税込)
  • Android One S7 定価26,640円→キャンペーン特別価格8,640円(税込)
  • Android One X4 定価19,800円→キャンペーン特別価格980円(税込・他社から乗り換えの場合)
  • Android One X4 定価19,800円→キャンペーン特別価格5,400円(税込・新規契約の場合)
  • Y!mobile(ワイモバイル)乗り換えご希望の方は、今がチャンス!

>>> Y!Mobileを詳しくみる!<<<

iPhoneユーザーが言う3つのメリット

一方のiPhoneユーザーは、次のようなメリットをよく挙げています。

iPhoneのメリット
  1. 安定しているカメラ性能
  2. リセールバリューが良い
  3. 情報量が多い

①安定しているカメラ性能

iPhoneのメリットのひとつとしてカメラの性能を挙げたいと思います。

「え、スペック的にはAndroidのハイスペックのほうが優れているのでは?」

との声もあがるかと思いますが、Androidは端末によりカメラの性能差が大きいことを理解しておかないといけません。

しかし、iPhoneはエントリーモデルのiPhone SE(第二世代)でさえ、現状のハイスペックモデルと同等の高画質な画像を撮影することが可能です。

安定した高品質の画像を求めるユーザーはiPhoneを選んで失敗はしないでしょう。

②リセールバリューが良い

リセールバリューを考えたスマホ選びなら、AndroidではなくiPhoneを選ぶべきです。

国内はもとより海外での人気も高いiPhoneは、型落ちや旧型でも下取りや売却時の価格は同時期に発売されたAndroidに比べ圧倒的!

購入時での値段差を考えてもトータルでのコスパは優れています。

③端末についての情報量が多い

国内で圧倒的なシェアを誇るiPhone

使っているユーザーが多いということは、わからないこと、またトラブルに対する解決法がすぐに見つかるというメリットを持っています。

操作方法がわからない、もっとスムーズな操作方法はないだろうか、疑問点をネットなどで検索するとユーザーが答えを用意してくれています。

この点、販売台数が少ないAndroid端末の場合は、なかなか情報や解決方法が出てこないためストレスがたまる…なんてことも少なくないようです。

両者のメリット・デメリット比較

ここまでAndroidとiPhoneのメリットを挙げてきました。

両者のメリットなどを比較して、それぞれの特徴やできることを改めて確認してみましょう

項目 Android iPhone
ホーム画面 カスタム可能 カスタム不可
ただし、操作性は◎
ワンセグ
フルセグ
チューナー搭載機種あり なし
SDカード スロットを装備した機種多数 なし
マルチウインドウ 可能 不可能
操作性 機種によってはカスタムが必要 良好
Appleデバイスとの連携 PCを通さないといけないなど手間がかかる 容易
セキュリティ アプリなどによって変わってくる 高い
アクセサリー 端末によって様々 豊富

Androidの特徴|iPhoneの機能の違いを徹底比較

android iphone_機能比較

次にAndroidとiPhoneに搭載されている機能を比較していきます。

先におすすめ最新Androidをみる

Y!mobile(ワイモバイル)でAndroidの機種がお得なスーパーセール開催中!

期間:10/20(火)~11/16(月)10時

新規・他社からのお乗り換えでスマホベーシックプランM/Rを選ぶと

  • Xperia 10 II 定価54,000円→キャンペーン特別価格36,000円(税込)
  • Android One S7 定価26,640円→キャンペーン特別価格8,640円(税込)
  • Android One X4 定価19,800円→キャンペーン特別価格980円(税込・他社から乗り換えの場合)
  • Android One X4 定価19,800円→キャンペーン特別価格5,400円(税込・新規契約の場合)
  • Y!mobile(ワイモバイル)乗り換えご希望の方は、今がチャンス!

>>> Y!Mobileを詳しくみる!<<<

Androidに搭載されている機能5選

まずはAndroidに搭載されている機能から、以下の機能を紹介します。

Android搭載機能
  • ホーム画面ウィジェットのカスタマイズ
  • 豊富なロック解除機能
  • おサイフケータイの種類
  • ジェスチャーアプリが使える
  • マルチタスクが可能

それぞれ詳しく紹介していきます。

その1 ホーム画面やウィジェットのカスタマイズ

android iphone_ホーム画面とウィジェット

出典:https://news.mynavi.jp/

Androidの最大のメリットの一つはホーム画面やウィジェットのカスタマイズ自由度が高いことです。

Google Playのアプリストアにはホーム画面用の無料アプリがいくつもありますし、アプリも画面上の好きな場所に設置が可能です。

iPhoneだとアプリは画面左上から順に並び、カスタムは順番の入れ替えのみですが、Androidだと自由にアプリの場所を設定できますので、アプリの位置や壁紙写真の見え方などにこだわれます。

またAndroidではGoogle検索ウィジェットが配置できますが、iPhoneではできません

Google検索ウィジェットがあると、ブラウザを立ち上げなくても検索が可能なので、かなり便利です。

その2 豊富なロック解除機能

ロック解除の方法はAndroidの方が豊富です。

iPhoneではSE(第2世代)で指紋認証が搭載されましたが、その他の機種ではFace IDと言われる顔認証が主流。

Androidはメーカーと機種によって違いますが、顔認証、指紋認証、虹彩認証と採用されているロック解除機能が豊富です。

現在では顔認証と指紋認証が主流となっています。

顔認証はマスクだと認証されない場合があるなど不評も聞きますので、顔認証以外の認証方法があるスマートフォンを選ぶならAndroidのほうが選択肢が多いです。

その3 おサイフケータイの種類

Androidのスマートフォンはおサイフケータイの種類が豊富です。

iPhoneも7以降にApple Payというおサイフケータイと同じような機能が搭載されましたが、対応している電子マネーの種類はAndroidのほうが多いです。

それぞれ対応している電子マネーは以下の通り。

電子マネー Android iPhone
Suica
iD
QUICPay
nanaco ×
WAON ×
楽天Edy ×

nanacoやWAON、楽天Edyでポイントを貯めている方はAndroidを選びましょう。

ちなみにイオンカードをApple Payに登録して使うことは可能です。

イオンカードでWAONと同じようにポイントを貯めることができるので、iPhoneでWAON POINTを貯めたい方はイオンカードを活用しましょう。

その4 ジェスチャーアプリが使える

Androidはジェスチャーアプリが充実しています。

スマートフォンは大画面化が進んでおり、片手の操作が難しくなってきています。

そんな時に便利なのがジェスチャーアプリです。

Androidではジェスチャーアプリが充実しており、大画面のスマートフォンでも操作が容易。

Android10以降は「ジェスチャーナビゲーション」という機能も搭載されました。

例えば「Smart Task Launcher」というアプリを入れると以下のうようなことができます。

iPhoneでは「AssistiveTouch」という機能があり、AssistiveTouchを活用することである程度片手でも操作できるようにカスタムできます。

ですが使い勝手としてはAndroidのジェスチャーアプリが便利です。

その5 マルチタスクが可能

Androidではマルチウインドウ機能という機能が搭載されているため、マルチタスクが可能です。

android iphone_マルチタスク

出典:https://www.galaxymobile.jp/

上の画像はGalaxyのもので、画面を2分割表示ポップアップ表示の2つのやり方で画面を2つ並べることができます。

自分が使っているAndroidのスマホだと、2分割表示のみが可能なので、メーカーや機種によって変わるようです。

ブラウザを2つ並べてウェブサイトを比較したり、動画を見ながらブラウジングをしたり、食べログを見ながらGoogleMapを開いたりすることもできます。

分割に対応していないアプリがあり、全てのアプリが分割できるわけではありませんが、マルチタスクを行うには便利な機能です。

ちなみにiPhoneではマルチウインドウ機能は搭載されていません。

分割できるアプリはApple Storeで手に入れることはできますが、有料であったり、無料でもあまり機能的ではなかったりします。

ユーザーに聞くAndroidの使い勝手

実際、Androidを日常使いしているユーザーは、使い勝手についてどう見ているのでしょうか?

やはり、マルチウィンドウやホーム画面設定については評価が高いようです。

オンラインショップでさらにお得

ソフトバンク・au・ドコモはオンラインショップを利用すれば

\\ 頭金が0円で店舗よりお得! //

  ソフトバンク_オンラインショップ    

iPhoneの特徴|Androidの機能の違いを徹底比較

android iphone_機能比較

先におすすめ最新iPhoneをみる

iPhoneに搭載されている機能5選

次にiPhoneに搭載されている以下の機能を紹介します。

iPhone搭載機能
  • 3Dタッチ機能がある
  • 有名アプリ・ゲームが多い
  • メール着信時の表示
  • 指紋認証顔認証の精度が高い
  • 全てのデータのバックアップ可能

それぞれ詳しく紹介していきます。

その1 3Dタッチ機能がある

android iphone_3Dタッチ機能

出典:https://appllio.com/

iPhoneには画面を強く押し込むことで、様々な操作ができるができる3Dタッチ機能がついています。

例えばアプリのアイコンをタップし、そのまま押し込むように押し込むと、3Dタッチを検知し、アプリを開かなくてもメニューにアクセスできる「クイックアクション」を表示します。

3Dタッチ機能を使うとLINEを既読なしで読むことも可能です。

その2 有名アプリ・ゲームが多い

AndroidよりiPhoneの方が有名なアプリやゲームが多く揃っています。

なぜならAndroidはスマートフォンの機種が多すぎて対応が難しいからです。

iPhoneとAndroidはOSが違うため、それぞれ対応をしないといけません。

しかもAndroidはGoogleが無料で提供しているOSで、様々なメーカーがAndroidを利用してスマートフォンを作っています。

その分、機種が増えてしまい対応が難しくなるのです。

またApple Storeでアプリを提供・販売するためには審査があります。

Google Playでも審査はあるのですが、Apple Storeでの審査のほうが厳しく、その分クオリティが高いアプリが多くなっています。

その3 メール着信時の表示

スリープ中のメール着信時の表示にも違いがあります。

iPhoneはスリープ時にメールを受信すると着信音とともに以下が画面に表示されます。

メールを受信すると表示されるのは?
  • 送り主
  • 件名
  • 本文の一部

ロックを解除しなくても内容がある程度わかるので、よくメールやLINEなどメッセージを受け取る人には便利です。

一方Androidはスリープ時に着信音は鳴るものの、画面は真っ黒のまま。

メールを受信する度に画面を点灯させる必要があります。

その4 指紋認証や顔認証の精度が高い

iPhoneの指紋認証や顔認証の精度はAndroidと比較して、高いと言われています。

特にiPhoneの顔認証は3次元顔認証が搭載されており、顔の凹凸を含めた3次元情報の認証が行われることで、精度が高いのが特徴です。

しかもiOS13から顔認証でも指紋認証でも認証速度がかなり速くなっています。

Androidと比較すると、顔認証・指紋認証ともにiPhoneの方がスピードも精度も高いと言えるでしょう。

その5 全てのデータのバックアップ可能

iPhoneには標準で全データをバックアップする機能が搭載されています。

アプリの配置ゲームアプリのデータ、電話履歴メッセージ写真ビデオなどなどすべてのデータをバックアップ可能。

バックアップ先はiCloudもしくはパソコンが選べます。

Androidでもバックアップ機能は搭載されていますが、復元できるのはアプリやメッセージ、着信履歴、写真、連絡先などの基本データのみ。

ゲームデータやアプリのデータなどはバックアップされず、データの引き継ぎが可能かはアプリ次第です。

ユーザーに聞くiPhoneの使い勝手

このような特徴を持つiPhone。

ユーザーは使い勝手や特徴について、どのように感じているのでしょうか。

オンラインショップでさらにお得

ソフトバンク・au・ドコモはオンラインショップを利用すれば

\\ 頭金が0円で店舗よりお得! //

  ソフトバンク_オンラインショップ    

Androidの方がiPhoneより優れているポイント4選

android iphone_androidのおすすめポイント

ここからはAndroidの方がiPhoneより優れているポイントを紹介します。

Androidのおすすめポイント
  • 機種代を安く済ませられる
  • SDカードにデータが保存できる
  • ストラップがつけられる
  • ワンセグに対応している

では以下にて詳しく紹介していきます。

先におすすめ最新Androidをみる

Y!mobile(ワイモバイル)でAndroidの機種がお得なスーパーセール開催中!

期間:10/20(火)~11/16(月)10時

新規・他社からのお乗り換えでスマホベーシックプランM/Rを選ぶと

  • Xperia 10 II 定価54,000円→キャンペーン特別価格36,000円(税込)
  • Android One S7 定価26,640円→キャンペーン特別価格8,640円(税込)
  • Android One X4 定価19,800円→キャンペーン特別価格980円(税込・他社から乗り換えの場合)
  • Android One X4 定価19,800円→キャンペーン特別価格5,400円(税込・新規契約の場合)
  • Y!mobile(ワイモバイル)乗り換えご希望の方は、今がチャンス!

>>> Y!Mobileを詳しくみる!<<<

機種代を安く済ませられる

既述ですが、全体的にiPhoneよりもAndroidの機種の方が機種代が安いのは優れているポイントです。

スマートフォンを価格で選ぶなら、Androidがいいでしょう。

上でも紹介しました表をもう一度記載しておきます。

モデル 価格
iPhone11pro 106,800円~
iPhone SE(第2世代) 44,800円~
Pixel4 89,800円~
Xperia10Ⅱ 41,976円
GalaxyA41 39,600円

同等程度のモデルならAndroidのほうが安いですし、Androidの場合1万円台の格安スマホも販売されています。

とにかく価格を抑えたいという方はAndroidのスマホで探しましょう。

SDカードにデータが保存できる

AndroidはmicroSDカードを利用できる機種が多いです。

XperiaGalaxyAQUOSHUAWEIなど人気の機種でほとんど利用できます。

iPhoneではmicroSDカードに限らず、外部ストレージは利用できません。

現在のスマートフォンでは高画質での写真や動画撮影が可能です。

高画質になると、その分容量は増えますので、内蔵ストレージだけだと容量がいっぱいになりやすくなります。

AndroidではSDカードが利用できるので、容量がいっぱいになりづらいです。

ちなみにAndroidでもPixelシリーズは外部ストレージが利用できません。

その代わり、Google DriveやGoogleフォトを無制限でアップロード可能です。

ストラップがつけられる

Androidのスマートフォンではストラップホールがついています。

ストラップは使わない人は使わないのですが、装飾や落下防止などなど、使う人にとっては重要なポイントです。

もともとストラップは海外では普及していないため、iPhoneではストラップホールはついていません。

ストラップホールが必須の方はスマートフォンを購入する前に確認しましょう。

もしiPhoneなどのストラップホールがない機種でストラップを使いたい場合はストラップホールが追加できるアクセサリを別途購入する必要があります。

注意
Androidでもストラップホールがない機種も販売されているので要確認!

ワンセグに対応している

Androidのスマートフォンはワンセグに対応しているため、スマートフォンでテレビを見ることが可能です。

iPhoneだとワンセグに対応している機種は全くありません。

「自宅だけでなく、外出先でもテレビを見たい」という人は少なくないです。

普段はテレビを見ていなくても、何かリアルタイムで見たい番組が放送される時に外にいると、ワンセグ非対応のスマートフォンではどうすることもできません。

外出先でも確実にテレビを見たい方は、ワンセグに対応しているAndroidのスマートフォンを選びましょう。

オンラインショップでさらにお得

ソフトバンク・au・ドコモはオンラインショップを利用すれば

\\ 頭金が0円で店舗よりお得! //

  ソフトバンク_オンラインショップ    

iPhoneの方がAndroidより優れているポイント5選

android iphone_iPhoneのおすすめポイント

次にiPhoneの方がAndroidより優れているポイントです。

iPhoneのおすすめポイント
  • バッテリーが持ちが良い
  • 有名アプリ・ゲームが多い
  • セキュリティが強い
  • ケースが豊富
  • 操作がわかりやすい

それぞれ詳しく紹介していきます。

先におすすめ最新iPhoneをみる

バッテリーが持ちが良い

android iphone_バッテリー長持ち

iPhoneの方がAndroidよりバッテリーの持ちが良いです。

iPhoneの方がAndroidよりバッテリー容量が少なめではありますが、iOSが未使用のアプリをバックグラウンドで制御しているため、バッテリーの持ちが良くなっています。

一方Androidはバックグラウンドで未使用アプリが稼働していることがあり、その分バッテリーの持ちが悪いです。

またiPhoneのほうがバッテリー容量が少ないですが、その分充電時間は短いというメリットもあります。

有名アプリ・ゲームが多い

既述ですが、AndroidよりiPhoneの方が有名なアプリやゲームが多く揃っていることもiPhoneの方が優れているポイントです。

Apple Storeへの登録審査が厳しい分、クオリティが高いアプリやゲームが揃っており、セキュリティも強くなっています。

またAndroidへの対応が難しい、または時間がかかるため、iPhoneにしかない有名なアプリやゲームがある場合も。

逆にAndroidにしかないアプリもありますが、どちらかと言うとクオリティ面で劣るものが多いです。

セキュリティが強い

android iphone_強固なセキュリティ

iPhoneはセキュリティの強さでもAndroidよりも優れています。

iPhoneのiOSはAppleからOSのコードが公開されていないので、不正にコードが改変されるリスクが低いと言われているからです。

またiPhoneではアプリの入手はApple Storeからのみ可能です。

AndroidではGoogle Play以外でもアプリの入手が可能で、そういったアプリは安全性が保証されていません。

また先述の通り、iPhoneのアプリはApple Storeへ登録する際に厳しい審査があり、セキュリティ面でも優れたアプリが多いです。

Androidでもセキュリティ面に問題があるアプリは、運営側が発見次第、削除していますが、iPhoneと比較すると隙があります。

もしAndroidのスマートフォンを利用するなら、セキュリティソフトを利用するなど、セキュリティ対策をしっかり行うようにしましょう。

ケースが豊富

android iphone_豊富なケースの種類

出典:https://twitter.com/yodobashi_sappo/

iPhoneはAndroidのスマートフォンと比べて、ケースの種類が圧倒的に多くなっています。

家電量販店に行けば一目瞭然ですが、iPhoneのコーナーとAndroid全機種のコーナーを比べても、iPhoneのコーナーが広いです。

iPhone用のケースのみを販売しているお店もあるなど、種類は桁違いに多くなっています。

理由はiPhoneはAppleのみが製造・販売をしていることもあり、機種が少ないからです。

Androidは様々なメーカーが色んな機種を製造・販売しているため、iPhoneに比べて機種が多くなります。

機種が多くなると、作らないといけないケースも増えますが、どの機種が売れるのかは蓋を開けてみないとわかりません。

売れないスマートフォンのケースを作ることはメーカーにとってはリスクでしかないので、作らないメーカーが多いのです。

iPhoneなら新機種は多くても3機種ほど。

しかもiPhoneの国内シェアは半分以上なので、作るメーカーが多くなります。

操作がわかりやすい

iPhoneの方が操作がわかりやすいです。

iPhoneはAppleができるだけシンプルで直感的に操作しやすいようにデザインしているからです。

Androidは各メーカーでカスタマイズされていますし、ユーザー側でも色んなカスタマイズができます。

その分メーカーが変わると操作が異なったり、カスタマイズによっては操作が複雑になってしまうというのが難点です。

iPhoneはAndroidと比較して、カスタマイズ性は低いのですが、その分無駄がありません。

iPhoneはAppleが製造をしているため、歴代の機種で操作性が一貫しており、新しいiPhoneに機種変更をしても問題なく使えます。

操作のわかりやすさではAppleが一括で製造しているiPhoneが上です。

オンラインショップでさらにお得

ソフトバンク・au・ドコモはオンラインショップを利用すれば

\\ 頭金が0円で店舗よりお得! //

  ソフトバンク_オンラインショップ    

AndroidとiPhoneのおすすめ端末

AndroidとiPhoneの違い_4

おすすめ機種
  • Android、iPhoneともに売れ筋はエントリーモデル
  • リーズナブルな端末を数多く選択できるAndroid
  • AndroidとiPhoneはともにハイズペックモデルを用意

AndroidとiPhoneそれぞれの特徴がわかってきたところで知りたいのが、

AndroidとiPhoneはどんな端末があるの?

ですよね。

それぞれの売れ筋モデルやイチオシモデルを紹介していきましょう。

Androidの人気端末

arrows Be4(富士通)

AndroidとiPhoneの違い_5

ドコモのエントリー端末として高い人気を誇るarrows Be4 F-41A。

23,760円(ドコモ)で購入可能な格安スマホですが、有機ELディスプレイや、おサイフケータイ対応、さらに防水・防塵、タフネスボディと高い機能性を備えています。

スペック arrows Be4
ディスプレイ 5.6インチ有機EL
解像度 2,220×1,080/FHD+/画面比率19.5:9
サイズ 高さ147mm×横幅70mm×厚さ8.9mm
メモリ/容量 メモリ3GB+容量32GB
カメラ メインカメラ/シングルカメラ・画素数:13.1MP
全面カメラ/ベゼル内蔵式インカメラ・画素数:8.1MP
バッテリー容量 2,780mAh

 

端末代金一括払い(分割払い)

【ドコモ】

新規契約:23,760円〜(660円〜)

MNP:7,260円〜(201円〜)

機種変更:23,760円〜(660円〜)

 

Xperia10 Ⅱ(ソニーモバイル・コミュニケーションズ)

AndroidとiPhoneの違い_6

リーズナブルな価格にもかかわらず、トリプルカメラや超縦長有機ELディスプレイを備えたコスパ抜群のスマホ

Xperiaのミドルレンジに位置するスマホですが、有機ELディスプレイが有する画質の良さが特徴です。

スペック Xperia10 Ⅱ
ディスプレイ 6インチ有機EL
解像度 2,520×1,080/FHD+/画面比率21:9
サイズ 高さ157mm×横幅69mm×厚さ8.2mm
メモリ/容量 メモリ4GB+容量128GB
カメラ メインカメラ/画素数:12MP+8MP+8MP
前面カメラ/画素数:8.MP
バッテリー容量 3,600mAh

 

端末代金一括払い(分割払い)

【ドコモ】

新規契約:41,976円〜(1,166円〜)

MNP:25,476円〜(707円〜)

機種変更:41,976円〜(1,166円〜)

【au】

新規契約:49,990円〜(1,730円〜)

※webお得割利用:48,990円〜(-)

MNP:49,990円〜(1,730円〜)

※webお得割利用:27,990円〜(-)

機種変更:49,990円〜(1,730円〜)

【Ymobile】

新規契約:41,760円〜(1,160円〜)

MNP:41,760円〜(1,160円〜)

機種変更:46,800円〜(1,300円〜)

Y!mobile(ワイモバイル)でAndroidの機種がお得なスーパーセール開催中!

期間:10/20(火)~11/16(月)10時

新規・他社からのお乗り換えでスマホベーシックプランM/Rを選ぶと

  • Xperia 10 II 定価54,000円→キャンペーン特別価格36,000円(税込)
  • Android One S7 定価26,640円→キャンペーン特別価格8,640円(税込)
  • Android One X4 定価19,800円→キャンペーン特別価格980円(税込・他社から乗り換えの場合)
  • Android One X4 定価19,800円→キャンペーン特別価格5,400円(税込・新規契約の場合)
  • Y!mobile(ワイモバイル)乗り換えご希望の方は、今がチャンス!

>>> Y!Mobileを詳しくみる!<<<

Google Pixel 4a(Google)

AndroidとiPhoneの違い_7

5.8インチ有機ELディスプレイを備えたGoogleのミドルモデル。

片手で操作しやすいサイズを採用したことや143gに重量を抑えたことなど操作性を重視したスマホです。

搭載するメインカメラはシングルカメラですが、高画質な画像が撮影できるとユーザーからは好評のようです。

スペック Google Pixel 4a
ディスプレイ 5.81インチ液晶
解像度 2,340×1,080/FHD+
サイズ 高さ144mm×横幅69.4mm×厚さ8.2mm
メモリ/容量 メモリ6GB+容量32GB
カメラ メインカメラ/シングルカメラ・画素数:12.2MP
前面カメラ/画素数:8MP
バッテリー容量 3,140mAh
端末代金一括払い(分割払い)

【ソフトバンク】

新規契約:49,680円〜(1,035円〜)

MNP:49,680円〜(1,035円〜)

※web割利用:24,840円〜(1,035円〜)

機種変更:49,680円〜(1,035円〜)

【gooleストア】
SIMフリー端末:42,900円〜(-)

Androidの注目端末

Galaxy Z Flip(サムスン)

AndroidとiPhoneの違い_8

メインディスプレイとカバーディスプレイを備えた折りたたみ式スマホ

本体を横に折り畳めることで、非常にコンパクトになり持ちやすさは抜群の端末です。

見た目のインパクトは抜群ですが、機種代金は179,360円(au)と高額

ハイスペックスマホに属しますが、搭載されるデュアルカメラの性能はやや残念なスペックです。

スペック Galaxy Z Flip
ディスプレイ メイン:6.7インチ有機EL
サブ:1.1インチ
解像度 2,636×1,080/FHD+
サイズ オープン/高さ167mm×横幅74mm×厚さ6.9mm
クローズ/高さ87mm×横幅74mm×厚さ15.5mm
メモリ/容量 メモリ8GB+容量256GB
カメラ メインカメラ/画素数:12MP+12MP
前面カメラ/画素数:10MP
バッテリー容量 3,300mAh

 

端末代金一括払い(分割払い)

【au】

新規契約:179,360円(5,200円〜)

MNP:179,360円(5,200円〜)

機種変更:179,360円(5,200円〜)

 

OPPO Reno A(オッポ)

AndroidとiPhoneの違い_9

約3万円台で購入できるミドルクラスのSIMフリースマホ。

リーズナブルな価格ですが、見た目は高級感があるデザインでデュアルレンズカメラを搭載しています。

日常生活で便利な防水・防塵、おサイフケータイ機能も備えるなど、欲しいものはすべて揃っている、といま注目の一台です。

スペック OPPO Reno A
ディスプレイ 6.4インチ有機EL
解像度 2,340×1,080/FHD+/画面比率19.5:9
サイズ 高さ158.4mm×横幅75.4mm×厚さ7.8mm
メモリ/容量 メモリ6GB+容量64GB
カメラ メインカメラ/画素数:16MP+2MP
前面カメラ/画素数:25MP
バッテリー容量 3,600mAh

 

端末代金一括払い(分割払い)

【SIMフリー端末】

28,999円〜(-)

iPhoneの人気端末

iPhone SE(Apple)

AndroidとiPhoneの違い_10

第二世代となるiPhone SEは2020年5月に登場。

iPhone8をベースに開発されたiPhone SEは、ハイスペックモデルに搭載されたCPUを備え高い処理能力を誇ることが大きな特徴です。

大手キャリアはもちろん、格安SIMでも購入でき、価格も5万円台からとコスパ抜群のため、人気が高いのは当然のことでしょう。

スペック iPhone SE
ディスプレイ 4.7インチRetina HDディスプレイ/液晶
解像度 1,334×750
サイズ 高さ138.4mm×横幅67.3mm×厚さ7.3mm
メモリ/容量 容量64GB 、128GB、256GB
カメラ メインカメラ/シングルカメラ・画素数:12MP
前面カメラ/シングルカメラ・画素数:7MP
バッテリー容量 非公表

 

端末代金一括払い(分割払い)

【ドコモ】

新規契約:57,024円〜(1,584円〜)

MNP:23,349円〜(972円〜)

機種変更:57,024円〜(1,584円〜)

【au】

新規契約:55,720円〜(1,250円〜)

※Online Shopお得割利用:44,720円〜(-)

MNP:55,720円〜(1,250円〜)

※Online Shopお得割利用:33,720円(-)

機種変更:55,720円〜(1,250円〜)

【ソフトバンク】

新規契約:57,600円〜(1,200円〜)

MNP:57,680円〜(1,200円〜)

※web割利用:36,000円〜(750円〜)

機種変更:57,600円〜(1,200円〜)

【SIMフリー端末】

47,000円〜

 

iPhone 11(Apple)

AndroidとiPhoneの違い_11

iPhoneのエントリーモデルとして登場したiPhone 11。

大手キャリアの各種割引を最大限利用するとリーズナブルに購入できるため、高い人気を誇っています。

注目したい機能はカメラで、デュアルカメラには超広角レンズも搭載

従来、人のみが対象だったポートレートモードが人物以外にも適用可能となり、新機能のスローフィーで120fpsのスローモーション撮影ができるなど、多彩な機能を備えたことで撮影の幅が広がりました。

スペック iPhone 11
ディスプレイ 6.1インチLiquid Retina HDディスプレイ/液晶
解像度 1.792×828
サイズ 高さ150.9mm×横幅75.7mm×厚さ8.3mm
メモリ/容量 容量64GB 、128GB、256GB
カメラ メインカメラ/画素数:12MP+12MP
前面カメラ/シングルカメラ・画素数:12MP
バッテリー容量 非公表

 

端末代金一括払い(分割払い)

【ドコモ】

新規契約:87,120円〜(2,420円〜)

MNP:65,120円〜(1,808円〜)

機種変更:87,120円〜(2,420円〜)

 

【au】

新規契約:90,720円〜(2,520円〜)

※Online Shopお得割利用:79,270円〜(-)

MNP:90,270円〜(2,520円〜)

※Online Shopお得割利用:68,720円〜(-)

機種変更:90,720円〜(2,520円〜)

 

【ソフトバンク】

新規契約:89,280円〜(1,860円〜)

MNP:89,280円〜(1,860円〜)

※web割利用時:67,680円〜(1,410円〜)

機種変更:89,280円〜(1,860円〜)

【SIMフリー端末】

78,246円〜

iPhone 7(Apple)

AndroidとiPhoneの違い_12

2016年に発売されたiPhone 7がいまだ高い人気を得ているのはYmobileをはじめとする格安SIMメーカーが販売しているためです。

ただ、人気を集めた結果、現在は多くの格安SIMで販売終了となり購入することができなくなりました。

端末自体はApple Payが利用できるなど、日常使いの不満を感じることは少ないはず。

むしろ、ホームボタンや指紋認証などiPhone 11などでは廃止された機能が備わっていることで利便性を感じるユーザーも数多くいるようです。

スペック iPhone 7
ディスプレイ 4.7インチ液晶
解像度 1,334×750
サイズ 高さ138.3mm×横幅67.1mm×厚さ7.1mm
メモリ/容量 容量32GB 、128GB、256GB
カメラ メインカメラ/シングルカメラ・画素数:12MP
前面カメラ/シングルカメラ・画素数:7MP
バッテリー容量 非公表
端末代金一括払い(分割払い)
【Ymobile】
新規契約:24,480円〜(2,178円〜)

MNP:24,480円〜(2,178円〜)

機種変更:29,520円〜(2,948円〜)

iPhone注目の端末

iPhone 11 Pro(Apple)

AndroidとiPhoneの違い_13

現状、iPhoneのラインナップで最もハイスペックなスマホ

iPhone 11と比較すると、トリプルカメラを備えていること、また有機ELディスプレイを採用したことなどが大きな違いとなります。

カメラは超広角、広角、望遠を備えたトリプルカメラを採用。

iPhone 11ではできない、望遠でのポートレートモードを可能にしています。

またバッテリーの性能も大幅にアップ。駆動時間が大幅に伸びたことに加え、急速充電アダプターが同梱されたことで短時間にチャージできるのも嬉しいポイントです。

スペック iPhone 11 Pro
ディスプレイ 5.8インチSuper Retina XDR有機EL
解像度 2,436×1,125
サイズ 高さ144.0mm×横幅71.4mm×厚さ8.1mm
メモリ/容量 容量64GB 、256GB、512GB
カメラ メインカメラ/画素数:12MP+12MP+12MP
前面カメラ/シングルカメラ・画素数:12MP
バッテリー容量 非公表
端末代金一括払い(分割払い)
※iPhone11 Proの場合

【ドコモ】

新規契約:126,720円〜(3,520円〜)

MNP:104,720円〜(2,908円〜)

機種変更:126,720円〜(3,520円〜)

【au】

新規契約:127,440円〜(3,170円〜)

※Online Shopお得割利用:116,440円〜(-)

MNP:127,440円〜(3,170円〜)

※Online Shopお得割利用:105,440円〜(-)

機種変更:127,440円〜(3,170円〜)

【ソフトバンク】

新規契約:127,200円〜(2,650円〜)

MNP:127,200円〜(2,650円〜)

※web割利用時:105,600円〜(2,200円〜)

機種変更:127,200円〜(2,650円〜)

【SIMフリー端末】

106,800円〜

スマホを乗り換える前に必ず知っておくべき注意点2選

ndroid iphone_乗り換え時の注意点

格安SIMを使っている方は自分で機種変更をする必要があります。

その際には以下の2点に注意しましょう。

注意
端末によって利用できない回線もある

初期設定を自分でする必要がある

端末によって利用できない回線もある

端末の対応バンド(周波数帯)によっては使える回線が異なるため、端末によっては契約したい格安SIMでは使えないとう場合があるので注意が必要です。

各キャリアが使用しているバンドは一部で異なっており、スマートフォン本体も各バンドに対応・非対応が異なっています。

ですのでバンドが合わないキャリアとスマートフォンの組み合わせでは「電波がつながらず使用できない」ということがあるので要注意。

事前に使いたい端末が契約予定の格安SIMで利用可能かを確認しましょう。

とはいえ各格安SIMでは複数のキャリア回線で利用できるところがほとんどです。

「絶対にドコモの回線を使いたい」などと特定の回線にこだわらなければ、問題ないでしょう。

初期設定を自分でする必要がある

格安SIMの端末はAPN設定という初期設定を自分でする必要があります。

MEMO
APNとは「Access Point Name(アクセスポイント名)」の略です。

アクセスポイントはスマートフォンをインターネットに接続するための「中継地点」のようなもの。

スマートフォンの回線でインターネットを利用するためには「どの携帯電話会社のAPNを利用するか」を設定しないといけません。

ドコモなどの大手キャリアの場合は購入時にAPNは設定されていますが、格安SIMの端末では設定されていないため、自分で設定する必要があります。

とはいえAPN設定は手順通りに進めれば誰でも設定可能です。

不安な方は契約予定の格安SIM公式サイトにて初期設定の手順が紹介されていますので、事前に確認しておきましょう。

AndroidとiPhoneユーザーはどちらの方が多い?国内外のシェアを比較

ndroid iphone_シェア率比較

最後にAndroidとiPhoneのユーザーはどちらのほうが多いのか、国内外のシェアを見てみましょう。

データのソースは統計データサイト「StartCounter:https://xera.jp/entry/iphone-android-share」で、2019年の各国で利用されているモバイルOSのシェアで比較しています。

まずは全世界のデータから見てみましょう。

android iphone_全世界データ

出典:https://xera.jp/

表にすると以下の通りです。

Android iOS その他
74.14% 25.26% 0.6%

約75%がAndroidで約25%とiOSいうシェアとなっており、大部分はAndroidで占められています。

次に日本のデータを見てみましょう。android iphone_日本のデータ

出典:https://xera.jp/

表にすると以下の通りです。

Android iOS その他
38.28% 61.58% 0.14%

全世界のシェアとは全く違い、約60%がiOSで、Androidは約40%。

日本ではiOSのシェアがかなり多くなっています。

端末のメーカー別に見ると以下の通り。android iphone_端末メーカー別グラフ

出典:https://xera.jp/

Appleが圧倒的に抜きん出ており、いかに日本でiPhoneを利用している人が多いのかがわかります。

シェアが多いから優秀な端末だとは決めつけることはできませんが、使っている人が多い端末は何か困ったことがあると周りに相談しやすいという利点もあるので、初心者にはいいかもしれません。

ちなみに日本以外ではアメリカが同じようにiOSが約60%のシェア。

北米地域とオセアニア地域にてiOSとAndroidのシェアが拮抗しています。

AndroidとiPhoneの購入方法を知りたい

AndroidとiPhoneの違い_14

AndroidとiPhoneの端末購入方法
  • Androidをリーズナブルに買うならオンラインショップ
  • オンラインショップ独自のサービスやキャンペーンがある
  • Apple Storeで販売されるiPhoneはSIMフリー端末
  • 代替機がApple Storeには用意されていない

ひと昔前まで携帯端末を購入するにはどうすればいいか、という問いには、

大手キャリアの店舗で携帯端末を購入するに決まっているでしょ!

と答えたものです。

ただ、SIMフリー端末が登場したことやコロナ禍によりスマホ端末をオンラインショップなどで購入することが一般的になってきました。

Android、iPhoneの購入方法について紹介していきましょう。

Amazonでも購入できる??Androidの買い方

Androidの端末を購入する場合、大手キャリアかそうでないかで入手できる箇所が違ってきます。

大手キャリアのスマホを購入できる箇所
  • ドコモ、au、ソフトバンクが運営する公式ショップ
  • 複数のキャリアを取り扱う携帯ショップ
  • 家電量販店
  • オンラインショップ(キャリア運営&正規代理店)
格安SIMスマホを購入できる箇所
  • オンラインショップ(格安SIM公式&正規代理店)
  • その他のオンラインショップ&ショッピングサイト
  • 家電量販店
  • 格安スマホが運営する公式ショップ

大手キャリアや格安SIM問わずに、これからAndroidのスマホの購入を考えている方はネットでの購入をおすすめします。その主な理由は以下の通り。

ネット購入のメリット
  • オンラインストア限定キャンペーンの恩恵を受けることができる
  • 機種変更手数料やその他の経費を抑えることができる
  • 返品対応・キャンセルも問題なくできる
  • SIMフリー端末はネット購入で安く手に入る

オンラインストアの限定キャンペーンは割引だけでなく、タイムセールや在庫が豊富に用意されているメリットもあります。

またSIMフリー端末はAmazonでも販売されておりタイムセールなどで、お得に購入できることも。

もちろん、いちいち販売店に向かい時間をかけながら端末を購入しなくてもいいというメリットもあります。

ネットで購入した場合でも、しっかりとしたサポートを受けることは可能

次回、Androidのスマホを購入する際は、ネットでの購入をぜひ検討してみてください!

Apple Store?販売店??iPhoneの買い方

iPhoneの購入を考えたとき悩むのが、大手キャリアの販売店かApple Storeどちらで買えばいいのかということ。

そもそも、販売店ではなくApple Storeで購入するメリットはなにかを考えてみました。

Apple Storeで購入するメリット
  • SIMフリー端末を購入できる
  • 大手キャリアや格安SIMなど通信事業者を自由に選択できる

まずApple Storeで販売されているiPhoneはキャリアのロックがかかっていないSIMフリー端末だということを覚えておきましょう。

ご存知の通り、販売店でロックを解除しない限り、ドコモで購入したiPhoneはauやソフトバンクのSIMを挿しても使えません。

しかし、Apple Storeで販売されているSIMフリーのiPhoneであれば、大手キャリアはもちろん格安SIMも利用可能

自分の使用状況に合わせて、各社の月額料金プランからぴったりなものを選ぶことができます。

ただ、当然デメリットもあります

Apple Storeで買うデメリット
  • 本体価格の実質負担金が高くなる
  • 端末購入代金と通信量がまとまらない
  • 修理のときが面倒&代替機が借りれない

大手キャリアでiPhoneを購入した場合、端末に対しての割引や、2年契約することで大幅に負担が減るオプションが用意されています。

一方、Apple Storeで購入した場合は、本体価格を一括、もしくは分割で支払うことになるため、同じ機種でも負担が5万円近く違ってくることも…。

また大手キャリアで端末を購入すると、月額利用料と機種代金をまとめて支払うことができますが、Apple Storeで購入すると当然、別々に支払う必要があります。

大きな問題ではないかもしれませんが、面倒だと思うユーザーもいるのではないでしょうか。

また、故障や修理が必要な場合、大手キャリアで購入すると専門ショップへ持ち込むことで修理の手続きがすぐにできたり、代替機を用意してくれますが、Apple Storeで購入した場合は代替機の用意はありません

いまや、スマホがない生活は考えられない時代ですが、修理の期間に端末がない状況を強いられるのは不安が残りますよね。

これらのメリット、デメリットや使用状況、求めるニーズを考え、大手キャリアの販売店で買うか、Apple Storeで買うかを判断してください。

Android⇔iPhoneへの各種移行

AndroidとiPhoneの違い_16

それぞれへの移行方法
  • Android〜iPhoneへの移行はアプリを使うと便利
  • 両者に移行できないデータも存在する
  • アプリを利用できない場合は、店舗でも移行が可能

AndroidとiPhoneの違いを知ることで、今所有しているAndroidからiPhone、またiPhoneからAndroidへの買い替えを考える方もいるのではないでしょうか。

ただ、機種を変えるだけならともかく、

アドレスや画像をそれぞれに移行できるの…?

という不安を感じてしまいます。

それぞれへのデータ移行方法を調べてみました。

画像や動画、アドレスなどのデータをどう移行する?

AndroidとiPhoneとのデータ移行で、とくに重視したいのがアドレスやそれぞれの端末で撮影した画像や動画の移行。数多くの思い出を記録した画像や動画は、けして失いたくないですよね。

それぞれにデータ移行するためのはいくつか方法があります

自分に合うデータ移行方法をセレクトしてください。

①Googleアカウントを利用

Androidユーザーはもちろん、iPhoneユーザーでもGoogleのアカウントを持っている方は数多くいるはず。

このGoogleにはデータを移行するサービスがあることをご存知でしたか?

グーグルアカウントで移行できるデータは、写真動画のみならず、メール(gmail)や連絡先、カレンダーやメモまで可能としています。

②「iOSに移行」アプリを利用

AndroidからiPhoneにデータを移行する場合、Appから「iOSに移行」アプリを入手することで簡単に乗り換えできます。

手順はアプリの「Androidからデータを移行」ボタンをタップし、あとは流れに沿って操作するだけ

ただ、ミュージックや、ブック、PDFは手動で移動する必要があります。

③大手キャリアのサービスを利用

ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアにはそれぞれデータを移行するサービスが用意されています。

大手キャリアの移行サービス

・ドコモ「ドコモデータコピー

・au「データお預かり

・ソフトバンク「かんたんデータコピー」「Move to iOS

いずれも専用のアプリをダウンロードするだけで、簡単にデータの移行が完了。安心して端末を買い換えることができます。

④販売店でのサービスを利用する

自分でデータ移行するのは面倒だし不安だ、という方は販売店のデータ移行サービスを利用しましょう。

また、ドコモの「DOCOPY(ドコピー)」など、店内に設置された専用機器でもデータの移行は可能です。

ただ、コロナ禍の影響により販売店へは事前予約が必要になるなど、時間と手間がかかってしまうデメリットもあります。

移行できない各種データ

データ移行ができないものこれまで紹介したデータ移行方法でも、すべてのデータを移行できるわけではありません。

それぞれに移行できないデータを挙げてみました。

それぞれに移行できないデータ
  • SMS、MMS,キャリアメール
  • アプリ
  • Google Pay、Apple Pay

ここに挙げたものは残念ながら、乗り換え先の端末にはデータ移行ができません。

特にアプリは、両者で互換性がなく、乗り換え後にそれぞれで用意されているものがあったとしても改めてダウンロードが必要です。

これらを引き続き利用したい場合は、原則的に乗り換えは難しいことを知っておきましょう。

データ移行の裏技

Android、iPhoneへのデータ移行について知っておくと便利な裏技を挙げてみました。

①iPhoneのiTunesデータをAndroidへ移行

iPhoneユーザーの多くがお気に入りの音楽をiTunesに入れているのではないでしょうか。

このデータはいままで紹介した方法では移行できません

ただし、PCを経由するとAndroidスマホへ移行が可能となります。

Windowsの場合

①PCにiTunesをダウンロードし、Apple IDでログイン。

②Android端末をPCに接続後、iTunesに保存されている音楽データを選択し、Android端末のMusicフォルダにコピー。これでデータ移行は完了です。

Macの場合

①AndroidをPCに接続。

②Googleが提供する「Android File Transfer」をダウンロード後、アプリを開き「Music」フォルダを選択。

③音楽データを選択し、「Music」フォルダにコピー、これで移行は完了します。

②Google PayのSuicaをiPhoneへ移行

先程お伝えしたように、Google PayをそのままiPhoneへ移行することはできません

しかし、Google Payに登録したSuicaはアプリを利用することで移行することが可能です。

移行方法

①Android端末でモバイルSuicaを起動しログイン、「携帯端末の機種変更」をタップ、「機種変更」を続けてタップすることでSuicaがサーバへの退避が完了。

②購入したiPhoneでSuicaアプリをダウンロードし起動、「機種変更」をタップ、登録メールアドレスやパスワードを入力後、「完了」をタップ。

③その後、新たなパスワード情報の入力を終えたあと、会員登録内容確認画面で「機種変更する」をタップ。

④携帯情報端末機種変更画面で「実行する」をタップすると移行が完了します。

タイプ別に見るAndroidに向いている人、iPhoneに向いている人

AndroidとiPhoneの違い_17

AndroidとiPhoneどちらに向いてるか?
  • 端末やカスタムに精通している人はAndroid
  • 操作で悩みたくない人やApple製品ユーザーはiPhone
  • 総合的にはAndroid。ただアクセサリー類重視ならiPhone一択

AndroidとiPhoneへの移行について、思っていたほど難しくがないことがわかりました。

乗り換えを考える人にとって最後に知りたいのが、

私はどちらに向いているのだろうか
ですよね。

そこでタイプ別にAndroidかiPhone、どちらに向いているかを考えていきましょう。

Androidに向いているタイプ

これまでに紹介してきたAndroidの特徴やメリットを考えると、向いている人は次のようなタイプだと思われます。

Androidに合う人
  • 端末を自分の仕様に合わせカスタムしたい人
  • 機能やデザインに特化した端末を選びたい人
  • とにかく安く端末を購入したい人
  • わからないことがあっても自分で解決できる人

iPhoneに向いているタイプ

逆にiPhoneに向いている人は次のようなタイプでしょう。

iPhoneに向いている人
  • 操作などで悩みたくない人
  • 端末をアクセサリーでカスタムした人
  • Apple製品を所有している人
  • 信頼性を重視したい人

Y!mobile(ワイモバイル)でAndroidの機種がお得なスーパーセール開催中!

期間:10/20(火)~11/16(月)10時

新規・他社からのお乗り換えでスマホベーシックプランM/Rを選ぶと

  • Xperia 10 II 定価54,000円→キャンペーン特別価格36,000円(税込)
  • Android One S7 定価26,640円→キャンペーン特別価格8,640円(税込)
  • Android One X4 定価19,800円→キャンペーン特別価格980円(税込・他社から乗り換えの場合)
  • Android One X4 定価19,800円→キャンペーン特別価格5,400円(税込・新規契約の場合)
  • Y!mobile(ワイモバイル)乗り換えご希望の方は、今がチャンス!

>>> Y!Mobileを詳しくみる!<<<

結局、どちらがおすすめなのか

iPhoneの新機種発表前ではありますが、現状の端末で考えるとコスパや機能の充実度からAndroidの端末をおすすめします。

使い勝手についても、iPhoneにAndroidが劣ることはありません

むしろ、自分に合うカスタムを施すことで利便性が格段によくなるケースもあります

ただ、iPhoneからAndroidへの移行で注意したいのは機種選び

先程、説明したようにAndroidの端末は種類が多く、自分が求める機能が備わっているかどうかの見極めが重要になってきます。

ならば、リーズナブルな端末でもハイエンドモデルと見劣りしないiPhoneでいいのでは、となるのが難しいところなのですが…。

AndroidとiPhone まとめ

android iPhone_価格機能の総まとめ

以上、AndroidとiPhoneの違いを比較してきました。

大きなメリット
Androidは画面や設定のカスタムの自由度が高く、比較的安価

iPhoneシンプルで使いやすく、セキュリティが強い

ざっくり考えてぴったりなのは?
Androidは色々カスタムしたい人や安いスマホがほしい人向け

iPhone初心者向け

と分類することが可能です。

その他にも紹介した特徴を加味して、自分に合っていると思う方を選びましょう。

この記事が納得できるスマートフォン選びの参考になれば嬉しいです。

AndroidとiPhoneの違いをおさらい
  • Androidはカスタムの自由度が高く、安価
  • iPhoneはシンプルで使いやすく、セキュリティが強い
  • Androidは画面や設定を自由にカスタムしたい人、安いスマホがほしい人向け
  • iPhoneは初心者向け
  • 国内シェアは4:6でiPhoneが多い
オンラインショップでさらにお得

ソフトバンク・au・ドコモはオンラインショップを利用すれば

\\ 頭金が0円で店舗よりお得! //

  ソフトバンク_オンラインショップ    

おすすめ関連記事