AQUOS sense3を徹底レビュー|口コミ評判から分かった便利な機能・スペックを全解説

アクオス_口コミ

「シャープのスマホAQUOS sense3ってどうなの?」

「AQUOS sense3の評判を知りたい」

この記事では上記のようなお悩みにお答えします。

AQUOS sense3は、近年10万円前後するのが当たり前のスマートフォンの中で、AQUOS sense3はなんと3万円台です。

ここまで安いと「安かろう悪かろうじゃないのか?」と心配になりますよね。

この記事ではAQUOS sense3の口コミ評判からおすすめする人・しない人や販売しているキャリア、同じAQUOSシリーズのスマホとの比較などをしていきます。

AQUOS sense3の購入を検討されている人はぜひこの記事を参考にしてください。

AQUOS sense3の全体評価
価格
(4.5)
使いやすさ
(3.0)
バッテリー
(5.0)
カメラ
(3.0)
総合
(4.0)
「AQUOSスマホの評判」をざっくりいうと
  • AQUOS sense3は3万円台で多機能なコスパが高いスマホ
  • 普段使いの性能のスマホで十分な人におすすめ
  • 3Dゲームなど、使い込みたい人には向かない
  • AQUOS sense3はドコモ・auで販売中
  • AQUOS sense3を縛り無く買うなら格安SIMが安い
  • AQUOS sense3でキャリアなら来店・手数料・待ち時間0の『ドコモオンラインショップ』での機種変更が最もお得!

ドコモオンラインショップ_公式サイト

>>> ドコモオンラインショップを詳しくみる!<<<

ブックマークおすすめ!2020年・新型iPhone最新情報

*2020年新型iPhone12シリーズのリーク情報まとめ

iPhone12_機種変更_アイキャッチiPhone12機種変更で8万円以上得する!最速かんたん購入方法と買い替えキャンペーン・価格などを徹底解説

スマホの機種変更・乗り換え

iPhone 12 公式オンラインショップなら…
  • 事務手数料・頭金6,000円以上が0円
  • 予約にかかる待ち時間も0分
  • 実店舗より在庫が豊富だから最短でスマホが手に入る!

1,000万人以上が使っている

公式オンラインショップで 申し込みがお得

ワイモバイル_ロゴ

【最安】楽天モバイルでAQUOS sense3 liteが実質1,000円台で購入可能!

AQUOSsense3lite

楽天モバイルでは、現在AQUOS sense3 liteが実質1,000円台で買えてしまうお得なキャンペーンを実施中です!

キャンペーン内容を詳しく見ていきましょう。

楽天モバイル_キャンペーン

楽天モバイルでは、Rakuten UN-LIMIT Vに申し込む+対象のスマホを購入することで、最大27,000円相当のポイント還元が受けられるキャンペーンを開催中です。

AQUOS sense3 liteは、22,000円相当のポイント還元を受けることができます。

そのため、23,619円ー22,000円=1,619円で購入することが可能です。

AQUOS_sense3_lite_ポイント還元

AQUOS sense3シリーズは、バッテリーの持ちやディスプレイの美しさなど、値段の割に使いやすくクオリティの高い機種となっています。

普段使いのスマホを探している…という方には最高のスマホだと言えますね。

AQUOS sense3 liteを一番安く買うことができるのは、「楽天モバイル」です。

終了日未定のキャンペーンとなっていますので、気になる方はぜひお早めにチェックしてみてくださいね!

口コミ評判からわかったAQUOS sense3をおすすめする人・しない人

アクオス_おすすめ

まずAQUOS sense3をおすすめする人・しない人を紹介します。

それぞれの評判も紹介しますので参考にしてみてください。

AQUOS sense3をおすすめする人

AQUOS sense3をおすすめするのは以下の人です。

AQUOS sense3をおすすめ
  • コスパが高いスマホがほしい人
  • 普段使いの性能で十分な人
  • キャリアでの購入なら、キャンペーンがお得なドコモオンラインショップがおすすめ!

ドコモオンラインショップ_公式サイト

>>> ドコモオンラインショップを詳しくみる!<<<

AQUOS sense3は約30,000円という安さでありながら、カメラがデュアルレンズで4,000mAhの大容量バッテリー搭載などコスパが非常に高いスマホです。

同じ時期に発売したGalaxy A20というAQUOS sense3よりも安いスマホが発売されています。

ですがGalaxy A20はカメラがシングルレンズでバッテリー容量は3,000mAhなど、AQUOS sense3と比較すると性能は全体的に落ちてしまいます。

AQUOS sense3はゲームや動画がサクサク動くようなハイスペックモデルではありませんが、普段使いのスマホとしては十分です。

普段使いの性能でコスパの高いスマホがほしい人はAQUOS sense3がおすすめです。

「バッテリーが持つ」「普段使いにはまったく問題ない」という評判が多くなっています。

AQUOS sense3をおすすめしない人

AQUOS sense3をおすすめしないのは以下の人です。

AQUOS sense3をおすすめしない
  • 高性能のスマホがほしい人
  • とにかく安いスマホが欲しい人

まず高性能のスマホが欲しい人にAQUOS sense3がおすすめできない理由はあくまでもミドルレンジモデルだからです。

  • 高性能のスマホでサクサクゲームや動画を見たい
  • カメラでキレイな写真や動画を撮りたい

上記のような点を重視する場合は、ハイスペックモデルを選んだ方が良いでしょう。

AQUOS sense3のようなミドルレンジモデルのスマホは、基本的に処理能力やカメラ性能でハイスペックモデルに劣ります。

また価格重視の方もAQUOS sense3はおすすめできません。

上でも紹介しましたが同時期にAQUOS sense3よりも安いGalaxy A20というスマホが発売されているからです。

AQUOS sense3は他のスマホと比較するとかなり安いのですが、同じ時期に発売されたGalaxy A20と比較すると

MEMO
AQUOS sense3:31,680円
Galaxy A20:21,384円

以上のように、Galaxy A20の方が10,000円以上、安い価格です。(2020年9月時点ではドコモオンラインショップでの販売は終了しています。)

もちろん性能はAQUOS sense3の方が優れていますが、とにかく安いスマホが欲しい人はGalaxy A20の方がいいでしょう。

また、中古でも関係ないというかたは中古スマホを選ぶと安くスマホを手に入れることができます。

他のスマホについてもどんな種類が人気・おすすめなのか知りたい!という方はこちらも合わせてお読みください。

スマホ_おすすめ_アイキャッチ 【2021最新】スマホおすすめ人気機種ランキング厳選27選 |SIMフリー・キャリアにも対応

「音がちっちゃい」「ホーム画面のカスタマイズがききづらい」「ずっとゲームをしてると動作がもっさりしてくる」など性能面のネガティブな評判が多くなっています。

AQUOS sense3のスペックはどう?口コミ評判を徹底調査

アクオス_スペック

次にAQUOS sense3のスペックについて紹介します。

AQUOS sense3のスペック一覧

まずはAQUOS sense3のスペックを一覧表で紹介します。

AQUOS sense3のスペック
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約148mm×約70mm×約8.9mm
ディスプレイサイズ サイズ:約5.5インチ

解像度:Full HD+(1,080×2,160)

重量 約167g
OS Android(TM)9
CPU Snapdragon(TM)630
バッテリー容量 4,000mAh
内蔵メモリ(RAM/ROM) RAM 4GB/ROM 64GB
バッテリー容量 4,000mAh

以下にてそれぞれ詳しく紹介してきます。

AQUOS sense3の本体サイズ

アクオス_本体

AQUOS sense3の本体サイズと重量、ディスプレイサイズは以下の通りです。

MEMO
本体サイズ(高さ×幅×厚さ):約148mm×約70mm×約8.9mm
重量:約167g
ディスプレイサイズ:約5.5インチ

AQUOS sense2と比較すると

項目 AQUOS sense3 AQUOS sense2
本体サイズ(高さ×幅×厚さ) 約148mm×約70mm×約8.9mm 約148mm×約71mm×約8.4mm
重量 約167g 約155g
ディスプレイサイズ 約5.5インチ 約5.5インチ

とほとんど同じですが、バッテリー容量が2,700mAhから4,000mAhと大きくなったこと、カメラがデュアルレンズになったためか約12g重くなっています。

ディスプレイサイズは5.5インチと大きめのサイズで、iPhoneだと6Plus・6sPlus・7Plus・8Plusが同じサイズです。

片手での操作が難しくなっていますが、ブラウジングや動画、ゲームが見やすくなっています。

また持つ際に手にかかりやすい側面と背面に丸みのある手になじむデザインになっているため、大きめサイズですが持ちやすいです。

AQUOS sense3のカラーバリエーション

アクオス_4色

AQUOS sense3のカラーバリエーションは以下の5色展開です。

AQUOS sense3のカラーバリエーション
  • ライトカッパー
  • ブラック
  • シルバーホワイト
  • ディープピンク(ドコモ限定)
  • ソフトピンク(au限定)

ドコモ・auともに限定カラーがあり、それぞれ4色展開で販売。

2キャリア合計で5色のカラーバリエーションがあります。

全体的に落ち着いた色味で、上品で持ちやすいカラーです。

「カラーバリエーションが好き」「カバーつけるから大して意味ない()」などという評判がありました。

AQUOS sense3のバッテリー

アクオス_バッテリー

AQUOS sense3には4,000mAhという大容量バッテリーが搭載されています。

またディスプレイが省エネ性能が高いIGZOディスプレイなので、最大で1週間バッテリーが持ちます。

もちろん平均的な使い方をした場合1週間ということで、ゲームや動画を長時間利用すると、バッテリーの減りは早いです。

それでも最大1週間となるとかなり長持ち。

数日は充電しなくても大丈夫なので、充電をよく忘れる人や旅行によく行く人などはAQUOS sense3はかなり役立ちます。

とにかくスマホのヘビーユーザーでない限り、「バッテリーがかなり持つ」という評判が多いです。

AQUOS sense3のメモリとストレージ

AQUOS sense3のメモリーとストレージは以下の通りです。

MEMO
メモリ(RAM):4GB
ストレージ(ROM):64GB

価格が3万円ということを考えると、メモリ4GB、ストレージ64GBは十分なスペック。

メモリ4GBは3Dゲームをやり込む人でもなければ、スムーズな操作が可能なメモリです。

ただし3Dゲームなど重いゲームをやりたい人にとっては動作が重く感じるかもしれません。

またストレージは外部ストレージがmicroSDXC512GBまで使用可能なので、十分でしょう。

「3Dゲームとかしないから問題ない」「ゲーム中に固まる」といった評判があり、ゲームをする人かどうかで評価が別れています。

AQUOS sense3 主なスペックのまとめ
  • AQUOS sense3の全体的なスペックは値段の割には高い!
  • 大きさはiPhone 8Plusと同じくらいで動画視聴などに最適なサイズ
  • メモリとストレージは普段使いには十分だがゲームをする人にとっては足りない可能性も
  • AQUOS sense3はバッテリーの持ちが最強
  • AQUOS sense3は豊富なカラーバリエーションが特徴
  • コスパが良い・かつバッテリーの持ちを重視する方がよりおトクに購入するならオンラインショップがおすすめ!

docomo_onlineshop
au_onlineshop
SoftBank_onlineshop

AQUOS sense3の機能は良い?ユーザーのリアルな口コミ評価

アクオス_口コミ

ここからはAQUOS sense3の機能についてです。

評判がある場合はあわせて紹介します。

AQUOS sense3の機能一覧

AQUOS sense3の機能は以下の通りです。

AQUOSsense3の機能
認証システム 指紋認証
顔認証
カメラ 標準:約1200万画素
広角:約1200万画素
インカメラ:約800万画素
おサイフケータイ 対応
防水(お風呂対応)/防塵 IPX5/IPX8(◯)/IP6X
便利機能 スクロールオート

ClipNow

エモパー

それぞれ詳しく紹介していきます。

AQUOS sense3の認証システム

AQUOS sense3の認証システムは指紋認証と顔認証の2つを採用しています。

顔認証だとスマホをつけるとスグにロックが解除されてとても便利ですが、マスクなどをしていると認証されないことも多いです。

顔で認証がされない時に指紋認証がついていると、ストレスなくスムーズにロックが解除できて便利。

3万円という価格を考えると、指紋認証顔認証の2つの認証システムが搭載されいるのはかなりコスパが高いと言えます。

「指紋認証と顔認証の両方が使えるのは良い」「反応が悪い」と2つ使えることにはポジティブなものの、感度に対してはネガティブな評判が見られました。

AQUOS sense3のカメラ

アクオス_カメラ

AQUOS sense3のカメラ性能は以下の通りです。

AQUOS sense3のカメラの性能
  • 標準カメラ:約1200万画素
  • 広角カメラ:約1200万画素
  • インカメラ:約800万画素

AQUOS sense3のアウトカメラは標準&広角のデュアルレンズ。

画素数はアウトカメラがそれぞれ約1200万画素、インカメラが約800万画素と3万円のスマホと考えると十分すぎる性能です。

また撮りたいものにカメラを向けるだけでAIが9つの被写体とシーンに合わせた最適なモードを自動でセレクトしてくれます。

また動画を撮影するだけでAIが笑顔などのいいシーンを判別して、約15秒のショートムービーを自動作成する「AIライブストーリー」という機能も搭載。

カメラが苦手な方でも簡単にいい写真や動画を撮影することができます。

「写真が綺麗」という評判と「特に夜の写真が駄目」という評判があるなど、どのくらい写真にこだわるかで評判が別れています。

AQUOS sense3のおサイフケータイ

AQUOS sense3はおサイフケータイに対応しています。

HUAWAI、Xiaomi、OPPOなど中華系スマホを中心におサイフケータイに対応していないスマホもありますが、AQUOS sense3は安価ながらしっかりと対応。

アウトカメラのデュアルレンズの真ん中にFeliCaマークが配置されており、おサイフケータイとして使う場合はアウトカメラレンズあたりをかざすと「ピッ」と支払いが可能です。

AQUOS sense3の防水防塵レベル

AQUOS sense3の防水防塵レベルは以下の通りです。

MEMO
防水(お風呂対応):IPX5/IPX8(◯)
防塵:IP6X

AQUOS sense3の防水レベルについてですが、

IPX5:いかなる方向からの水の直接噴流によっても電話としての性能を保つ

IPX8:常温の静水で水深1.5mの水槽に静かに約30分間鎮めて放置しても、製品内部に浸水せずに電話としての性能を保つ

をそれぞれ示していることから、AQUOS sense3は高い防水性能を備えています。

お風呂対応は◯ということですが、温水にAQUOS sense3を沈めたり、お湯をかけたりすると浸水や故障の原因になるので注意しましょう。

次にAQUOS sense3の防塵レベルについてです。

IP6X:完全な防塵構造を示していることから、スマホへの粉塵の侵入が完全に防護されます。

AQUOSシリーズに搭載されている便利機能

最後にAQUOSシリーズに搭載されている便利機能を3つ紹介します。

スクロールオート

SNSやWebサイトを閲覧中に自分で画面をスクロールしなくても、自動でスクロールしてくれる機能です。

画面をゆっくり上下にスクロールし、表示される矢印の上で指を離すと自動で画面スクロールを開始。

スクロール速度の調整も可能で、スクロールを停止したい時には画面をタッチすれば停止できます。

ClipNow

ClipNowはスクリーンショット機能で、指一本で画面の上部をなぞるだけでスクリーンショットを撮ることができます。

画面上部をなぞるので誤って通知バーが降りてくることもありますが、慣れればかなり便利。

各社共通のスクリーンショット方法「電源+音量(ー)長押し」と比較してもかなり手軽にスクリーンショットが可能です。

エモパー

エモパーは「エモーショナルパートナー(Emotional Partner)」の略で、AQUOSシリーズに搭載されている人工機能です。

SiriやGoogleアシスタントと違って、エモパーはシーンに応じてタイミングよく話しかけてくれます。

話しかけてくれる内容は不在着信やニュース・天気、電車の遅延情報、降りる駅、予定、ToDoなど。

煩わしく感じる人もいるかと思いますが、使いこなせると便利ですし、楽しいですよ。

「愛着がある」「かわいい」など、エモパーは便利さよりも親しみやすさが好評です。

AQUOS sense3の主な機能のまとめ
  • AQUOS sense3は顔認証・指紋認証どちらにも対応している
  • カメラに関しては、スマホのカメラに対してのこだわり次第
  • AQUOS sense3はおサイフケータイに対応している
  • AQUOS sense3は防水・防塵に関してもばっちり対策してある
  • スクロールオート・ClipNow・エモパーなど独自機能も充実している!
  • 便利な機能がたくさんのAQUOS sense3を購入するならオンラインショップ

docomo_onlineshop
au_onlineshop
SoftBank_onlineshop

AQUOS sense3を販売している携帯キャリア|ドコモ・au・格安SIM

アクオス_格安

ここからはAQUOS sense3を販売している携帯キャリアを紹介していきます。

AQUOS sense3を販売しているキャリア

AQUOS sense3はドコモとauの2キャリアで販売されています。

各キャリアの販売価格は以下の通り。

MEMO
ドコモ:31,680円
au:27,600円

上記の価格にキャリアごとにキャンペーンを適用すれば、さらに実質負担額が安くAQUOS sense3を購入することが可能です。

利用できるキャンペーンと割引後価格は以下の通り

利用できるキャンペーン
  • ドコモ「端末購入割引」(他社乗り換え(MNP)の場合):15,800円
  • au「かえトクプログラム」:22,080円
  • au「au Online Shop お得割」:新規11,000円割引、乗り換え(MNP)22,000円割引

auの場合は「かえトクプログラム」と「au Online Shop お得割」は併用可能です。

au Online Shopお得割は新規・他社乗り換え(MNP)限定で、在庫限りのキャンペーンとなっています。

また上でも紹介しましたが、ドコモauではそれぞれオリジナルカラーを含む4色のカラーバリエーションで展開。

「ライトカッパー」「ブラック」「シルバーホワイト」が共通で、ドコモでは「ディープピンク」、auでは「ソフトピンク」が販売されています。

ちなみにソフトバンクではAQUOS sense3は取り扱っていませんが、AQUOS sense3の上位モデル「AQUOS sense3 plus」はソフトバンクでも販売中です。

大手キャリアの中では、ドコモのキャンペーンを使うと一番お得に購入が可能です!
ドコモオンラインショップ_公式サイト

>>> ドコモオンラインショップを詳しくみる!<<<

AQUOS sense3を最も安く買うなら格安SIMがおすすめ

上ではキャリアでのAQUOS sense3の価格を紹介しましたが、キャンペーンを利用するとなると2年後の機種変更などの条件があります。

条件付きのキャンペーンなど面倒なくAQUOS sense3を安く買いたい方は格安SIMがおすすめです。

例えば格安SIMの「IIJmio」ならAQUOS sense3が26,800円で販売しています。(2020年7月11日時点)

IIJmio会員ならSIMを一緒に申し込まなくても26,800円で購入可能です。

「面倒な条件無く、安くAQUOS sense3を買いたい」という方は格安SIMでの購入をぜひ検討してみてください。

格安SIMで現在AQUOS sense3を取り扱っているのは、以下の6つです。

格安SIM|AQUOS sense3の取り扱いがある会社

IIJmio

>>> IIJmioを詳しくみる!<<<

評判からわかったAQUOSスマホに関するよくある質問2選

アクオス_評判

では最後にAQUOSスマホに関するよくある質問の中でも、AQUOSシリーズの比較についてお答えしていきます。

AQUOS sense2とAQUOS sense3買うならどっち?

まずはAQUOS sense2とAQUOS sense3の比較からです。

AQUOS sense2はAQUOS sense3の旧モデルになります。

結論から言うと、買うならAQUOS sense3がおすすめです。

なぜならAQUOS sense3はスペックが大幅にアップしている一方、価格差はあまりないからです。

まずスペックを比較します。

項目 AQUOS sense2 AQUOS sense3
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約148mm×約71mm×約8.4mm 約148mm×約70mm×約8.9mm
重量 約155g 約167g
CPU Snapdragon450 Snapdragon630
メモリ 3GB 4GB
ストレージ 32GB 64GB
カメラ アウトカメラ:約1200万画素

インカメラ:約800万画素

アウトカメラ:約1200万画素+約1200万画素

インカメラ:約800万画素

バッテリー容量 2,700mAh 4,000mAh

AQUO Ssense3はCPU・メモリが強化・増設されているので動作速度が上がっており、より快適に操作ができます。

ストレージは倍に増えているため、より多く写真や動画が保存可能。

カメラはシングルレンズからデュアルレンズになっているため、より綺麗で幅広く写真撮影ができるようになっています。

最後にバッテリーが2,700mAhから4,000mAhと大容量化しているため、AQUOS sense3は最大1週間充電しなくても大丈夫です。

次に価格です。

au Online Shopの価格で比較します。

MEMO
AQUOS sense2:22,000円
AQUOS sense3:27,600円

価格差は5,600円のみ。

>>>auオンラインショップ<<<

auオンラインショップ公式サイトはこちら

スペック差と価格差を考慮すると、AQUOS sense3の方がコスパが高く、おすすめです。

AQUOS sense3とAQUOS sense3 plusは何が違う?

次にAQUOS sense3とAQUOS sense3 plusを比較します。

まずはスペックの比較表です。

項目 AQUOS sense3 AQUOS sense3 plus
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約147mm×約70mm×約8.9mm 約160mm×約75mm×約8.7mm
重量 約167g 約175g
OS Android(TM)9 Android(TM)9
CPU Snapdragon630 Snapdragon636
RAM 4GB 6GB
ROM 64GB 64GB/128GB
ディスプレイ 5.5インチフルHD 6インチフルHD
カメラ アウトカメラ:約1200万画素+約1200万画素

インカメラ:約800万画素

アウトカメラ:約1220万画素+約1310万画素

インカメラ:約800万画素

バッテリー 4,000mAh 4,000mAh
サウンド モノラルスピーカー Dolby Atmos
ステレオスピーカお
付属 auはワイヤレスイヤホン同梱

AQUOS sense3 plusはAQUOS senseの上位モデルですので、全体的に性能が上がっています。

CPUやRAMの性能が上がっているので、操作性が向上しているといえます。

カメラの画素数が上がり、オーディオはモノラルからステレオに、とスペックはAQUOS sense3 plusがあらゆる面で上回っています。

またauでAQUOS sense3 plusを購入するとワイヤレスイヤホンが同梱。

同梱されるワイヤレスイヤホンはパイオニアのネックバンド型ワイヤレウイヤホン「C7wireless Special Edition」です。

次にそれぞれ価格を比較します。(auにて比較)

AQUOS sense3 AQUOS sense3 plus
現金販売価格 27,600円 39,660円
実質負担金
(かえトクプログラム適用時)
22,080円 31,540円
au Online Shopお得割 新規:11,000円割引
乗り換え:22,000円割引
新規:11,000円割引
乗り換え:22,000円割引
機種変更:3,300円割引

現金販売価格で見ると12,060円の差額、かえトクプログラム適用時には9,460円の差額です。

前述の通り、auでAQUOS sense3 plusを購入するとワイヤレスイヤホンが同梱されます。

C7wireless Special EditionはAmazonで価格を見てみると4,500円ほど。(2020年7月11日時点)

その分を差し引くと、本体は差額約5,000円です。

ワイヤレスイヤホンがほしい場合は、AQUOS sense3 plusを選ぶといいでしょう。

ただし3Dゲームなどの重いゲームをやり込みたい人にはAQUOS sense3 plusはスペック不足です。

またAQUOS sense3の購入を検討されている人は価格に魅力を感じている人が多いかと思います。

価格で考えるとAQUOS sense3 plusは中途半端ですし、全体的に性能が上がったとはいえ、特筆するほどでもありません。

もしAQUOS sense3 とAQUOS sense3 plusで迷っているなら、

ワイヤレスイヤホンもほしい人はAQUOS sense3 plus(auで)

それ以外の方はAQUOS sense3

といったように選ぶといいのではないかと思います。

AQUOSスマホの評判 まとめ

アクオス_まとめ

以上、AQUOS sense3を評判を見ながら紹介してきました。

AQUOS sense3がどんなスマホか、あなたに合ったスマホかはわかりましたでしょうか?

とにかく3万円台とかなり安いのにコスパが高いスマホで、スマホでゲームなどをしない方にはかなりおすすめのスマホです。

一方で3Dゲームなどをする人にはスペックが足りません。

ゲームをやり込みたい人がAQUOS sense3を買ってしまうとかなり不満が出てしまうので注意しましょう。

AQUOS sense3以外の人気スマホのレビューに興味がある方は以下の記事を参考にしてみてください。

それでは最後にこの記事のポイントをおさらいしましょう。
  • 3万円台で多機能なコスパが高いスマホ
  • 普段使いの性能のスマホで十分な人におすすめ
  • 3Dゲームなど、使い込みたい人には向かない
  • ドコモ・auで販売中
  • 縛り無く買うなら格安SIMが安い
  • AQUOS sense3でキャリアなら来店・手数料・待ち時間0の『ドコモオンラインショップ』での機種変更が最もお得!

ドコモオンラインショップ_公式サイト

>>> ドコモオンラインショップを詳しくみる!<<<

ドコモオンラインショップ
公式サイトはこちら