ahamo(アハモ)の9つのデメリット・7つのメリット激辛ガイド|対応端末からアハモの注意すべき点まで徹底解説

ahamo(アハモ)へ申し込みをしたいけれど細かな手順が知りたい
ahamo(アハモ)に興味があるけれどデメリットってないの?
ahamo(アハモ)の料金やサービス内容を他社のプランと比較してみたい

上記の様な悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

大手3キャリアでは節約に適したコスパの良いプランの利用が開始されました。

この記事では、ドコモの新料金プランである「ahamo(アハモ)」への申し込み手順デメリットを解説します。

また、デメリットだけではなく、他社の新料金プランとも比較をしますので併せて確認して下さい

ahamo(アハモ)のデメリットをざっくり言うと
  • ahamo(アハモ)はキャリアメールが使えない
  • ahamo(アハモ)はかけ放題機能が取り外せない
  • ahamo(アハモ)のdカード払いにしてもお得感が少ない
  • ahamo(アハモ)は店頭・電話でのサポートがない
  • ahamo(アハモ)は家族割引きなどのキャンペーンが適応されない
  • ahamo(アハモ)の対応機種は全93種類
  • ahamo(アハモ)は20歳以上の個人しか契約できない
  • ahamo(アハモ)の支払い方法は口座かクレジット
  • ahamo(アハモ)は3Gには非対応

【ahamoはWEB申し込み限定 】

新しいスマホでahamoを使うなら

ドコモで機種変更•乗り換えをしてから

ahamoへ乗り換えがお得&最速

  • スマホお返しプログラムで機種代金が半額
  • 分割で新しいスマホが購入できる&乗り換え手数料無料
  • 現在ahamoではMNPが停止中
  • ドコモへの乗り換えからahamoへのプラン変更が最速
  • ドコモユーザーならMNPなどの面倒な手続きも不要◎

>>>ahamoへ申し込む!<<<

ドコモ公式サイトはこちら

 

また、ここだけの話「ahamo」×「dカード GOLD」を組み合わせることで、dカード GOLDは3,000円までの利用で10%のdポイント(300ポイント)が還元されます。

他にもケータイ保証で最大10万円のサポートがつくなど嬉しい特典がたくさんです。

今なら最大33,000円分のポイントがもらえてahamo(アハモ)のコスパを最大限に引き上げることができます。

これらのメリットを加味しても、まだ『dカード GOLDを持っていないなら無条件で持っておくべきでしょう。

→dカード GOLDに申し込みをしてみる!

⬇︎ブックマークおすすめ!こんな記事も読まれています

povo(ポヴォ)の申し込みはいつから?申し込み開始日・方法まで最新情報を完全ガイド

LINEMO(ラインモ)の申し込みはいつから?申し込み方法や特徴まで完全ガイド

ahamo(アハモ)の9つのデメリット

ahamo_デメリット_9つのデメリット

ahamo(アハモ)は現行のドコモプランよりも半額以上お得になります。

そんなahamo(アハモ)にも9つのデメリットがあるので必ず確認しておきましょう。

以下の項目に引っ掛かる方は別のプランの方がお得になる可能性がありますので、しっかりチェックしましょう!

ahamo(アハモ)のデメリット9つ
  1. キャリアメールが使えない
  2. かけ放題機能は取り外せない
  3. dカード払いにしてもお得感が少ない
  4. 店頭・電話でのサポートがない
  5. 家族割引などのキャンペーンが適用されない
  6. 対応機種は全93種類
  7. 20歳以上の個人しか契約できない
  8. 支払い方法は口座かクレジット
  9. 3Gには非対応

ひとつひとつ丁寧にデメリットを見ていきましょう。

アハモのデメリット①:キャリアメールは使用できない

ahamo_デメリット_キャリアメールが使えない

ahamo(アハモ)では「@docomo.ne.jp」のキャリアメールが利用することができなくなります。

キャリアメールで登録しているサービスは以下のフリーで使用できるメールアドレスへ変更しましょう。

おすすめフリーメールアドレス
  • Gmail
  • Outlook
  • Yahoo!メール
  • iCloud Mail
まとめ

ahamo(アハモ)は@docomo.ne.jpのキャリアメールが使えなくなる

アハモのデメリット②:かけ放題機能は取り外せない

ahamo_デメリット_かけ放題機能は取り外せない

月額料金2,700円(税抜)は「国内通話料金5分以下は無料」という機能がついています。

auの「povo(ポヴォ)」やソフトバンクの「LINEMO(ラインモ)」では「国内通話料金5分以下は無料」は標準でついていなく、有料オプションとして選択することができます。

そのため、最低利用料金に差が出ます。

ahamo(ドコモ) povo(au) LINEMO(ソフトバンク)
月額料金(税抜) 2,970円 2,728円 2,728円
5分以下通話料金 無料 550円/月 550円/月
国内通話料金 22円/30秒 22円/30秒 22円/30秒

LINEの無料通話機能を利用している方は、不要な機能のために余分な料金を支払うことになります。

普段どのくらい電話を使用するのかを確認しましょう!

まとめ

5分以内の国内通話料金無料という機能を取り外すことができないので、povoやLINEMOより料金が高い

アハモのデメリット③:携帯代はdカード払いにしてもお得感が少ない

ahamo_デメリット_dカード払いにしてもお得感が少ない

dカード Goldではケータイ料金によってポイント10%還元されますが、年会費が11,000円(税込)必要です。

ahamo(アハモ)でもdカード Gold所有者限定の「dカードボーナスパケット特典」が適用されることが発表されました。

dカードボーナスパケット特典では適用条件を満たすことで以下のメリットがあります。

dカードボーナスパケット特典のメリット
  • 毎月のデータ容量が5GB増量
  • 毎月のケータイ料金が10%還元

適応条件は「ahamo(アハモ)の携帯電話番号をdカード Goldに登録」「ahamo(アハモ)の月額利用料金をdカード Goldで支払う」の2点です。

従来のプランでは10%還元されることで年会費分ほど還元されていたので、実質年会費は0円になっていました。

しかし、ahamo(アハモ)では100円(税込)につき10%ポイントとして還元されますが、月最大300ポイントが上限となっています。

そのため、年会費からahamo(アハモ)で還元されたポイントを差し引いても、6,400円ほど年会費を支払わなければいけません。

dカード GOLDでは以下のような特典があります。

dカード GOLDの特典
  • 購入から3年以内のケータイ最大3万円補償サポート
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 日本国内・ハワイの空港ラウンジの無料利用
  • 29歳以下は33,000円分ポイントプレゼントキャンペーン中

万が一にスマホが紛失や修理不能(水濡れ・全損)になったら、同一機種の同一カラーを購入するだけで最大10万円まで返金してくれる嬉しいサポートがあります。

海外旅行中には治療費や損害賠償で多額の料金が必要になった際には、最大1億円まで補償サポートがあるので安心です。

さらに、29歳以下の方の最大のメリットは2021年5月31日(月)に申し込みと最大33,000円分のポイントがプレゼントされることです。

これらのメリットを踏まえて、保険に入るよりはお得と感じる方はdカードではなく、『dカード GOLD』への加入をしてみましょう

dカード GOLDが気になる方はこちらから

まとめ

ahamo(アハモ)のdカード払いはメリットもあるが、年会費が11,000円かかるのでお得感が少ない

アハモのデメリット④:店頭・電話でのサポートがない

ahamo_デメリット_店頭や電話でのサポートがない

ahamo(アハモ)はオンライン専用のプランなので、店頭また電話でのサポートには対応していません。

店頭・電話でのサポートは一切ないことを理解した上で申し込みましょう。

ahamo(アハモ)の対応窓口
  • お申込み窓口:オンライン限定
  • 相談窓口:専用チャット
  • 故障対応:オンライン修理受付サービス

ahamo(アハモ)は申し込みだけでなく、プラン相談や故障対応もオンラインサービスを利用することになります。

プランの変更に関してはahamo(アハモ)はプランが1つなので問題ありません。

故障対応がオンライン修理受付サービスになりますが、むしろ店舗でたらい回しにされるくらいならオンラインはありです。

さらに、iPhoneの修理はドコモよりもアップルで直接行えるため、今までとさほど変わりません。

Androidの場合はドコモショップに持ち込みや電話が利用できないので注意が必要です。

まとめ

ahamo(アハモ)はオンライン専用ブランドなので、店頭や電話でのサポートに対応していない

アハモのデメリット⑤:家族割引やドコモ光など割引キャンペーンが適用されない

ahamo_デメリット_家族割やドコモ光セット割などの割引キャンペーンが適用されない

ahamo(アハモ)は料金プランに対する割引キャンペーンなどは一切行われません。

現在ドコモでは以下のキャンペーンを行なっています。

ドコモキャンペーン
  • ファミリー割引
  • みんなドコモ割
  • ドコモ光セット割

ファミリー割引などのキャンペーンは直接ahamo(アハモ)契約回線には適用されません。

ただし、ファミリーのカウント対象になります。

ちょっと複雑なのでそれぞれ確認してみましょう。

ファミリー割引は割引特典対象外です。

ただし申し込むことは可能で、ファミリー割引のメンバーのひとりとしてカウントはされます。

そのため、ファミリー割引が適用されているグループから発信を受けると無料です。

しかし、ahamo(アハモ)契約回線からの発信は対象外なので、通話料金が発生します。

みんなドコモ割も適用外ですが、メンバーカウントはされます。

みんなドコモ割はファミリーメンバーが多ければ多いほど割引されるキャンペーンです。

ahamo(アハモ)契約者は割引対象ではないので自身の毎月の出費に変化はありませんが、家族は割引されます。

ドコモ光セット割に関しても適用外です。

ドコモとドコモ光をセットで契約することで割引されるドコモ光セット割ですが、ahamo(アハモ)契約者は対象ではありません。

また、同じメンバー内に対象のプラン契約者がいた場合においても、ahamo(アハモ)の月額料金から割引がされることがありません。

まとめ

ahamo(アハモ)の月額料金は各種割引サービスの対象にはならないので2,970円から

【ahamoはWEB申し込み限定 】

新しいスマホでahamoを使うなら

ドコモで機種変更•乗り換えをしてから

ahamoへ乗り換えがお得&最速

  • スマホお返しプログラムで機種代金が半額
  • 分割で新しいスマホが購入できる&乗り換え手数料無料
  • 現在ahamoではMNPが停止中
  • ドコモへの乗り換えからahamoへのプラン変更が最速
  • ドコモユーザーならMNPなどの面倒な手続きも不要◎

>>>ahamoへ申し込む!<<<

ドコモ公式サイトはこちら

 

アハモのデメリット⑥:対象機種は全93種類

ahamo_デメリット_対応機種は全93種類

ahamo(アハモ)を利用できるのはiPhoneとAndroid含めた全93種類なので、どの端末でも利用できるとは限りません。

iPhoneは、iPhone 6以降に販売された全21機種に対応します。

ただし、iPhone 6とiPhone 6 Plusは、ネットワークサービスの設定が利用できません。

Androidは2017年以降の72機種に対応します。

以下のリンクからahamo(アハモ)の対応機種を確認することができます。

ahamo(アハモ)に対応する機種を確認する!

まとめ

ahamo(アハモ)に対応している機種はiPhone全21機種、Androidは72機種

アハモのデメリット⑦:20歳以上の個人しか契約できない

ahamo_デメリット_20歳以上の個人しか契約できない

ドコモはahamo(アハモ)の契約対象者は20歳以上の個人と発表しました。

一般的なドコモの契約は中学生以上の個人・法人ですから、未成年と法人はahamo(アハモ)に契約できないことになります。

大学生でも未成年、また法人利用では契約できないのはデメリットです。

まとめ

ahamo(アハモ)は20歳未満と法人契約ができない

アハモのデメリット⑧:支払い方法は2種類

ahamo_デメリット_支払い方法は口座かクレジット

ahamo(アハモ)の支払い方法は口座かクレジットのみです。

通常ドコモの料金は上記に加えてコンビニ払いや店舗払いも利用できるため、支払いパターンが減ってしまいます。

まとめ

ahamo(アハモ)の支払い方法は口座かクレジット決済のみ

アハモのデメリット⑨:3Gは非対応

ahamo_デメリット_3Gには非対応

ahamo(アハモ)は4Gや5Gには対応していますが、3G(FOMA)のネットワークには対応していません。

FOMAの新規受付自体は終了していますが、一部地域ではFOMAを使用できる場所が未だにあります。

また、VoLTE非対応端末で通話を行っている場合には、ahamo(アハモ)では音声通話が利用できません。

まとめ

ahamo(アハモ)は4Gと5Gにしか対応していないので、3Gは利用できない

【ahamoはWEB申し込み限定 】

新しいスマホでahamoを使うなら

ドコモで機種変更•乗り換えをしてから

ahamoへ乗り換えがお得&最速

  • スマホお返しプログラムで機種代金が半額
  • 分割で新しいスマホが購入できる&乗り換え手数料無料
  • 現在ahamoではMNPが停止中
  • ドコモへの乗り換えからahamoへのプラン変更が最速
  • ドコモユーザーならMNPなどの面倒な手続きも不要◎

>>>ahamoへ申し込む!<<<

ドコモ公式サイトはこちら

 

ahamo(アハモ)の7つのメリット

次にアハモのメリットをみていきましょう。

アハモのメリットはやはり金額面に関するものが多いです。

ahamoのメリット
  • メリット1:月額2,700円という格安SIMばりの低価格
  • メリット2:プランは1つだけ!シンプル!
  • メリット3:20GBを超過した場合の速度も最大1Mbps
  • メリット4:4Gも5Gも安心して使える通信品質とエリア
  • メリット5:海外でもそのまま利用可能
  • メリット6:縛りや解約金がない
  • メリット7:dカードとの併用でお得に

アハモのメリット①:月額2,700円という格安SIMばりの低価格

アハモの最大のメリットは格安SIMばりの低価格さでしょう。

20GB利用することができ、月額2,700円は驚きです。

ちなみに格安SIMの20GB程度のプランは以下の通り。

格安SIMのプラン
  • 楽天モバイル:1,980円(20GBまで)
  • LINEモバイル:3,200円(12GB)
  • mineo:1,980円(20GB)
  • BIGLOBEモバイル:5,200円(20GB)

楽天モバイルが新料金プランで20GBまで月額1,980円と発表しました。

ただし楽天モバイルは楽天エリアでは無制限ですが、パートナーエリアであるauエリアにはデーター容量(5G)に制限があります。

mineoも新料金プランを発表し、20GBまで1,980円です。

ただし5Gを利用する場合は月額200円がかかり、10分以内無料通話を付けると月額850円プラスされます。

アハモは5G追加料なし、5分以内無料通話付きで月額2,700円です。

ドコモの通信品質を考えるとアハモの料金はコスパが良いですね。

アハモのメリット②:プランは1つだけ!シンプル!

アハモのプランは月額2,700円の1つだけ。

複雑な割引条件や割引対象をチェックする必要もありません。

誰が契約してもみんな同じプランになります。

割引やキャンペーンはお得になることもありますが、消費者にとっては適用条件などが複雑で厄介な存在でもあります。

アハモはとにかく明瞭なお会計で割引やキャンペーンを普段チェックしない人でも損しません。

アハモのメリット③:20GBを超過した場合の速度も最大1Mbps

アハモは20GBを超過した場合に速度制限がかかります。

速度制限がかかった後のは最大1Mbpsになり、そこそこ使えてしまいます。

最大1Mbpsでできること
  • YouTubeなどの動画視聴(中画質程度)
  • WEBサイトの閲覧
  • Googleマップなどの地図アプリ
  • LINE・Twitter・Instagram
  • Spotifyなどの音楽アプリ
最大1Mbpsでは厳しいこと
  • YouTubeなどの動画視聴(高画質)
  • 高品質なゲームアプリ
  • アプリのダウンロード

アプリのダウンロードだけはWi-Fi環境下で行いましょう。

そもそも20GBと中容量なため、一般的な使用で使い切る人は少ないでしょう。

追加で容量を購入することも可能ですが、割高なので最大1Mbpsで月頭まで乗り切りましょう!

アハモのメリット④:4Gも5Gも安心して使える通信品質とエリア

格安SIMとの大きな違いは通信品質です。

はっきりいって格安SIMとドコモの通信品質を比べるのはナンセンスでしょう。

アハモはドコモの通信品質と同クオリティのものを利用できるため、快適にネットが行えます。

5Gにも対応しているため、最新機種でもフルに活用できます。

格安SIMはドコモ回線を借りていますが、実際の速度はドコモ本丸には安定性で敵いません。

アハモのメリット⑤:海外でもそのまま利用可能

アハモは海外でもそのまま使えるのも大きなメリットです。

海外82の国々・地域で、20GBの月間データ容量を追加料金なく利用できます。

海外旅行用にモバイルWi-Fiをレンタルする必要がなくなるのはメリットです。

海外利用の注意点
  • 15日を超えて長期間海外で利用される場合は通信速度が制限される
  • 「SMS」、(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)の特番、番号案内、衛星電話などへの発信は別途料金がかかる

アハモのメリット⑥:縛りや解約金がない

アハモは2年定期契約や解約金の設定がありません。

実際に利用してみて、不満がある場合は特にリスクなくプラン変更できるのもメリットです。

アハモのメリット⑦:dカード GOLDとの併用でお得に

アハモはdカードやdカード GOLDと組み合わせることでお得な特典があります。

タイトル
  • dカードの場合は1GB、dカード GOLDの場合は5GBを増量
  • dカード GOLDの場合は10%のdポイント(300ポイント)

dカードの場合は通常の20GBに加えて1GBの増量、dカード GOLDの場合は5GB増量されます。

さらにdカード GOLDは3,000円までの利用で10%のdポイント(300ポイント)が還元されます。

増量特典は2021年9月から提供する予定です。

→dカード GOLDへ申し込む

ahamo(アハモ)の申し込み手順と注意点

ahamo(アハモ)の申し込み手順と注意点

docomoの新料金プランである「ahamo(アハモ)」に申し込みを考えている方も多いでしょう。

そこで、ahamo(アハモ)への申し込み手順と注意点を解説していきます。

ahamo(アハモ)への申し込み手順

ahamo(アハモ)への申し込み手順は大まかに言うと、下記のような流れとなります。

ahamo(アハモ)への申し込み手順
  1. 公式ホームページの申し込み】ボタンをクリック
  2. 手続きの種類を選択
  3. 各種手続き画面の案内に沿って手続きをする
  4. SIMカードの到着などを待って残りの手続きをする
  5. 開通・利用開始

上記が主な流れとなります。

出典:https://ahamo.com/

上記がahamo(アハモ)の公式ホームページとなります。

右上に手続き等のメニューが出ていますが、公式サイトを下にスクロールすると右上のメニューが出てきます。

そのメニューにある【申し込み】ボタンを押すところからスタートをします。

申し込み手続きは、docomoユーザーとdocomoユーザー以外で少し異なりますので注意が必要となります。

docomoユーザーの場合は、docomoに個人情報などのデータが元々ありますので、料金プランの変更のみで比較的スムーズに手軽に手続きが可能となります。

docomoユーザー以外の方は、直接ahamo(アハモ)への申し込みをする場合には、本人確認をする必要がありますので、本人確認書類などを用意するようにしましょう。

また、ahamo(アハモ)への申し込み手続きは、全てオンラインで完結するようになっていますので、ご自身の都合の良い時間帯で手続きをするようにしましょう。

docomoユーザーの申し込み手順

それでは、docomoユーザーの方がahamo(アハモ)へ料金プランの変更をする手順を紹介していきましょう。

docomoユーザーの方は、下記の画像の中にありますdocomoを契約中の方の選択肢が対象となります。

アハモ デメリット 手続き画面

出典:https://ahamo.com/store/pub/application/type/

料金プランと機種変更を一緒に行うか、料金プランのみ変更するかを選びましょう。

機種変更を一緒に行う場合は、docomoオンラインショップにてahamo(アハモ)対象機種の購入をしましょう。

アハモ デメリット 手続きの流れ

出典:https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/ahamo_to_ols/index.html?utm_source=ahamo&utm_medium=owned&utm_campaign=ols_202103_ahamo-ols

機種変更を一緒に行う方の手続きの流れは、上記の画像のようになります。

まず、docomoの料金プランで機種変更を行ってから、ahamo(アハモ)への申し込みをするようにしましょう。

料金プランのみ変更する方は、現在使用している機種がahamo(アハモ)に対応しているかを確認してから、手続きをするようにしましょう。

手続きをした後に、「対応していなかった!どうしよう!!」とならないように、しっかりと確認して下さいね。

手続き後に、SIMカードの変更が必要な場合には、docomoから新たなSIMカードが送られてきますので、SIMカードが届き次第、開通の手続きをするようにして下さい。

docomoユーザー以外の申し込み手順

docomoユーザー以外の方は、先ほどの画像にある「docomoを契約していない方」の選択肢から手続き内容を選択して下さい。

ahamo(アハモ)への申し込みと一緒に機種変更をする場合には、ahamo(アハモ)で販売されている端末を購入するか、最新機種を購入するかも決めておきましょう。

最新機種を購入する場合は、docomoユーザーと同じくdocomoオンラインショップにて、ahamo(アハモ)対応端末を選択するようにしましょう。

アハモ デメリット 手続きの流れ

出典:https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/ahamo_to_ols/index.html?utm_source=ahamo&utm_medium=owned&utm_campaign=ols_202103_ahamo-ols

手続きは先ほどと同じように、一旦docomoの料金プランで契約後にahamo(アハモ)への料金プラン変更と言う流れになります。

また、現在使用している端末を、そのまま使用する方はSIMカードの変更の手続きとなります。

ahamo(アハモ)の手続きの選択から【SIMのみを購入】を選択して、新規申し込みまたは乗り換えを選び、利用プランの選択をして聞きましょう。

アハモ デメリット SIM購入画面

出典:https://ahamo.com/

上記の様な手続き画面となりますので、最後に利用プランと月額料金を確認してから、次の手続きに移っていって下さい。

ahamo(アハモ)への申込時の注意点

ahamo(アハモ)への申込時に注意して欲しいのは、手続きの順番です。

先ほども少し紹介しましたが、docomoオンラインショップで機種を購入する場合には、一度docomoの料金プランで契約をする必要があります。

アハモ デメリット 機種購入流れ

出典:https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/ahamo_to_ols/index.html?utm_source=ahamo&utm_medium=owned&utm_campaign=ols_202103_ahamo-ols

先にahamo(アハモ)へ料金プランの変更や乗り換え手続きをしてしまった場合、機種変更をするにはahamo(アハモ)で販売している端末を購入する場合以外は、一度docomoの契約に戻す必要が出てくるのです。

docomoのオンラインショップで新機種を購入して、docomoの料金プランで開通させてから、再度ahamo(アハモ)へ料金プラン変更の手続きをしなければならないので二度手間になります

ahamo(アハモ)への料金プラン変更や乗り換えと一緒に、機種変更を考えている方は手続き手順を間違えないように気をつけましょう。

また、docomoユーザー以外の方が、ahamo(アハモ)へ申し込みをする際には、【本人確認】は必要となり、オンライン上で運転免許証や保険証などをやり取りしなければいけません。

これは、カメラ機能なので本人確認書類を撮影して、dアカウントの運営に送付する必要があります。

インターネット上で、個人情報のやり取りを避けたいと考える方は、ahamo(アハモ)への申し込み前にdocomoへ乗り換えておくのもがおすすめと言えます。

docomoへの乗り換え手続きは、docomoショップにて対面で手続きが可能ですので、個人情報の取り扱いに敏感な方は、まずdocomoへの乗り換えをおすすめします。

【ahamoはWEB申し込み限定 】

新しいスマホでahamoを使うなら

ドコモで機種変更•乗り換えをしてから

ahamoへ乗り換えがお得&最速

  • スマホお返しプログラムで機種代金が半額
  • 分割で新しいスマホが購入できる&乗り換え手数料無料
  • 現在ahamoではMNPが停止中
  • ドコモへの乗り換えからahamoへのプラン変更が最速
  • ドコモユーザーならMNPなどの面倒な手続きも不要◎

>>>ahamoへ申し込む!<<<

ドコモ公式サイトはこちら

 

ahamo(アハモ)はiPhoneも使える!ahamo対応機種一覧

ahamo_デメリット_対応機種を発表

3月1日にahamo(アハモ)の対応機種がついに発表されました。

ahamo(アハモ)対応機種
  • iPhoneシリーズの対応機種一覧(21機種)
  • Androidの対応機種一覧(72機種)

ahamo(アハモ)公式サイトでは購入できる端末は以下の3種類です。

端末 一括払い 36回払い
iPhone 11 64GB 49,390円~ 1,371円/月~
128GB 54,890円~ 1,524円/月~
256GB 66,990円~ 1,860円/月~
Xperia 1 Ⅱ SO-51A 128GB 71,500円~ 1,986円/月~
Galaxy S20 5G SC-51A 128GB 62,700円~ 1,741円/月~

このほかのスマホを購入する場合にはドコモオンラインショップを利用する必要があります。

ahamo(アハモ)に対応している機種をご紹介します。

【ahamoはWEB申し込み限定 】

新しいスマホでahamoを使うなら

ドコモで機種変更•乗り換えをしてから

ahamoへ乗り換えがお得&最速

  • スマホお返しプログラムで機種代金が半額
  • 分割で新しいスマホが購入できる&乗り換え手数料無料
  • 現在ahamoではMNPが停止中
  • ドコモへの乗り換えからahamoへのプラン変更が最速
  • ドコモユーザーならMNPなどの面倒な手続きも不要◎

>>>ahamoへ申し込む!<<<

ドコモ公式サイトはこちら

 

iPhoneシリーズの対応機種

ahamo_デメリット_iPhone対応機種

ahamo(アハモ)に対応しているiPhoneシリーズは21機種あります。

ahamo対応iPhoneシリーズ
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8/8 Plus
  • iPhone 7/7 Plus
  • iPhone 6s/6s Plus
  • iPhone 6/6 Plus
  • iPhone SE

最新のiPhone 12シリーズだけではなく、2014年に発売されたiPhone 6シリーズまでの対応はビックリです。

Androidの対応機種

ahamo_デメリット_Android対応機種

Androidは72機種に対応しています。

富士通製Android端末
  • arrows NX9 F-52A
  • arrows 5G F-51A
  • arrows Be4 F-41A
  • arrows Be3 F-02L
  • arrows Be F-04K
  • arrows NXF-01K(Android 8.1以降)
  • arrows NX F-01J(Android 8.1以降)
LG製Android端末
  • LG VELVET L-52A
  • LG V06 ThinQ 5G L-51A
  • LG style3 L-41A
  • LG style2 L-01L
  • LG style L-03K
  • V30+ L01K(Android 9以降)
Samsung製Android端末
  • Galaxy A51 5G SC-54A
  • Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A
  • Galaxy S20+ 5G SC-52A
  • Galaxy S20 5G SC-51A
  • Galaxy A21 SC-42A
  • Galaxy A41 SC-41A
  • Galaxy A20 SC-02M
  • Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition SC-01M
  • Galaxy Note10+ SC-01M
  • Galaxy S10+ Olympic Edition SC-05L
  • Galaxy S10+ SC-04L
  • Galaxy S10 SC-03L
  • Galaxy Feel2 SC-02L
  • Galaxy Note9 SC-01L
  • Galaxy S9+ SC-03K
  • Galaxy S9 SC-02K
  • Galaxy Note8 SC-01K(Android 9以降)
  • Galaxy S8+ SC-03J(Android 9以降)
  • Galaxy S8SC-02J(Android 9以降)
SHARP製Android端末
  • AQUOS sense5G SH-53A
  • AQUOS R5G SH-51A
  • AQUOS sense4 SH-41A
  • AQUOS sense3 SH-02M
  • AQUOS zero2 SH-01M
  • AQUOS R3 SH-04L
  • AQUOS  sense2 SH-01L
  • AQUOS R2 SH-03K
  • AQUOS sense SH-01K(Android 9以降)
  • AQUOS R SH-03J(Android 9以降)
Sony製Android端末
  • Xperia 5 Ⅱ SO-52A
  • Xperia 1 Ⅱ SO-51A
  • Xperia 10 Ⅱ SO-41A
  • Xperia 5 SO-01M
  • Xperia 1 SO-03L
  • Xperia Ace SO-02L
  • Xperia XZ3 SO-01L
  • Xperia XZ2 Compact SO-05K
  • Xperia XZ2 Premium SO-04K
  • Xperia XZ2 SO-03K
  • Xperia XZ1 Compact SO-02K
  • Xperia XZ1 SO-01K
  • Xperia XZs SO-03J
  • Xperia X Compact SO-02J
  • Xperia XZ SO-01J
  • Xperia X Performance SO-04H
  • Xperia Z5 Premium SO-03H
  • Xperia Z5 Compact SO-02H
  • Xperia Z5 SO-01H
  • Xperia A4 SO-04G
  • Xperia Z4 SO-03G
  • Xperia(TM) Z3 Compact SO-02G
  • Xperia Z3 SO-01G
  • Xperia Z2 SO-03F
Huawei製Android端末
  • Huawei P30 Pro HW-02L
  • Huawei P20 Pro HW-01K
Google Pixel対応端末
  • Google Pixel 3a
  • Google Pixel 3XL
  • Google Pixel 3
その他対応端末
  • MZ-01K(Android 8.1以降)

あなたが使用しているスマホはahamo(アハモ)対応機種でしたか?

【ahamoはWEB申し込み限定 】

新しいスマホでahamoを使うなら

ドコモで機種変更•乗り換えをしてから

ahamoへ乗り換えがお得&最速

  • スマホお返しプログラムで機種代金が半額
  • 分割で新しいスマホが購入できる&乗り換え手数料無料
  • 現在ahamoではMNPが停止中
  • ドコモへの乗り換えからahamoへのプラン変更が最速
  • ドコモユーザーならMNPなどの面倒な手続きも不要◎

>>>ahamoへ申し込む!<<<

ドコモ公式サイトはこちら

 

ahamo(アハモ)と他社新料金プランを比較|料金・コスパ・プランはどこがお得?

ahamo_デメリット_他社新料金と比較

ahamo(アハモ)と同時期にauでは「povo(ポヴォ)」ソフトバンクでは「LINEMO(ラインモ)」と料金プランは新発表されましたね。

ahamo(アハモ)は2,700円から利用できますが、povo(ポヴォ)やLINEMO(ラインモ)では月間20GBを2,480円から利用することができます。

他社新料金プランを比較
  • au新料金プラン「povo(ポヴォ)」と比較
  • ソフトバンク新料金プラン「LINEMO(ラインモ)」と比較

3キャリアの新料金プランはどのキャリアが「料金」「コスパ」「プラン」で優れているかを比較しました。

※以下の表は横にスクロールできます。

ahamo(ドコモ) povo(au) LINEMO(ソフトバンク)
月額利用料金(税抜) 2,970円 2,728円 2,728円
月間使用可能データ容量 20GB 20GB 20GB(LINEはデータフリー)
低速時の最大通信速度 1Mbps 1Mbps 1Mbps
5分以内の無料通話オプション 無料 550円/月 550円/月
かけ放題オプション 1,100円/月 1,650円/月 1,650円/月
国内通話料金(5分超過後) 22円/30秒 22円/30秒 22円/30秒
データ使い放題 なし 220円/24時間 なし
追加データ容量 550円/GB 550円/GB 550円/GB
海外利用 海外82の国と地域で利用可能 検討中 なし
テザリング 対応 対応 対応
eSIM 対応 対応 対応
キャリアメール なし なし なし
申し込み方法 オンラインのみ オンラインのみ オンラインまたはLINEから

eSIMとはスマホに内蔵されているSIMのことで、本体と一体化しているSIMです。

それぞれの特徴や違いについて詳しく見てきましょう!

ahamo(アハモ)とpovo(ポヴォ)を比較

ahamo_デメリット_ahamoとpovoを比較

「通話はあまりしない」「月額料金は安い方が嬉しい」という方はau新料金プランの「povo(ポヴォ)」をオススメします。

なぜなら、ahamo(アハモ)の月額料金は2,970円ですが、povo(ポヴォ)は月間20GBを2,728円から利用することができるからです。

これは、povo(ポヴォ)には「機能をトッピングできる」という特徴があるため実現しました。

※以下の表は横にスクロールすることができます。

ahamo(ドコモ) povo(au)
月額料金 2,970円 2,728円
データ通信容量 20GB 20GB
低速時の最大通信速度 1Mbps 1Mbps
通話料金 22円/30秒 22円/30秒
家族割 対象外(申し込みは可能) 対象外(申し込み不可)
国内5分以下通話無料オプション 無料 550円
国内かけ放題オプション 1,100円 1,650円
キャリメール なし なし
ネットワーク対応 5G/4G 5G/4G
追加データ 550円/GB 550円/GB
特徴 20GB海外82カ国で使用可能 オプションをトッピング可能

上記の表を見ると以下のような共通した項目もあります。

ahamo(アハモ)とpovo(ポヴォ)の共通している項目
  • 月間で使用できるデータ通信量
  • 低速度時の最大通信速度
  • 国内通話料金
  • 追加データの料金
  • テザリング機能
  • キャリアメールは使用できない
  • ネットワーク対応
  • eSIM対応

povo(ポヴォ)の特徴であるトッピング機能は使い方に合わせて自由に選択することができます。

povo(ポヴォ)のトッピング機能
  • 5分以下の通話かけ放題:550円/月
  • 通話かけ放題:1,650円/月
  • データ使い放題24時間:220円/24時間
  • データ追加:550円/GB

たとえば、「今週の休日は外出先(非Wi-Fi環境)でデータを消費するぞ」という方はデータ使い放題をトッピングすることで快適にスマホを利用することができます。

povo(ポヴォ)はこんな方にオススメ
  • 普段LINEの無料通話を利用する
  • 月額料金は安い方が嬉しい
  • 生活に合わせて機能をトッピングしたい

auオンラインショップがお得 /

au公式オンラインショップなら、

3000円以上おトクに機種変更ができる

   
  • 待ち時間0分
  • 頭金など初期費用0円
  • 実店舗より在庫が豊富でスマホがすぐ手に入る◎

ahamo(アハモ)とLINEMO(ラインモ)を比較

ahamo_デメリット_ahamoとLINEMOを比較

「普段LINEで通話する」「月額料金は安いと嬉しい」という方はソフトバンク新料金プランの「LINEMO(ラインモ)」をオススメします。

なぜなら、ahamo(アハモ)の月額料金は2,970円ですが、LINEMO(ラインモ)は月間20GBを2,728円から利用することができるのです。

さらに、LINEMO(ラインモ)を利用するとLINEの機能はデータ消費にカウントされないので、その分ほかのことにデータを使うことができますよ!

※以下の表は横にスクロールすることができます。

ahamo(ドコモ) LINEMO(ソフトバンク)
月額料金 2,970円 2,728円
データ通信容量 20GB 20GB
低速時の速度 1Mbps 1Mbps
通話料金 22円/30秒(5分経過後) 22円/30秒
家族割 対象外(申し込みは可能) 対象外(申し込み不可)
国内5分かけ放題オプション 無料 550円
国内かけ放題オプション 1,100円 1,650円
キャリメール なし なし
ネットワーク対応 5G/4G 5G/4G
追加データ 550円/GB 550円/GB
特徴 20GB海外82カ国使用可能 LINEアプリはデータフリー

povoと同じように以下のような項目では共通しています。

ahamo(アハモ)とLINEMO(ラインモ)の共通している項目
  • 月間で使用できるデータ通信量
  • 低速度時の最大通信速度
  • 国内通話料金
  • 追加データの料金
  • テザリング機能
  • キャリアメールは使用できない
  • ネットワーク対応
  • eSIM対応

LINEMO(ラインモ)は日本で8,600万人が利用している「LINE」と「SoftBank」がコラボして誕生したオンライン専用ブランドです。

そのため、LINEで消費するギガ数はノーカウントつまりデータフリーという他のキャリアにはない特徴があります。

他社よりも長く動画鑑賞やSNSを利用することができますね!

LINEMO(ラインモ)はこんな方にオススメ
  • 普段LINEの無料通話を利用する
  • 月額料金は安い方が嬉しい
  • LINEをよく利用する

ソフトバンクの機種変更がお得 /

ソフトバンク_オンラインショップ_キャンペーン 公式オンラインショップなら…
  • 事務手数料・頭金6,000円以上が0円
  • 予約にかかる待ち時間も0分
  • 実店舗より在庫が豊富だから最短でスマホが手に入る!

1,000万人以上が使っている

公式オンラインショップで購入が確実

ahamo(アハモ)と楽天モバイル・格安SIMを比較

ahamo_デメリット_楽天モバイルと格安SIMと比較

ここまでahamo(アハモ)のデメリットや他社新料金プランと比較をしてきました。

実はあなたの使い方によってはより節安できる場合があります。

その方法が「楽天モバイル」や「格安SIM」です。

ahamo(アハモ)と楽天モバイルや格安SIMを比較
  • 楽天モバイルと比較
  • mineoと比較

ahamo(アハモ)と比較して楽天モバイルや格安SIMはお得に利用できるのか見ていきましょう。

ahamo(アハモ)と楽天モバイルを比較

ahamo_デメリット_ahamoと楽天モバイルを比較

「キャリアにはこだわらない」「Wi-Fi環境で使うので月間20GBもデータ消費しない」方には楽天モバイルが安く利用できます。

ahamo(アハモ)は月間20GBで2,970円ですが、楽天モバイルでは20GBまでだと2,178円です。

また、4月7日23時59分までに申し込むとプラン料金3ヶ月間無料になります。

以前は先着300万人まででしたが、好評によりまもなく300万人を突破するので、4月7日23時59分までと期間限定キャンペーンに変わりました。

※以下の表は横にスクロールすることができます。

楽天モバイル ahamo(ドコモ)
月額利用料金(税抜) 1GBまで:無料
3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
最大:3,278円
20GB:2,970円
通信量 楽天回線:無制限
パートナー回線エリア
20GBまで
制限時の最大通信速度 1Mbps(楽天回線以外)※ 1Mbps
通話料金 22円/30秒 22円/30秒
通話料金(専用アプリ使用) 0円 なし
キャンペーン プラン料金3ヶ月間無料(4月7日23時59分まで) なし

※楽天回線以外の場合には5GBを超えると、通信速度が最大1Mbpsとなります。

楽天モバイルでは通信量に応じて月額料金が変わる従量課金制です。

データ使用量が20GBを超えてどれだけ使っても最大3,278円なので安心ですね。

破格のプラン料金3ヶ月間無料になるキャンペーンは4月7日23時59分までなので気になる方は急ぎましょう!

楽天モバイルはこんな方にオススメ
  • 3大キャリアにはこだわらない
  • Wi-Fi環境で使うので月間20GBもデータ消費しない
  • プラン料金3ヶ月間無料は魅力的

ahamo(アハモ)とmineoを比較

ahamo_デメリット_ahamoとmineoを比較

「20GBも使わないから料金を細かく設定してほしい」「Wi-Fi環境だからデータ消費しない」方には格安SIMの「mineo」をオススメします。

なぜならahamo(アハモ)では月間20GB利用してもしなくても2,970円ですが、mineoは20GB以下のデータ容量プランを選択することができるからです。

そのため、最安で月額1,298円から利用することができます。

しかし、速度制限時の最大速度は200Kbpsなので、ahamo(アハモ)の最大速度1Mbpsの方が優れています。

mineo ahamo(ドコモ)
月額利用料金(税抜) 1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
20GB:2,970円
5G通信オプション 220円/月 無料
制限時の最大通信速度 200Kbps 1Mbps(=1,000Kbps)
通話料金 22円/30秒 22円/30秒
でんわ10分かけ放題オプション 935円/月 5分以内の通話無料

mineoは3キャリアに対応しているので、SIMロック解除しなくてもお使いのスマホをそのまま使用することができます。

また、mineoはサポート窓口が充実しています。

オンラインはもちろんのこと、電話または対面でも相談することができますよ!

3キャリア新料金プランのようなオンライン専用が不安な方には安心ですね。

mineoはこんな方にオススメ
  • 20GBも使わないから料金を細かく設定してほしい
  • Wi-Fi環境だからデータ消費しない
  • サポート体制が充実していた方が良い

ahamo(アハモ)のデメリットまとめ

ahamo_デメリット_まとめ

本記事ではドコモ新料金プラン「ahamo(アハモ)」のデメリットについてご紹介しました。

もう一度ahamo(アハモ)のデメリットをおさらいすると以下のようになっています。

ahamo(アハモ)のデメリットをざっくり言うと
  • キャリアメールが使えない
  • かけ放題機能は取り外せない
  • dカード払いにしてもお得感が少ない
  • 店頭・電話でのサポートがない
  • 家族割引きなどのキャンペーンが適応されない
  • 対応機種は全93種類
  • 20歳以上の個人しか契約できない
  • 支払い方法は口座かクレジット
  • 3Gには非対応

auの「povo(ポヴォ)」やソフトバンクの「LINEMO(ラインモ)」では月額料金が2,728円から利用することができます。

不要な機能はついてなく、より節安に適した料金プランなのでオススメです!

【ahamoはWEB申し込み限定 】

新しいスマホでahamoを使うなら

ドコモで機種変更•乗り換えをしてから

ahamoへ乗り換えがお得&最速

  • スマホお返しプログラムで機種代金が半額
  • 分割で新しいスマホが購入できる&乗り換え手数料無料
  • 現在ahamoではMNPが停止中
  • ドコモへの乗り換えからahamoへのプラン変更が最速
  • ドコモユーザーならMNPなどの面倒な手続きも不要◎

>>>ahamoへ申し込む!<<<

ドコモ公式サイトはこちら

 

auオンラインショップがお得 /

au公式オンラインショップなら、

3000円以上おトクに機種変更ができる

   
  • 待ち時間0分
  • 頭金など初期費用0円
  • 実店舗より在庫が豊富でスマホがすぐ手に入る◎

ソフトバンクの機種変更がお得 /

ソフトバンク_オンラインショップ_キャンペーン 公式オンラインショップなら…
  • 事務手数料・頭金6,000円以上が0円
  • 予約にかかる待ち時間も0分
  • 実店舗より在庫が豊富だから最短でスマホが手に入る!

1,000万人以上が使っている

公式オンラインショップで購入が確実