株の勉強を完全解説|初心者におすすめの勉強法とは?

株_勉強_サムネイル

株式投資で利益を出したい!
株の知識を得るために効率的な勉強方法は?

株に興味はあっても、どうやって勉強していいのか分からないですよね?

株の知識不足のまま株式投資をするのは、損をしてしまうリスクもあります。

そこで、初心者や大学生でも、効率よく株の勉強ができる方法をまとめました。

最後まで、読んでいただければ、あなたに合った勉強方法が見つかるはずです。

株の勉強をざっくりというと
  • 初心者でも、どこから株の勉強をしてよいのか分かる
  • 株の勉強する目標があれば、効率がよくなる
  • 書籍の勉強は、浅く広く始めよう
  • インターネットは、お金がかからず勉強できるが、注意点もある
  • 実際の株式投資は、プレッシャーがかかるからシミュレーションが大切

株の勉強をする前の下準備

株_勉強_下準備

株の勉強を始める前に下準備として、次の二つを確認しましょう。

株の勉強をする前の下準備
  1. 現在の株の知識はどれくらいあるのか?
  2. 株の勉強をして将来的に何がしたいのか?

学習度の確認

株の勉強を始める前に、「株についてどこまで理解しているのか?」を確認する必要があります。

学習度を知っていれば、株の勉強を効率よくできるようになるからです。

株のことをある程度理解しているのに、「株とは何か?」など基本中の基本から勉強する必要はありません。

株の基本を理解している人は、証券会社の選び方や投資手法、株取引の方法などから、勉強を始めるのが良いでしょう。

逆に、株だけではなく、経済全般のことを全く知らないのであれば、経済学の基本から始める必要もあります。

株価は、景気の良し悪しなど経済の影響を受けるからです。

また、ニュースを見たとき、アナウンサーが話している内容がよく分からない場合は、時事問題も勉強が必要です。

例えば、良い薬が開発されと発表されれば、製薬会社の株価は上がります。

時事問題を勉強すれば、このような話題に敏感になります。

株について現在の知識が確認できれば、勉強のスタート地点が分かるようになります。

目標を決める

株の勉強をして、将来どうなりたいのか?」という目標を決めることも大切です。

目標が決まっていなければ、どこまで勉強をして良いのか分かりません。

それに、目指すべきゴールが決まっていなければ、挫折してしまうおそれもあります。

毎日株の売買をして利益を出すデイトレーダーを目指すのであれば、株の基本知識の勉強だけでは足りません。

株を購入する資金を確保する方法、パソコンなどの設備、時間の管理方法など株以外の知識も身に着ける必要があります。

また、株主優待を受けられるようになることが目標であれば、個別の企業の特徴や業績などを勉強する必要があります。

株主優待とは、株主に対する特典のようなものです。

飲食企業の株主になれば、食事券がもらえたりします。

目標を決めることで、具体的な勉強方法が分かるようになります。

基礎用語を覚える

インターネット、新聞、書籍などで株の情報を集めようと思っても、基礎用語が分からなければ、理解することができません。

勉強をするときも基礎用語を覚えることは大切です。

株式の基礎用語には次のようなものがあります。

株式の基礎用語
  • 約定(やくじょう)…株式売買などの取引が成立すること
  • 配当(はいとう)…企業が得た利益を株主に分けること
  • 始値(はじめね)…その日の株取引で最初に成立した価格
  • 終値(おわりね)…その日の株取引で最後に成立した価格

テレビのニュースや新聞では株の基礎用語がたくさん出てきます。

例えば、「今日の日経平均株価の始値は○○円で、終値は、○○円でした」とニュースで言っているのを聞いたことがあるでしょう。

株の基礎用語を知ることは、ニュースや新聞を理解するための第一歩です。

ニュースや新聞を読んで意味が分かるようになれば、さらに株の知識を深めることができるようになります。

株式投資の勉強を進める3ステップ

株_勉強_順番

株式投資では、利益を出すこともできますが、損をすることもあります。

メリットとデメリットがあるので、株式投資について理解することが大切です。

ここでは勉強を進める3つのステップについて説明します。

株式投資の理解を深める

株式投資に対して、

株式投資はお金を減らしてしまいそうで怖い
ギャンブルのようなもので損をする

このようなイメージを抱くことも多いのではないでしょうか。

しかし、これらは誤解です。

まずは、負のイメージを払拭するために、株式投資を正しく理解する必要があります。

株式投資をする目的の一つは、利益を出すことです。

株価は日々変動しているので、購入した価格より下がることもあります。

このタイミングで売ってしまえば、損をすることになります。

もし、損をするのが嫌なのであれば、銀行に預金するのが一番です。

しかし、株式投資よりも得られる利益は少ないでしょう。

株式投資は損をすることもありますが、銀行預金よりも大きな利益を出すことができるのもの魅力の一つです。

損をしないようにするためには、複数の株式を同時に購入して、リスクを分散させるなどの方法もあります。

株の勉強を進めていけば、リスクを少なくする方法も学ぶことができます。

だから、株式投資の理解を深めることが大切です。

また、株を買うことは、資金を必要としている企業をサポートすることになります。

さらに、日本経済の成長にも貢献していることになります。

このような考えを持てば、株式投資はギャンブルとは違うと言えるでしょう。

株式投資の利益の出し方を学ぶ

株_勉強_利益の出し方

株式投資で利益を出す主な方法は次の3つです。

株式投資で利益を出す方法
  • 値上がり益
  • 配当金
  • 株主優待

値上がり益

値上がり益は、証券取引所に上場している企業の株を買って、値上がりしたタイミングで売ることです。

英語ではキャピタルゲインと言います。

例えば、10万円で買った株が11万円に上がったとき売れれば、1万円の値上がり益を得ることができます。

値上がり益を出すにも様々方法があり、メリットやデメリットがあり、勉強が必要です。

例えば、将来成長し、一緒に株価も上がると思った企業の株価を買う「成長株投資」があります。

メリットは大きな利益を出せる可能性があることです。

デメリットは企業が成長し、株価が上がるまで時間がかかることです。

それに、予想が外れることもあります。

MEMO
証券取引所とは株の売買ができる場所です。日本では、東京証券取引所が代表格です。海外には、ニューヨーク証券取引所、上海証券取引所などがあり、経済のニュースでもよく登場するワードです。
MEMO
上場とは企業が発行する株式を証券取引所で売買できるように、証券取引所が資格を与えることです。資格を得るためには審査があり、企業に信用力が必要です。

東証一部上場企業」と企業が、アピールしているのを聞いたことは、ありませんか。これは、「うちの会社は東京証券取引所に認められる程の信用力が、ありますよ」という意味です。

配当金

企業は利益の一部を株主に配当することがあります。

これを配当金と呼び、これも利益です。

しかし、企業の業績が悪ければ、配当金が出ないことも珍しくありません。

利益が出ても、配当が少ない企業もあります。

配当金で利益を出す場合は、定期的に配当金を出している企業の株を購入するのが鉄則です。

配当金の支払い状況は、証券会社などの資料で調べることができます。

株主優待

株主優待は、企業の製品や商品券など様々です。

現金で受け取れるわけではありませんが、これも利益です。

株主優待を狙うのであれば、あなたが普段利用している企業の株が良いでしょう。

株主に対して、10%割引カードを配布している百貨店などがおすすめです。

ちなみに、株主優待を受けるには100株以上など、ある程度まとまった数の株式を持つ必要があります。

そのため、どれくらいの資金を用意すべきかについても勉強しなければなりません。

利益が出たときの注意点

株式投資の利益の出した方には、以上の3つの方法があります。

ただし、利益を出せば税金がかかってきます

利益を出した分がすべて儲けになるわけではないので、注意が必要です。

税金についても株式投資をするには、知っておくべき知識です。

株式投資の安定性を高める

株式投資では安定性を高めることで、大きなリスクをより少なくすることができます。

安定性を高める方法の一つは、長期投資です。

株式は短期間の売買よりも、数か月や数年単位で保有した方が安定する傾向があります。

また、分散投資も安定性を高める方法です。

分散投資とは、一つの企業の株式ではなく、複数の企業の株式を保有すること。

一つの企業の業績が悪く、株価下がったとしても、別の企業の業績が良く株価が上がれば、損失をカバーできます。

長期投資や分散投資などの手法を勉強し、上手に組み合わせることが、株式投資では大切です。

株の勉強方|マスメディア編

株_勉強_マスメディア

株の勉強を書籍や経済新聞で勉強する方法を解説します。

書籍や新聞で学ぶメリットは、出版社の校正や校閲があるため情報が正しいことです。

ただし、出版年数が古い書籍は、法律改正などで情報が古くなっていることがあります。

できるだけ、新しい書籍を使って勉強しましょう。

株の勉強を書籍でする

まずは、書籍で株の勉強を始めるのがおすすめです。

初心者向けから中級者、上級者向けまで、株式投資の書籍は発行されています。

ただし、株式投資には多くの書籍があるため、どのような書籍を選んで良いのか迷うことも多いです。

そこで、初心者の人は大きく分けて、株式全般、ファンダメンタル、テクニカルの3つ分野の書籍をそれだけ一冊ずつ読むことから始めるのが効率良い勉強法です。

浅く広く勉強して、興味がある分野をさらに深めていく方法です。

株式全般の書籍は、「株とは何か?」、「株の買い方、売り方」など基礎的なことを幅広く網羅した入門書です。

株式投資について全般的に理解し、株式投資のイメージをつかむのに向いています。

ファンダメンタルの書籍では、企業の業績をつかむために読むものです。

企業の決算などを理解できるように、株式の購入の手助けになります。

テクニカルの書籍は、株価の上がり下がりや売るタイミングなど、株の売買の実践的な仕組みを理解するために読んで下さい。

具体的な書籍は、インターネットでレビュー付きで紹介されているので、参考してみるのもありでしょう。

株の勉強を経済新聞でする

株の基本的な用語など覚えてきたら、日本経済新聞を読むことで株の勉強ができます。

日本経済新聞には、企業の決算や株式のトレンド、知識人の解説記事まであります。

書籍にはない最新情報もあり、タイムリーでより深い知識を得るのにおすすめです。

ただし、日本経済新聞は経済用語などを知らなければ、読むのが難しいです。

情報量も相当あるので、すべてを読んでいたら数時間かかります。

また、月額の購読料も朝刊と夕刊のセットで4,900円(税込)かかります。

コンビニエンスストアなどでは、朝刊が180円で売っているので、試しに購入して読んでみるのが良いでしょう。

また、日本経済新聞を図書館などに置いている大学もあります。

理解できれば株式投資の勉強が進んでいる証拠です。

株の勉強を会社四季報でする

会社四季報には、上場企業の財務状況などの情報が、細かく掲載されています。

四季報なので年に4回発行されています。

具体的には、その企業の過去の実績や将来性、健全性などが分かるようになります。

初心者の人でも、会社四季報には業界担当記者の業界予想があり、参考にできるでしょう。

常に手元に置くようにして、気になった企業を調べるようにすれば、投資対象の企業が増えます。

会社四季報を読めば、「あまり知られていないけど儲かっている企業」などを発見できる可能性が高くなります。

会社四季報は上場企業の様々な情報が掲載されていますが、読み方や用語を知らなければ理解できないことも。

そのため、「会社四季報の情報をどのように利用するか」など、読み方を解説した書籍を一読することをおすすめします。

株の勉強法|インターネット編

株_勉強_インターネット

インターネットでは手軽に株の勉強ができます。

どのように活用するのが良いのかをここで解説します。

株の勉強を証券会社のWebページでする

証券会社のWebページには、初めて株式投資をする人向けに、学習用のコンテンツが用意されていることが多いです。

「投資用語集」、「初めての人の質問集」、「資産運用に必要なステップ」など、参考にすれば、まとまった知識を得ることができます。

他にも、初心者向けに株の情報を解説している証券会社もあります。

例えば、マネックス証券の「マネクリ」では、「株主優待の楽しみ」や「会社四季報データをアナリストが解説」など役立つ情報を無料で読むことができます。

書籍で勉強したことを補足したり、情報を追加したりするために利用するのがおすすめです。

また、お金をかけずに勉強したい人や気になる最新トピックを重点的に勉強したい人には、証券会社Webページを利用するのも良いでしょう。

株の勉強を投資家のブログでする

投資家のなかには、自分の経験や投資手法をブログに公開している人もいます。

実際に経験した人の話なので、書籍では気づかない細かなところまで分かることも。

例えば、証券口座を開設する手順を解説したブログでは、開設まで時間や注意点がリアルに伝わってくるでしょう。

また、初心者向けに書かれているブログでは、投資家が初心者だったころの考え方や失敗談などを知ることができます。

今の自分に置き換えて読むこともできるため、とても共感できるでしょう。

失敗した経験を反面教師にして、自分を戒めることも可能です。

投資家が書いたブログで気を付けて欲しいのは、記事の内容は主観が強い部分があることです。

また、ブログの通りにやってみても、同じようにいかないこともあります。

なぜなら、成功するための肝心な情報は公開していないことが多いからです。

「参考にできる部分」と「再現性が薄い部分」があると認識して、学習するのがおすすめです。

株の勉強をネット証券でする

ネット証券で株の勉強をする方法として、楽天証券に口座を開設するのがおすすめです。

なぜなら、無料で日経テレコン(楽手版)が利用できるからです。

楽天証券の口座開設費用や維持費用も無料です。

日経テレコンでできることは、次のことです。

日経テレコンでできること
  • 日本経済新聞(朝刊・夕刊)、日経産業新聞、日経MJなどの閲覧(3日分)
  • 過去1年分の新聞記事検索
  • 日経速歩ニュースの閲覧

出典:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/service/investment/nikkei.html

日本経済新聞を購読する場合、朝夕刊セットが4,900円(税込)、全日版が4,000円(税込)です。

実際の株取引はこれからだとしても、勉強のために、楽天証券の口座を開設するのもありです。

株の勉強法|説明会編

株_勉強_説明会ここでは、証券会社などが主催する説明会や講演会に行って、株の勉強をする方法を紹介します。

IRフェアに参加する

IRとは企業が株主や投資家に、経営状況や財務状況、今後の業績の見通しなどを広報する活動です。

多くの企業のIRが集まって、フェアが開催されています。

IRフェアに参加すれば、株を購入するための大きな情報やヒントを得ることができます。

例えば、日本経済新聞社が主催しているIRフェアは日本最大級のIRイベントです。

2日間の日程で行われ、多くの企業がIR活動を行っており、情報収集することができます。

また、IRプレゼンテーションや著名人の講演会もあります。

初心者が参加するには敷居が高いかもしれませんが、機会があればよい勉強ができるはずです。

企業の社長やIRの担当者と直接話ができるチャンスです。

講演会に参加する

証券会社などが主催している講演会でも勉強することができます。

講演会に参加するメリットの一つは著名人の生の声を聞きながら、最新情報を得られることです。

質疑応答があれば直接話ができることもあります。

講演会の情報は証券会社のホームページなどに掲載されているので、定期的にチェックしてください。

全国の主要都市で開催していることがほとんどですが、今はネット配信している講演会もあります。

株式投資の実践勉強

株_勉強_実践

書籍やインターネットで勉強し、知識を習得したら実際に株式投資をしてみましょう。

実際にやってみないと分からないことは多いので、実践的な勉強法を解説します。

とは言っても、最初からうまくいくとは限りません。

だから、失敗してもいいように少ない資金から始めましょう。

損をしても勉強代だと割り切れる程の資金がおすすめです。

シミュレーションを行う

いくら少ない資金でとは言っても、最初から資金を投入するのは怖いです。

そこで、シミュレーションで株の売買をするところから始めてみましょう。

シミュレーションをするメリットは、「リスクがゼロ」、「株の売買の流れが分かる」、「勉強して身に着けた方法を試せる」などです。

シミュレーションをするときは、スマホアプリや証券会社が提供するサービスを利用するのが便利です。

シミュレーションのアプリで有名なのは、「トレダビ」です。実際に上場している銘柄を仮想資金で購入することができます。

また、みずほ証券が提供する「株式投資トレーニング」も実践的でおすすめです。

実際のみずほ証券のネット取引と同様の操作をするからです。

さらに、みずほ証券のWebサイトで株式投資の勉強ができます。

シミュレーションをするときに大事なのは、あなた自身の思考過程です。

「なぜ、この株を今かったのか?」、「なぜこのタイミングで売ったのか?」を常に意識しましょう。

なんとなくやったのでは、失敗を次に生かせないからです。

シミュレーションでは仮想資金ですが、本当に自分のお金だと思って売買を行うのも大事です。

実際に自分のお金で株を買うときは、「失敗したらどうしよう…本当に大丈夫」など相当なプレッシャーがあります。

株を買うときの気持ちを確かめるようにしましょう。

株式売買を行う

シミュレーションの経験を活かして、実際に株式売買を行ってみましょう。

プレッシャーなど精神的な要素もあり、うまく買えないこともあります。

最初からうまくいくことはないと自分に言い聞かせて、まずは株を買ってみる経験が必要です。

損をしても勉強代だし、後から取り返せる」と思えば、精神的にも楽になります。

いくら勉強をして、シミュレーションを繰り返しても、最初は怖いものです。

しかし、何度か繰り返しているうちに慣れてきます。

株式投資の売買記録をつける

株式売買の記録自体は、証券会社のソフトやアプリで確認できます。

ただし、数字上の履歴です。

つまり、「いついくらで株を購入して、いくらで売って、いくら利益が出た」ことがわかるだけです。

大事なのは、株式投資の売買記録ともに、気づいたことや反省点も記録することです。

例えば、ある株式を買うとき「いくらになったら売る、○○円まで下がったら損切りをする」などをメモ。

さらに、「業績が上がったニュースをみたから株式買った」など、今買う理由をメモするのがいいです。

失敗したときは「なぜこの株を買ったのか?」を確認できるし、うまくいったときは、他の企業の株を買うときに応用ができます。

株式投資の売買記録が積みあがったとき、あなただけのオリジナルの参考書が完成するでしょう。

実際に口座開設を行う

株_勉強_口座開設

株式投資の口座開設は、証券会社のホームページから行うことができます。

創業から100年を超える証券会社から、ネット証券会社まで多くの会社があります。

実際に、口座開設をするには、手数料やキャンペーンなど証券会社の特徴を勉強しなければなりません。

証券会社の口座開設の判断材料は、これまで勉強してきた中にあります。

例えば、少ない資金で手軽に株式投資を始めてみたいと考えていれば、LINE証券がおすすめです。

なぜなら、有名企業の株式を数百円単位で購入できるからです。

実際に口座開設をするには、証券会社のホームページよりも、ブログなどで開設手順をまとめているページで勉強するのが便利です。

開設するときにつまずきそうな部分まで、説明してくれているからです。

株の勉強だけをしても、口座開設をしなければ株式投資はできません。「いつまでに、口座開設をする」という目標設定も必要です。

株の勉強|まとめ

株_勉強_まとめ

株の勉強を続ければ、あなたに向いている株の投資スタイルも分かるようになります。

株式投資は考え方によって、方法も様々です。

株主優待や配当を楽しむのであれば、業績が良く安定した企業の株を長期保有するのが良いでしょう。

そのためには、会社四季報などで企業の業績を確認する勉強がメインになります。

一日で何度も株の売買を繰り返し、利益を上げたい場合は、株のチャートの見方などテクニカルな知識も必要です。

いずれにしても、株式投資で目標を達成するためには、株の勉強は必要です。

今回の記事で紹介した勉強方法を参考に、株で利益を出せるようになりましょう。

株の勉強方法についておさらい
  • 株の勉強は書籍で基本を勉強して、インターネットで最新情報を得るのが効率的
  • 投資家のブログは主観的なこともあるが、経験や失敗例など参考になる
  • 株式投資の売買記録は、気持ちまで記録すれば将来役に立つ
  • 株式投資のシミュレーションでプレッシャーを感じることが重要
  • 株の勉強をすればあなたに合った証券会社も見つけられる