【2020年最新版】おすすめFX会社・口座比較

家の査定はどこを見る?おすすめ査定方法と事前に知っておくべき注意点

 

「家を売りたい」「大体いくらで売れるのか知りたい」と考えている人の中には、家を査定してもらったら高い料金がかかるかもしれないと不安を抱いている人も多いのではないのでしょうか。

 

安心してください、家の査定は完全無料でできます!

 

不動産屋さんを何件もまわるのは、時間と体力的に厳しいかも…。

 

しかし不動産の査定は、立地や築年数以外にも、様々な要因が査定価格を決めます。

家を売却するならばまずは、専門家である不動産会社に査定を依頼するのが一般的です。

 

不動産査定ってお金がかかるの?手間もかかりそうだし大変そう…。

 

この記事ではそういった疑問を解決し、家の査定方法査定額の決まり方などについてご紹介します。

 

 

家を売るならまずは査定!家の査定のやり方

査定の流れ

 

家を売る時には、はじめに査定額から見積もりをだします。
  1. ネットや不動産会社で簡易査定
  2. 不動産会社を決めて訪問査定でさらに詳細な査定額を出す
  3. 価格を決めて家を売り出す

 

この三段階の順序を踏まえて、不動産会社への依頼方法必要な料金についてを説明していきます。

 

簡易査定と訪問査定

簡易(机上)査定は立地や間取りなどの情報をもとに簡易的に査定額を出す方法です。

これに対して訪問査定は不動産会社の宅建士など家を直接訪問して詳細な査定額を出す方法です。

 

家の査定は無料でできる

家を売りたい時、まず始めに気になるのが「この家はいくらで売れるのか?」ということだと思います。

 

それを解決してくれるのが、不動産会社の査定サービスです。机上査定であれば、数時間から1日で査定額を出してもらうことができます

 

 

また査定額も、ネットで条件の近い物件を探すよりは正確に知ることが可能です。

 

冒頭でお伝えしたように、不動産売却のための査定は無料でしてもらうことができます。

 

不動産の査定が無料でできるのはなぜ?お金がかかることは”絶対に”ないの?
不動産会社の査定は原則無料です。
不動産鑑定士による詳しい「鑑定評価」などは料金がかかりますが、見積もりを出しているだけの売却査定ではお金を払うことはまずありません。

 

原則、どの不動産会社を利用しても家の査定だけなら、お金がかかることはありません。

 

まずは、身近な不動産会社やネットで家の査定額を見てみましょう。

 

 

ネットでできるオンライン査定のメリットは?

「家 査定」と検索すると、たくさんの不動産会社のホームページや一括査定サイトが出てくると思います。

 

 

こういったサイトでは、

 

  • 住所
  • 築年数
  • 敷地面積

 

などをパソコンやスマホで入力するだけで簡易査定ができます。

 

その後のやりとりもメールや電話で完結するオンライン査定は、今日のインターネット時代では当然になっています。

 

オンライン査定のメリット
  • 不動産会社の店舗に直接行く手間が省ける
  • 多くの会社に依頼することで一番条件に合う不動産会社を選べる

 

家の査定は一括査定サイトの利用がおすすめ!

オンライン査定の中には、不動産会社のホームページや自動計算サイトの他に、不動産一括査定サイトがあります。

 

不動産一括査定サイトとは

一度の査定依頼で、複数の不動産会社から見積もりを出してもらえるサービスのことです。

多くの一括査定サイトでは、査定依頼された家の住所や規模などによって提携している不動産会社をピックアウトして、複数社を紹介してくれます。

 

 

この複数社がそれぞれ査定額を提示し、ユーザーはどの会社に売却取引を依頼するか選択できます。

 

 

次に、この一括査定サイトを利用するメリットをご紹介していきます。

 

家の査定に一括査定サイトを利用すべき理由

1複数の不動産会社の査定額を一度で比較できる

家の査定額は、不動産会社の能力や地域性など、様々な要素から算出されます。

 

したがって、査定額に数百万円以上のギャップが生まれることもあります。

少しでも高く家を売るためには、必ず数社の査定を比較してみてください

 

2悪徳業者や評判の悪い不動産会社は排除!

不動産一括査定サイトでは、全国にある1000社ほどの不動産会社と提携しているサイトが多いです。

 

サイトの信頼を維持するためには、執拗な営業電話や悪質な取引を行う業者を排除しなくてはいけません。

 

そのため、一括査定サイトで紹介される不動産会社は、サイトから優良企業であると保証されていると考えていいでしょう。

 

3一括査定サイトにも様々な種類がある

一括査定サイトには、不動産の特性に合わせたサービスが多く展開されています。

 

 

例えば、AIのビッグデータを活用し、公平かつ論理的なデータを提供する『おうちダイレクト』や『IESHIL(イエシル)』。

NTTや大手不動産会社が共同で運営する、大規模資本の『HOME4U』や『すまいValue』など。

【超重要】家の査定額が決まる5つのチェックポイント

いざ査定となって家に値段がつけられても、査定額が高いのか安いのかも分からないままでは、損をしてしまうかもしれません。

 

ほんとは相場よりも安いのかも…

 

新築・購入時点の値段と比較するだけではなく、どうしてその値段がつけられたのかということに注目しましょう。

 

 

経年劣化以外にも、価格を決める要因は沢山あります。

主に、web上などで家を簡易査定をする時にチェックされるポイントは、以下の点です。

 

  • 立地
  • 間取り
  • 築年数

 

しかし本格的に売却相談が進むと、訪問査定で実際の家の様子が見られます

 

この時に気をつけて頂きたいのが、次の5点です。

 

1家の日当たり

家の日当たりや方角も査定の評価対象です。

 

 

家自体は築年数とともに価値も下がっていきますが、日当たりは土地と同じように普遍的な価値があります。そのため、場合によっては数百万円ほど査定額に違いが生まれます。

 

2家の修繕履歴

白アリによる被害や傾きなどのマイナスポイントがあるか、もしくは修繕履歴があればきちんと評価されます

 

万が一、こういった瑕疵(かし)を隠したまま家を売ってしまうと、法的責任を追求されます。きちんと申告して、対策も不動産会社と相談しましょう。

 

3ご近所付き合い

隣接する土地の所有者と関係が悪いと、土地の測量や境界確認がスムーズに行われないことがあります。

 

 

家を売る時には必要な確認事項なので、日頃からお隣さんとは良好な関係を保っておくのが理想的です。

 

4部屋の掃除

家を売る際は、

 

  • 電球がきれていないか
  • 壁やフローリングに目立った汚れがないか
  • 水回りは綺麗にしているか

など部屋の衛生面にも注意しましょう。

 

しかし、室内が片付いていても家の査定額には実はあまり影響がありません。けれども、買主としてはなるべく綺麗な家を買いたいはずです。

 

potted plants on table

 

実際に買主を見つける段階では、室内の様子が見られるので、素早く売るためには事前に掃除をすませておくことは必要です。

家の購入希望者が内覧で見に来る時、室内の写真をネットなどで掲載する時までには、ハウスクリーニングを利用するなどして綺麗にしておきましょう。

 

5住宅ローンが残っていないか

住宅ローンが残っていて家自体が担保の場合は、売却時に一括返済する必要があります

 

買い替えの場合には担保を新居に移すことなど、完済できない場合の対処法もあります。

 

しかし、住宅ローンの残額があるかどうかは、査定額で返済が可能かどうか大きな判断材料になるので確認しておきましょう。

 

査定は不要!?家の相場を自分で調べる方法

不動産会社に依頼して家の査定額を見ても、どのくらいの価値なのかピンと来ないと思います。

 

そんな時は、自分で相場価格を調べて見ましょう。

例えば、不動産情報サイトは数多く、その中には中古戸建の相場価格を地域など分類して閲覧できるサイトも多いです。

 

HOME4Uも一括査定サイトですが、一戸建の価格相場比較を掲載していますね。

 

HOME4U 相場 価格

 

売却成功事例などの過去の取引データから相場価格を出しているサイトが一般的ですが、不動産の価値をAIの自動学習を利用して算出しているサイトなどもあります。

 

立地や間取りの似ている物件の取引事例と比較することは、プロが行う不動産査定でも使われる方法です。

これらのサービスを参考にすることで、自分の家の査定額が相場とどれくらい違うのかを知ることができます。

 

相場価格と査定額にギャップがあるときは相場価格などを参考に、信頼できる査定額なのかをチェックしてみてください。

 

家を査定する際や売るときの注意点

不動産会社や売却金額は、慎重に決めましょう。

 

選択次第では、利益に数百万円の差が生まれることもあります。

不動産個人売買

 

家を売るという経験は人生でそう何度も経験することではないので、誰もが初心者です。

 

しっかりと準備と下調べを怠ることなく、理想的な取引を実現させましょう。

 

複数の会社に家の査定を依頼する

査定は必ず不動産一括査定サービスなどを利用して、複数社に依頼しましょう。

 

理由①1社のみの査定では分からないことが多い

1社のみとやり取りをしてしまうと、どうしても視野が狭くなってしまいます。

 

最初に依頼した不動産会社に査定から売却まで全て任せてしまうと、より希望を叶えてくれるような他社との出会いを逃すかもしれません

 

 

複数社の査定を通して、丁寧な対応や魅力的なサービスを発見できるはずです。

 

理由②少しでも家を高く売ることができる

自分で相場価格を調べたり、複数社の査定額を比べてみて下さい。

 

それぞれの査定額を比べれば、予想よりも高く売り出してくれる不動産会社と巡り会える可能性が高くなります。

 

不動産会社による査定額の違い

家 査定額 違う

 

同じ家でも会社によって評価が違うこともありますよ。

 

家の査定額の根拠を確かめる

査定額とはあくまでも「このくらいで売れそう」という見込みであって、必ずしも実際の売却額と一致するわけではありません

 

買主が見つからない場合には、はじめの売却金額も引き下げることになってしまいます。


 

なので、査定額には根拠があるのか、不動産会社の説明に疑問を抱いたらしっかり聞いて解消して行くことも大切です。

 

本当にその査定と近い金額で家を売ることができるの?

ということを確認しましょう。

 

家の査定を終えたら

査定を終えたら、どの不動産会社に広告活動や手続きを任せるかを決めることになります。

 

買主を見つけてから引き渡しまでの期間、予想外のトラブルにも対応しなくてはいけません。

 

 

家が売れるまでじっと待つのではなく、家を売り切るまでの計画とパートナー選びは徹底して行いましょう。

 

自分に合った不動産会社を見つけよう

家を売るとなると、実際に売却にいたるまでは早くても3ヶ月から半年近くかかってしまいます

 

つまり査定を依頼して、家の売却を任せる不動産会社ともそれだけ長い付き合いになります。

査定では家の広さや立地も大切な価格決定要因ですが「どのくらいの期間で取引を成立させたいのか」「どれくらい高く売りたいのか」といった戦略も、知識を持った相談相手が必要です。

 

しっかりとわかりやすい説明と丁寧な対応をしてくれる不動産会社と信頼関係を築き、希望通りの取引を実現させましょう。

 

家が売れない時の最終手段は?

万が一家が売れ残った場合、不動産会社が家を買い取るサービスもあります。

しかし買取の場合は、相場より価格が少し下がる傾向があります。

 

ですがもし賃貸などとして家を活用した際に利益が生まれた時、利益還元をしてもらえるという契約方法もあります。

 

 

売ること以外にも、家を活用して利益を生む方法はあります。

 

不動産会社と根気よく相談して自分の計画にあった方法を見つけましょう。

 

【まとめ】家を売る前に一括査定をしよう!

最後に、家の査定を通して売却までに注意したいことをもう一度おさらいします。

 

まずは専門家の意見を聞いてみる

「家を売ったらいくらになるのか」という査定を行うのは、もちろん不動産会社。時には、宅地建物取引士など有資格者の専門知識を必要とします。

 

準備

 

加えて、相談者にあったサービスも様々な形で用意されています。

 

ネットで調べることも重要ですが、まずは一度、最寄りの不動産会社や親しい専門家に相談してみましょう

 

自分の希望は妥協しない

売却額の希望や、不動産会社とのやりとりがうまくいかないなどの不満があったら、違う不動産会社に依頼することも検討してみましょう

 

不動産会社は沢山あるので、焦らなくても大丈夫です。

 

不動産一括査定サービスなど、ネットをうまく活用していけば、新しい選択肢も見つかるはずですよ。