【手数料で比較】ネット証券会社おすすめTOP13&無料化が急増してる意外な理由は?

ネット証券手数料サムネイル

手数料が安い大手ネット証券会社を把握しておけば、稼ぎやすくなります。

取引コストを抑えられるからです。

この記事では、手数料が安い大手ネット証券会社の比較ランキングTOP13をお伝えします。

1約定ごと・1日ごとの取引手数料を比較するので、ぜひご覧ください。

また、「なぜ手数料を無料化する大手ネット証券会社が増えているのか」についてもご紹介。

ネット証券会社の仕組みがわかれば、安心して利用できるので、ぜひあわせてチェックしてくださいね。

手数料が安いネット証券会社の概要
  • 手数料を無料化するネット証券会社が増えている理由は、利用者をたくさん獲得して、利益を伸ばすため
  • 1約定ごとの手数料が安い大手ネット証券会社ランキング第1位は、松井証券
  • 1日ごとの手数料が安い大手ネット証券会社ランキング第1位は、SBI証券

\マネーR読者に人気のネット証券会社/

← 機種に応じて横にスワイプできます →

証券会社名 公式サイト 特徴
1 LINE証券
line証券ロゴ
証券口座開設 ● LINEアプリから手軽に利用できる
● 1株(数百円)単位の少額取引ができる
● 各種手数料も無料!
● LINEポイントでの投資も可能
2 SBI証券
SBI証券ロゴ
証券口座開設 ● オリコン満足度トップネットの証券最大手
● 業界最安値レベルの売買コスト
● 取扱商品やサービスの豊富さも業界トップクラス
● 株上級者を目指すなら必須のネット証券口座
3 ネオモバ
ネオモバロゴ
証券口座開設 ● SBIグループの新興ネット証券
● 少額でIPOに参加できる「ひとかぶIPO」
● Tポイントで株を購入できる
● スマホで取引しやすい設計

手数料を無料化するネット証券が急増!いったいなぜ?

手数料を無料化するネット証券が増えている理由は、利用者を増やした方が利益につながると判断されたからです。
ネット証券の収益源は取引手数料の他に、金融収益トレーディング収益があります。

金融収益・トレーディング収益とは?
  • 金融収益:信用取引における貸付金や株への金利などによる利益
  • トレーディング収益:ネット証券会社自身がトレードをして得る利益

上記2つの収益は、利用者が増えるほど大きくなります。

そのため、「取引手数料を無料にしてでもユーザー数を伸ばしたい」と考えるネット証券会社が増えました。

これに加えてネット証券会社は、利用者の取引データを機関投資家に売却して稼ぐことも可能と言われています。

このような理由から、手数料を無料としてでも利用者を増やして利益を伸ばしたいと考えるネット証券会社が増えました。

なお、ネット証券は利用者数が増えても、それに関するコストはそれほど増えません。

自動車産業のように、生産する自動車数を100倍にしたからといって、生産コストも約100倍になることはないのです。

この点も手数料を無料にしてでも、たくさんの利用者を増やしたいと考える要因と考えられています。

次の見出しでは、1注文ごとの手数料が安いネット証券会社ランキングTOP10をご紹介します。

1日ごとの手数料(定額制)の手数料が安いネット証券会社ランキングが気になるな…
という方は、以下のジャンプリンクからご覧くださいね。

【定額制】手数料が安い大手ネット証券会社比較ランキングTOP3

【10万円以下】手数料が安い大手ネット証券会社比較TOP10

手数料が安い大手ネット証券会社比較ランキングTOP10は、以下の通りです。

証券会社名 1約定あたりの取引手数料
~10万円 10万1円~20万円 20万1円~50万円 50万1円~100万円
第1位:松井証券 無料 無料 無料 1,000円
第2位:DMM.com証券 80円 97円 180円 340円
第3位:ライブスター証券 80円 97円 180円 340円
第4位:GMOクリック証券 88円 98円 241円 436円
第5位:SBI証券 90円 105円 250円 487円
第6位:楽天証券 90円 105円 250円 487円
第7位:auカブコム証券 90円 180円 250円 990円
第8位:岡三オンライン証券 99円 200円 350円 600円
第9位:マネックス証券 100円 180円 450円 1,000円
第10位:SMBC日興証券 125円 180円 400円 800円

なお、上記ランキングは1約定10万円以下の取引額における手数料を基準に作成しました。

各証券会社の手数料や特徴について、わかりやすくお伝えしますね。

第1位:松井証券

ネット証券会社 手数料_松井証券のロゴのイメージ画像

出典:matsui.co.jp

松井証券1約定あたり50万円の取引額まで手数料が無料となっている、唯一のネット証券会社です。

現物取引・信用取引の両方の約定金額の合計額となっているので、投資初心者におすすめと言われています。

市場全体の約90%の銘柄を取引できるので、かなり使いやすくなるでしょう。

松井証券は100年以上もの歴史があるネット証券会社ですが、積極的に新しいサービスを導入することで知られています。

利用者目線に立った柔軟な運営で、40代~50代のトレーダーから、特に大きな人気を集めています。

取引ツールも使いやすく、情報収集にも便利とされている点も、初心者トレーダーにおすすめのポイントです。


証券口座 複数_松井証券のイメージ画像

 

>>> 松井証券 に口座開設してみる!<<<

松井証券 公式サイトはこちら

第2位:DMM.com証券


株 口座_DMM.com証券のロゴのイメージ画像

出典:kabu.dmm.com

DMM.com証券10万円までの取引において、1約定あたり80円の手数料となっているネット証券会社です。

ただし、1日単位の定額制料金プランがない点には要注意。

DMM.com証券は、1日にたくさんの取引をするトレーダーにはおすすめできません。

DMM.com証券は使いやすい取引ツールや、24時間の手厚いサポート体制で人気を集めるネット証券会社。

米国株を信用取引の担保として使えるので、手持ちの資産を最大限に活用したいトレーダーにおすすめです。

その一方で投資信託や金などの商品は取扱いがない点も、おさえておきましょう。

>>> DMM株 に登録してみる!<<<

DMM株 公式サイトはこちら

第2位:ライブスター証券

ネット証券会社 手数料_ライブスター証券

出典:https://www.live-sec.co.jp/

DMM.com証券と並んで2位のライブスター証券10万円までの取引において、1約定あたり80円の手数料となっているネット証券会社です。

業界トップクラスに安い手数料が強みで、1日ごとの定額プランもあります。

ライブスター証券はIPO銘柄の申込み時に事前入金が不要となっており、資金に余裕がない初心者でも挑戦しやすい点がメリット。

また、NISAつみたてNISAジュニアNISAにも対応しています。

取引ツールも使いやすく、カスタマイズ性が高いと人気です。

トレード情報の収集にも便利と、良い評判があがっています。

手数料の安さ以外にも魅力が多いネット証券会社なので、この機会に口座を開設しておくことをおすすめします。

>>> ライブスター証券に口座開設!<<<

ライブスター証券公式サイトはこちら

第4位:GMOクリック証券


ネット証券会社 手数料_GMOクリック証券のロゴのイメージ画像

出典:click-sec.com

GMOクリック証券10万円までの取引において、1約定あたり88円の手数料となっているネット証券会社です。

1約定あたりの取引手数料が安めなうえ、定額プランも利用可能。

また、GMOクリック証券は取引ツール「スーパーはっちゅう君」が使いやすいことでも有名です。

ワンクリック注文・チャート注文など、便利な機能が多く分析機能も充実しています。

保有中の株をGMOクリック証券に貸すことで金利を得られる貸株サービスもあり、色んな活用方法があると人気。

GMOクリック証券は総合力が高いネット証券会社なので、口座を開設しておいて損はないでしょう。


ネット証券会社 手数料_GMOクリック証券のイメージ画像

>>> GMOクリック証券 に口座開設してみる!<<<

GMOクリック証券 公式サイトはこちら

第5位:SBI証券


ネット証券会社 手数料_SBI証券のロゴのイメージ画像

出典:sbisec.co.jp

SBI証券10万円までの取引において、1約定あたり90円の手数料となっているネット証券会社です。

1日ごとの取引金額で手数料を支払う定額制の「アクティブプラン」もあります(アクティブプランについては、後ほどお伝えします)

また、夜間PTSで現物手数料が無料です(インターネットコースにおけるインターネット取引)

SBI証券は業界トップクラスの人気を誇るネット証券会社。

IPO銘柄外国株の取扱いが多く、取引ツールも使いやすいため530万人以上が口座開設しています。

取引にTポイントが使えたり、マーケット情報の収集がしやすかったりといったメリットも。

どのネット証券会社を開設したらいいかわからない…。

という方は、SBI証券で口座開設することをおすすめします。


ネット証券会社 手数料_SBI証券が人気であることのイメージ画像

>>> SBI証券 に口座開設してみる!<<<

SBI証券 公式サイトはこちら

第5位:楽天証券


株 買い方_楽天証券のロゴのイメージ画像

出典:rakuten-sec.co.jp

SBI証券と並んで第5位となった楽天証券は、10万円までの取引において、1約定あたり80円の手数料となっているネット証券会社です。

定額プランもあるため、ヘビーユーザーからも支持されています(定額プランについては、後ほどご紹介します)

楽天証券は楽天ポイントが使える点や、初心者でも使いやすいように設計された取引ツールで人気。

株取引について学べる情報コンテンツも豊富なので、スキルアップに貪欲な初心者さんにおすすめです。

楽天銀行との連携で便利に使える点や、キャンペーンが多い点もおさえておきましょう。

株 買い方_楽天証券のイメージ画像

 

>>> 楽天証券 に口座開設してみる!<<<

楽天証券 公式サイトはこちら

第5位:auカブコム証券

ネット証券会社 手数料_auカブコム証券

出典:kabu.com

SBI証券・楽天証券と並んで5位となったauカブコム証券

auカブコム証券は、10万円までの取引において、1約定あたり90円の手数料が設定されているネット証券会社です。

50歳以上のトレーダーが受けられる「シニア割」や、NISA口座の開設で適用される「NISA割」など独自の手数料割引制度がある点も特徴的。

またauカブコム証券はIPOや投資信託、ETF、REITなど、取扱銘柄が多いことでも知られています。

1株から購入できるプチ株もあるので、初心者トレーダーも取引に挑戦しやすいでしょう。

取引ツールやスマホアプリも使いやすいので、少額から始めて色んな銘柄にチャレンジしたい初心者は必見です。

 

>>> auカブコム証券 に口座開設してみる!<<<

auカブコム証券 公式サイトはこちら

第8位:岡三オンライン証券

ネット証券会社 手数料_岡三オンラインのロゴのイメージ画像

出典:okasan-online.co.jp

岡三オンライン証券10万円までの取引において、1約定あたり99円の手数料となっているネット証券会社です。

投資信託については、全てのファンドが手数料無料となっている点も要注目。

定額プランも扱っているので、より使いやすいプランを選ぶと良いでしょう(定額プランについては、後ほどご紹介します)

岡三オンライン証券は多彩な取引ツールで人気を集めているネット証券会社です。

特殊注文が多い岡三ネットトレーダーや、シンプルな操作性で評判の「岡三かんたん発注」など、個々のニーズにあわせた取引が可能。

IPO銘柄も増えた点から、注目度が高まっているネット証券会社です。


ネット証券会社 手数料_岡三オンラインのトップのイメージ画像

>>> 岡三オンライン に口座開設してみる!<<<

岡三オンライン 公式サイトはこちら

第9位:マネックス証券


ネット証券会社 手数料_マネックス証券のロゴのイメージ画像

出典:monex.co.jp

マネックス証券10万円までの取引において、1約定あたり100円の手数料となっているネット証券会社です。

マネックスポイントを使った取引や、取引ツールの多さで人気を集めています。

マーケット情報もたくさん提供してくれ、サポート体制も充実しているので、気になる方は以下からチェックしておきましょう。

ネット証券会社 手数料_マネックス証券のキャンペーンのイメージ画像

 

>>> マネックス証券 に口座開設してみる!<<<

マネックス証券 公式サイトはこちら

第10位:SMBC日興証券

ネット証券会社 比較_SMBC日興証券

出典:smbcnikko.co.jp/index.html

SMBC日興証券10万円までの取引において、1約定あたり125円の手数料となっているネット証券会社です。

IPO銘柄が多く、株式ミニ投資など、少額投資できる環境が整っています。

資情報も多く、取引ツールも使いやすいので、ぜひチェックしておいてくださいね。

>>> SMBC日興証券 に口座開設してみる!<<<

SMBC日興証券 公式サイトはこちら

【定額制】手数料が安い大手ネット証券会社比較TOP3

手数料が安い大手ネット証券会社比較ランキングTOP3は、以下の通りです!

証券会社名 1約定あたりの取引手数料
~10万円 10万1円~20万円 20万1円~50万円 50万1円~100万円 100万1円~300万円
第1位:SBI証券 無料 無料 無料 無料 1,562円
第2位:岡三オンライン証券 無料 無料 無料 800円 1,800円
第3位:楽天証券 無料 無料 無料 858円 3,000円

上記3社の定額プランの料金について、ご紹介しますね。

第1位:SBI証券


ネット証券会社 手数料_SBI証券のロゴのイメージ画像

出典:sbisec.co.jp

SBI証券のアクティブプランでは、1日あたりの手数料が、それぞれ100万円まで無料。

これは、国内株式における現物取引・制度信用取引・一般信用取引が対象となっています。

定額プランを使う場合、SBI証券が最も安いです。


ネット証券会社 手数料_SBI証券が人気であることのイメージ画像

>>> SBI証券 に口座開設してみる!<<<

SBI証券 公式サイトはこちら

第2位:岡三オンライン証券

ネット証券会社 手数料_岡三オンラインのロゴのイメージ画像

出典:okasan-online.co.jp

岡三オンライン証券の定額プランでは、1日の合計取引金額の合計額が100万円(現物取引50万円、信用取引50万円)まで手数料無料。

なお、2020年11月24日から、取引金額の合計額が最大200万円まで手数料無料になる予定です。

今後、定額プランのトップになる可能性を秘めているネット証券会社なので、チェックしておきましょう。


ネット証券会社 手数料_岡三オンラインのトップのイメージ画像

>>> 岡三オンライン に口座開設してみる!<<<

岡三オンライン 公式サイトはこちら

第3位:楽天証券


株 買い方_楽天証券のロゴのイメージ画像

出典:rakuten-sec.co.jp

楽天証券のいちにち定額コースでは、1日の取引金額(現物取引、信用取引の合計)が50万円まで手数料無料となっています。

楽天ETF(楽天225ダブルブル、楽天225ダブルベア)の手数料も無料となっており、ETF重視の方におすすめと言えるでしょう。

株 買い方_楽天証券のイメージ画像

 

>>> 楽天証券 に口座開設してみる!<<<

楽天証券 公式サイトはこちら

【まとめ】手数料がお得なネット証券会社で利益を伸ばそう!

手数料が安いネット証券会社について、最後にまとめておきますね。

手数料が安いネット証券会社のまとめ
  • 手数料を無料化するネット証券会社が増えている理由は、利用者をたくさん獲得して、利益を伸ばすため
  • 1約定ごとの手数料が安い大手ネット証券会社ランキング第1位は、松井証券
  • 1日ごとの手数料が安い大手ネット証券会社ランキング第1位は、SBI証券

手数料が安い大手ネット証券会社を把握しておけば、取引コストを抑えやすくなります。

つまり利益を伸ばすことにつながるので、本記事を活用し、しっかりと稼いでくださいね。