ahamo(アハモ)の乗り換え・MNP方法完全ガイド|MNPの費用や必要なものまで徹底解説

アハモ_MNP_アイキャッチ

アハモに乗り換える時にはMNPが必要なの?
アハモにはどう乗り換えたら良いの?

このように疑問を感じていませんか?

アハモは、ドコモから展開する新料金プランですが、まだサービスが始まって間もないことから、不安点や疑問点が多い方もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事ではアハモに乗り換える方法や手順を場合別に解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

「アハモへの乗り換え(MNP)」ざっくり言うと
  • アハモは20GBで2,970円の驚きの新料金プラン
  • アハモの乗り換えではドコモからの場合はMNP不要
  • ドコモ以外の場合はMNPが必要
  • アハモへ乗り換える時にはオンラインでしか乗り換えられないことなどに注意が必要
  • アハモは低料金&大容量でお得!

ドコモオンラインショップがお得 /

公式オンラインショップなら…
  • 事務手数料・頭金6,000円以上が0円
  • 予約にかかる待ち時間も0分
  • 実店舗より在庫が豊富だから最短でスマホが手に入る!

1,000万人以上が使っている

公式オンラインショップで購入が確実

アハモとは?

アハモ_ギガライト_アハモ

アハモはドコモが提供する20GBで2,970円の新料金プランです。

これまでの新料金プランと違って条件付きの料金ではないため、本当に2,970円で20GBを利用することができるため、大きな注目が集まっています。

その証拠に、ドコモではこれまで12年連続で契約者数は減少していたものの、アハモの発表により契約者数がプラスに転じたそうです。

アハモは格安SIM並みの低料金でありながら、あくまでドコモの新料金プランのため、通信が安定して速いドコモ回線を利用できます。

そのため、通信が安定しているという大手キャリアの良さと料金が安いという格安SIMの良さを良いところどりしたプランがアハモなのです。

また、よりお得にアハモを利用するなら「dカードGOLD」を持ちましょう。

ドコモの料金プランだけではなく、アハモ利用者にもお得がいっぱいで、料金支払を「dカードGOLD」に変更するだけでも、毎月dポイントが貰えます。

そして、アハモを利用している方であれば、2021年9月からボーナスパケットとして+5GBがプレゼントされます。

よりお得にアハモを利用するなら「dカード GOLD」を持っておきましょう。

dカード GOLDの詳細はこちら

ahamo(アハモ)で機種変更すべき?メリット・デメリットまとめ|おすすめ対応機種まで完全ガイド ahamo(アハモ)とは?ドコモ新料金プランのポイント徹底ガイド|デメリット・注意点までまるっと解説 アハモ_ギガライト_アイキャッチahamo(アハモ)とギガライトはどっちがお得?ドコモ新料金プランを10個の観点で徹底比較

【場合別】アハモでは乗り換えでMNPが必要? 乗り換え手順まで解説

アハモ_MNP_乗り換えアハモへの乗り換え手順に関する公式発表はありませんが、現時点でもわかっていることもあります。

それをもとに考えると、アハモでは乗り換える時にMNPが必要かどうかは場合によって異なります。

以下の場合に分けて詳しく見ていきましょう。

【場合別】アハモでは乗り換えでMNPが必要? 乗り換え手順まで解説
MNPとは?
MNP(携帯電話番号ポータビリティ)とは、簡単に言うと電話番号を変えずに通信キャリアを変えることができるサービスです。

MNP手続きを行う時には契約している通信キャリアでMNP転出手続きを行い、「MNP予約番号」というものを入手します。

そして、加入したい通信キャリアで契約する時に「乗り換え(MNP)」を選択し、入手したMNP予約番号を入力します。

これで、携帯電話番号を変えないまま通信キャリアを乗り換えることができるのです。

ただし、ほとんどの場合でMNPを行うと3,000円の事務手数料がかかってしまうので注意が必要です。

ドコモで契約している場合

アハモ_MNP_ドコモドコモで契約している場合、アハモに乗り換えるのは簡単です。

MNPは必要なく、他の料金プランに乗り換える時と同じ手順でアハモに乗り換えることができます。

アハモではオンラインのみの対応になるため、乗り換える時もオンラインでの乗り換えになると予想されます。

ちなみに、通常、ドコモで他の料金プランに乗り換える時にはMy docomoから契約内容・手続きページに移動し、料金プラン・パケットパックの中にある「契約プランを変更する」からプラン変更を行えます。

ちなみに、ドコモからアハモに乗り換える場合、手数料は0円でかからない上、2020年2月現在、先行エントリーすると3,000円分のdポイントを手に入れることができます。

お得にアハモに乗り換えたい時は、今からドコモで先行エントリーを行っておきましょう。

ドコモオンラインショップがお得 /

公式オンラインショップなら…
  • 事務手数料・頭金6,000円以上が0円
  • 予約にかかる待ち時間も0分
  • 実店舗より在庫が豊富だから最短でスマホが手に入る!

1,000万人以上が使っている

公式オンラインショップで購入が確実

ドコモ以外で契約している場合

アハモ_MNP_ドコモ以外ドコモ以外で契約している場合、アハモに乗り換える時には通常と同じようにMNPが必要になると見られています。

具体的には、上でも説明している通り、今契約している通信回線でサポートセンターに電話をかけてMNP転出手続きを行い、MNP予約番号を手に入れます。

そして、アハモで契約する時に「MNP/乗り換え」を選択してMNP予約番号を入力するのです。

ただ、2021年2月現在、アハモはまだサービスが開始されていません。

今ドコモ以外で契約していて、アハモに乗り換えたいと思っている場合は、今のうちにドコモに乗り換えておくのがおすすめです。

他社からドコモに乗り換える時にはもちろんMNPで手数料3,000円がかかりますが、ドコモからアハモに先行エントリーすると3,000円分のdポイントが手に入るからです。

つまり、今なら実質無料で他社からアハモへの乗り換えが行えるのです。

スマホの通信回線を契約してない場合

アハモ_MNP_契約してない現在スマホの通信回線を契約しておらず、アハモでスマホの通信回線を初めて契約したいと考えている場合、MNPは必要ありません。

なぜなら、そもそもMNPとは電話番号を変えずに通信回線を変更する手続きだからです。

スマホの通信回線を初めて契約する場合はそもそも電話番号を持っていないため、MNPを行う必要がないのです。

代わりに、新しく電話番号を取得する必要がありますが、電話番号を取得する時には手数料がかかります。

現在スマホの通信回線を契約してない場合も、今のうちからドコモで契約しておくのがおすすめです。

ドコモならアハモと違って店頭でのサポートを受けながら契約することもできますし、2021年2月現在、ドコモからアハモに先行エントリーすると3,000円分のdポイントが手に入るからです。

アハモに乗り換える(MNP)時の7つの注意点

アハモ_MNP_注意点アハモに乗り換える時には、以下の7つの注意点に気をつける必要があります。

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

注意点①:オンラインでしか乗り換えられない

アハモ_MNP_オンラインアハモに乗り換える時の最大の注意点はアハモがオンラインでしか乗り換えられないことです。

2021年2月現在、アハモへの正式な乗換方法は案内されていませんが、アハモの特徴のひとつとして「サポートはオンラインでのみ行う」というものがあります。

そのため、乗り換える時の手続きも店頭や電話で行うことができず、オンラインでしか行えないと考えられます。

具体的には、オンラインでチャットサポートなどが受けられるようです。

ただ、オンラインでの手続きに慣れている人にとっては大した問題ではないでしょう。

これは普段ほぼネットを利用しない人のみが気にすべき問題です。

注意点②:場合により乗り換え方法が異なる

アハモ_MNP_場合アハモに乗り換える時の注意点として、場合によって乗り換え方法が異なることも挙げられます。

詳しくは上で解説していますが、現在ドコモで契約しているかどうかで乗り換え方法は大きく変わってきます。

具体的には、現在ドコモで契約している場合は通常の料金プランと同じように、My docomoから簡単に乗り換えることができます。

一方、ドコモで契約していない場合は通常通信回線を変更する時と同じように、やや面倒な回線変更の手続きが必要になります。

乗り換え方法を見に行く

注意点③:端末によりSIMカードは異なる

アハモ_MNP_端末これはアハモに限った話ではないのですが、端末により必要なSIMカードが異なる点にも注意が必要です。

実は、SIMカードには以下の3つの種類があり、どれが入っているのかは端末により異なります。

3種類のSIMカード
  • 標準SIMカード
    15mm×25mmのもっとも大きなカード
  • micro SIMカード
    12mm×15mmで一部の格安スマホで使われています
  • nano SIMカード
    8.8mm×12.3mmで多くのスマホに使われています

そして、ドコモ以外からアハモに乗り換える時には、アハモのSIMカードに差し替える必要があるのです。

そのため、自分の端末に入っているSIMカードがどれなのかはきちんと確認しておくようにしましょう。

ちなみに、よほど前に買ったスマホでもない限り、nano SIMカードが入っていることがほとんどです。

ちなみに、これに加えてアハモではeSIMが導入される可能性があります。

eSIMとは、本体内臓型のSIMカードで、わざわざ差し替えなくてもオンラインの手続きで通信回線を簡単に変更することができます。

注意点④:他社からの乗り換えでは3,000円のMNP転出手数料がかかる

アハモ_MNP_転出これもアハモに限った話ではないのですが、ドコモ以外からアハモに乗り換える時には3,000円分のMNP転出手数料がかかるので注意が必要です。

また、MNPの手続きで発行されるMNP予約番号は有効期限が15日で、通信回線を乗り換える時には有効期限が10日以上残っているMNP予約番号が必要とされることが多いことにも注意が必要です。

MNP予約番号を発行したら、速やかに通信回線を乗り換える必要があるのです。

ただし、今のうちにドコモに乗り換えておければ、アハモに乗り換えるのが楽になるだけでなく、先行エントリーで3,000円分のdポイントを手に入れることができます。

つまり、実質無料でMNPを行うことができるのです。

注意点⑤:あなたの端末に対応してない可能性がある

アハモ_MNP_対応してないアハモがあなたの端末に対応してない可能性がある点にも注意が必要です。

おそらく古いスマホでもない限りアハモは対応すると考えられますが、対応してない可能性については心の中に留めておきましょう。

自分が持っている端末がアハモに対応していないものだった場合、アハモに乗り換えるためにはアハモに対応している端末を買う必要があります。

ちなみに、アハモの対応端末は2021年3月1日に発表されます。

注意点⑥:未成年名義では契約できない

アハモ_MNP_未成年アハモは未成年名義で契約することはできません。

ドコモでは13歳以上であれば本人名義で契約することができるのですが、アハモでは20歳以上にならないと本人名義で契約することができないのです。

ただし、これは「アハモは未成年は利用できない」というわけではありません。

未成年であっても、親の名義で契約すれば、問題なくアハモを利用することができます。

注意点⑦:多くの割引を適用できない

アハモ_MNP_割引アハモではドコモで利用できる多くの割引を適用することができません。

アハモでは20GB2,700円とすでにかなり料金が抑えられているため、さすがにこれ以上安い料金で利用することは難しいのです。

ドコモにあってアハモに適用できない割引は、具体的には以下のようなものです。

アハモに適用できない割引
  • みんなドコモ割
    家族が契約しているドコモ回線の数が多くなるほど安くなる割引
  • ドコモ光セット割
    光回線のドコモ光に加入していると受けられる割引
  • dカードお支払割
    料金の支払いにdカード、もしくはdカードゴールドを指定した場合に受けられる割引
  • ファミリー割引
    家族間での通話が無料になる割引

ちなみに、みんなドコモ割については、「ドコモ回線を契約している家族」としてはカウントされますが、自分が割引を受けることはできません。

たとえば、あなたがドコモからアハモに乗り換えた場合、家族の通信回線の料金に影響はありませんが、あなたは割引を受けることができないのです。

アハモに乗り換える(MNP)べき5つのメリット

アハモ_MNP_メリットアハモに乗り換えるメリットには主に以下の5つがあります。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:常識破りの低料金&大容量

アハモ_MNP_低料金アハモの最大のメリットは2,970円という格安SIM並みの低料金でありながら、20GBという大容量である点です。

あまりにもお得であるため、今までドコモや他の大手通信キャリアで契約していた場合、5GBくらいしか使っていなくても、アハモに乗り換えると料金が下がることがほとんどです。

格安SIMで契約していた場合も、10~20GB程度の大容量プランで契約していた場合はアハモに乗り換えると通信料金が下がる可能性があります。

スマホを多く使う方にとっては願ってもないプラン内容と言えるでしょう。

メリット②:通信回線が安定して速い

アハモ_MNP_通信回線アハモでは格安SIM並みの低料金でありながら、通信回線が速くて安定している点もメリットと言えます。

アハモではドコモの回線をそのまま利用しているため、格安SIMのように混雑時間帯に速度が大きく低下することはありません。

混雑時間帯以外も、格安SIMよりも高速での通信が期待できます。

2,970円の低料金でありながら、ほぼドコモを利用しているのと同等の通信回線を手に入れることができるのです。

そのため、今格安SIMで契約していて、速度に不満がある場合も、アハモで契約するのがおすすめになります。

メリット③:通信制限が1Mbpsでゆるめ

アハモ_MNP_通信制限通信制限が1Mbpsでゆるめに設定されている点もアハモのメリットと言えます。

ドコモや他の大手キャリアの通信制限は128Kbpsなのが普通です。

これではまともにサイトを閲覧することもできません。

しかし、1Mbpsであれば、これまでの通信制限の8倍の速度であり、サイトやSNSの閲覧であればおおむね行うことができます。

むしろ混雑時間帯の格安SIMの通信速度より速い場合もあるくらいです。

20GB以上使ってもあまり通信制限でイライラしなくて済むのがうれしいですね。

メリット④:テザリングが無料

アハモ_MNP_テザリングアハモではドコモと同じように、スマホがテザリングに対応していれば、無料でテザリングをすることができます。

そのため、外出先で急にパソコンを使う必要が出てきた時にも対応できます。

最近はテレワークも増えてきたので、テザリングができると便利ですよね。

メリット⑤:海外でも利用できる

アハモ_MNP_海外アハモは海外でも利用することができます。

世界82カ国で利用することができます。

ドコモと比べると若干使えるエリアには限りがありますが、十分実用的な範囲で使えます。

しかも、国内での利用と合わせて20GB以内であれば追加料金無しで利用することができます。

そのため、アハモは世界を飛び回るような仕事をしている人にもおすすめの料金プランと言えます。

アハモの評価は? サービス提供前の口コミまとめ!

アハモ_MNP_口コミアハモはまだサービスが提供されていませんが、すでに大きな注目を集めています。

そのため、口コミも多く集まっています。

そこで、この見出しではアハモにどのような口コミが集まっているのか見ていきましょう。

アハモの悪い口コミ

アハモ_MNP_悪い

アハモは「キャリアメール」など色々使えなくなるものがあることに不満を感じている人がいるようです。

アハモの良い口コミ

アハモ_MNP_良い

アハモはとにかく「安い」ことを評価している良い口コミが多いようです。

アハモへのMNP(乗り換え)が向いている人

アハモ_MNP_向いている人以下のような人はサービスの提供が開始されたらアハモに乗り換えるのがおすすめです。

アハモへの乗り換えがおすすめな人
  • 月3GB以上使う人
  • 通信速度の遅さにイライラしたくない人
  • ドコモ回線を安く利用したい人
  • オンラインの手続きに慣れている人
  • 5分以上の通話をほぼしない人

 

アハモへの乗り換えは基本的に万人におすすめできます。

特にオンラインでの手続きに慣れている若い世代の人はほぼ間違いなくアハモへの乗り換えがおすすめです。

特に1ヶ月の通信容量が多めで、通信速度の速さを求める人にとって、アハモはこれ以上ないほど魅力的な通信回線と言えるでしょう。

ちなみに、5分以上の通話を頻繁にする場合は他の回線を利用することもできますが、アハモでかけ放題オプションに加入する方法もあります。

かけ放題オプションでは、月額1,100円を追加するとどんなに通話しても追加料金がかからなくなります。

また、アハモに乗り換える際には「dカード GOLD」への申し込みも検討しましょう。

dカード GOLD」は11,000円の年会費が掛かりますが、新規入会の場合は、各種設定&カード利用で最大13,000ポイントを受け取ることが出来ます。

それぞれの条件を満たすだけ、年会費以上のポイントをGET出来てしまします。

また、毎月の利用料金を「dカード GOLD」にするだけで、利用料金の10%のポイントを還元してくれますので、実質10%引きでアハモを利用できるのです。

dカード GOLDの詳細はこちら

アハモへのMNP(乗り換え)が向いていない人

アハモ_MNP_向いていない人以下のような人はアハモへの乗り換えが向いていません。

アハモへの乗り換えがおすすめできない人
  • 店頭で相談したい人
  • 1ヶ月の通信容量が3GB以下で、なおかつ現在の回線で家族割、光割などが適用されている人
  • キャリアメールを使いたい人

まずアハモで注意しなければならないのは、家族でドコモを使っていて、1ヶ月あたりの通信容量が3GB以下の人です。

このような人は家族割などのお得な割引が適用される関係で、アハモに乗り換えるとむしろ通信料金が高くなってしまう可能性があります。

アハモへの乗り換えを検討する時には、必ず最初に通信料金が高くなってしまわないか確認するようにしましょう。

ちなみに、このような人はドコモの「ギガライト」を利用するのがおすすめです。

アハモとギガライトは以下の記事で詳しく比較しているので参考にしてみてください。

アハモ_ギガライト_アイキャッチahamo(アハモ)とギガライトはどっちがお得?ドコモ新料金プランを10個の観点で徹底比較

また、アハモでは店頭での相談やキャリアメールの使用ができないので注意しましょう。

店頭で相談したい場合やキャリアメールを使いたい場合も、基本的には「ギガライト」がおすすめです。

月7GB以上使用する場合は、「ギガホ」などが選択肢に入ってくるでしょう。

アハモでのMNP(乗り換え)のまとめ

アハモ_MNP_まとめアハモはドコモが提供する20GBで2,970円の新料金プランです。

アハモに乗り換える時の手順やMNPが必要かどうかは以下の場合別に異なります。

【場合別】アハモでは乗り換えでMNPが必要? 乗り換え手順まで解説

そして、アハモに乗り換える時には以下の5つの注意点に気をつける必要があります。

アハモへの乗り換えには主に以下の5つのメリットがあります。

アハモはドコモから先行エントリーを行うとdポイント3,000円分を手に入れることができます。

今のうちにアハモに乗り換えておきましょう。

また、ドコモへの乗り換え・アハモへの乗り換えの際には「dカード GOLD」への申し込みも検討しましょう。

アハモだけではなく、ドコモユーザーにもお得がいっぱいです。

ドコモユーザーの方であれば、毎月のドコモ利用料金を「dカード GOLD」の支払にするだけで、利用料金1,000円ごとに100ポイントが還元されます。

また、日頃の買い物や公共料金、ドコモの月額サービスやドコモ光なども、ポイント還元の対象となります。

そして貯まったdポイントは、ローソンやマクドナルド、高島屋やマツモトキヨシなど身近なお店で、1ポイント1円として利用する事が出来ます。

毎月の利用料などを「dカード GOLD」にするだけで、お得がいっぱいです。

dカードGOLDの詳細はこちら

ドコモオンラインショップがお得 /

公式オンラインショップなら…
  • 事務手数料・頭金6,000円以上が0円
  • 予約にかかる待ち時間も0分
  • 実店舗より在庫が豊富だから最短でスマホが手に入る!

1,000万人以上が使っている

公式オンラインショップで購入が確実